別れ話から仲直りへ!話の最中・話す前・話した後の状況別仲直りをする方法

相手に別れ話を持ちかけられた時どのように対応すれば仲直りができるのかを別れ話の最中・別れ話をされる前、そして別れ話をされた後の3つの状況に分けてご紹介します! どうしても彼と別れたくないのであれば、しっかりと方法を読んで実践しましょう。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 彼の気持ち
  3. > 別れ話から仲直りへ!話の最中・話す前・話した後の状況別仲直りをする方法

別れ話を切り出されそうな気配を感じた時にすべきこと

なんとなく彼の態度や行動がよそよそしかったり今までと違ったりと別れのサインは意外とわかりやすいんです。 そんな彼の変化に気づけたら仲直りはしやすいと考えて大丈夫そう! ではせっかくのチャンスを無駄にしないために何ができるのか見ていきましょう。

別れ話をされる前に悪いところを直す努力を見せる

先手必勝です。彼があなたの欠点に耐えられなくなりそうになっているのに気づくことができたら仲直りは確実と言ってもいいかもしれません。 何も言わずに彼女が欠点を治す努力をしていたり、次会った時に彼女の気になっていた点が改善されていたら彼は拍子抜けしてしまうでしょう。 ここでのポイントは直そうとする姿勢をわざと見せること、あなたが彼の気持ちに気づいて努力している姿を見たらあなたのことを再評価して、愛おしさを感じてくれるはず。 悪いところを直したら過去の言動を謝りましょう。そして同じ過ちを繰り返さないように気をつけましょう。 もし繰り返してしまっても、気付いた時点で謝ること。そうやって地道に信頼関係を取り戻していくことが大切です。 あなたが自分との関係を本気で考え、改善しようとしていると感じれば彼もあなたとの関係を見直そうとしてくれます。

彼があなたの欠点に耐えられなくなりそうになっているのに気づくことができたら仲直りは確実と言ってもいいかもしれません。 ポイントは直そうとする姿勢をわざと見せること。 あなたが彼の気持ちに気づいて努力している姿を見たら、あなたのことを再評価して愛おしさを感じてくれるはず。 あなたが自分との関係を本気で考え、改善しようとしていると感じれば彼もあなたとの関係を見直そうとしてくれます。

相手のいいと思ったところを素直に褒める

「あなたのこういうところが好き」「いつも支えてくれて本当にありがとう」などあなただからこそ知っている相手の良いところを積極的に言ってみましょう。 表面的なことでも構いません、自分のことを興味を持って見てくれていて褒めてくれると悪い気はしませんからね。 ただ、気をつけなければいけないのが皮肉っぽくなったりわざとらしくならないようにすること。 素直にいいと感じたところを褒めてあげましょう。 さらに「あの時、走って来てくれたよね。そういう人を心配できる心はとても素敵なことだと思うよ」というように具体的に言えるといいですね。

「あなたのこういうところが好き」「いつも支えてくれて本当にありがとう」など相手の良いところを積極的に言ってみましょう。 ただ、気をつけなければいけないのが皮肉っぽくなったりわざとらしくならないようにすること。 素直にいいと感じたところを褒めてあげましょう。 さらに「あの時、走って来てくれたよね?そういう人を心配できる心はとても素敵なことだと思うよ」というように具体的に言えるといいですね。

彼へのアプローチ方法を変えてみる

押してダメなら引いてみる、というのは昔からよく言われます。 もし相手に近づきすぎている、と思ったらまずは距離や時間を置いてみる、今まで愛情表現をしてこなかったのならしてみる、など自分が今までしてことなったような態度をとってみましょう。 なぜなら彼が別れたいと思っている原因の一つにあなたの態度への不満があることが多いからです。 さらにあなたの変化に気づいた彼があなたをいままでとは違った目で見るようになることも。 あなたの態度への不満が溜まっていた時には客観的に見れていなかったあなたの良さに気づいたり、新鮮な気持ちでお互いに接することができるようになる可能性もあります。 また違うあなたの側面を見せていくことで別れを回避させることにつながっていくかもしれません。 もちろん、あなた自身も無理をしすぎないように気をつけて、逆の態度をとることも楽しんでしまうくらいのスタンスで入れるといいですね。 注意しなければいけないのが、相手に心配やプレッシャーを与えないようにしないこと。 思い通りにならないから、また彼が考えを直してくれないからと怒りをぶつけることで相手をコントロールしようとは思はないで。 あなたへの印象も悪くなってしまうし、関係がいい方向に向かうことはほとんどないから。

距離や時間を置いてみる、今までしてこなかった愛情表現をしてみる、などいつもと違う態度をとってみましょう。 そうすることで彼が客観的に見れていなかったあなたの良さに気づいたり、新鮮な気持ちでお互いに接することができるようになる可能性もあります。 違うあなたの側面を見せていくことで別れを回避させることにつながっていくかもしれません。

将来の予定を立てる

先ほど男性が別れを思いとどまる要因の一つに感謝を伝えられた時、があるとお話しましたが、将来の計画を楽しそうに話す姿を見るとずっと一緒に居たいと思うようになるそうです。 彼女の中では自分とずっと一緒にいる未来が見えていると感じると、そんな彼女の姿に心を動かされ自分も一緒に居たいと思うようになるんです。 でも将来の予定を立てているあなたにこ心が動くのはあくまでも別れを踏みとどまるためのきっかけでしかありません。 あなたが悪いところを直したり、誠意や感謝を見せていることが前提となります。 自分と一緒にいるために努力をしている彼女だから、考えを改め別れたい気持ちが一緒にいたいという気持ちに変化するのです。

将来の計画を楽しそうに話す姿を見るとずっと一緒に居たいと思うようになるとも言われています。 自分とずっと一緒にいる未来が見えていると感じると、そんな彼女の姿に心を動かされ自分も一緒に居たいと思うようになるのだとか。 自分と一緒にいるために努力をしている彼女だから、考えを改め別れたい気持ちが一緒にいたいという気持ちに変化するのです。

別れ話をもちかけられたら原因を考えてみよう

察してても、もし別れ話を切り出されてしまったらまずはその原因を探りましょう。 彼との間に溝ができてしまったことに何か心当たりはありませんか? たとえば自分が彼に甘えるばかりで、彼のしたいことをさせてあげなかったなど彼への配慮に欠けていたというのも十分原因になり得ます。 また、逆に彼に一生懸命つくしていたというのも彼にとっては「束縛されてる」と迷惑に感じていたかもしれません。 些細なことでも構いません。 心当たりのあるできごとをトコトン思い返してみましょう。

別れ話が出ても仲直りしやすいパターンとは?

彼への愛情があまり伝わっていないパターン

たとえ別れ話が出たとしても、場合によって回避できるものもあります。 その内のひとつがあなたの好意が彼に上手く伝わっていなかったということです。 思い出してみましょう。 普段から彼に「好き」という気持ちを伝えていましたか? もし伝えていないとしたならば、彼はあなたの気持ちが自分にないと勘違いを起こし別れ話を切り出したという可能性があります。 そこできちんと「あなたのことが好き」、「私は付き合っていたい」と正直に言葉にすれば彼も安心するかもしれません。

あなたが幸せそうに見えず彼が不安になっているパターン

好意を伝えていないことは彼を不安にさせているということも。 淡泊なあなたの様子を見て「別れた方が彼女のためかも」、「俺じゃ彼女を幸せにできない」と自信を失い別れ話を切り出したのかもしれません。 もしそのようなセリフが彼の口から出てきたら「私は幸せだよ」と必ず否定してあげましょう。

別れ話を乗り越えて仲直りできるとどうなる?

別れ話を乗り越えたカップルほど強い絆を持っているものはありません。 別れ話が出るということはお互いの不満点を晒すということです。 そこから関係を修復したということはその不満点を概ね解消したということになり、お互いリラックスして交際を続けることができるので信頼関係が深まります。 また不満点を解消したことで次のステップを見据えやすくもなります。 次のステップ、つまりそれは結婚。 好きな人と交際が始まれば、少なからず将来家庭を築くことを考えるはず。 別れ話を乗り越えお互いのことをより知ることのできた今、彼も結婚を意識し始めたことでしょう。

別れ話の最中にできる仲直り方法

今度彼と会う時に別れ話をされそう、そんな時は事前に対策を考えてきましょう。 まだ話をしていないならできることはたくさんあります。 話し合いに備えて注意しておきたいポイントを確認しておきましょう。

彼の話を否定せずに聞く

別れ話を持ちかけられた時はどうしても、どうして?と反論したり私の何がいけないの?と否定をしてしまいがち。 でも、まずは相手がどうしてそう思っているのかということに耳を傾けてみましょう。 彼があなたとの関係に対して思っている不満や感謝や感情全てを1度受け入れましょう。 反論するにも、解決策を見出すにもまずは意見を聞くことから始まります。 彼の話の途中で口を挟んでしまうと冷静な話し合いができなくなり、仲直りする結論どころかモヤモヤした気持ちが残る別れ方になってしまうことも。 冷静に話を聞いていくことで相手の思っていることを引き出し、そこから改善できる余地がありそうか探ってみましょう。まずは誠実に向き合ってみる姿勢が大切です。

自分の非を認めて誠意を込めて謝る

相手の話を聞いていく中で確実に自分に責任があるような話も出てくるでしょう。 もしくは彼があなたの行動を誤解しているせいで責められるようねなことも出てくるかもしれません。 そういう時こそ冷静になって、素直に自分の悪い部分を素直に認めて謝りましょう。 彼からしても、自分の問題をしっかりと受け入れて謝罪できる誠実な態度を見て「この人とならやり直せるかも」と思ってくれるかもしれません。 謝られて嫌な気分になる人はいませんし、付き合いの長いカップルほど色々な不満も溜まっているでしょう。 一度腹を割って話し合い、誤解を解いたり謝罪をすることで彼が別れようと決断した原因の一つを取り除くことができるかもしれません。

喧嘩や議論の最中にさりげなく相手への感謝を挟む

感謝を伝えることはどのような人間関係においても大切です。 それだけでなく、男性が別れようとしていた時に思いとどまる要因の上位にも、感謝の気持ちを伝えられたからという理由があるほどです。 特に別れ話の最中のような切羽詰まった状況の時ほど、日頃から相手のことをいかに大切に思っているのか、感謝しているのかということを伝えましょう。 そうすることによって相手もまたあなたの気持ちを再確認できるはずです。 例えば「あの時は助けてくれてありがとう」「いつもそうやって気づかってくれてありがとう」などと伝えてみましょう。皮肉っぽくならず、素直にさりげなく感謝を表すことがポイント。

少し距離を置く方向に話を進める

ケンカや言い争いになってすぐに別れるという結論を出すのではなく、まずは少し距離や時間を置いてみましょう。 理想を言ってしまえばその場で彼の気持ちを帰ることができて仲直りするのが一番良いですね。 しかしそれが難しそうなのであれば一度気持ちを整理するための冷却期間を設けましょう。 勢いで別結論を出してしまうと意外と後から「やっぱりちゃんと話し合っておけば良かった」と後悔するカップルも多いようです。 それを防ぐためにも別れるという決断をする前に、まずはお互いに冷静になってとりあえずゆっくり考えてみるようにしましょう。 少し距離をおくことで相手への気持ちや、相手がいなくなってしまうとどうなるのかということも想像しやすくなります。

別れ話の後に仲直りするための5ステップ

1.別れ話の原因を考える

別れ話の後に関係を修復するためのステップを見ていきましょう。 まず冷静さを取り戻したのなら別れ話に発展した原因を思い返してみましょう。 原因を改善できていなければ、彼はますます愛想を尽かすだけですし、その上たとえ仲直りできたとしても再び別れ話を切り出される可能性は大。 些細なことでも思い出し、紙などに書き出して整理してくのがオススメです。

2.彼との付き合い方を振り返る

見つけ出した原因の中にはあなた自身が責任を負うべきものもあったかもしれません。 たとえば何か彼に注意した時に口調が強くなってしまって、その後彼が落ち込んでいたなどということはありませんでしたか? そのように気づかないうちに彼を傷つけていた……なんてことも。 行動を改めるためにも原因とあわせて今までの付き合い方を振り返ってみましょう。

3.彼の気持ちを理解する

彼を傷つけていたのは素っ気ない態度やキツイ態度ばかりではありません。 あなたが良かれを思ってやったことが、彼にとっては嬉しくないことだったという可能性も。 「送ってあげると喜ぶかも」とLINEを何度も送ったりしたことはないでしょうか? もしかしたらそのような一方的な好意が、彼の嫌気を誘ったかもしれません。 一度彼の気持ちに立って自身の行動を見返してみましょう。

4.冷却期間を設ける

原因を分析した、交際を振り返った、彼の気持ちになってみた……そうしたらいよいよ彼に連絡を取る番。 しかし別れ話をしてからあまり時間が経過していないのであれば連絡はしてはいけません。 別れ話後、初めて連絡をするのは2週間ほど待ってください。 そうすれば彼も冷静さを取り戻し、お互い落ち着いて話ができます。 もし「待てない」というのであればその期間を自分磨きにあてましょう。 関係修復をより確実なものにしてくれます。

5.仲直りをする

無事仲直りできた人、おめでとうございます。 しかし仲直りできたとしても油断は禁物。 その良好な関係を持続するために努力は怠ってはいけません。 たとえば「好き」という言葉以外にも「ありがとう」と感謝を伝え彼を安心させたり、またしつこい連絡は控えるなど彼が嫌がりそうな行動を避けるようにしましょう。

別れ話の後に仲直りする具体的な方法

まずはメールなどで謝罪する

では冷却期間を置いた後、一体どのような行動を取ればいいのでしょうか。 まずはメールやLINEで「ごめんなさい」と送りましょう。 しかし、この時に「あの時は○○して」などと具体的なことを謝る必要はありません。 あなたの方から謝ることで彼に対し、謝る態度ができていることを示す必要があります。 そこに余計な情報を足してしまうと、彼もメールを読む気持ちが失せてしまいます。 そのため「ごめんなさい」の一言が一番効果的なのです。

会う約束をする

「ごめんなさい」とメールを送ったのならば、次に直接彼と会う約束を取り付けましょう。 会うきっかけは「どこか行こう」などと大げさなものではなくても大丈夫。 たとえば借りていたものを「返したい」ということでもいいですし、「車の中で少し話したい」でも構いません。 とにかく短時間でも彼と会える時間を作り出しましょう。 ちょっと下時間でも会う約束してあなたの『仲直りしたい』という気持ちをぶつけましょう。

素直に謝罪や愛情の気持ちを伝える

彼と会うことができたならここが一番の勝負所です。 ここでやってはいけないこと、それは回りくどい話をするということ。 男性はストレートな言葉に心を揺り動かされます。 しかし関係のない話が続くと、せっかく会う時間まで作ってくれたのに「やっぱ仲直りするつもりはないんだな」とガッカリしてしまうことに。 そうならないためにもストレートに「ごめんなさい」と謝罪の言葉、そして「好き」と好意を伝えましょう。 あなたのストレートな思いに彼も考え直すはずです。

彼が直してほしいと思っているところがあれば教えてもらう

彼と会い、直接謝罪に言葉と好意を伝えられたのであれば関係はほぼ修復。 しかし、さらに彼との仲を強固なものにするために彼から彼が思うあなたの欠点というものを聞いておきましょう。 別れ話が浮上した原因を考えるなどと前述してきましたが、あくまでそれは主観的なものにすぎません。 彼が別れ話をしようと思った原因こそが模範解答なのです。 そのため彼から模範解答を聞き出し、その後その欠点を直すよう意識すれば別れ話になることもなくなります。

別れ話の後でもスムーズに仲直りするためのポイント

彼と仲直りする具体的な行動を提示してきましたが、ただそれを実行したとしても100パーセント成功するとは限りません。 別れ話にまで発展してしまったということは少なからず彼はあなたに不信感を抱いています。 不信感が拭えないまま具体的な行動を取れば、その成功率はグンと下がります。 そこでここからは成功率を上げるためのポイントを4つ紹介していきます。

彼を信じた言動を心掛ける

彼が抱いてしまったあなたへの不信感をなくすために、まずはあなたが彼を心の底から信じるようにしましょう。 これまで連絡が返ってこないことで浮気を疑ったりなど、彼の行動が信じ切れなかったことはありませんか? あなたが無意識だとしても抱いてしまった彼への不信感というものは雰囲気として漂っているもので、彼はそれをなんとなくでも察してしまいます。 そこでまずは彼を信じられるようあなた自身のマインドを切り替えてください。 それが成功率を上げる第一歩です。

彼の気持ちを考えて行動する

彼のことを信じ切ったら次は彼の気持ちを考えてみましょう。 『相手の気持ちになって考える』ということは恋人だけではなく、知人や職場関係でも重要なことです。 相手の気持ちになることで自分自身の行動も客観的に見ることができ、またそうすれば自ずと「こうしたら喜ぶかな?」とお互いにとってプラスの行動が取れ、「これは嫌がられるな」というマイナスの行動を避けることができます。

彼を思いやる気持ちを忘れないようにする

彼を信じることも気持ちを考えることも、いわば彼を思い遣るということに繋がっています。 たとえば彼が仕事から帰ってきた直後に連絡するのであれば「おかえり」と共に「お疲れ様」と言葉を添えてあげましょう。 そのような労りの言葉あるだけで彼は嬉しく思います。 また、労りの言葉だけでなく感謝の言葉も忘れないように。 デートの帰り際「今日は会ってくれてありがとう」などとどのようなことでも感謝を述べられたら、彼もまたあなたに尽くしてあげたいと思うはずです。

連絡は彼の頻度に合わせる

最後に最も気をつけなければならないのが連絡の頻度です。 男性はとにかく中身のない会話ややり取りを避ける傾向にあります。 そのためあなたが「連絡は取れば取るほどいい」と思っているのであればそれは大きな間違い。 彼に連絡を送って、返信が来るまでにかかった時間と同じ時間で返信する。 連絡の頻度を彼に合わせてあげればやり取りも続きますし、彼も息苦しさを感じることはなくなるでしょう。

別れ話後の仲直りでの注意点

感情的になりすぎない

彼と仲直りをする際にやってはいけないNG行動というものがあります。 そのうちのひとつが感情的になるということです。 あなたが怒ったり、泣きわめいたり感情をあらわにしてしまうとまず仲直りするための話し合いができなくなってしまいます。 その上、もしそこが人の目のあるところであれば彼も羞恥心を感じてしまいますますあなたから心が離れてしまいます。 感情が込み上げてくるのはわかりますが、グッとこらえましょう。

自分の気持ちばかりを押し付けない

感情的になることと同時に自分の考えを彼に押し付けてしまうのもNG行為です。 「悲しい」、「私との関係はそんなものだったの」などと自分ばかりの考えを述べていても仲直りなどできません。 また「あなたも悪い」と彼の非を責め立てるなんてもってのほか。 仲直りが本気でしたいのならばあなただけではなく、彼の言い分にも耳を傾けるようにしましょう。

意地を張らずに素直になる

振られてしまったからと意地を張っては冷静な話し合いも仲直りも決して出来ません。 付き合っていく上で、素直でいる、ということはとても大切なことです。 怒りに任せて暴走した気持ちのまま相手を傷つけるのではなく、「あなたのことが好き、でもここはこうして欲しい」「こういう風に言われると傷つくので、言わないで欲しい」などとケンカの原因になるようなことや自分の正直な気持ちを思ったままに話してみましょう。 自分の気持ちや考えに素直になることはもちろん、彼に対する接し方や関係を考える際にも素直さを忘れないでください。

きちんとわかりやすい言葉で気持ちを伝える

どんなに長く付き合ったカップルでも言わないと分からないことはあります。「彼・彼女なら分かってくれるはず」という考えは止め、率直に言いたいことは言葉にしましょう。 彼に本当のことを言ったら傷つけてしまうからと変に気を使うのは余計に事態を悪くしやすいので、覚悟を決めて真実を伝えましょう。 本当の気持ちが言えないようでは仲直りしてもまた同じように、別れそうになる原因が生まれて同じことを繰り替えhしてしまう可能性も。 ここで気をつけなければならないのは、言い方です。 あくまで落ち着いて、トゲや皮肉を含むような言い方は止めて、あくまで自分はどうしたいのか・どうして欲しいのかという素直な気持ちを言葉に表してみましょう。

冷却期間中は連絡を取らない

話し合いをして、あなたの気持ちを伝えてもなお彼の心が変わらなかった場合には一度冷却期間を設けましょう。 冷却期間とは、お互いに気持ちを沈めて整理するための時間です。 なので冷却期間を作ると決めたら一切連絡を取らないようにしてください。 ここで中途半端に連絡したりあってしまうと、気持ちの整理がきちんとできなくなってしまったり余計な感情を持ってしまうことも。 あらかじめ正式に仲直りをする、もしくは話し合いをする日程を決めておくと、ずるずると冷却期間が長引いたり会いたい話したい気持ちに惑わされることもありません。

別れ話になっても諦めずに仲直りをめざそう!

ここまで別れ話をされない予防策、また別れ話をされてしまった場合の仲直りの方法ややってはいけないNG行動についてまとめてきました。 別れ話が出そう、また出てしまうということは彼は少なからずあなたに不満を抱いているということです。 そのためここで大事なのは彼の気持ちを考える、彼の話を聞くという彼主体で話を進めること。 別れ話が出たとしてもそれで必ず別れなくてはいけないということではありません。 むしろ、別れ話が出たということは今よりも仲良くなるための試練なのです。 ここでお互いの不満点をすべて解消し、今よりも仲良しなカップルになりましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い