「人生の意味」とは?10名の偉人たちが名言に残した共通の答え

悩みを抱えたり壁にぶつかると人生の意味を考えてしまうことがあります。もちろん答えはでませんが人生の意味にヒントを与えてくれる言葉は数々残されているのです。そしてその言葉の意味には共通点があります。きっと今のあなたに必要な言葉があるはずです。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 「人生の意味」とは?10名の偉人たちが名言に残した共通の答え
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

人生を送る意味が見出せない人に伝えたい、生きる意味の見つけ方

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 人生の意味…哲学的な言葉ですが、どんな人でも一度ぐらいは考えたことがあるでしょう。 とくにこのページを開いた人には、思い当たるところがあるはずです。 もちろんそんな難しい問題に答えなど出るはずはありません。 ただ自分の個性を上手く世の中にマッチさせ、偉人として名を残した人たちの言葉には説得力を感じることでしょう。 なぜなら違う表現をしていても、そこには共通点があるからです。 すべてが自分に当てはまることはないかもしれません。 でも何かが変わるきっかけにはなるでしょう。 もし変わったのなら、あなたは答えに向かって進み始めることになります。 答えは自分の中にしかありません。 偉人の言葉をヒントに、あなたの心の鍵を開けてみましょう!

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

「人生の意味」の答えは人それぞれ

「自分は何のために生きているのだろう」 ふとそんな言葉が思い浮かんだとき。 それは無意識にあなたの中でなにかが変わるサインが出ていると思っていいでしょう。 もちろん「生きる意味などない」と思う人もいるはず。 それも間違いではありません。 「生きる意味を見出したい」 これももちろん正解です。 価値観がそれぞれ違うのですから、答えはひとつであるわけがありません。 ただ何かを得ようとする気持ちは大切なもの。 大切なのは答えにたどり着くことではなく、その過程なのですから。

過去の偉人たちが見出した人生の意味とは「楽しむこと・幸せになること」

答えにはたどり着けなくても、「これでよかったのだ」と思えるような生き方をした人がいます。 その人たちは、歴史に名を残し偉人と呼ばれる存在です。 成功者を評して、才能があったと片付ける人もいるでしょう。 ただそうではなく、成功するまで諦めなかったという見方もできます。 ではなぜ続けることができたのでしょう。 言葉とともに、偉人たちが歩んだ足跡には共通点があります。 忍耐では片付けられない、努力だけではない何かが言葉から感じ取れるはずです。

アリストテレス

「知を愛する」ことが人間の本質だと考えた、紀元前の哲学者アリストテレス。 西洋では師匠のソクラテスとプラトンとともに、哲学者の最高峰に数えられすべての学問の基礎を築いた人だといわれています。 そんなアリストテレスが残した言葉が 「幸福を求めるのは人生のもっとも大切な意味であり、生きる意味での目的だ」 というようなものです。 幸福という価値観はそれぞれ人によって違うでしょう。 ただそれを目標に人は生きるべきだと説いているのです。

ジャン=ジャック・ルソー

ジャン=ジャック・ルソー(現在スイスの都市のジュネーヴ共和国出身)は1700年代の哲学者であり作曲家。 若いときには放浪し、学会にデビューした後にも亡命するなど、紆余曲折な人生を歩んだ人です。 数々の学術論文を発表し、後の世に多大な影響を与えた人物。 そんなルソーが残した言葉は、 「もっとも長生きした人間とは、長く生きた人ではなく、人生を楽しんだ人のことだ」 というものです。 いろいろな経験をし、そこから知識を蓄え世の中に広めたルソーらしい言葉です。 日本語で言えば「太く短く」といったものでしょうか? 充実した日々を送った人の人生には、多くの意味があるというメッセージが込められているようです。

斎藤茂太

精神科医であり、多くの著作を残し90歳の天寿を全うした斎藤茂太氏。 生涯現役で、チャレンジをし続けた人です。 そんな斎藤茂太氏の言葉は、 『「できること」が増えるより、「楽しめること」が増えるのがいい人生』 というもの。 旅好きで講演も多く行っていた斎藤茂太氏らしい言葉です。 「できる」というのはある意味ゴールといってもいいでしょう。 それよりも「楽しめること」の方が大切だと語っています。 好奇心で惹かれ探求し、物事を知っていく、ゴールのない世界にこそ楽しみがあるというもの。 チャレンジャーであり続けたからこそ、残せた言葉でしょう。

山本常朝

「慈悲の心」を生きる意味の中でもっとも大切にした、江戸時代の佐賀鍋島藩士・山本常朝。 「武士道と云ふは死ぬ事と見付けたり」という言葉が有名な「葉隠」の作者です。 そんな山本常朝が残した言葉は、 「人間の一生は誠にわずかの事なり。 好いた事をして暮らすべきなり。 夢の間の世の中に、好かぬ事ばかりして、苦しみて暮らすは愚かな事なり」 というものです。 幼いころから病弱だった山本常朝は、人生は限られていると考えていたのでしょう。 眠っている間に見る夢を人生にたとえ、いつ目覚めてしまうかわからないのなら、好きなことをしていけばいいと書き残しています。 無駄な時間を作っているのはもったいないというメッセージが込められているようです。

ジョセフ・マーフィー

無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
今の世の中でも聞かれる「ポジティブシンキング」を提唱した、アイルランド出身の宗教者、著述家のジョセフ・マーフィー。 楽しい想像、建設的な思考を元に行動することを説いたマーフィー。 そんなジョセフ・マーフィーの言葉は、 「楽天主義も悲観主義も一つの思考習慣。 楽天家の人生が楽しく、悲観主義者の人生が暗いのは当然のこと。 どちらもそれを望んだのだから」 というものです。 人は未来を想像することはできても、見ることができたときはもう現実。 それならば、前向きにチャレンジしていく方がいいというメッセージを残しています。 明るい未来を想像することこそ、背中を押してくれる力になるということなのでしょう。

マザー・テレサ

「神の愛の宣教者会」の創立者、カトリック修道女でノーベル平和賞受賞をしているマザー・テレサ。 恵まれない環境、状況の人のために働くという意志をもって生きたマザー・テレサは、こんな言葉を残しています。 「世界平和のためにできること?家に帰って家族を愛してあげましょう」 ひとりひとりがまず身近な人たちの幸せを願い、行動することが世界平和の第一歩。 他人だけでなく、自分のことも愛する必要があるというメッセージが込められているようです。

渋沢栄一

尊王攘夷の志士から実業家に転身した渋沢栄一は、日本資本主義の父と呼ばれている人です。 実業だけでなく、社会奉仕も多く行った人物。 利益は独占するものではなく、分け与えるものという考えをもった経済人です。 そんな渋沢栄一が残した言葉は、 「ひとりひとりに天の使命があり、その天命を楽しんで生きることが、処世上の第一要件」 というもの。 幕末の志士は、天命という言葉をよく使ったようです。 自分が生まれ、為すべきことをするため…という考えをもっていたのでしょう。 まさに生きる意味そのものです。 環境を嘆くのではなく、それが与えられた使命であるなら、その中に楽しみをもつこと。 生きる意味は自分自身が作り出すものというメッセージが込められているようです。

中村天風

実業界での活躍を捨て、思想家に転じた中村天風。 若いときに結核を患い、心を強くするためにアメリカへ渡った経歴をもっています。 そんな中村天風が残した言葉が、 「船に乗っても、もう波が出やしないか、嵐になりゃしないか、それとも、この船が沈没しやしないかと、船のことばかり考えていたら、船旅の愉快さは何もなかろうじゃないか。 人生もまたしかりだよ」 物事を悪く考えていると、楽しむこともできなくなることをシンプルに伝えています。 どうせ見えない未来なら、その場を楽しむことを目的にしたほうがいいということなのでしょう。 不治の病といわれた結核にかかった経験も、生きる意味を考えるきっかけにしたようです。

オードリー・ヘップバーン

「ローマの休日」などハリウッドを代表する女優であり、 晩年を奉仕活動にささげたオードリー・ヘップバーン。 オードリー・ヘップバーンの残した言葉は至ってシンプルです。 「何より大事なのは人生を楽しむこと、幸せを感じること、それだけ」 ハリウッドの大女優として成功し、プレッシャーを受ける立場になった後も、その環境を受け入れ楽しんでしまう強さ。 そしてその栄光の日々を捨て、晩年を奉仕に傾けた意志。 周りに流されず、人生の中で為すべきことは何かを考え続けたひとりの女性としての魅力を感じさせます。

マザー・テレサ

最後にもうひとつ、マザー・テレサの名言をもう一つ紹介しておきましょう。 「人間のほほえみ、人間のふれあいを忘れた人がいます。これはとても大きな貧困でしょう」 人が生きる意味とは、自分はもちろん誰かひとりでも幸せにすること。 心の豊かさや思いやりといった、競争社会では忘れ去られそうな感情こそ大事だと訴えています。

人生を幸せなものとするために、一度立ち止まって考えたいこと

人生を幸せなものとするためには、何が必要なのでしょう。 これは時間に流され、人の言葉に呑み込まれていては 決して見えてくるものではありません。 日々の生活に追われ、余裕がなくなれば心も乾いていくでしょう。 ときには立ち止まり、自分の生きる意味を考える時間をもつのはとても大切なことです。

やりたかったことをとりあえずやってみる

すべての人生に共通しているのは、明日はどうなるかわからないということ。 なにげなく、友人と来週の約束などをしていますが、今の生活が数日後まで続いているとは限らないのです。 だからこそ「やりたい」ことは、できる限りやっておくことが大切。 先延ばしにしているうちに、やれる環境ではなくなってしまう場合があります。 実力がついたら、時間ができたらではなく、 チャレンジするできることは先延ばしにしないようにしましょう。

やりたくないことを考える

「好きなことを見つける」 簡単なようでいて、幼いころからの夢は現実に触れるごとに削れていきます。 やがて、自分が何をやりたいのかがわからなくなってしまうのでしょう。 ただせっかく生まれた命、生きている人生の意味を考えれば、 目標にすべき好きなことがわからないというのはもったいないことです。 ではどうすれば見つかるのでしょう? 逆にやりたくないことを排除していけば、視界が開けていくはずです。 人の感情や影響、自分をごまかすために作った心の雲を払いのけ、 あなたの人生の意味をしっかり見られる状況を作り出しましょう。

周りの目を気にせず、自分らしさを大切に

周りの人たちは、いろいろなアドバイスをくれるでしょう。 それが信頼している人からであれば、自分の考えに疑いをもつのも致し方ないことです。 でも偉人の言葉にあるように、自分の人生を楽しいものにするには、 参考にしても決断は自分の意志でなければなりません友人や知人の言葉をやらなかった言い訳にするのは失礼なことです。 人生の責任は自分で取るもの。 失敗よりも、結果を見ないことの方を怖れるようにしましょう。

周りの人に感謝する

自分の意志は大切にしなければいけません。 でもひとりでできることというのは限られています。 人生の主人公はあなた自身ですが、独り芝居ではありません。 相手をしっかりみなければ、感謝することもやさしく接することもできないでしょう。 周囲に目を配ることは、大切にするだけでなく 自分が何をすべきなのかのヒントにつながるものでもあります。

「人生の意味」を知りたい若者におすすめの本

10代から20代にかけては社会に出るタイミングでもあり、 また活躍する土壌を作る時期でもあります。 それだけに希望と同じぐらい、不安も抱えていることでしょう。 いろいろなことを話し合ってきた友人たちとも、 それぞれの道に進み別れていくことも避けられません。 そんな誰にも頼れないときに、他人の言葉というのは意外に響くものです。 答えを出すには色々な角度からの視点が必要。 そういう視野をもたせてくれる本を紹介していきます。

「ミライの授業」

まだ若い中学生に不安よりも希望をもたせてくれるのが 「ミライの授業」という本。 危険な道には行かないようにというのではなく、好奇心旺盛な10代の人たちに向けて、 「君たちには無限の可能性がある」ということを教えてくれます。 未来を見ることができないなら、創り出せばいいというポジティブシンキング。 創造するということは、クリエイティブなだけでなく それこそ生きる意味につながるものです。 世界的な偉人の人生を例えに出しながら、 どこに自分の可能性が秘められているかのヒントを与えてくれる一冊です。

「夢をかなえるゾウ」

高校生におすすめなのが、読みやすくメッセージ性の強いこの本。 ただ流されて生きているような青年のもとに、 ちょっと勝手でわがままな象の神様が現れアドバイスをしててくれる という物語が「夢をかなえるゾウ」。 そんなことで?…と思うような、誰もができることをアドバイスしてくれる神様。 挨拶をする、靴を磨く…当たり前でも続けていくことの大切さを教えてくれます。 コミカルなところがあるストーリーなので、 説教に取ることもなくすんなりと心に入ってくる言葉の数々。 テレビドラマ化もされた、大ベストセラーとなったおススメの一冊です。

「夜と霧」

大学生以上の人には、少しシリアスな物語の方が考えるきっかけになるかもしれません。 そんな世代におすすめなのが「夜と霧」。 ナチスの収容所での実体験を医師である著者が書いたノンフィクションです。 その悲惨な状況を見ることで、作者は「生きる意味」を自らにも問いただしていきます。 強い問いかけは読者にも届くものです。 楽しい状況では、なかなか生きる意味というのは考えないもの。 追い詰められてこそ、何をすべきかを人は問いただします。 この本を読むことで読者も真剣に考えることでしょう。 人生の意味を考えるきっかけとなる一冊です。

「人生は20代で決まる」

20代の人におすすめなのが、 タイトルがすばりそのままの「人生は20代で決まる」という本。 20代のとき、漠然と30代になれば、自分はこんな風になっているのだろう… そんなイメージをもつ人は多いでしょう。 ただ20代のときにイメージしたものが叶わなかったとき、 30代では希望よりもプレッシャーに襲われます。 そんなことが起きないように、20代のうちから準備をし、 行動することの大切さをこの本は教えてくれています。 ポジティブに考えることは大切ですが、 何のバックボーンももっていなければそれは単なる空想。 いかに具体化していくかということを伝えてくれる一冊です。

まとめ

人生の意味に答えを出すのは難しいことです。 ただそれでも、ここに挙げた偉人の言葉や、おすすめの本の中にはきっと自分なりの答えを出すヒントが隠れているはず。 未来に怖れ抱かず行動によって切り開くこと好きなことを見つけ、それを先送りせず精一杯やってみること自分自身と周りの人たちを大切にすること。 シンプルなことばかりだったでしょう。 でもそんな小さなことの積み重ねが、生きる意味を知る第一歩になっていくのです。 失敗を怖れるのではなく、やらない後悔だけはしないようにしてくださいね。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い