最初から遠距離恋愛をするメリットと待ち受ける障害。結婚まで関係を保つコツ

最初から遠距離恋愛をすることにはデメリットだけでなくメリットもあるって知っていましたか?辛そうというイメージのある遠距離恋愛ですが、近距離恋愛では感じられないメリットがあるんです。 しかし、最初から遠距離恋愛をするときの心構えが出来ていないで付き合うと、不安に押しつぶされる恋愛となってしまう危険も。そんな最初からする遠距離恋愛について詳しく解説していきます!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 彼の気持ち
  3. > 最初から遠距離恋愛をするメリットと待ち受ける障害。結婚まで関係を保つコツ

最初から遠距離の恋愛が実はおすすめな理由・メリット

恋愛ってただでさえ不安になりやすいもの。 最初から遠距離恋愛をこれからする人、最初から遠距離恋愛の状態にいてどう過ごしていけばいいのかわからない人、遠距離恋愛ってすぐに会える距離ではなく、相手が何をしているのか電話やメッセージツールを使わないとわからないのですごく不安になりますよね。 不安は尽きないかもしれませんが、実は最初から遠距離恋愛の方がおすすめなんです。 ではその理由を掘り下げて紹介していきましょう!

最初から遠距離のカップルは結婚しやすい

遠距離恋愛の人のほうが、お互いになかなか会えない分、早く相手に会いたい気持ちが膨らんだり、愛おしい想いを募らせたりと本気で想い合えるカップルが多いのではないでしょうか。 会えないほどに会いたくなる、いつでも会えるわけではないから、願わくばいつでも会いたい。 会えないからこそ、相手を真剣に思いやれることも多いのです。 遠く離れていても、お互い好きで会いたい気持ちはきっと一緒、早く会いたいという気持ちでいっぱい。 「早くデートをしたい」、「早く一緒に暮らしたい」、「ずっと一緒にいたい」。 それだけいつでも会えない分、真剣に遠距離で恋愛をすることにより、自然と「結婚」ということも意識するようになるカップルは多いのです。

会えた時の喜びが尋常じゃない

次のデートが何か月も先というだけに、待ちに待った彼とのデートの日はとっても幸せな嬉しい気持ちになれるんです。 待ち合わせ場所で彼を待っている時に、男性の姿を探してはどこにいるかな?と探している時から既に、言葉にできないほど楽しい気分になってきてしまいます。 デート帰りにも撮った写真を見返してはニヤニヤ。 楽しかった内容をインスタにアップしてはニヤニヤ。 プロフィールも彼氏が出来たことがやんわり分かるような内容に変えてみたりと、もう気分は有頂天です。 最初から遠距離恋愛だと、会えることが当たり前ではないのでこうした嬉しい気持ちが増幅するんですね。

自立心が養われる

遠距離恋愛で離れている時間が長い分、自分の時間があります。 彼が仕事を頑張っている分、自分も次会う時間まで頑張ろう!と日々を過ごすことができます。 それに、自立心なしには遠距離恋愛を乗り越えられることはないと思ったほうがいいでしょう。 遠距離恋愛なんて会える時間よりもはるかに会えなくて孤独を感じる時間のほうが長いわけですから。 また、近距離恋愛と違ってデートばかりに頭がいき、恋愛重視の生活にはなりません。 自分のキャリアアップに時間を使ったり、自分磨きの研究をしてみたりと、男性に依存することなく自立して過ごす力が培われます。

最初から遠距離の恋愛で辛い3つのこと

つらいときに傍にいてあげられない

好きな人に傍にいてほしいと感じる時の一つが、”つらいとき”です。 落ち込んだ時、嫌なことがあった時などに、好きな人がそばにいてくれるだけで落ち着くという人も多いのではないでしょうか? そのように相手が必要としている時に傍にいてあげれないことが1つの障害となってしまうことも。

相手の状況が見えにくく、浮気を疑ってしまう

相手の生活感が見えないということって、実はすごく不安要素なんです。 だからこそ、あれこれ良くない妄想をしてしまうんですよね。 最近連絡しても素っ気ないと感じるようになると「好きな人が出来たんじゃないか」「浮気しているんじゃないか」等と妄想をしてしまうことも。 しかし、その不安を感じているのはお互いさまです。 それを忘れずに、彼への信頼の気持ちをしっかりともって進んでいきましょう。

友達カップルが羨ましく見える

いつでも会えるカップルがどうしても良く見えてしまうものです。 「明日は彼とここ行くの~、来週はねぇ今話題のあのデートスポットに行こうと思って~」なんていう友達の会話。 ついつい「私も近くの人と付き合いたいな」と感じてしまい、「だけど、私は彼のここが好きなんだし、他の人じゃだめ」と彼への気持ちを再確認。 でも一度不安を感じると「やっぱり近くの人と付き合いたい」・・・と何度もグルグル気持ちが一周してはまた一周。 それが習慣になってしまうと、遠距離恋愛に疲れてしまいますよ。

最初から遠距離の恋愛を成功させる過ごし方

相手を信用して、あまり束縛をしない

最初から遠距離恋愛とはいえ、恋人同士となると会えない寂しさが倍に感じられます。 連絡がなかなか取れなかったり少ない日があると、仕事が遅くなったのかもしれない・・・彼も頑張っているんだから・・・と理解しようとしつつも、不安が頭から離れなくなってしまいがちです。 過度な束縛をするようになると、相手に恐怖心を与えてしまうこともあります。 例えば、「最近連絡の頻度が減ったけど、もしかして浮気?」と疑い、連絡を取るたびに彼が何をしていたのかを把握しようとしたり、言っていることが本当なのかしっかり恋人をTwitter上でフォローをしているあなたは相手の行動を監視・・・なんてこと、恐いですよ。

二人にとって無理がない連絡のルーティーンを作る

「毎日9時に電話しよう」、「毎日朝、昼、晩は絶対メッセージしてね」などふたりの連絡を取るときのルールはどこのカップルにも存在しますよね。 しかし、相手を、または自分をもがんじがらめにするような連絡ルールは、お互いを苦しめてしまうのでくれぐれも注意しましょう。 お互い会えた時にはとびっきりふたりの時間を楽しめるような、共通の趣味の話など無理がない連絡のルーティーンを作ってみるといいでしょう。

恋愛だけじゃなく自分の時間を充実させる

つらいというマイナスな気持ちばかりに気を取られていては、その恋愛は上手くいかないでしょう。 どんなことでもマイナスな面しかないという事はありません。 会えない時間を自分の時間として、プラスに活かしていく! そう気持ちを持っていける人は、遠距離恋愛を上手く乗り越えていけるでしょう。 また、会えない寂しさばかりを考えてしまい情緒不安定となっているよりは、自分の時間を大切にして何かに打ち込んでいる女性は彼の目にも自立した女性として魅力的にうつりますよ。

ストレートに愛情表現をする

会えない分、愛情表現はおもいっきりすることです。 触れあえない分、ストレートすぎるくらいの愛情表現でないとメールや電話での愛情表現は伝わりません。 恥ずかしいではなく、相手が安心してくれるということを考えて実践してみてはどうでしょう。 初めは恥ずかしさから「愛している」等とあまり言ってくれなかった彼も、あなたからストレートな愛情表現をしているとだんだんと自分も気持ちを伝えようとしてくれるようになりますよ。

次会えた時に楽しむために準備する

久しぶりに会えたときは、とびっきり嬉しいものですよね。 会えた時は、ふたりの時間を目一杯楽しむことが一番大切です。 はなればなれの時間に、相手の好きなものを作ってサプライズでプレゼントしてみたり、お互いの誕生日や、記念日には計画を立てて楽しむ準備をしたり……。 「こんなに自分のことを考えてくれてたんだ、ますます好きになるよ」なんて言わせちゃうくらい、会えない時間を有効に使っていきましょう。

最初から遠距離の恋愛でやってはいけないNG行動

強制的に相手に連絡を迫る

最初から遠距離恋愛の場合、LINEなどでの連絡が重要なコミュニケーションツールになるため、少し連絡が遅くなったりするとどうしても不安になりがち。 しかし、そこで焦って相手に連絡を返すように迫り続けると窮屈になって関係が終わりに向かい始めます。 ですので、相手に強制的に連絡をするように迫ることは決してしないように!

お金もかかるので、無理に会いたがらない

会いたいという気持ちが強くなるのは仕方のないことなのですが、遠距離の場合だと会うのにお金も時間もかかります。 ある程度「この周期では必ず会う」というのを決めたら、それ以上に無理に会いたがったりするのはお互いにとって負担になります。 相談してお互いにとって現実的に過ごしていけるペースを決めて守りましょう!

言いたいことを感情のまま言う

最初から遠距離恋愛をする上で難しいポイントとして、「今までの恋愛とどう変えるべきか?」が分からない、ということがあります。 言いたい事を感情のままに言ったとしても、対面で良く会える恋愛であれば直接会った時にスキンシップを取ったりすることで素直な気持ちも伝えることができますが、遠距離恋愛で感情的な発言が多くなってしまうとどんどん連絡をとったりするのが面倒に感じられてしまいがちです。 なので、気持ちを伝える時には「これを言われたら相手はどんな気持ちになるだろう?」と一度相手の立場に立ってから発言するように気を付けてください。

最初から遠距離恋愛で結婚した体験談

資格の学校で会った彼と1年の遠距離を経て結婚

とある資格を取得したく、資格の学校へ通った私。 そこでまさかの運命の出逢いがあったのです。 彼とはすぐに意気投合し、交際するまでの仲に。 ふたりとも無事資格は取得し、彼は地方に就職することになったのです。 「結婚する」ということはお互いに初めから意識をしていたのと、「遠距離は1年」という期日があったので、そこまで不安にならずに「結婚をしたら子供をいつつくるか」という計画も立て、無事に結婚できて幸せな毎日を送っています。 (20歳/女性/大学生)

ネットで出会った彼と遠距離を経て結婚

私はSNSで彼と出逢いました。 最初は、まわりのフォロワーさんへの気持ちと変わリませんでした。 オフ会を開催した時に彼も参加してくれて、そこで告白をされて意識をするように。 その後もSNSで絡んでいたら、いつの間にか私も彼のことが好きなことに気づき……。 そこから遠距離恋愛はスタート。 なかなか直接は会えなかったけど、オンラインでデートを楽しみました。 そして、わずか半年で結婚し、今とってもハッピーです! (20歳/女性/大学生)

マッチングアプリで出会った彼と遠距離から結婚

彼とはマッチングアプリで知り合いました。 趣味が似ていることや、考え方や価値観が似ているところがあったので、交際までそう時間はかかりませんでした。 「結婚前提のお付き合いをしよう」と言われ、最初は遠距離恋愛でしたが、わずか3ヶ月で結婚。 結婚の決め手はお互いの「思いやり」のフィーリングがバッチリ重なったことでした。 お互い、「この人とだったらやっていける」と思いました! (20歳/女性/大学生)

最初から遠距離は不安。だけど楽しむことが鍵

最初から遠距離恋愛は不安なことが多いことは確かでしょう。 しかし、こちらの記事のように、遠距離恋愛に少し「工夫」という「スパイス」を入れることによって考え方も変わってくるので花でしょうか。 ひとりの時間も、ふたりで過ごす時間もとてもとても楽しく、有意義な時間となること間違いなし。 ひとりの時のお互いの趣味や、ふたりでいる時の時間の共有も思いっきり楽しむことが鍵ですね。 あなたも遠距離恋愛、楽しんでいきましょう!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧