別れて1週間の冷却期間で復縁する!|復縁を叶えるためにすべき行動3選

1週間の冷却期間を得て復縁できるケースって知っていますか? 大好きな彼に振られた、喧嘩別れをしてしまったなど、相手に未練がある人は「別れたことを後悔している」「早く復縁したい」と思っている人も多いはず。 今回は、冷却期間1週間で復縁するための方法やNG行動を紹介していきますので、早く復縁したいと思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 別れて1週間の冷却期間で復縁する!|復縁を叶えるためにすべき行動3選

大好きな彼と喧嘩した… 冷却期間を1週間置くこととなったとき、復縁したいと考える方は多いのではないでしょうか。 2人の関係をより良いものにするために冷却期間というのは必要なものですが、「少しでも早く復縁したい!」と考えるでしょう。 しかし、冷却期間が1週間で彼と復縁できるのか疑問に思う方も多いはずです。 今回は、冷却期間が1週間でも復縁しやすいケースや、復縁しにくいケースについて解説していきます。 また、冷却期間中の過ごし方や復縁を叶える方法についても紹介していきますので、彼との復縁を成功させたい!と思っている方は、是非最後までチェックしてくださいね。

冷却期間1週間で復縁できる?

先にも述べた通り、復縁をするためには冷却期間を設けることが大切です。 冷却期間の平均というのは、5ヶ月となっているため、1週間は非常に短い期間だと言えるでしょう。 しかし、冷却期間が1週間であったとしても、復縁できる可能性は十分にあります。 別れ方にもよりますが、1週間という期間は、相手がいなくなって強い寂しさを感じる期間です。 復縁を成功させるためには、冷却期間1週間の行動が重要でしょう。

冷却期間が1週間でも復縁しやすいケース

「冷却期間が1週間だと復縁できないかも…」と不安を感じている方もいらっしゃるでしょう。 実は、冷却期間が1週間でも復縁しやすいケースというのが存在しますので、紹介していきます。 自分自身のケースと照らし合わせてみてくださいね。

小さな喧嘩が原因の場合

小さな喧嘩が原因で冷却期間を置くこととなったときは、冷却期間が1週間でも復縁しやすいと言えます。 カップルだと、些細なことで喧嘩に発展することは多いです。 お互いの不満を言い合ったりなどの小さな喧嘩であれば、1週間でかなり気持ちは落ち着いてくるはずです。 一時的な怒りの感情なので、冷却期間が1週間でも復縁できる可能性は十分にあります。

お互いに納得して冷却期間を置いた場合

彼と話し合い、お互いに納得して冷却期間を置いた場合は、1週間という短い期間でも復縁しやすいと言えます。 距離が近ければ近いほど、気持ちが分からなくなったり、自由な時間が欲しいと感じることもありますよね。 自由な時間を持つためや、お互いに気持ちを見つめ直したいなどのより良い関係を続けるために冷却期間を置いているなら、気持ちが整理できれば復縁できるはずです。 1週間という短い期間であったとしても、復縁しやすいでしょう。

冷却期間が1週間で復縁できるカップルの特徴

実は、冷却期間が1週間で復縁できるカップルには、特徴があります。 一体どのような特徴があるのでしょうか? ここでは、その特徴を見ていきますので、是非今後の参考にしてみてください。

お互いに未練がある

お互いに未練がある場合は、復縁願望がある状態なので、冷却期間が1週間でもやり直すことができます。 別れる瞬間は、相手のことが嫌いだと思っていても、少し時間が経って冷静になると一緒にいた頃のことを思い出して、「やっぱり好き」だと未練が残ることは少なくないもの。 お互いに嫌だと思っている部分を改善し、気持ちを新たにやり直すことができるチャンスです。 冷却期間が1週間でも、気持ちを一つにして再スタートできるはずです。

二人とも別れる未来を考えていない

二人とも別れる未来を考えていない場合は、冷却期間が1週間であっても復縁できるでしょう。 冷却期間を置くと、いつも一緒にいた相手がいなくなるので、生活が大きく変わることもありますよね。 その変化が起こってから「やっぱり恋人のいない未来は考えられない」と感じることは意外と多いのです。 お互いにその気持ちが同じなのであれば、復縁するとより良い関係を築けるはずです。 きっとこの先も一緒に過ごすべき相手なのでしょう。

二人とも寂しがりや

二人とも寂しがり屋である場合は、冷却期間を置くと強い寂しさを感じるため、1週間であっても復縁できるでしょう。 今までずっとそばにいてくれた恋人が急にいなくなったので、寂しさを感じるのは当然のことです。 1人で食事を取ったり、休日を過ごしていると「なんだかつまらないな」「あの頃は楽しかったのに」と、お互いに離れたことを後悔しているのではないでしょうか。 同じ気持ちなのであれば、冷却期間が1週間であってもやり直すことができますよ。

冷却期間が1週間では足りないカップルの特徴

前の章では、1週間の冷却期間後に復縁できるカップルの特徴について見ていきました。 自分たちに当てはまる特徴はありましたか? この章では、冷却期間が1週間では短すぎるカップルの特徴について見ていきますので、前の章とこの章でどちらが当てはまる部分が多いかを確認してみてください。 また、今後の行動の参考にしてみてくださいね。

互いに気持ちを信じ合えないでいる

互いに気持ちを信じ合えないでいる場合は、冷却期間が1週間では短すぎると言えます。 お互いに想いがあっても、それが相手に響かないようであればすぐに復縁することは難しいです。 信じられない、信じてもらえないという状態はとても辛いものですが、ここからが踏ん張りどころです。 「復縁したい」という強い気持ちを持ち、相手に信じてもらえるように行動していきましょう。 お互いに真剣な気持ちが伝われば、復縁できるようになるはずです。

友達のような関係になってしまっている

彼と友達のような関係になってしまっている場合は、冷却期間が1週間では足りないでしょう。 友達のような関係から恋愛にシフトチェンジするのは、難しいことだと言えます。 なぜなら、相手があなたとはその関係性でいいと満足しているからです。 友達以上の関係に進むためには、ゆっくりと時間をかけて愛情の気持ちを作り上げなくてはいけません。 そのため、1週間で復縁を目指すのではなく、相手の様子を見ながら慎重に気持ちを伝えるようにするべきでしょう。

喧嘩ばかりで疲れてしまった

喧嘩ばかりで疲れてしまったと感じている場合は、冷却期間が1週間では短すぎると言えるでしょう。 一緒にいるときに喧嘩ばかりだったのであれば、「戻っても喧嘩ばかりだろうな」「もう喧嘩はしたくないし疲れた」と感じて、なかなか前に進めなくなります。 喧嘩というネガティブな記憶ばかりが蘇っている状態なので、復縁には時間がかかるでしょう。 ネガティブな思い出が消え去るくらい、彼と楽しい思い出を作っていく必要があります。

冷却期間1週間の間の過ごし方・やるべきこと

冷却期間1週間の間、泣いて過ごしたり、復縁の為に何かしら行動に移すなど、行動は人それぞれでしょう。 何をしたらいいかわからない…と悩んでいる方もいるはず。 復縁をしたいならばその1週間がカギなのです。 ここからは、より良い1週間にするために、過ごし方ややるべきことを伝えていきます。 どうしたらいいか分からないという方は是非参考にしてくださいね。

冷却期間を置くことになった理由を見つめ直す

冷却期間を置くことになった理由を、1週間の間でしっかり見つめ直してみましょう。 きっとさまざまな原因や問題があったから、冷却期間を置くしかない状況になったはずです。 この1週間の間に、当時を振り返って原因や問題を整理し、あなたの良くなかった点は改善していく必要があります。 何も変わっていなければ、復縁できたとしてもまた同じ原因で冷却期間を置いたり、最悪の場合別れに繋がってしまうので、しっかりと見つめ直してくださいね。

外見も内面も含めて自分を磨く

冷却期間1週間の間に、外見も内面も含めて自分磨きをしましょう。 彼と過ごす時間が無くなって気持ちが沈んでいる時こそ、自分磨きをして魅力を高めていく必要があるのです。 美容に力を入れてみたり、映画や読書、勉強をしてみるなど外見も内面も磨くと、彼と再会した時に「前より素敵だな」と思ってもらえることもあります。 魅力的な女性になって「離したくない」と思わせることができれば、復縁がうまくいく可能性はぐんとアップします。

相手への連絡はしない

好きな人と話したいと言う気持ちは分かりますが、冷却期間1週間の間は、相手への連絡を控えましょう。 お互いにとって冷却期間というのは、自分自身を見つめ直すための大切な時間です。 そのような時にLINEや電話をすると、冷却期間を設けた意味がなくなってしまいます。 また、SNSなどで、充実した日々を過ごしていることをアピールするのは効果的だと言えますが、メッセージやコメントをするのは控えておいた方がいいでしょう。

心を不安でいっぱいにしない

不安な気持ちになることも多いと思いますが、冷却期間1週間の間は、心を不安でいっぱいにしないようにしましょう。 冷却期間中は「復縁できなかったらどうしよう…」とネガティブになってしまいがちですが、その状態では、新しい自分になることも復縁を成功させることも難しくなります。 彼とはどんな関係になりたいのか、そのためにはどうすればいいのかなど、今後の二人の関係を前向きに考えることで、有意義な時間を過ごせるはずです。

冷却期間1週間後に復縁を叶える方法

ここまでは相手の気持ちや冷却期間の過ごし方などを伝えてきました。 二人の関係をより良いものにするために、冷却期間は必要です。 最後に、冷却期間1週間後に復縁を叶える方法について解説していきます。 復縁するかしないかはあなたの行動次第です。 読み進めて、どういった行動を起こすのか考えてみてくださいね。

まずは連絡をする

冷却期間1週間後に復縁を叶えるために、まずは自分から連絡をしてみましょう。 すぐにでも復縁したいと感じる場合は、些細な喧嘩やすれ違いで冷却期間を置くことになったケースがほとんどなのではないでしょうか。 少し勇気がいりますが、思い切って自分から連絡をしてみてください。 相手もあなたに連絡をしたい気持ちがあり、今連絡していいのか悩んでいるのかもしれません。 自分から行動を起こすことで、復縁成功に繋がるのです。

冷却期間を設ける原因が自分にある場合は謝る

冷却期間を設ける原因が自分にある場合は、まず最初に相手に謝りましょう。 1週間の間にさまざまなことを考え、「自分のここが悪かったな」と思うこともあるはずです。 できれば直接会って謝るのがベストですが、それが難しい場合は電話で謝るようにしましょう。 どうして自分が悪いと思ったのかなど、その理由も伝えると、相手にも反省の気持ちがよく伝わります。 あなたがしっかりと反省していることが伝われば、彼も真剣に復縁を考えてくれるはずです。

二人で今後のことを話し合う

冷却期間を設けることになっても、どちらにも非がないという場合もあります。 その場合は、二人で今後のことをよく話し合うようにしてください。 再び冷却期間を設けなくてもいいようにするためにはどうしたらいいのか、などを話し合うことで、今まで気づけていなかった相手の気持ちに気づけたりすることもあります。 冷却期間を置かなくても良い関係を続けていく方法が分かれば、今後お互いに不満のないお付き合いをすることができるはずです。

1週間の冷却期間を経て、より良い関係を目指す!

今回は、冷却期間が1週間でも復縁できるカップルの特徴、反対に1週間では短すぎるカップルの特徴、冷却期間の過ごし方やその後の復縁の叶え方まで紹介しました。 1週間というのは短い期間ですが、復縁できる可能性は十分にあります。 考え方や行動を変えたり自分磨きをするなど、あまり不安になりすぎずに、有意義な時間を過ごすといいでしょう。 冷却期間が延びたとしても、それは二人の関係をより良いものにするために必要なことなのです。 会わない間に自分の魅力をアップさせ、「また一緒にいたい」と思ってもらえるようにしましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い