失恋で痩せる原因と対処法。気をつけておくべきこと5つ。

失恋をすると大抵の人は辛くて痩せてしまうものです。 でも失恋で痩せる仕組みを詳しく調べたことはないのではないでしょうか。 「痩せたもん勝ち♪」なんて言葉もありますが、失恋によって痩せると美容にもよくない! 今回は失恋で痩せる具体的なメカニズムをご紹介します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 失恋で痩せる原因と対処法。気をつけておくべきこと5つ。

失恋すると痩せる!これはある意味当たり前。

失恋で痩せた経験、あるのではないでしょうか。 いくつになっても地獄かと思うほど辛いですよね、失恋って……。 失恋と言っても状況は様々ですよね。 片思いの相手にフラれた、長く付き合ってきて結婚まで考えていた彼氏にフラれた、知っている人と浮気されたなんて受け入れがたい現実を突きつけられる人だっています。そんな状況の中で受けるショックは、心に身体にもとても大きなものです。 まず失恋直後というのは、現実を簡単に受け入れることができないのが普通です。 なんとかして現実逃避したくなって、今の辛い感情から目をそむけたくなるもの。 男性不信な気持ちになることだってあります。 少し経ってから、少しずつ実感が湧いてくるんですよね。 いつもなら起きて朝必ずあったはずの連絡がこない、メールがこない… 「おはよう」だったり「今から仕事行ってくるね」だったり。 そんな当たり前にあったパターンがなくなって初めて「本当にもう彼氏ではなくなったんだ」と感じるようになっていきます。 失恋で痩せるのは、実はここからなんです。 現実をちゃんと受け止めた時から、気持ちが益々落ち込んで「もういいや」という状態になってきます。 食べ物を食べることも、毎日の生活も、仕事も 何もかももうどうでもいいという感情になっていくんですね。 でもその感情だから単に痩せるということでなく、失恋の辛い状況で痩せる仕組みがあります。 人間の心と身体はつながっているもの。 そこで今回は、失恋すると痩せる!それはある意味当たり前。ということを 具体的に解明していきたいと思います。

失恋すると痩せる理由

失恋すると痩せるのには、ちゃんとしたメカニズムがあるから痩せるんですね。 大体の人は、失恋で痩せるということを「そりゃ、つらくて痩せるでしょ!」となんとなく納得しているものの、具体的にどうなって痩せるのかという難しいところまでは考えていないものですよね。 そこで詳しく失恋で痩せる仕組みをご紹介しましょう!

幸せホルモンが分泌されにくくなるから

ドーパミンとは幸せを感じると脳で分泌される物質です。 これは、好きな相手を失う前には適度に保たれていて、食欲に関しても大きく関係しています。 ドーパミンは「食べたい」という中枢を刺激します。 恋愛している時にはこのドーパミンがたくさん分泌されているという事です。 よくいう「幸せ太り」というのは、幸せでドーパミンがたくさん出たことで食欲が増して食べるようになって体重が増えたということなんですね。 ということは、失恋=精神的に辛い と言う逆のパターンになると、 このドーパミンが分泌されにくくなります。 そして食べ物を欲しなくなったり、空腹を感じにくいということが分かっています。

ドーパミンは、幸せを感じると脳で分泌される物質で、「食べたい」という中枢を刺激します。 恋愛している時にはたくさん分泌されて、好きな相手を失う前までは適度に保たれています 食欲に関しても大きく関係しています。 よくいう「幸せ太り」というのは、幸せでドーパミンがたくさん出たことで食欲が増して食べるようになって体重が増えたということなんですね。 反対に、「失恋=精神的に辛い」となると、ドーパミンは分泌されにくくなります。 食べ物を欲しなくなったり、空腹を感じにくいということが分かっています。

ストレスホルモンが分泌されやすくなるから

続いて、失恋などの強いストレスを感じている時に脳が出してくるのが ストレスホルモン『コルチゾール』です。聞いたことがない人がほとんどではないでしょうか? よく、女性がダイエットをしている時に 「チョコレートをちょっと食べて血糖値を上げてから、食事をするとダイエット効果が期待できる」とか「血糖値の上昇が緩やかになるからサラダから先に食べて-3kg!」なんて耳にしませんか。 この血糖値というのが下がるとお腹が空いた状態になるのですが、急な上昇は太る原因になるんですね。 そこで糖分を上手にコントロールをしていこうということなんです。 話を戻しますね、失恋した時に心が受けたストレスはかなり大きいもので、 このホルモンが血糖値の上昇をさせることが分かっているのです。 食べていないのに勝手に血糖値を上げるこのホルモンが痩せる仕組み。 『失恋→精神的に大きなストレス→コルチゾールが血糖値を上げる→お腹が空かない』 結果、ご飯をあまり食べなくなって痩せる。というパターンが起こってきます。 なので失恋して痩せるというのは脳の仕組みとして本当の話なんですね。

失恋などの強いストレスを感じている時、脳が出して物質に、ストレスホルモン『コルチゾール』というものがあります。 失恋した時、心が受けたストレスはかなり大きいもので、コルチゾールが血糖値を上昇をさせます。 血糖値が下がるとお腹が空いた状態になり、急な上昇は太る原因になることが分かっています。 『失恋→精神的に大きなストレス→コルチゾールが血糖値を上げる→お腹が空かない』 結果、ご飯をあまり食べなくなって痩せるという状態が起こってきます。 失恋して痩せるというのは、脳の仕組みとして本当の話なんですね。

あらゆる意欲が低下して食欲もなくなってしまうから

失恋すると、あらゆる意欲が急になくなり、結果激やせしてしまう場合があります。 失恋の辛さから何もする気にもならない無気力な状態になり、食欲も無くなってしまうほど心身に多大なストレスを与えているのです。 ダイエットをしたいと思っていた方にとっては、痩せられるというのはいいことのようにも思えるかもしれませんが、失恋による激やせは健康的な痩せ方ではありません。 また、食欲不振から消化不良にも繋がり、お腹を下してしまうという人も。 恋人が離れてしまってただでさえ辛いのに、こんな症状まで起きてしまっては泣きっ面に蜂ですよね。

失恋で痩せたことで元彼を見返して復縁できる可能性も?

失恋して痩せると、元々ぽっちゃり体系だった人はスッキリして見えますよね。 中身的には、つらくて食べられないから痩せたとしても、男性はそこまで気づかないもの。 久しぶりにばったり遭遇したり、どこかで顔を目にしたとき自分が振った元カノがすっきりやせて 綺麗になっていたとしたら……「あれ?こんな細かったっけ?」と思うでしょう。 理由が失恋であれ、痩せると顔立ちが変わり、着られなかった服も着られるようになったり メイクをしても見栄えが変わってきます。 そこで自分と別れて綺麗になった、変わったと気が付くと気にならない男性はいないでしょう。 というのも、男性は女性とは違って後から大切なものに気づく人がほとんどで まして自分が手放した相手が魅力的になっていたりするとちょっと後悔するのが本音なんですね。 失恋がきっかけで痩せると、元彼を見返すことができる可能性は高いのです。 悲しみっぱなしよりは、ちょっとでも見返してやった!という気持ちになれるだけでも違いますよね。

失恋して痩せたことの変化で元彼の気持ちが変わり、やっぱりやり直したいと思う可能性だってあります。 でも、現実にあなたは失恋で苦しんで痩せて、そんな見た目的なことだけでひょっこり帰ってこられても拍子抜けというか「なんだそりゃ」となってしまいませんか? 精神的に傷ついて食が細くなっている時に帰ってくる男性が良い男かどうかというのはさておき、見た目の変化によって復縁の可能性が出てくることは確かなので、もしもそんなチャンスがあったらよく考えて決断を!

失恋して痩せると、ぽっちゃり体系だった人はスッキリして見えますよね。 理由が失恋であれ、痩せると顔立ちが変わり、着られなかった服も着られるようになったり メイクをしても見栄えが変わってきます。 男性は女性とは違って後から大切なものに気づく人がほとんどです。 まして自分が手放した相手が魅力的になっていたりすると、後悔するのが本音です。 痩せたことの変化で元彼の気持ちが変わり、やり直したいと思う可能性だってあります。 見た目の変化によって復縁の可能性が出てくることは確かなので、もしもそんなチャンスがあったらよく考えて決断を!

失恋で痩せた時に気を付けたい5つのこと

痩せること自体は、嬉しいと感じる人もいるかもしれません。 幸せな恋愛の最中は頑張ってダイエットしてもなかなか成果が出ないことが多く、失恋で痩せたことをある意味ラッキーととらえる向きもあるでしょう。 しかし、失恋によって痩せるのは、不健康な痩せ方です。 さらに、もともと細い体型の人が痩せてしまった場合は、外見だけではなく、健康面にも良くない影響がでかねません。 失恋での激やせには注意点が必要です。

やつれないよう必要な栄養は摂る

本来痩せるのであれば、適度に運動したり、筋肉をつけながら痩せる必要があります。 健康的に痩せたのではないので、やつれたように見えてしまいます。 きちんと食事をして痩せられるように美容や健康を意識した痩せ方をするようにしましょう 急激な栄養不足に陥った体がリバウンドを起こす可能性も出てくるので、失恋の辛さや悲しさによる体重減少がある程度落ち着いたところで、健康や食事を意識した上での体型維持を心がけましょう。

栄養不足で肌荒れにならないようにする

失恋して痩せてしまう人は、食欲が落ちてしまったり、ときには吐き気まで催してしまうことが原因で食べられなくなり、痩せてしまいます。 この食べずに痩せるという行為が肌荒れに繋がる恐れがあるのです。 食べずに痩せることで肌に必要な栄養素が不足し、肌が荒れてしまったり、乾燥がひどくなってしまったりするのです。 体やお肌に必要な栄養素は多岐にわたります。 どうしても難しいという人は、サプリメントを摂るだけでも変わってきますよ。

摂食障害にならないようにする

失恋して痩せた人は、「もっと痩せたい」という欲が出て思いがちです。 実はコレがとても危険なことです。 ムリなダイエットをしてしまって、カロリーが高いものを食べることに罪悪感を感じるようになってしまうこともあります。 失恋して、「自分は不要な人間」なんてネガティブになっているときが余計に危険です。 世の中に男性は彼だけではありません。 痩せたりしなくても、好きになってくれる人もいるってこと、忘れたらダメですよ。

反動で過食にならないようにする

失恋で強いストレスの中、胃をふくらませると、胃腸を動かして食べ物を消化することで副交感神経が働くことから、手軽に自律神経のバランスを整えてリラックス感を得ることができます。 しかし、失恋の辛さを紛らわせるために、食べて安心感を得ることが常態化し、さらに糖分や脂肪分などエネルギー源を多く含む食品を見ることで、食欲が刺激されます。 激太りの原因にもなるので、まずは食べ物を見えないようにして、食事から遠ざかってみましょう。

リバウンドしないようにする

食べずに痩せてしまうことで恐ろしいのは、リバウンドです。 急激に栄養不足になった体は、リバウンドを起こす可能性も高いのです。 しばらくの間、食べない状態が続くと、体が飢餓状態であると判断し、少量しか食べていないのに体は脂肪を溜め込むという悪循環に陥ってしまいます。 また、食べずに痩せると筋肉が減るので基礎代謝も落ち、落ちた筋肉の上に脂肪がついてしまいます。 痩せるのは非常に根気のいる作業となってきますので気を付けましょう。

痩せるほどの失恋から立ち直るための方法

とにかく泣く

失恋から立ち直るためには、とにかく泣くことが重要です。 泣くという行為にはストレス発散の効果があります。 友達に電話して話を聞いてもらうのでもいいですし、映画や本を読んで思い切り感情移入して泣くのもいいです。 何も考えずにぼーっとしながら涙だけを流すと、さほどのストレス発散にはならないようです。 恥ずかしい気持ちを捨て、思い切り感情を出しましょう。 誰かに見られると恥ずかしい場合は、1人の空間を作って思い切り泣きましょう。

信頼できる人に話を聞いてもらう

自分をきちんと理解してくれる信頼できる人に感情を吐き出し、聞いてもらうことで辛い気持ちを解消してみてはいかがでしょうか。 自分1人で考えていても、自分を責める答えにしか行き着きません。 さらに自分で追い込んでしまっているかもしれません。 今の状況を変えるためにも話を聞いてもらいましょう。 しかし、失恋直後は気持ちがナーバスになっています。 良かれと思ってダメ出しをしてくるタイプには相談しないようにしましょう。

痩せてスタイルアップした自分に自信を持つ

失恋によって痩せるのは、健康的な痩せ方とは言えません。 急激な栄養不足に陥った体がリバウンドを起こす可能性も出てきます。 失恋の辛さや悲しさによる体重減少がある程度落ち着いたところで、健康や食事を意識した上での体型維持を心がけましょう。 「自分磨き」に意識を向け、ゆっくりではあっても変化が出てくることで自分に自信を持つことができます。 塞ぎ込みがちだった気持ちも明るくなり、ポジティブな考え方ができるようになっていくでしょう。

自分磨きに力を入れる

単純に自分磨きに没頭するのも一つの手です。 ジムに通ってみたり、資格取得の勉強をしてみたり、料理の腕を磨いてみたり…。 自分を磨こうと思うと、やることは意外とたくさん出てきますよ。 簡単なことでもいいので、今日から取り入れてみましょう。 自分磨きをしていくことによって、結果的に自信も付きますし、また失恋してから何もしないよりは、スキルや美も取得できます。 一度重い腰を上げてみてはいかがでしょうか?

趣味や仕事に没頭する

暇な時間が多いと、どうしても彼のことを考えてしまいます。 趣味や仕事に集中することで失恋の痛みを忘れる時間ができます。 趣味が今はないという方でも、習い事を始めてみたり何かのイベントに参加してみるなどして、食べること以外で自分が楽しいと感じられることを見つけてみると良いでしょう。 好きなことやできることに取り組むことで、ストレス発散や自己肯定感の修復効果も得られるため、おすすめの対処法です。

適度な運動をする

考えてしまう時間があるなら、体を動かして汗をかくことで、失恋のことを考えずに済む時間に変えていきましょう。 ジョギングなどの有酸素運動に熱中すると、失恋の辛さや、失恋のストレスで生じる食欲から意識をそらすことができる上、過剰に摂取したカロリーの消費につながります。 食事も同時に気を付けることで太りにくい体質にもなります。 健康状態がよくなることで気持ちも上向き、失恋のショックからいち早く立ち直るための役に立つはずです。

リフレッシュ旅行に行く

思い出の場所で毎日を過ごしていると、忘れるのは難しいでしょう。 リフレッシュ旅行するのもオススメです。 旅行することで、非日常感が心を充実させ、楽しい気持ちにさせてくれます。 1人で自分のペースでゆっくり周るのもいいでしょう。 より現地の人とコミュニケーションを取れる機会が増えるかもしれませんし、全く知らない人との会話は気分転換にはとてもいいです。 ただし、旅先で知り合った人に着いて行くのはとても危険なのでやめときましょう。

リラックスできる居場所を作る

失恋が忘れられないのは、好きという気持ちからではなく寂しさからかもしれません。 「自分の居場所が彼しかない」という状況だと寂しさから依存してしまいがちです。 なにか新しいことを始めたり、興味があった場所に行ってみたりなど、とにかく行動してみましょう。 あまり連絡を取っていなかった人と、久しぶりに連絡を取ってみるというのも良いかもしれません。 今話すと盛り上がって仲良くなれるという可能性もあります。

新しい出会いを見つける

今は新しい恋に踏み出す気分ではないかもしれませんが、動かないと始まりません。 仕事と家の往復だけではどうしても元彼を考えてしまう時間が長くなってしまうと思います。 早く立ち直りたいという気持ちがあるのであれば、合コン・婚活アプリなど出会いの場には積極的に参加するようにしましょう。 綺麗になりたい欲求が強く芽生え、必然的に日常食生活にも変化がでてくるはずです。 世の中には彼以外にも素敵な男性がいることに気づくことができますよ。

失恋で痩せてしまっても心身の健康は取り戻そう!

失恋で痩せるのは、科学的にも実証されているごく自然なことです。 あなたにとって彼は、失恋で瘦せるほど大切な存在だったということです。 失恋はとても辛く、もう二度と同じような経験をしたくはないものです。 今、様々な後悔で頭がいっぱいかもしれません。 しかし、痩せるほど誰かを好きになることは、人生においてとても貴重な経験で、あなたが変わるチャンスでもあります。 今はどうしても相手のことを考えて辛くなってしまうかもしれませんが、時間が解決してくれます。 焦らず少しずつ前を向けるように頑張りましょうね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い