不倫相手との復縁を成功させる方法|既婚男性の復縁のサインを知ってタイミングを見極めよう!

不倫相手と復縁するためにすべきことを徹底解説します。既婚男性が復縁したいと思っているか見極める方法のやその心理 復縁をする時のリスクから、不倫相手と復縁しやすい女性の特徴復縁しやすい既婚男性の特徴なども紹介。不倫相手と確実に復縁するためのポイントを載せているので、ぜひ参考にしてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 不倫相手との復縁を成功させる方法|既婚男性の復縁のサインを知ってタイミングを見極めよう!

「少し前まで既婚者の人を好きになって、不倫をしていたけど別れてしまった」 「不倫相手のことが今でも好きで、復縁をしたいと思っている」 このように悩んでいる人は、少なくないのではないでしょうか。 普通の恋愛のように周りの人に意見を求めることもできず、どうしたらいいか悩んでしまいますよね。 普通の恋愛であれば、まだ好きだからと復縁を本人に望むことができるかもしれません。 しかし、不倫となるといろいろとリスクが伴います。 相手はもう不倫に懲り懲りしているかもしれない、本気で家族やパートナーと向き合おうとしているかもしれないと思うと、なかなか行動に移すことができません。 そこで今回は、別れた後の不倫相手の心理と、復縁する方法を解説していきます。 ぜひ参考にしていただき、少しでも悩みを軽くしてくださいね。

不倫相手と復縁したい?既婚男性の5つの心理

いけないことだとわかってはいても、既婚男性と復縁したいと思うこともありますよね。 しかし、既婚男性は自分のことをどう思っているのか、同じように復縁を望んでくれているのか気になるところです。 もし自分だけが復縁したいと思っているなら、尚更どうしたらいいのかわからなくなってしまいます。 そこでまずは、既婚男性の心理を5つご紹介します。

1.復縁できるならしたい

「ひどい別れ方をしたので、許してくれるなら復縁したいと思ってる」(28歳会社員) 「本当に好きだから、できるものなら復縁したい」(26歳・営業) このように、復縁したいと考えている男性は多いです。 理由としては、不倫相手とのスリルが忘れられない…という思いや、本当は別れたくなかったけれど、やむを得ない事情で別れた…というパターンが多いでしょう。 こういった場合は、連絡をしてみたら意外とあっさり復縁につながることも!

2.相手が望むなら復縁したい

「相手が復縁を望んでいるんだったら、復縁したい」(25歳・美容師) 「もう一度やり直したいと思ってもらえるなら嬉しい」(32歳・運転手) 不倫相手と別れる原因は、ストレスや喧嘩なども意外と多いものです。 そしてこういった別れ方は、不倫ではなくとも愛情や未練が残ってしまいやすいでしょう。 特に男性側に問題があった場合、男性がこのような気持ちになっている可能性は高いです。 この場合、あなたからの連絡でスムーズに復縁できることもあります。

3.環境が変われば復縁したい

「今の家庭状況だと関係を続けるのは難しいので、状況が落ち着いたら復縁したい」(32歳・会社員)   「奥さんからの監視がキツいから、未練があるけど今は我慢します」(30歳・自営業) 子供の受験や奥さんの病気など家庭状況がきっかけで別れてしまった、または奥さんに怪しまれてしまって行動を自粛しているなどで、男性はこのような心理になることが多いです。 復縁したくても家庭状況で難しいケースの場合は、時間がかかることを覚悟する必要があります。

4.うまく付き合っていけるなら復縁したい

「前のように優しい彼女に戻ったら復縁したい」 「結婚を迫る彼女が重くて別れたけど、割り切った関係に戻れるなら復縁もアリ」 男性に振られてしまう理由のひとつには、女性が面倒な存在になってしまったパターンがあります。 こうなるとすぐに復縁することは難しくなってしまうものです。 何がいけなかったのかを振り返り繰り返さないようにできるのであれば、相手も安心して復縁を考えてくれるようになるでしょう。

5.復縁は考えられないけど、もう一度抱きたい

「復縁は微妙だけど、体の相性が良くて忘れられない」(29歳・バー勤務) 「関係を続けるのは考えられないけど、もう一度抱きたいという気持ちはある」(36歳・公務員) 復縁は考えられないけれど、もう一度抱きたいという男性も多いようです。 しかし「都合のいい女」として扱われるのは避けたいところですよね。 都合のいい女にならないコツとしては、男性に「大事にしたい」と思ってもらえるような振る舞いをすることが大切になります。

不倫相手が復縁したいと思っているか見極める方法

不倫相手と復縁したいのであれば、ぜひ「相手が復縁したいと思っているか」は見極めてください。 相手に復縁の意思があると分かった場合、復縁失敗してしまうリスクを避ける事ができますし、恐れることなくアプローチすることができるようになりますよ。 では見極め方をいくつか紹介いたしますので、見ていきましょう。

相手からの連絡

別れてしまった後に、相手の男性から連絡はありましたか? もし連絡があったのなら、「もう一度会いたい」「もう一度話したい」「もう一度関係を作りたい」と思っているからこそ、あなたに連絡をするのでしょう。 「今何をしているの?」など、あなたの日常を聞いてくる連絡が来た場合は、あなたと復縁したいと思っている可能性があります。 また、一度だけでなく何度も連絡があるのであれば、相手は復縁にかなり前向きな状態と言えるでしょう。

連絡すると返事が来る

不倫関係が終わってしまった後、あなたからの連絡に返事は返ってきますか? もし返事が返ってくる場合は、少なくともあなたのことを忘れていません。 会ってもいいかもしれない...と思っているからこそ、返事を返してくれるんですね。 復縁を考えていないのであれば、返信率は下がってしまうものです。 あなたの連絡に返事が返ってくるのかどうかで、復判を見極めてもいいかもしれませんね。

会うと必ず近況を聞いてくる

もし連絡をまだ取っていたり、職場が一緒で会う機会があれば判断できるポイントはあるかもしれません。 例えば、会ったときに軽く話している中で「最近どう?」「元気にしてる?」など、 あなたを心配するような言葉や近況が気になっている様子であれば、少し希望はあるかもしれません。 男性は復縁したいと思ったり、まだ好意を寄せているとどうしても相手に好きな人ができていないか気になるものです。

付き合っていた頃の話をしてくる

別れてからもよく顔を合わせていたり、話をするくらいの仲なのであれば、相手が昔話をするときはありませんか? 相手が復縁したい元に戻りたいと考えているのであれば、あなたとの思い出話をすることが多いです。 あなたとの楽しかった思い出を振り返って、また戻りたいなと浸っていることもあります。 そして、あなたにもその話をして戻りたいと思ってほしいと願ってることもあるのです。

嫉妬してくる

あなたに他の男性の影が見えたときに、嫉妬しているような発言や素振りを見せてきたら脈ありかもしれません。 男性は狩猟本能のようなものが備わっていて、大切な人が他の人に取られそうになると、取られたくないという態度が出てしまいます。 もしかしたら彼自身もまだあなたのことを忘れられないのかもしれません。 しかしそれほど本気ということは、自分の家族とも向き合わなければいけないと考えています。

不倫相手と復縁するリスク

不倫相手と復縁を望んでいても、復縁するとまた様々なリスクを負うことになります。 相手の家族を傷つけてしまったり、慰謝料などの面倒なお金のトラブルも招いてしまいます。 これから解説するリスクを負えるのであれば、あなたの思うように行動してもいいでしょう。

離婚とその後の問題を抱える可能性が高まる

まず、不倫がばれてしまうと必ず離婚の話が出てきます。 しかし、不倫をしていたあなたと不倫相手のせいで離婚をすることになるので、ほとんどの場合慰謝料が発生します。 さらに子供がいる場合は、親権問題や養育費の請求まで弁護士を交えて話すような大変な問題になります。 復縁をしたことによって、不倫が遊びではなく本気になってしまうので、復縁するなら盲目にならないことが重要です。

不倫期間が長引くことで、バレた時の慰謝料が増える可能性がある

不倫がばれて離婚するのかしないのかは話し合い次第ではありますが、離婚しなかったとしてもあなたには高額な慰謝料が請求されるでしょう。 そして、相手のパートナーが弁護士を頼んでいたとしたら、不倫期間が長くなったことで請求される額も増えるかもしれません。 そのため、バレるとあなたの人生も貯めてきたお金も、自分の親からの信用も失うことになります。

二度目の不倫で許されることはほぼない

もし一度の不倫のときに相手のパートナーにバレているのであれば、二度目は許してもらえないでしょう。 ただでさえ、一回の不倫でも信用がなくなるのに、復縁していたと知ったらどれほど大事になるかは分かりません。 また、一度目の不倫で相手のパートナーは慎重になっているので、一度目よりもバレるリスクは高くなります。 そのため、二度目の不倫がバレたとしても後悔しないことや、相手の家族を傷つけてでも付き合う覚悟が必要です。

自分も周りもどんどん傷つけてしまう

正直、不倫をして笑顔になる人は一人もいません。 そして2人だけの問題ではないので、周りの人もたくさん傷つけることになります。 あなたの家族だけでなく、相手方の家族やパートナー、そして状況も何も知らない子どもは知らない間に被害者になってしまいます。 周りの人だけでなく、不倫が発覚したことによって自分の信用も失います。 不倫をしている間も後ろめたい気持ちで恋愛をしているので、自分自身を傷つけているということにも気づいてあげてください。

普通の恋愛では物足りなくなってしまう

不倫は、普通の恋愛よりもリスクが大きく、かなりスリルのある恋愛です。 一度不倫を経験してしまうと、普通の恋愛では物足りないと感じてしまうこともあるようです。 既婚者の男性は、未婚の男性よりも包容力があり、女性の扱いにも慣れている傾向にあるので、尚更不倫から抜け出せないかもしれません。 そして、もしバレない不倫が続いたのだとしたら、意外と平気なんだなと思ってしまい癖になってしまうので、どこか引き際を作らなければいけません。

不倫相手と復縁しやすい女性の特徴

前章では、不倫相手と復縁した場合のリスクをご紹介しました。 大きなリスクがあったとしても相手と復縁を望むのであれば、復縁したいと思えるような女性になる必要があります。 そこでこの章では、不倫相手と復縁しやすい女性の特徴を解説します。

未練を見せない、あと腐れ感がない

一歩大人になるということが、とても大切な心構えになってきます。 別れたことに未練があって、どうしても復縁したいと相手にすがってしまうと相手は面倒だなと感じてしまいます。 しかし、あと腐れなくさっぱりしていて、別れたことも何も気にしない雰囲気があったら、今のこの子となら上手く付き合えそうだと考えるのです。 相手が不倫に対してどれだけ本気なのかは分かりませんが、奥さんと別れる気がないのであれば、ラフに付き合える子を求めているでしょう。

言うことを聞いてくれる

基本的に、既婚男性が不倫相手に求める条件として、融通が利くかということを重視しています。 あくまでも自分の家庭が第一にあるので、自分のいう事を聞いてくれたり、何でも合わせてくれるような女性でなければ難しいでしょう。 もちろん、限度はあるかもしれませんが、相手の行動に合わせられないのであれば今後付き合っていくのは難しいです。 付き合いになれていくと、感情が高ぶって自分を優先してほしいと感じるようになるので注意が必要です。

割り切ってくれる

既婚男性が不倫に手を出してしまう理由として、刺激が欲しいからという事があります。 刺激を求めている人は基本的に、奥さんと離婚するつもりはないでしょう。 背徳感を味わい、スリルのある遊びをしている感覚なので、遊びだと割り切ってくれるような相手でなければ成立しません。 あなた自身も最初は本気ではなかったとしても、付き合っていくと情が沸いてきてしまうので注意しましょう。

素直で疑うことをしない

素直で人を信じやすく、疑わない女性というのは一見ピュアで素敵な印象ですが、反対に都合のいい相手になるのです。 男性の饒舌さにだまされやすく、簡単に不倫ができてしまいます。 不倫を望んでいない女性であれば気を付けるべきですが、不倫相手と復縁を望んでいるのであれば、ピュアさというのも持つべきです。 もちろん悪い話にだまされてはいけませんが、わかっていても騙されているふりをできるくらいの余裕が必要かもしれません。

別れた後も自然体で、いつも良いタイミングで気遣ってくれる

不倫をする男性は、奥さんに何かしらの不満があるから不倫をしているのです。 奥さんが厳しかったり、仲があまりよくなかったり、物足りないことがあると他に求めてしまうのです。 つまり、いいタイミングで気遣いのできる言葉をくれたり、優しくしてくれて自然体でいられることを実感すると、自分を支えてくれる存在としてそばにいてほしいと思うでしょう。

不倫でも復縁しやすい既婚男性の特徴

前章では、不倫相手と復縁しやすい女性の特徴をご紹介しました。 振り返ると、基本的は素直で優しい女性が不倫相手には好まれるのかもしれません。 しかし、女性がどんなに良くても最終的には男性側の気持ちが重要です。 そこでこの章では、不倫でも復縁しやすい既婚男性の特徴を解説します。 ぜひ参考にしてみてくださいね!

いつも身だしなみが綺麗

不倫を復縁しやすい男性の特徴として、いつも身だしなみがキレイという事が挙げられます。 そんなこと?と思ってしまいがちですが、意外と見極めやすいポイントなんです。 身だしなみが小ぎれいで、体型に気をつかう男性は、男としてまだ魅力的でありたいと考えています。 そのため、自分は男としてまだいけるのかどうかを、恋愛することで確かめているのです。 そして不倫をすることで、自分に自信を持つことができ自己満足をしているパターンが多いのです。

寂しがり

別れた後でも頻繁に話しかけてくることがあったり、マメに連絡を取っているのであれば寂しがり屋なのかもしれません。 寂しがり屋の人は、常に誰かと繋がっていないと不安で寂しさを埋めるために不倫をすることもあります。 これはあなた自身がコントロールできることではありませんが、相手が求めている時に優しく抱きしめてあげられることができれば、彼にとってあなたは大切な存在になるでしょう。

困った人を放っておけない

面倒見がいい男性は、困っている人や自分を求められることがあれば無条件にかまってくれます。 あなたの悩みを聞いたり、助けることで自分が頼りになる存在であると自分でも満足するのです。 そのため、自分にはあなたが必要だと男性に願い入れたとしたら、自分が支えなくてはという気持ちになる人もいるようです。 しかし、恋愛というよりは同情に近い感覚なので本気の恋愛に発展することは少ないでしょう。

不倫相手と復縁する方法|基本的なステップ

何をするにしても、まずは初めの段階が肝心です。 一度あなたと相手の不倫は終わっているものなので、リセットする必要があります。 そこでこの章では、不倫相手と復縁するために必要な基本的なステップをご紹介します。 ぜひ参考にしていただき、勢いで復縁を求めないように注意しましょう!

1.まずはほとぼりが冷めるまで冷却期間を作る

どんな理由で別れたにせよ、一度冷却期間を設けることが重要です。 別れたという事は何かしらの問題があって別れているので、お互いまだ気持ちは整っていないでしょう。 そのため、すぐに復縁したいと申し入れいるのではなく、自分のためにも相手のためにも冷静になる時間が必要です。 一度冷静になって考えてみて、ある程度期間をおいても復縁したいという気持ちがあるのなら相手とコンタクトを取ってもいいかもしれませんね。

2.自分磨きは忘れずに!

あなた自身ができることとして、自分の価値を上げることが意外と大切なので自分磨きをするべきです。 買い物をするときに、値段が同じであれば質が良いものを選ぶように、以前不倫していたときよりも魅力的になっていたら、手に入れたくなってしまうでしょう。 エステや美容院に行って女性らしい雰囲気を出すことや、新しい趣味を見つけて恋愛以外も充実できるようにすると、自然と魅力的にうつります。

3.相手も復縁を望んでいるか探る

自分は復縁したいと思っていても、相手がどう思っているかは分かりませんよね。 そのため復縁の話をする前に、相手が今どう思っているのかを探る必要があります。 SNSが繋がっているのであればいいねをしたり、LINEで連絡を取ってみてもいいでしょう。 しかし、連絡を取るのであれば長文になったり、早いペースで返事をするのは避けてください。 相手が返しやすいようなフランクな内容で、少しずつ距離を縮めるのがポイントです。

4.会う催促をする

まずは前項のステップであったように、徐々に連絡を取りつつ距離を縮めていくことが重要です。 そして、ある程度仲が戻りつつあるのであれば、食事に誘ってみてもいいかもしれません。 しかし、相手がまだ復縁したい気持ちが大きくない可能性もあるので、何か口実を付けて会う予定を立てましょう。 たまたま近くにいた、気になっているお店が一緒だったなどの気軽な理由を付けて誘うことが警戒されないコツです。

5.自分の気持ちを伝える

別れた理由は人それぞれですが、正直に自分の気持ちを伝えることは大切です。 これは誰のためでもなくあなた自身のために、前へ進む方法です。 もし自分に非があって別れたのであれば、変わった自分を見てもらって、シンプルに気持ちを伝えましょう。 もちろん、相手に自分の気持ちを話すときには、あなた自身が変わっている必要があります。 自分は変わったという自信と、不倫相手と復縁する覚悟ができているのであれば、勇気を出して伝えてみてくださいね!

不倫相手と復縁する方法《シチュエーション別》

不倫といっても、それぞれシュチュエーションやお相手との関係性がありますよね。 最初にお伝えした通り、不倫関係を復縁するにはリスクもあるので注意するべきポイントも変わってきます。 1.相手が既婚者の場合 2.あなたが既婚者の場合 3.W不倫の場合 4.社内不倫の場合 5.相手が年上男性の場合 6.相手が年下男性の場合 でそれぞれ復縁するためのコツや注意点を紹介していきます。

1.相手が既婚者の場合

あなたが独身で相手が既婚者の場合は、あなたを追わせることが大切です。 具体的には「一緒にいると癒される」や「一緒にいると楽しい」と思ってもらうことです。 これは自分磨きで手に入れることができるでしょう。 また、必要以上に会わないことも重要です。 魅力が上がっている状態だと「可愛くなったね」「今夜久々に会えない?」という連絡が来ることも考えられます。 そういった時には思い切って断るようにしましょう。 簡単に手に入らない女性は、都合のいい女になりづらいものです。 魅力的で簡単に手に入らない女性であれば、離婚してでも一緒にいたい存在になり、あなたにとって幸せな復縁につなげることができます。

2.あなたが既婚者の場合

あなたが既婚者で不倫相手が未婚の場合、大切になるのはあなたが覚悟を示すということです。 相手が別れを選択した理由として、「一緒にいても先がない女性」と思われている可能性が高いです。 だからこそ「離婚する意思がある」ということを相手に理解してもらい、離婚の時期や離婚した後どのように二人で結婚していくかということを相手に伝えましょう。 本当に未婚の彼と復縁したいと思うのであれば「この人と人生を送って行けそう」と思ってもらうことが重要になります。 重い話になるので、何回かデートをするなどしながら良いタイミングで伝えれば、復縁に対する真剣度を相手も理解してくれるはずです。

3.W不倫の場合

W不倫の場合、長めに冷却期間を作ることがおすすめです。 言葉を選ばず言えば、W不倫はお互いにとって都合の良い関係。 なので、W不倫での別れる理由には、どちらかに罪悪感や後ろめたさが生まれてしまっているケースが多いです。 だからこそ長い冷却期間を置くことで、男性側にも「こんな時あなたがいてくれたら」や「あなたと一緒にいた時は楽しかった」という気持ちが甦るでしょう。 また、冷却期間中に自分磨きをしておくと、久々に会ったあなたを見直すことで一緒にいたい気持ちを再確認するきっかけにもなります。 冷却期間を経て、自然とお互いが前向きになれる話などができるような関係性になることを目標にしましょう。

4.社内不倫の場合

職場関係での不倫や社内不倫から別れたカップルが復縁するには、都合の良い相手にならないことが重要なポイントになります。 社内不倫だと別れた後も接点を持つことが多く、その分ダラダラと再び体の関係を持ったり...という流れになることも。 しかし、そこは勇気を持って断り「一緒にいて楽しい・癒される」というようなカップルとして健全な方向を目指しましょう。 普段話すチャンスがあれば、仕事の話をしたり最近のことを話したりする、友達のような関係から再スタートするのがおすすめです。 その関係性を続けながら自分磨きをする事で、不倫相手の元彼にとって「ずっと一緒にいたい相手」になる事ができます。

5.年上男性の場合

不倫相手の元彼が年上の男性だった場合は、素直な気持ちを相手に伝えるようにしましょう。 「年上として頼られている」気持ちをくすぐる事で、「守らなければいけない相手」と思わせる事が復縁する上で重要なポイントになります。 年下の女性と不倫する男性の特徴として「女性を可愛がりたい」「若い女性と楽しみたい」という欲求があります。 そんな男性と復縁したいのであれば、冷却期間を置いた上で、自分から積極的にアピールしていくと復縁に繋がりやすいです。 ただし、都合の良い相手と思われないように肉体関係は持たないように注意。 「私にとってあなたは憧れの存在、一緒にいて欲しい」というような内容を継続的に伝えていきましょう。

6.年下男性の場合

年下男性の不倫の入り口は、”年上女性に甘えたい”や”年上女性への憧れ”が多いので、その強みを復縁の際にも活かしましょう。 冷却期間を2~3ヶ月ほど置くと、年下男性的には「もう一度あなたに会いたい、もう一度あなたと体の関係を持ちたい」という心理になることが多いです。 基本的に復縁するのに体の関係を先に持つのはNGですが、相手が年下男性である場合に限り異例となります。 ただ、多くても月に1度ほどに留めて、会った際に近況などを聞いたり相談を受けたりする関係を目指しましょう。 深い話ができる関係になれたら、あなたは相手にとって癒しの存在になれた証拠。 そこまで行ったら自然と男性側が「あなたを自分の物にしたい」と思ってくれるはずです。

復縁したい不倫相手と連絡をとる時のポイント

不倫相手と復縁するためには連絡を取っていく必要がありますが、連絡は不倫関係である以上、最も二人の関係がバレるリスクが高い行為でもあります。 ここでは連絡する際の注意点や復縁に向けて相手から印象が良くなる連絡のポイントなどを紹介していきます。

冷却期間をおいてから連絡する

不倫相手に別れてすぐに連絡したくなる気持ちは分かりますが、別れた直後はお互いに冷静になれないことが多いので、連絡は我慢しましょう。 少なくとも2ヶ月程度は冷却期間を設けることです。 別れた直後は相手に対してマイナスなイメージが強くなっているので、連絡が良い方向に働く可能性は低いと言えます。 ある程度時間をおくと、お互いが冷静になれたことで、スムーズに復縁しやすくなる可能性が高まるでしょう。 また「奥さんにバレてしまった」や「奥さんに疑われている」などといった状況がある場合であれば、冷却期間は半年以上設けることが無難です。 奥さんに携帯を監視されている可能性も高いので、大きなトラブルに繋がりやすくなってしまいます。

LINEやメールで軽めの連絡をとる

連絡の手段はLINEやメールが良いでしょう。 奥さんの目の前で電話が鳴ったら、間違いなく相手は困ってしまいます。 電話での連絡は相手がどのような状況にいるか分からないので、おすすめできません。 なので、まずはLINEかメールで「久しぶり」などの軽い内容の連絡を送りましょう。 長文や相手が返信を負担に感じるような内容は、既読スルーや未読スルーの可能性を大きく下げます。 以前のように連絡を頻繁に取るのは難しいので、まずは返信をもらうことを最初の目標にしましょう。

連絡を一方的にしすぎない

つい嬉しくて連絡をすぐに返したり、頻繁に連絡をしたくなるかもしれませんが連絡の取りすぎも禁物です。 連絡を取りすぎず、相手の反応を見て自分も同じくらいのペースで返す...といったように、相手に合わせて連絡を取っていきましょう。 あなたの返信スピードが早いと、段々と相手にとってプレッシャーになってしまうこともあります。 連絡を取りすぎるのはお互いにリスクだということを認識して、連絡が再開してからはゆっくりとコミュニケーションを取るようにしましょう。

不倫相手と復縁するためにやってはいけないNG行動

これまで不倫相手と復縁する方法をご紹介しましたが、今のあなた自身の気持ちはどうでしょうか。 自分にはまだ覚悟ができていないと思った人もいれば、それでもやっぱり好きだという人もいると思います。 この章では、復縁するときにしてはいけないNG行動をご紹介します。 これを肝に銘じて、いよいよ行動に移していきましょう。

意地悪な態度をとる

好きにな人に意地悪な態度をとることは、TPOによっては嫌われているという印象を相手に与えてしまいます。 あなた自身は好きな気持ちがあるけどあえて避けているような、好き避けをしていてもそれが不倫だと、「この子はもう不倫は嫌なんだな」ととらえる男性もいるのです。 そのため、不倫においては普通の恋愛のような駆け引きではなく、相手が安心できるような行動を取らなければ勘違いされてしまうでしょう。

頻繁に連絡をする

あなたが相手を好きな気持ちはわかりますが、頻繁に連絡を取ることは避けましょう。 別れたのに頻繁に連絡を取ろうとすると、しつこいな、面倒だなと感じてしまいます。 例えば、まだ付き合っているかのような素振りや、必要以上の心配をすることはNGです。 別れたという事を自覚したうえで、必要なこと以外はコンタクトをとることを控えましょう。

相手に都合の良い条件をつけて復縁を迫る

気持ちが募り過ぎて、相手にとって都合のいい存在であることを条件提示することはやめましょう。 たしかに、不倫という関係である以上はあなたは都合のいい存在になるのかもしれませんが、自分の格を下げるような行動は良くありません。 その条件に相手が漬け込んでくる可能性があるだけでなく、自分が自分を傷つけることになるのです。 どんな状況であれ、自分を大切にすることだけは忘れないでくださいね。

悲観しすぎる

自分に自信がある人と、自分に自信がなく悲観している人だったら、誰しもが前者に魅力を感じるでしょう。 別れたことに対していつまでもネガティブだと、どんなに可愛くても復縁する気は起きないかもしれません。 別れたことに対してマイナスになるのではなく、別れたからこそ自分の時間を楽しんでいたり、前向きに考えることが重要です。 難しいことかもしれませんが、自分が前向きになることで相手がまた振り向いてくれるのであれば、頑張れそうな気がしませんか?

まとめ

いかがでしたでしょうか? 不倫をしてまで好きになった相手であれば、別れた後も思いがあふれてしまうのは自然なことです。 しかし、やはり不倫は普通の恋愛のように楽しいことばかりではありません。 不倫をすることで悲しむ人がたくさんいて、あなた自身も傷付くことがあるでしょう。 そのため、不倫は一時の感情だけで動いてはいけません。 自分の信用を失う覚悟や、相手の家族を傷つける覚悟、多額の慰謝料を払う覚悟がなければするべきではないのです。 きっとあなたのこの恋愛を心から応援してくれる人は少ないでしょう。 復縁するしないにかかわらず、あなたにとって最善な決断ができることを祈っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧