元彼に連絡したい時の内容|復縁できるLINEのタイミングや男性心理を解説

元彼に連絡したい時の内容はどんな内容がベストかを解説。ただ、重要なのは内容だけではなくタイミングやその後の連絡の頻度も重要になってきます。復縁を目指す上で外せないポイントを紹介しているので是非参考にしてみてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 元彼に連絡したい時の内容|復縁できるLINEのタイミングや男性心理を解説

元彼に連絡してもいいのか不安… 別れた後もまだ元彼を忘れられない… 別れてからも気持ちを消せずに、やり場のない感情に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 別れてしまっているので、連絡してもいいのか、しないほうがいいのかもわからないですよね。 そこで今回は、元彼に連絡したいときの内容と、復縁できるLINEのタイミング、男性心理と女性心理を詳しく解説していきます。 元彼に連絡したいけど、そもそもなぜ今その感情があるのか、もしLINEを送るとしたらどんな内容を送ったら自然なのか。 気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね!

元彼に連絡したいけど...元カノからの連絡ってあり?なし?男性心理

元彼に連絡したいという気持ちがある方は、元彼が今あなたのことをどう思っているのか気になりますよね。 男性側の心理は、男性が振った場合と、男性が振られた場合で異なるのです。 そこでこの章では、振った場合・振られた場合の両方の心理を見ていきます。

元彼があなたのことを振った場合

元彼がに振られて別れた場合は、振られた理由によりますが、もう関わりたくないと思っている場合があります。 単純にあなたが嫌いになって、もう付き合っていられないという理由で別れているとしたら、LINEをブロックされていることもあるかもしれません。 しかし、元彼の仕事が忙しくなったというような、相手都合の理由で別れた場合は、あなたを嫌いになったわけではないでしょう。 そのため、もし今仕事が落ち着いていたり、あなたのことを悪く思っていないようであれば、連絡を取ることができるかもしれません。

あなたが元彼のことを振った場合

あなたが元彼のことを振ってしまった場合、相手は今も悲しんで切る可能性もあります。 振った理由にもよりますが、なぜ突然振られたのか、自分が何かしてしまったのか、 信じていたのに裏切られたというような感情になっていることがあります。 そのため、あなたが連絡したとしても、あなたのことが信じられなくなっていたり、 なぜ今更連絡してきたのか、怒りの感情が沸くこともあるかもしれません。 自分勝手な行動をしてると自覚があり、どうしてもという場合なのであれば、相手の気持ちを理解した上で連絡してくださいね。

元彼に連絡したい人が連絡するべきタイミング

あなたが元彼に連絡をしたいと思ったのはなぜでしょうか。 その理由によって、連絡すべきタイミングは異なります。 この章では、復縁したい場合・友達に戻りたい場合・元彼に癒してほしい場合の3つに分けて、それぞれのタイミングを解説していきます。 自分の感情に当てはめて、ベストなタイミングを選んでくださいね!

復縁したい場合

別れたけれど、またやり直したい、復縁したいと思っている場合は、別れてからの期間がどのくらい経っているかが大切です。 別れてまだ1ヶ月も経っていないとなると、まだ相手の気持ちも落ち着いておらず、余計に関係をこじらせてしまうことがあります。 少なくとも、別れてから2~3ヶ月はお互いが冷静になるための冷却期間を設け、あなた自身の気持ちも落ち着けましょう。 もし、冷却期間を経てもあなたの気持ちが変わらないのであれば、連絡してもいいかもしれません。 しかし、相手の気持ちは落ち着いていない場合もあるので、相手の気持ちを尊重することを忘れないでくださいね!

友達になりたい場合

前項と同じように、友達になりたい、友人関係に戻りたいと考えている場合も、少し冷却期間を設けることが大切です。 別れた後はお互いに冷静になることができていません。 あなた自身も、今は彼を手放したくないという気持ちがあるからこそ、友人関係に戻るという気持ちになっているのかもしれません。 そのため、自分自身の気持ちを確かめるためにも2~3ヶ月は冷静になり、考える期間を設けることが大切です。 もしその冷却期間を経ても、あなたの気持ちが変わらないのであれば、彼に友人に戻ることを提案してみてもいいかもしれません。

癒されたい場合

復縁でも、友人関係でもなく、ただ今だけ癒されたいという場合もあるでしょう。 その場合は、思いついたときに連絡をしてもいいですが、相手からの返信に期待してはいけません。 もしかしたら、相手はあなたとはもう連絡を取りたくないと思っていたり、あなたに対してまだ未練があるかもしれません。 未練があった場合は、相手に期待させてしまうことになるので、むやみにLINEを続けないようにしましょう。 癒されたい場合は、他に自分を癒す方法がないのかを考えて、どうしてもその人でなければだめという場合のみ、連絡を取りましょう。

元彼に連絡したい!返信が来る内容と例文15選

元彼に連絡をしたいと思った場合、多くの方がLINEやメールを使うのではないでしょうか。 この章では、元彼から返信がくるような内容の例文を、ケースごとに分けてご紹介していきます。 もし今、連絡したいけど、内容が思いつかないという方は、自分に当てはまるものを活用してみてくださいね!

元彼に連絡したい|復縁を考えて連絡する場合

相手が最近どうしてるか聞いた

「しばらく連絡を取ってなかったから、最近どうしてるー?と送った」(22歳/女性/大学生) 「仕事を頑張っているのを知っていたので、近況が気になり、そのことについて聞いた」(24歳/女性/OL) シンプルに、最近どうしてるのかは気になることですよね。 そのままの気持ちを言葉にしてLINEしてみるのもいいでしょう。 純粋に気になっていることなので嫌味もなく、相手にとっても返信しやすい内容かもしれません。 もし今更どうしたの?と聞かれても、「ふと気になって」などと言ってサラッと流せば、そんなに気にならないでしょう。

ストレートに相手の恋愛状況を聞いた

「彼がもう彼女がいるのか気になったので、もう彼女できた?と聞いた」(26歳/女性/事務) 「もう彼女がいれば諦めがつくので、まず最初に聞きました」(29歳/女性/OL) 恋愛関係であった二人ですから、別れた後に聞くのは少し直接的な質問かもしれませんが、復縁を考えているのであれば、一番気になる点ですよね! 勇気を持って、最初に彼女がいるのかどうかの恋愛事情を聞くのもアリでしょう。 ただ、これを聞いたらあなたが復縁したいと思っているのかなと勘ぐられるので、バレてもいい覚悟で連絡してくださいね。

忘れ物があると連絡した

「彼の家に忘れ物をしてしまっていたので、取りに行きたくて連絡をしました」(23歳/女性/学生) 「以前、彼に貸していたものを返して欲しかったので、こちらから連絡をとりました」(27歳/女性/OL) 彼の家に忘れ物をしていたり、貸し借りをしていたりする場合、必要連絡として自然に連絡を取るケース。 そこから、最近どうしてるの?などと近況連絡を始めるのもありですね。 もし家以外の場所で受け渡しするのであれば、お礼にと言ってお茶するのもいいかもしれません。

ご飯に行かない?と誘った

「直接会って話したいと思ったので、飲みに行かない?と誘うLINEをした」(25歳/女性/派遣) 「返信で温度感もわかるし、ご飯に行かない?と会う提案をしてみた」(27歳/女性/OL) 直接会った方が話しやすいとか、ご飯に誘う連絡をすることで相手の今の温度感を分かるという意見も! この内容を送る場合は、重くなり過ぎないようにすることが大切です。 「久しぶり~!最近どうしてるの?ご飯でも行かない?」くらいに考えるのがよさそうです。

お誕生日のお祝いメッセージを送った

「彼の誕生日だったので、おめでとうとだけメッセージをしたら、そのまま連絡が続いている」(23歳/女性/販売) 「気づいたら彼の誕生日だったので、メッセージとコンビニのLINEギフトを送ってあげたら、すごい喜んでくれて、ご飯に行くことになった」(26歳/女性/総務) 連絡をしやすいタイミングとしてよくあるのは、相手の誕生日ですよね。 まだ覚えててくれたんだ!と喜んでくれる男性も多く、もし彼女がいない場合はそのまま連絡が続いたり、流れでごはんに行けるかもしれません。

彼に連絡したい|既婚の元彼に連絡する場合

悩みがあるから相談に乗ってもらった

「同じ業界に勤めていて、仕事の悩みがあったので、相談に乗ってもらいました!」(26歳/女性/総合職) 「元彼によく話していて事情をよく知ってるのもあって、悩みを相談しました」(22歳/女性/大学生) 彼が事情を知っていたり、彼の方が詳しく知っていることがあったりする場合、悩み相談に乗ってもらうという方も多いです。 基本的に女性から頼られて嫌な気になる男性は少ないので、ナチュラルに連絡出来て、会える場合もあるでしょう。

あけおめLINEを送った

「年が明けたので、他の人と変わらないあけおめLINEを送ったら、ちゃんと返ってきた」(24歳/女性/事務) 「あけましておめでとう!今年は飲みにでも行こうね笑、と社交辞令のつもりで送ったのだけど、本当に飲みに行くことになった」(27歳/女性/飲食) 誰もが、普段連絡を取り合わない人とも、挨拶をかわす新年。 特に違和感もなく、自然に連絡もできるので、挨拶を口実に近況を伺うタイミングとしては最適とも言えるでしょう。 一年に一度しかないので、タイミングが合えば送ってみてください!

季節の挨拶を送った

「暑い日が続いていたので、毎日暑いね〜と送ったら「溶けそう」と返ってきた」(27歳/女性会社員) 「相手の地域で台風がすごかったときに、台風大丈夫だった?と送ったら、心配ありがとう!から連絡が続いてます」(24歳/女性/アパレル) 人によっては、なぜわざわざ連絡してきたんだろうと思わせてしまうこともありますが、相手を気遣う一文を含めば嫌な気はしないでしょう。 季節の変わり目に、相手の体を気遣う内容を送ってみてもいいかもしれませんね。

相手が詳しいことを聞いてみた

「彼は車に詳しいので実家で車を買い替えるというていで連絡してみたら、いろいろと情報を返信してくれ、それをきっかけにやりとりをするようになった」(31歳/女性/フリーランス) 「元彼は弁護士をしている人だったので、悩んでいる友人に紹介するために彼に連絡を取って、それから友人に付き添って会ったりしています」(29歳/女性/会社員) 男性は女性から相談されて嫌な人はいませんし、それが自分の得意分野ならなおさら力が入るでしょう。 しかし、とってつけたような相談事だと、浅い会話で終わってしまうこともあるので注意してくださいね。

以前会話の中に出てきたことを聞いてみる

「前に美味しいって言っていた恵比寿の焼肉屋さんってどこっだっけ?と送ったらすぐに返信がきた」(29歳/女性/会社員) 「付き合っていた頃によく一緒に行っていたカフェの2号店が、相手の家の近くにできると聞いて連絡してみたら、一緒に行くことになった」(25歳/女性/医療) このような内容はある意味、いいきっかけになるので、突然LINEしても違和感なく話せます。 さらに、既にトークテーマができているので、相手も返信の内容に悩むことなく、気軽に返信してくれるかもしれません。

元彼に連絡したい|友達として連絡する場合

元気?と簡単にメッセージを送った

「元気〜?と送ったら『元気だよ!そっちは?」と拍子抜けするくらいにあっさりと返事がきた」(26歳/女性/公務員) 「久しぶり!元気にしてる?と連絡してみたら、意外と共通の話題で続いている」(27歳/女性/会社員) もう恋愛感情はないのであれば、ごく普通の友達に連絡するような気分で「元気?」とメッセージを送ってみるといいでしょう。 あなたがその気持ちで連絡することができれば、相手も構えることなく、すんなり返信してくれることもあります。 もし返信がない場合は、もうあなたと関わるつもりはなかったり、相手の気持ちが整理できていないのでしつこく連絡するのは控えましょう。

共通の趣味に関する内容を送った

「スノボが共通の趣味で、いつも行く場所に今年も行くのか聞いた」(21歳/女性/大学生) 「好きなアーティストが同じで、Liveチケットのことについて話したら、盛り上がった」(25歳/女性/OL) 共通の趣味がある場合は、話題にも出しやすいですね! 相手も好きなことや、興味のあることなら話しやすいですし、自然に会話も続くかもしれません。 もし共通の趣味がない場合は、相手の趣味について聞くような内容でもいいでしょう。

共通の友達の話題を送った

「共通の友達が結婚したので彼に連絡してみたら、話も盛り上がって再会できた」(28歳/女性/OL) 「仲が良かった大学のサークル仲間内が転職したので、彼はどうしてるかなと思って連絡してみた」(25歳/女性/マーケティング) 共通の友達がいる場合は、まずは友達の話題をキッカケに連絡を取っているようです。 自分たちの話題じゃ気恥ずかしかったり、なかなか連絡するタイミングを掴めない時などは、他の人の話題から入ると楽しく会話しやすいかもしれません。

電話していい?と送った

「電話していい?とLINEしたらすぐいいよと返事がきて、その後の電話では楽しく盛り上がって、たまに電話で話すようになった」(22歳/女性/大学生) 「最初に久しぶりと連絡して、その後すぐに返信来たから、電話してもいい?と聞いたらOKしてくれた」(25歳/女性/アパレル) 元カノから急に電話してもいい?と聞かれたらドキッとしてしまう男性も多いかもしれません。 しかし、お互いにもう友人関係だと思っているなら、あまり深く考えずに快くOKしてくれることもあるでしょう。

気軽に遊びに誘う

「今度の休み暇なら○○に行かない?と気軽に誘ったら、OKしてくれました」(22歳/女性/美容師) 「前に行きたいって言っていたお店が新しくできたから、一緒に行かない?と誘ったら、誘いに乗ってくれた」(26歳/女性/会社員) 連絡を取るまではなかなか勇気がいりますが、変に重く考えずに気軽に誘ってみると、意外と誘いに乗ってくれることがあります。 ただ、複雑な別れ方をしている場合は、相手はもうあなたと会うつもりはないと思っていることもあるので、別れ方が円満だった場合に限るかもしれません。

彼に連絡したくなる心理3つ

これまで、元彼に連絡するときのタイミングや内容の例文をご紹介していきました。 しかし、そもそもなぜ別れた相手に連絡したくなるのでしょうか。 そこでこの章では、元彼に連絡したくなった女性の心理を解説していきます。 改めて自分の気持ちを振り返ってみると、元彼ではなくてもいい場合があるかもしれません。

相手の“今”について知りたいから

単純に相手の今に興味があって、何しているのか気になるから連絡してみたいという気持ちもありますよね。 SNSで繋がっていれば、なんとなく状況などはわかりますが、何も繋がっていないと特に気になるものです。 もしSNSで繋がっているなら、投稿にコメントしたり、メッセージを送ってみてもいいでしょう。 LINEの場合は「最近どう?」、「SNS見たけど最近元気?」などと気軽な感じで送れたらいいですね。 返信がない場合は急かしたり、無理に連絡とろうとするのは避けましょう。 もしかしたら相手はもう連絡を取りたくない場合もあります。

彼と復縁したい気持ちがあるから

基本的に元彼に連絡を取りたいときはこのパターンが多いのではないでしょうか。 まだあなたの中で彼のことが気になっていて、自分の気持ちを伝えるため、相手の気持ちを知りたいために連絡を取りたくなるものです。 復縁するために連絡できるのかどうかは、別れた原因と、どちらが振ったのかにもよります。 もしあなたが振っているなら相手は今更なに?と思うかもしれませんし、あなたが振られた場合でももう別れているのにと思わせてしまうかもしれません。 しかし、そう思われたとしても耐えることができて、連絡をしないと後悔が残るという場合は連絡するべきでしょう。

今の恋愛がうまくいかなくなったから

もし元彼と別れてからしばらく経っていて、今あなたに新しい彼がいるという場合もあるでしょう。 現在の彼とうまくいかなくなって、ふと元彼を思い出してしまったり、元彼と比較してしまってあの頃に戻りたいと思うこともあるかもしれません。 しかし、もし今の彼とうまくいっている場合は、元彼のことを思い出すことはなかったかもしれません。 もしかしたら今の状況や現実から逃げたいという気持ちから、元彼にすがりたいと思っていることもあります。 もしそこで元彼に連絡をしてしまったら、あなたは浮気をしていると言われてもおかしくないことをしていることになります。 付き合っている彼がいるのであれば、その彼との問題を解決することに集中しましょう。

元彼に連絡したいけどできない女性の心理

一度別れた相手には、円満別れでさえ連絡しにくいものです。 しかし、反対に一度付き合っている相手なのにどうして連絡しにくいのでしょうか。 前章の女性心理からさらに掘り下げ、元彼に連絡したいけどできない女性の心理を解説していきます。 今、元彼に連絡できずにいる女性は、自分の気持ちを再確認してみてくださいね!

嫌われたくない

基本的に人間は他人に認められたい生き物です。 もしあなたが復縁したいと思っていなかったとしても、嫌われたくはないでしょう。 あなたが振られている立場なら、尚更もう嫌われたくないと思っているはずです。 その嫌われたくない気持ちが、連絡する手を止めてしまっているのでしょう。 しかし、もしあなたが復縁を望んでいて、冷静によく考えた上で復縁を望むなら、 後悔しないように勇気をもって連絡したほうが、嫌われるよりもいいかもしれませんね。

どんなふうに連絡を取ればいいのかわからない

別れた時が最後なのであれば、どんな風に相手に連絡をして、どんな態度でいたらいいか正解がわからないですよね。 ヘラヘラしていても今更何?と思われるかもしれませんし、重くメッセージを送っても返信がないかもしれません。 しかし、あまり考えすぎてしまうと、余計に内容が重くなったり、空回りしてしまう場合もあります。 そのため、あまり深く考えずに「返信が来たらラッキー」くらいに考えておくと、返信が来なかった場合も気が楽でしょう。

連絡を取るきっかけが見つからない

元彼に連絡するとなると、それなりに理由がなかったり、きっかけがないと不自然に思われそうですよね。 特に、喧嘩別れしている場合や、あまりいい別れ方をしていないような場合は、尚更いいきっかけがなければ難しいでしょう。 しかし、連絡を取りたいと思ったあなたの気持ちも立派な理由なのです。 もしかしたら返信が来ないこともあるかもしれませんが、もしそうなっても連絡したことで諦めがつくこともあるでしょう。 冷静によく考えて、どうしても連絡を取りたい、リスクを負ってでも連絡を取りたいという気持ちが変わらないのであれば、 連絡をしてみてもいいでしょう。

元彼に連絡したいけど...しない方がいいケース

元彼に連絡したいけど、場合によっては連絡しないほうがいいケースもあります。 勢いで連絡をしてしまうと、もう二度と連絡をとれなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。 連絡してから後悔しないように、連絡する前にチェックしておいてくださいね!

復縁目的の元彼が既婚者の場合

復縁したいと思った相手が、現在結婚していたり、以前も不倫関係にあった相手なら、連絡を避けたほうがいいかもしれません。 もし現在結婚しているのであれば、相手の奥さんに誤解を招いてしまったり、彼自身も自然と避けるでしょう。 また不倫関係だった場合は、別れた理由にもよるかもしれませんが、今は家庭を大事にしたいと思ったからこそ、あなたと別れた可能性もあります。 その時にあなたがまた連絡をしてしまっては、彼の決意が無駄になってしまったり、相手の家庭を壊すことも考えられます。

無視されている、ブロックされているなど明らかに脈なしの場合

もし以前に連絡をしてして、未読無視されていたり、明らかに脈がない場合は諦めたほうがいいかもしれません。 何度も連絡することでしつこいと思われてしまうので、連絡が取れたとしても上手くいくことはないでしょう。 どこで諦めるのかはあなた次第なので、これで最後にすると決めるのであればいいかもしれませんが、しつこくしないようにしましょう。 この場合、一度自分の気持ちと向き合って、他の男性ともかかわってみた上で再度考えてみると、気持ちが変わっていることもあります。 そのため、むやみやたらに連絡するのではなく、自分磨きなど、違うことに目を向けてみるのもいいかもしれません。

一度連絡をしたときにリアクションがなかった場合

前項の「無視されている、ブロックされているなど明らかに脈なしの場合」と同じように、 一度連絡をしたときにリアクションがなかった場合は、ブロックされている可能性もあります。 リアクションがない、ブロックされているということは、もうあなたと関わるつもりはないと考えているのでしょう。 もしかしたら彼は、勢いでブロックしたのではなく、自分の中で終わらせるために、よく考えてブロックした可能性もあります。 しかしその時にあなたが、他の連絡手段を使ったり、しつこく連絡してしまうと、彼の決意を無駄にしてしまうことになるのです。

寂しさを埋めることだけが目的の場合

あなたが今の現状に満足していなかったり、寂しさを埋めたいために彼と連絡を取ろうとしているなら、控えるべきでしょう。 あなたの気持ちを埋めるために彼に連絡を取るのは、彼を利用しているようなものです。 もしあなたが振った側だとしたら、彼の気持ちをもてあそんでいることになりますし、 振られていたとしても、しつこいと思われるでしょう。 この場合は、寂しい気持ちの対処法として、彼以外、恋愛以外の方法を見つけておくと、今後のあなたの人生に役立つはずです。 自分磨きに力を入れたり、友人と旅行に行ったり、一度他のことに目を向けてみてもいいかもしれませんね。

元彼へ連絡したい!タイミングや連絡方法に注意を払って良い関係を築く

いかがでしたでしょうか? 理由は様々ですが、ふと元彼のことを思い出したり、元彼のことが忘れられなくて連絡したいことがありますよね。 しかし、あなた自身の気持ちが先行してしまうと、相手を傷つけたり、もう2度と関係を修復できなくなってしまうこともあります。 そのため、なぜ今あなたは元彼に連絡をしたいと思っているのか、別れてから時間が経っているのか、 連絡を取る目的は何なのか、あなた自身の気持ちを細かく分析することが大切です。 また、もし連絡を取る場合は、相手の気持ちを尊重することが最も重要なことです。 相手が快く受け入れてくれたのであればラッキーですが、もう連絡を取りたくないと思っている場合もあります。 もしリアクションがなかった場合に、しょうがないと思える気持ちの準備ができているのであれば、連絡してもいいかもしれません。 ぜひ、後悔のないような対応をして、いい関係を築けるようにしましょう!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧