婚活中の断り方や注意点12のポイント【LINE ・メールの例文つき】

婚活において、運命の人にストレートで出会えた!という人はいないはず。 今回はそんな婚活の場の「断り方」に焦点を当てて見ていきます。 どんな断り方がいいのか、注意点はあるのか、など、実際に活用できる例文も踏まえながら解説していきます。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 婚活中の断り方や注意点12のポイント【LINE ・メールの例文つき】
周りの結婚の焦りや年齢の焦り、親からのプレシャー。 とはいえ、どうすればいいの? 結婚について悩む方の中には彼氏がいる方もいない方もいらっしゃると思います。 結婚の悩みは人によって様々。 ・私はいつ結婚できるの?運命の人は現れる? ・この人で大丈夫?幸せになれる? ・彼は結婚する気がある? そういった結婚についての悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 結婚の時期やお相手だけではなく、あなたの恋愛傾向や性質も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

婚活のお断り方法について悩んでいるあなたへ

婚活、捗っていますか? これを読んでいるということは、少なくとも何かしら婚活サイトやアプリなどのマッチングシステムに登録、もしくはコンパやパーティーに参加されたことがあり、まだ理想の相手と出会えていない、という方なのではないでしょうか。 今回は理想の相手と出会う前に出会ってしまった方への、お断り方法について詳しくお答えいたします。

あなたに結婚はいつ訪れる?

結婚したい!と強く思うのは自然な事。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気で婚活をしている方が多いです。 ただ、みなさんが知りたいのは 「いつ結婚できるのか?」、「一番幸せにしてくれる相手はどんな男性か?」
生年月日やタロットカードで、運命やあなたの選択によって変わる未来を知る事ができます。 あなたに訪れる出会いを知って、未来のためのベストな選択をしませんか?
\\あなたの結婚時期とお相手、教えます//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

「いい人だけど結婚はできない・・・」

婚活というコミュニティで出会った、いい人なんだけど、範疇外の人…。 そんな相手にお断りの連絡を入れる場面は少なからずあると思います。 お互い無駄打ちはしている時間はないと思いますので、お相手に納得していただくためにも、断る理由必ず伝えるようにしましょう。 ただし、正直に全てを伝える必要なありません。 それが大人のマナーというものであり、優しさです。 その点を踏まえ、ポイントを見ていきましょう。

婚活で上手にお断りするポイント5選

では、実際に上手にお断りするにはどんな方法やポイントがあるのか。 失礼にならないためにはどうすればいいのか。 相手を傷つけない断り方とはどんなものがあるのか。 ここではそのポイントを、5つに絞りご紹介します。

メールかLINEでお断りする

今の時代、なんでもメールやLINEで処理して!なんて言われがちですが、正直言いづらいことを伝えるのですから、これでもいいのです。 また、婚活においてはメッセージを通してやりとりを行うのが普通でしょう。 問題なのは対面ではない分、配慮された内容になっているか、ではないでしょうか。 そしてお断りのメッセージを送る際注意してほしいのが、「数回会った相手なのか」「1度だけ会った相手なのか」「1度も会ったことがない相手」なのか、ということです。 それにより文面も若干変化させたほうがいいので注意してください。 例文は最後にまとめてご紹介いたします。

今までの感謝の意を伝える

将来を考えて一度知り合った相手ですので、出会ってもらったことへの感謝を伝えるというのは当然ですね。 また変に対応してしまうと、その婚活のコミュニティ内で悪い噂を流されてしまう可能性もあるでしょう。 そういったことも踏まえて、しっかりとした対応を行いましょう。

なるべく早めに断る

婚活をしている者として、対応を早くとるというのは常識です。 もし将来を考えられない相手なら、自分のためにも、相手のためにも、早く対応したほうが負担になりません 情だけにほだされない決断も、婚活の場には必要なのです。

相手に原因を求めない、否定しない

お断りをする際、相手に原因があるような言い方、理由を盾にして断るのは基本的にNGです。 例え本当はそうであっても、「二人の相性の問題で」という理由にすり替えるのがベター。 そこは大人の対応でいきましょう。

相手に期待を持たせない理由を選ぶ

「また機会があればお願いします」というような社交辞令を文末に入れる方がいますが、婚活の場合は社交辞令は不要です。 下手に相手に期待をさせない、というのも立派な婚活マナー。 断る時ははっきり断りを入れましょう。 またなぜ断るのか、なぜこのタイミングなのか、理由もしっかり述べられると相手も納得して引き下がってくれます。 ただし最初にも言いましたが、真実をそのまま伝えるのではなく、あくまで大人な対応をお願いします。

無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

あなたが結婚する相手は?

「結婚できないのは何で...?」 もしそう思っているなら、考える量を増やすよりも、その時のあなたにとってベストな選択を増やしていくべきです。 人生は一度きり。 一番もったいないのは心がモヤモヤした状態が続いてしまって何もしないことですよね。 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは未来に起きることの傾向を掴むことなので”あなたを一番幸せにしてくれる人との出会い"を調べるのと相性が良いのです。 チャット占いサイト?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師があなたの運命の出会いがいつ訪れるのかを徹底的に占ってくれます。 実際MIRORに相談して頂いている方の中には 「私の価値観を大事にしながら幸せにしてくれる良い人がちゃんと分かった」という方や 「本当に意識するだけで出会いの数が一気に増えた」 という方が多くいらっしゃいます。 ぜひ一度試してみてください。
\\あなたが1年以内に結婚する確率は◯%!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

注意して!お断りの際の注意点7選

ここではお断りの連絡をする際、もしくはその前段階の、注意する点をまとめておきます。 これをしてしまったから断りづらくなった、トラブルになったという話も多く聞きますので、これからの婚活をスムーズに行っていくためにも必見です。

高価なものは受け取らない

これは普通のお付き合いでもマストな考え方ですね。 変になんでもおごってくれる人や、何かにつけて物をくれる人がいますが、婚活の場では後々断りづらくなる原因のひとつです。 またトラブルの元にもなりますので、デートの際、高価なものは絶対に受け取らないでください。 高価なものでなくても、食事代やデートに出かけた際の費用など、男性の方が奢る決まりなどがある場合を除いて割り勘がいいでしょう。

相手に合わせて断り方を考える事も重要

最初のほうにもお話しましたが、相手に合わせてメッセージは必ず変えるようにしましょう。 ある程度のテンプレは作成しておくと便利ですが、全文テンプレというのは相手にも失礼なのでやめましょう。 最低限、半分ほどはその都度オリジナルの文面に変更するといいでしょう。 また、メッセージ以外のお断りの仕方も考えておく必要があります。 「この人は対面で断ったほうがよさそう」と感じる場合はそうしてください。 ただし、対面でお断りの話をする際は二人っきりの個室などはやめて、静かな喫茶店など他人が近くにいる場所を選択してください。

思わせぶりな態度はしない

婚活の場での思わせぶりな態度ほど残酷で失礼なものはありません。 お互い時間が無い中、お金もそこそこつぎ込んでいるのですから、自分が断る立場であればすっぱりはっきりと。 またこちらが好意を抱いていても、相手がそうでない場合もあります。 思わせぶりな相手なら「はっきり言っていただいていいです」くらい言えるメンタルは持っておくべきです。

誠意を忘れない

運命の相手ではなかったにしろ、一度出会ったのも何かの縁です。 その縁に対して誠意を忘れないというのは、人としてのマナーでもあります。 どんな相手にしろ、誠意を忘れず対応しましょう。 適当にあしらっていい人など、この世にはいません。

自分の時間を犠牲にしない

中には「あんなに優しくしてもらったのに、断るのが申し訳ない…」と悩み、無駄に時間を割いてしまう人も少なからずいるのではないでしょうか。 気持ちはわかりますが、その時間は相手ももちろん自分にとっても時間の無駄です。 自分の時間を犠牲にしないためにも、お断りを入れるという行為に対して罪悪感をもたないようにしましょう。 婚活の場において、その行為は決して悪ではないのです。 相手にだって自分以上にふさわしい運命の相手が現れるかもしれません。 その芽を摘んでしまわないように、きちんと対応してください。

少しも相手を傷つけないことは不可能

婚活の場においてお断りを入れるというのは悪ではないとお話しました。 しかしながら、相手を傷つけず断る方法というのは無いのです。 お断りしている以上、相手は少なからず傷つきます。 それでもお互いの将来のための別れなので、時には自分が悪役になることも必要です。 必要悪という言葉があるくらいですから、自分から断ることに対してメンタル的にも強くなる必要があります。

お相手を傷つけない、おすすめの断り方の例文

先ほどお伝えしましたが、相手を少しも傷つけない断り方はありません。 しかしながら、言い方に誠意を見せることでその傷を浅く済ませることはできます。 今回は誠意が見えるきちんとした大人の断り方を、例文を交えてご紹介します。

ネット婚活で知り合い、まだ会った事がない場合①

冒頭でご紹介した、【1度も会ったことがない相手】から2パターンご紹介します。 「お誘いいただき、ありがとうございます。 大変嬉しいのですが、他に気になる人ができたため、今回のお誘いをお断りさせていただきたく、ご連絡いたしました。 メッセージのやりとりを続けるのも失礼になってしまうため、私からのメッセージはこれで最後とさせていただきたいと思います。 これまで楽しい時間をありがとうございました」 ポイントなのは、「他に好きな人ができた」という文句です。 これは婚活の場のお断りの常套句です。 お断りの文章で困ったときは上手に使ってください。

ネット婚活で知り合い、まだ会った事がない場合②

もう少し丁寧に伝えたいという場合は、こちらを参考にしてみてください。 「お誘いいただき、ありがとうございます。 〇〇さんとやりとりを始めて、とても楽しい時間を過ごすことができました。 〇〇さんはとても魅力的で尊敬しているのですが、結婚観や人生観についてのお話を伺っている中で、自分との価値観のズレを感じております。 今回お誘いいただけたことは大変嬉しいのですが、お断りさせてください。 これまでお忙しい中、時間を作っていただき、本当にありがとうございました。 〇〇さんが素敵なお相手と出会えることを、心から願っています」 ポイントは、はっきりと「価値観が合わない」と伝えることです。 メッセージだけのやりとりでそこまで感じているのなら仕方ないな、と相手を納得させる単語を入れましょう。 また、あなたとの時間は楽しい時間だったと伝えることも忘れずに。

1度会った後に断る場合①

【1度は会ったことのある相手】からも2パターンご紹介します。 「本日はお忙しい中、私と会う時間を作ってくださり、ありがとうございました。 実際にお会いしていろいろなお話をすることができ、とても楽しい時間が過ごせました。 しかし実際にお会いして〇〇さんの結婚観や人生観についてのお話を伺った結果、私の考え方とは開きがあるなと感じて不安になってしまいました。 私が至らないばかりに申し訳ありません。 〇〇さんは素敵な方ですが、今回はご縁がなかったということでお許しください。 せっかくお時間を作っていただいたのに、このような結果になってしまって申し訳ありません。 〇〇さんが今後、良いご縁と巡り合えることを心より願っています」 ポイントは、「自分の考えと違うと感じた」「自分が不安になった」と自分を主点にしてお断りを入れていることです。 相手には問題がないことを伝えつつ、自分の気持ちの問題でお断りしている、というところを崩さず伝えましょう。

1度会った後に断る場合②

「本日はお忙しい中、私と会う時間を作ってくださり、ありがとうございました。 実際にお会いしていろいろなお話をすることができ、とても楽しい時間が過ごせました。 しかし実際にお会いして、メッセージを通しやりとりをさせていただいていた印象と、少し違うかな、という印象を受けてしまいました。 あくまで私が勝手に思っていた印象とのズレだと感じております。 自分勝手で申し訳ないのですが、今回はご縁がなかったということでお許しください。 せっかくお時間を作っていただいたのに、このような結果になってしまって申し訳ありません。 〇〇さんが今後、良いご縁と巡り合えることを心より願っています」 これは、メッセージではいいなと思っていたけど、実際会ってみると違いました、というのをやんわり入れています。 実際会うまでプロフィールの写真だけしか知らない、という方も多いと思いますので、会ってみたら理想と違うというのは当然です。 会ってみて違った、というのは、これ以上会っても崩せない理由になりますので、お断りの際は上手に伝えてください。

複数回会った後に断る場合

最後は【数回会った相手】です。 正直数回も会ってお断りをするというのが一番しんどいものですが、お断りは早ければ早いほど自分と相手のためです。 それを踏まえて、下記のような文章がいいかと思われます。 「いつもお忙しい中でデートの時間を作っていただきありがとうございます。 〇〇さんとお会いするたび、様々な刺激があり、勉強になることも多く、楽しい時間を過ごせたことに感謝しています。 しかし、結婚観や将来について語り合う中、だんだんと価値観のズレを感じるようになりました。 お友達としてであればこれまで通り楽しむことができますが、結婚して夫婦としての関係を築いていくことはどうしてもイメージできませんでした。 価値観のズレも受け入れて高め合っていける関係が築ければよいのですが、今回はご縁がなかったということで、どうかお許しください。 私が至らないばかりに申し訳ありません。 本来であれば直接お会いしてお伝えしなければならなかったのですが、メールでのご連絡となってしまった失礼をお詫びします。 〇〇さんと出会わなければ知らなかった経験は、私にとってかけがえのない思い出です。 〇〇さんの気遣いや優しさにいつも心が温かくなりました。 本当に感謝しています。 これから〇〇さんに素敵な出会いがありますことを心より願っています。 ありがとうございました」 数回会ってお断りをする場合、文中に必ず二人の思い出を入れてください。 そうすることで、相手も少しはこの出会いが損じゃなかったと思ってくれるはずです。 またあなたへの印象も悪くならずに済みます。 複数回会うことでしかわからなかった事が原因、ということを含ませることで、相手にこれ以上引きずらせない文章です。

やんわりと断る場合

やんわりと断る場合、ポイントは「相手のいい部分が自分と合わない」と伝えることです。 具体的には「高収入なので金銭感覚が合わない」「ルックスがよすぎて不安になる」といった内容です。 ただしこの場合はあまり相手に響かない可能性が高いので、その場合は具体的なエピソードを含ませてください。 「一緒に行ったレストランが高級すぎた」「つけているブランド物の趣味が違いすぎる」 「デートに行った際、携帯がずっと鳴りっぱなしだった」など、具体的な文章を入れることで、 やんわりではなくなってしまうかもしれませんが、断りやすくはなります。

はっきりと断る場合

はっきりと断る場合は、 「相手が決まった」「価値観が合わない」「将来を考えられない」など具体的な文言をいれるといいです。 相手にいかにどうしようもないな、と思ってもらうかが大切なので、少しキツい文章になってしまうかもしれませんが、覚悟を持ちましょう。

お相手と性格が何となく合わないという場合

性格が合わないということを伝えるのって難しいですよね。 そういう時は実際に感じたやりとりを引っ張ってくるのが有効的です。 「~~~~さんとは、~~~~~の話をさせていただいた際、~~~~~のおっしゃっていたことについて、私の性格では合わないと感じておりました」 はっきり伝える言い方にはなってしまいますが、性格が合わないと伝える時点である程度の文章にはなってしまいますので、これも少し勇気をもって送ったほうがよいでしょう。 ポイントは、「私の性格では合わない」と伝えること。 そうすることで悪役のポジションを自分に移すことができます。

婚活で断り方に迷ったらフェードアウトしても良い?

「フェードアウト」とは、次第に消えていくこと、徐々になくなっていくことの意味です。 通常の恋愛における「自然消滅」に近い形かもしれませんね。 婚活においてもよく使われる言葉なので、よく覚えておきましょう。 一見フェードアウトはよくないように思われますが、実際はどうなのでしょうか? 婚活の場においてフェードアウトはどのように使われているのか、見ていきましょう。

フェードアウトは常識?

ここまで、婚活で知り合った相手には誠意をもって対応すること。 それが大人としてのマナーだということをこれでもかというくらい説明してきましたが、実は婚活の場においてフェードアウトはよく使われる行為なのです。 お断りの連絡は、するほうもされるほうも、あまり気分の良いものではありません。 またお断りの連絡をしたことによって、トラブルに巻き込まれた例というのも少なからずあります。 相手に嫌な思いをさせて次にいくというのは、一定のリスクがある行為でもあるからです。 そのため、婚活でのフェードアウトは致し方ない行為とも言えます。 メッセージが送られてきて、プロフィールを確認した段階で、「明らかにタイプじゃない!」という場合のほうが多いでしょう。 そういう場合、わざわざ返信することなく、スルーすることもこの行為のひとつと言えます。 もちろん、フェードアウトは人としてあまりよくない行為に変わりはありません。 誠意をもって対応する場と、フェードアウトする場合。 どちらもうまく使い来ないして、婚活をスムーズに行っていきましょう。

まとめ

いかがでしたか? 婚活の場において、様々な「断り方」をご覧いただきましたが、参考になるものはあったでしょうか。 ここに書いてあるすべてのことが正しいとは言えません。 あくまで参考程度に、上手に活用して、素敵な人に出会えるお手伝いができれば幸いです。 これからも将来の伴侶に出会うまで、メンタル的に凹むこともあれば、もう婚活なんてやめてやる!と思うこともあるかもしれません。 でも自分の将来のため、そして素敵な未来の家庭のために、もう少しだけ頑張ってみましょう。 例え思うような成果がすぐに得られなくても、婚活をすると人は変わると言われています。 見た目をよくしようと、ダイエットや服装、髪型に注意したり、内面を変えようと言葉遣いなど気を付けるようになるからです。 頑張っている理由が婚活だとしても、変わる努力をしているあなたは素敵ですよ。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧