距離を置く=別れじゃない!|別れを防いだ成功例も

距離を置きたいって言われたけど別れたいってこと?どうしたらいいの?と男性の気持ちを理解できず悩んでいる女性って多いですよね。 ということで今回は「距離を置く」と「別れたい」の違いと別れる気はないけど距離を置くケースやその後の対処法についてご紹介いたします!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 二人の未来
  3. > 距離を置く=別れじゃない!|別れを防いだ成功例も

恋人に「距離を置こう」と言われたら、別れたいの?距離を置いたらそのまま別れてしまうのかな?と不安になる方は多いのではないでしょうか。 距離を置く=別れると考えてしまいがちですが、距離を置くことと別れることにははっきりとした違いがあるので、まだ不安になるのは早いです。 今回は、恋人が距離を置きたいと告げる理由や、その後の対処法について解説していきます。 また、距離を置くときに別れを防ぐ方法などについても紹介していきますので、恋人と距離を置くか迷っている方やそう告げられた方は、是非最後までチェックしてくださいね。

「距離を置く」と「別れたい」の違い

まずは距離を置くと別れたいの違いを確認していきましょう。 恋人に距離を置きたいと言われもう別れてしまうと決めつけて落ち込んでしまう人や、半ばあきらめてその期間を過ごしてしまう人も多いのです。 状況によってはあなたの行動次第で結果が変わることもあるんです。 それなのに別れたいの意思表示をされていると落ち込んでしまってはいい方向に進むとは思えませんよね。 似ているようで全く違う距離を置くこと別れたいの意思表示、曖昧になっている二つの意味を確認し、今どのような状況にいるのかを正確に理解しましょう。

距離を置くのは一時的な事、別れは半永久的

距離を置くのは一時的に恋人と会わなかったり連絡を取らないことで、その期間が終われば再び会って会話ができたり連絡をすることができます。 反対に、別れるという事はその後に友達関係や復縁という事にならない限り半永久的に恋人と会えない、もう連絡もしないという関係。 距離を置くのであれば、恋人の中で距離を置きたい原因などが解消されたり時間が経てばまた恋人の方から連絡も来ますし会う事も可能です。 しかし、別れるという事は彼の中であなたに対する気持ちが無くなったということになり交際しているという事実もなくなってしまうのです。 距離を置くことと別れること、並べて比較してみると全く違う状況であることがわかりますよね。

距離を置くのは別れるか決断していない状態

距離を置くのは恋人の中で別れるという決断ができていない、結論をはっきり出せないでいたり、迷いがある状態なのでしょう。 一方で、別れるという事はそのままの意味で恋人の意思がもう固まっているから別れると告げられるのです。 恋人が決断していないという事は別れを防げる、または今後も交際を続けていけるというどちらの可能性も残っているのに対し、別れを恋人自身が決断してしまっていたら別れる方向で話が進みその状況を回避できる可能性はほとんどないという違いがあります。 距離を置いている状況であればあなたの努力次第ではいくらでも別れを回避することができます。 しかし、別れたいとすでに決断しているのであれば、何をしてもあまり効果は期待できないでしょう。

距離を置くは関係性は変わらない、別れると関係性は変わる

距離を置くという事は2人は別れたわけではなくカップルという関係に変わりありませんのでその期間もこれまで同様に彼氏、彼女のままです。 しかし別れてしまうとカップルではなくなるので、今までと同じように接することはできなくなります。 ギクシャクする人もいますし、仲が良くても友達以上の立場にはいられません。 彼氏彼女と元彼元カノという響きだけでも違いを十分に感じられますが、距離を置いている間はまだ恋人と付き合っているという安心感が残るということも別れるとは異なる点です。

距離を置くなら別れる覚悟はしておくべき?別れる確率は8割って本当?

前の章では、別れることと距離を置くことの違いについて見ていきました。 確かに別れることと、距離を置くことは全く違う意味なのですが、距離を置いたカップルがその後別れる確率は8割と言われています。 この数字を見て「結構多いんだな」と驚いた方も多いでしょう。 この章では、距離を置いた後に別れる確率が高い理由を見ていきます。

どちらかに「フェードアウトしたい」という気持ちで距離を置く場合があるから

別れる確率が8割だと言われる理由の一つとして、どちらかに「フェードアウトしたい」という気持ちがあって距離を置くケースがあるからなのです。 恋人に別れ話をするのが面倒だったり、もし別れ話をしても「別れたくない」などと言われて、別れられないかもしれないと思った時には「距離を置こう」と恋人に言います。 もちろん相手は自然消滅を狙っているので、距離を置いてる間に努力をしても、元通りに戻れず別れるという可能性が高いです。 もし恋人に「別れる気はない」と言われても、面倒なことになるのを避けるために嘘を言っているだけかもしれません。

だんだんと一人でいることに慣れてしまうから

恋人と距離を置くと、以前よりも一人で過ごす時間が増えます。 そのため、最初は寂しいと感じても、長い期間距離を置いていると一人でいることに慣れてしまって寂しさを感じなくなるのです。 一人でも平気だと感じるようになる期間は、人それぞれ違いますが、自立している人なら1ヶ月程で「恋人がいなくても平気」と思うようになり、愛が冷めます。 あまり長い期間恋人と距離を置くと気持ちも離れていってしまうので、「これくらいなら相手の気持ちは離れないな」と思える期間を設定するようにしてください。

距離を置いている間にライバルが出現することがあるから

距離を置くと別れる確率が高いのは、距離を置いている間にライバルが出現することがあるからです。 常に恋人が隣にいれば、「恋人がいるんだな」と思い大半の人は諦めるでしょう。 しかし、恋人が隣におらず異性の友人とも遊んでいないなら「あの人は恋人がいないのかな?」「チャンスかも!」と思われて、狙われやすくなるのです。 また、恋人がいても距離を置いてるなら奪えるだろうと考える人もいます。 恋人と少し冷めそうになっているタイミングで他の異性に狙われたら、奪われてしまう可能性は高くなるでしょう。 距離を置くときは、他の異性に振り向かないように伝えた方がいいかもしれません。

ほかの異性と遊んだり、出会う機会が増えるから

恋人と距離を置くと、寂しくなって他の異性と遊んだり出会う機会が増えるので、別れに繋がってしまう可能性もあるのです。 寂しさにはどうしても耐えられないという人も多いでしょう。 そのため、他の異性と遊んだり出会いの場に足を運んで寂しさを紛らわせているうちに、今の恋人よりも良い人を見つけてそのまま別れてしまうこともあります。 異性の友人とばかり遊んでいることが恋人にバレたら、振られてしまうかもしれません。 特に寂しがり屋の場合は、距離を置くとフラフラ遊んでしまうことが考えられるため、寂しさが原因で浮気をしないように対策を取る必要があるでしょう。

付き合うことから解放されて、自由を楽しむことがあるから

付き合うことに息苦しさを感じていた場合は、距離を置くことで付き合うことから解放されて、一人の時間を自由に楽しむことができるようになります。 自由に行動して気分転換ができると同時に、「一人でいるのがこんなに楽なら、恋人と一緒にいる意味はない」と思うようになり、愛が冷めてしまうこともあるのです。 元々、恋愛願望がなかったり一人で過ごすのが好きな恋人だと、距離を置くことで一人の快適さに気付いてしまうことが多いです。 距離を置いても元に戻れるのか戻れないのかは、半々の確率でしょう。

「距離を置く」のが別れたいの現れなのか見極めるポイント

「距離を置きたい」と言われたら、相手が本当は別れたいと思っているのではないかと気になってしまうはずです。 ここでは、相手が別れたいと思っているのか、そうではないのかを見極めるポイントを紹介していきます。 自分たちと照らし合わせて、相手の本当の気持ちを探ってみてくださいね。

距離を置く期間

距離を置いた後、元に戻ることが前提の場合は、距離を置く期間を事前にしっかりと決めておくものです。 例えば、1週間や2週間などそのように期間を決めてから距離を置くはずです。 その期間を決めずに距離を置くなら、元に戻る気はなくフェードアウトしたいという気持ちの表れかもしれません。 相手に「距離を置こう」と言われて、あなたにまだ恋人への気持ちが残っている場合はしっかりと期間を決めることを提案した方がいいでしょう。

距離を置く期間の長さ

距離を置いても元に戻る気がある場合は、その期間はどんなに長くても数週間程度です。 もし恋人が数ヶ月、半年以上などの長期で距離を置きたいと言ってきたら、その場合もフェードアウトの可能性があります。 なぜなら、距離を置く期間があまりにも長いと、相手の気持ちが冷めてしまったり連絡しにくくなってそのまま自然消滅してしまうことが考えられるからです。 そんな時は、まずは数週間程度で話をする時間を作ることを提案した方がいいでしょう。

連絡についての決まり

恋人と距離を置いている間に、連絡を取り合わないことは基本的なマナーです。 普段通りに連絡を取ってしまえば、距離を置いている意味がなくなってしまいます。 連絡を取らないことは分かっているのに、敢えて「一切連絡はしないでね」などと言葉にして伝えてくる場合は、フェードアウトを狙っている可能性があります。 その場合は「元々距離を置いている間は連絡しないつもりだったけど、その理由は?」などと切り込んでおくといいでしょう。

距離を置く時に別れる前提の場合の特徴

前の章では、距離を置くのが別れたいの表れなのかどうかを見極めるポイントについて見ていきました。 見極めるポイントが分かっていれば、相手の本当の気持ちも見えてくるはずです。 この章では「別れが前提」の距離を置く場合に見られる特徴をより深く見ていきましょう。

お互いに愛情を感じられない

付き合って間もない頃は愛情いっぱいで優しく接していても、時が経つと慣れて冷たくなったり、お互いに愛情を伝えなくなってしまうこともあります。 そういった時、お互いに恋人からの愛情を感じなくなって一緒にいる意味が分からなくなり、別れを決断するのです。 恋人同士で一緒にいるのであれば、誰だって愛したいし愛されたいと思いますよね。 愛情を感じられなければ、一緒にいても虚しくなるだけで幸せが薄れていくので、別れが前提で距離を置いてしまうのです。

価値観の違いを感じている

恋人同士で一緒に過ごすのであれば、価値観が合うかどうかは重要なポイントだと言えます。 価値観が合えば、一緒にいて同じものを見て楽しめたりするため幸せを感じますよね。 しかし、食事の好みが全く合わなかったり、金銭感覚があまりに違うなどの場合は、どちらか一方が我慢をして過ごすこととなるため次第に苦しくなってきます。 価値観が合わずに相手に合わせてばかりだと、一緒にいることに疲れを感じて逃げ出したい気持ちになり、我慢の限界が訪れて別れを決断してしまうのです。

互いに無理をして付き合っている

恋人同士だと、相手を幸せにしたいと思うのは当然のことですよね。 ありのままの自分で相手を幸せにできていたらいいのですが、お互いに無理をし続けて恋人関係を保っている状態だと、いつか限界が来てしまいます。 お互いに無理してお付き合いを続けていると「もう無理をしたくない」「無理してまで付き合う必要なんてない」と思うようになります。 一緒にいても疲れを感じるだけの存在で、幸せを感じられないので恋人と別れることを決めるのです。

どちらかの浮気が距離を置く原因となっている

どちらかの浮気が距離を置く原因となっている場合も、別れを前提としていることが多いでしょう。 恋人関係を継続していくには、もちろん愛情も大事ですが、信用できる相手かどうかも非常に大事なポイントです。 浮気という行為は、時間をかけて築き上げてきた信頼関係を一気に崩してしまうのです。 そのため、浮気をされて愛が冷めてしまったり、浮気されて恋人を信用できなくなったために別れを決断するという人は多いのです。

距離を置く時に別れる気はない場合の特徴

前の章では、距離を置くときに別れることが前提の場合の特徴について見ていきました。 この章では、反対に別れる気がない場合の特徴を見ていきます。 これを見れば「距離を置こう」と言われた時に、別れる気があるのかないのかを判断できるようになるはずです。

マンネリを感じていてそれを解消したいという気持ちがある

カップルは付き合いが長くなると、色々なことに慣れてきて新鮮さや刺激がなくなり、ドキドキしなくなりますよね。 そのようにマンネリを感じていてそれを解消するために距離を置いている場合は、あなたとの関係をより良いものにしようと考えていて元に戻る前提があるため、別れる気は全くないでしょう。 会わない日が続くと、次会った時にドキドキする…という経験をしたことがありませんか? 恋人はそのような感覚で距離を置いて、新鮮さを取り戻そうとしているのでしょう。

仕事が忙しく、少しゆっくりしたいと感じている

仕事が忙しいときは、恋愛の優先度は低くなり恋人にはあまり構ってあげられなくなります。 また、一人でゆっくり休んで明日の仕事に備える時間も欲しくなりますよね。 この場合は、仕事に集中したかったり恋人に悲しい思いをさせたくないから距離を置いているというだけで、別れる気はないと判断できます。 特に責任のある大きな仕事を任されている時などは、相手も余裕がなくなってしまうでしょう。 仕事が落ち着けば、また恋人から連絡がきたり元の関係に戻れるはずです。

多くなってきたケンカを減らしたいとき

会うたびに喧嘩になったり、些細なことで喧嘩になることが多くなると「また今日も喧嘩になるのかな…」と考えて疲れてしまいますよね。 多くなってきた喧嘩の回数を減らしたいと考えて、距離を置いている場合は一度冷静になって関係性を見直したいと思っているだけなので、別れを考えているわけではないでしょう。 距離を置いてみると「こんなに小さいことで喧嘩してたんだな」と思うかもしれません。 また、喧嘩を減らすために冷静になって対策を考えることもできるので、恋人とより良い関係になれるのではないでしょうか。

二人の将来について考えている

二人の将来についてしっかりと考えたいときに、距離を置くということもあるのです。 恋人との結婚を考えた時に、相手を幸せにする覚悟を決めるために距離を置いて1人になって真剣に考えたいという人もいます。 また、自分が未熟であると感じた時にも距離を置き、その間に恋人を守っていくために成長しよう!と努力する人もいるのです。 恋人に会わない時間は、自分を成長させる時間だと前向きに考えているのでしょう。 自分自身を成長させて二人の将来をどうするのか決めたら、相手から連絡をしてくるはずです。

距離を置く時に別れを防いで気持ちを戻す方法

前の章までは、距離を置いて別れる場合と別れない場合のそれぞれの特徴を見てきました。 「恋人と別れるということになってしまうのでは…」と心配になった方もいるのではないでしょうか。 そんな方のために、この章では別れを回避して、相手の気持ちを戻す方法について紹介します。 しっかりと心に留めて実行するようにしてみてくださいね。

原因をきちんと理解する

別れを防いで元の関係に戻るためには、まずは距離を置くことになった原因を見つけて理解する必要があります。 一人で過ごす時間を奪ってしまっていたり、相手の気持ちをしっかりと考えられていなかったなど、距離を置くのには必ず理由があります。 何か頑張りたい時期や一人で過ごしたいと思ったり、喧嘩ばかりで疲れてしまうなど何か心当たりはありませんか? 距離を置く原因を見つけることができたら、対策を取ることができるようになります。

原因が自分にある場合はそれを認め、改善する

距離を置くことになった原因が自分にある場合は、素直に認めて改善しましょう。 また恋人と一緒に過ごしたいのであれば、どうすれば改善できるのかを考えるようにしてください。 「自分が悪かったから直そう」と思っていても、なかなか行動に移すことができなくて直せなかったり、また同じことを繰り返して別れに繋がるということも多いです。 どんな風にすれば自分の良くない部分を改善できるのかを考えて、実際に行動に移していきましょう。

二人の将来をしっかり考える

距離を置くことになったら、恋人と過ごす時間が無くなる分自分の時間が増えます。 その時に、二人の将来について考えてみてください。 この先恋人とどうなりたいと思っているでしょうか? うまくいかないから別れたいと考えているなら、気持ちの整理をつける時間にしましょう。 しかし、距離を置いている状態だと「この先も恋人と関係を続けたい」と思っている人が多いはずです。 元に戻るためにも、まずは二人の将来を考えて相手の気持ちを取り戻す方法を考えましょう。

自分から連絡はしない

距離を置いている間は、自分から連絡しないようにしましょう。 寂しいから相手に連絡をしたい、という気持ちはよく分かります。 しかし、寂しいからといって相手に連絡をしてしまうと「距離を置いている意味がない」「一人の時間が欲しいのに、面倒だ」と思われてしまい、元に戻りにくくなってしまうでしょう。 今は恋人と過ごす時間ではなく、距離を置いた原因を考えたり良くなかった部分を改善する時間なので、辛いですが恋人への連絡は我慢してくださいね。

ポジティブに過ごす

先程も述べましたが、距離を置くことになったら自分一人で過ごす時間が増えます。 そのことをネガティブに捉えるのではなく、ポジティブに捉えて過ごしてみるといいでしょう。 例えば、以前からやりたいと思っていたことに挑戦してみたり、運動や肌のお手入れなどの自分磨きをしてみると気分も明るくなりますよ。 また、まとまった時間ができたなら家族や友人と旅行に行ってみてもいいでしょう。 距離を置いた後、あなたの魅力がアップしていたら相手もドキッとするかもしれません。

距離を置いてる時の連絡の取り方

距離を置くことになると気になるのが、その間の連絡の取り方でしょう。 普段のように連絡を取ることはできないと分かっていても、どうしたらいいの?と悩んでいる方は多いはずです。 ここでは、距離を置いている間の連絡の取り方やそのポイントを紹介します。 うまく取り入れて、二人の関係をより良いものにしてくださいね。

基本的には決まっている距離を置く期間は連絡をしない

恋人と距離を置くということは、その間は付き合っているけど連絡やデートをしない関係になります。 そのため、基本的には距離を置くと決めている期間は連絡をしないことになります。 距離を置いている間も連絡を取っていると、距離を置く意味が全くなくなるのです。 そして、一人でじっくりと考えたいと思っている相手の邪魔になってしまいます。 特に頻繁に連絡を取っていたカップルであれば、距離を置いている間も連絡を取りたくなってしまうと思いますが、期間中は我慢しましょう。

重い内容、長いメッセージは送らない

距離を置いている間は、冷静になって考える時間なので連絡を控えるようにするのがいいです。 しかし、どうしても連絡したいというときもあるかもしれません。 どうしてもというときでも、重い内容や長いメッセージは送らないようにするのを心掛けてください。 自分の気持ちを押し付けるような内容や長文は、相手から嫌われる原因になります。 送るとしても「体調大丈夫?」「最近忙しい?」など簡単な内容にしましょう。 ただ、基本的には距離を置いている間は連絡を我慢するのがベストだと言えます。

距離を置く期間を終えたら強がらずに自分から連絡する

距離を置く期間を終えたら、強がらずに自分から連絡をするようにしましょう。 「相手から連絡してほしい」と思い、自分から連絡しないという人も少なくないはずです。 恋人に連絡したいという気持ちが強いのであれば、素直な気持ちに従って自分から連絡する方がいいと言えます。 「またいつも通りに連絡を取りたい」「会いたい」など、自分の気持ちを正直に伝えるのがベストです。 この時、相手が連絡をくれなかったことに関しての文句は言わないように注意してくださいね。

距離を置くことで以前の2人に戻る成功例もある!

今回は、距離を置きたいと告げる理由やその後の対処法について紹介しました。 距離を置くことと別れることには、はっきりとした違いがあります。 ただ、別れが前提ということもあるので見極めるポイントを知っておくといいでしょう。 距離を置く間は、一人で過ごす時間が増えたということなので、さまざまなことに挑戦したり自分磨きをしたり、ポジティブな過ごし方をすると寂しさも紛れるはずです。 距離を置いて元の関係に戻る、距離を置いて別れる、距離を置く期間を延長するなど、いろいろな選択をする人がいると思います。 しかし、どれを選択してもそれはより良い二人の関係のためなのです。 お二人の関係が幸せなものになることを願っております。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い