不倫と子どもについてのエピソード4つ。悲しませないためには?

子どもがいるのに不倫をしてしまった…。不倫相手に子どもがいる…。そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、不倫と子どもについての具体的なエピソードを4つご紹介します。また、子どもを悲しませないために考えるべきこともお伝えしていきましょう。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 不倫と子どもについてのエピソード4つ。悲しませないためには?
不倫の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・関係はもう終わり?整理した方が自分のため? ・彼と結ばれたいけどそれは難しい? ・壊さない距離感でも良いから...彼と関係を続けていける? ・彼が不倫で辛い気持ちを全然分かってくれない。 ・どうしても彼が忘れられない 辛い事も多いのが不倫。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良いと思う?なんて直接はもちろん周りの方にも相談しづらい... そういった不倫の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不倫と子どもの関係はとても深いもの

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 不倫相手との間に子どもができてしまった、子どもに不倫がバレてしまった…など、不倫にまつわる子どものエピソードを抱える人もいるのではないでしょうか。 中には、子どもがいながらも不倫を続けているという人もいるかもしれません。 しかし、不倫によって子どもを深く傷つけている可能性もあるんです。 そこで今回は、不倫と子どもにまつわるエピソードをご紹介し、不倫によって子どもを悲しませないために必要なことを考えていきましょう。

みんなが体験した「不倫×子ども」4つのエピソード

《1》不倫相手の子どもを妊娠した

(32歳・金融業)の体験談 「私は25歳で結婚しましたが、年々夫婦仲が疎遠になっていて、子どももまだいませんでした。 そんなとき、取引先の飲み会で出会った男性といい感じになってしまい、そのまま付き合うことに…。 付き合ってから半年経ったときに妊娠が発覚しました。 旦那とは少なくとも1年以上レスだったので、すぐに不倫がバレました。 結局、直後に旦那とは離婚。 不倫相手に妊娠を告白しましたが相手にも家族がいたので、養育費はもらいつつ、シングルマザーとして子どもを育てています」 子どもを妊娠したことで離婚したうえに、不倫相手との関係も薄くなってしまったというエピソードです。 それでも、しっかりと生まれた子どもを育てる決心をしたことは素晴らしいですね。 ただ、不倫相手との関係については、もっと慎重に判断すべきだったと言えます。

《2》不倫相手との現場を子どもに見られた

(43歳・保険業)の体験談 「私には、今年高校1年生になる娘がいます。 ある日、勤める会社に10個下の中途社員が転職してきました。 歓迎会で隣の席になったことをきっかけに、よく話すようになり、彼の方から想いを告げられました。 家族への罪悪感はありながらも、久々の恋愛感情に高ぶってしまい、付き合うことになりました。 保険の営業で外に出ることも多かったので、その合間、ホテルで密会していたある日、二人で手をつないでいるところを、たまたま友達と遊びに行っていた娘に見られたのです。 当日帰宅すると娘は部屋から出て来ず、しばらく経っても目すら合わせてくれない。 不審に思って、直接話を聞いてみると、不倫現場を目撃してしまったとのこと。 そんな辛い思いをさせてしまったのか、と反省し、その場でとにかく謝罪しました。 これをきっかけに不倫相手とはお別れして、娘となるべく多くの時間を過ごすようにしています」 久々の恋愛に高ぶってしまうというのは、なんとなく理解できますよね。 しかし、小さい頃から信頼してきた母親が、父親以外の男性と仲良さそうにしている姿は、子どもにとって非常にショッキングだったことでしょう。 不倫が子どもにバレたときのリスクは、考えている以上に大きいと認識しておきましょう。

《3》不倫していた過去を子どもに知られた

(45歳・パート)の体験談 「先日、中学生になる息子が黙って一通の手紙を持ってきました。 何だろう?と思って受け取ってみると、10年くらい前に不倫相手とやり取りしていた手紙でした。 あわてて子どもに事情を説明しようとするも、時すでに遅し…。 あれ以降、子どもは目を合わせようともせず、関係を完全に閉ざしてしまったようです。 あんなもの、早く処分しておけばよかったと後悔しています」 過去の思い出を捨てられずにとっておく、ということはありますよね。 しかし、それを機に子どもが過去のことを知ってしまうというのは悲劇です。 子どもに知られた親ももちろんですが、それ以上に子どもが大きなショックを受けているということを忘れてはなりません。

《4》不倫相手との子どもを旦那に黙って育てた

(35歳・不動産業)の体験談 「不倫相手との子を妊娠してしまいましたが、夫婦の間の子どもとして出産し育てています。 旦那には全てを隠しており、我が子としてとても可愛がってくれます。 ママ似かな、なんて言ってくれていますが、いつバレるかヒヤヒヤしながら過ごす日々です。 子どもを不幸にしないように、どうにか大切に育てていきたいと思っています」 たとえ不倫相手との間にできた子どもであっても、大切な命として育てるという決断は素晴らしいです。 旦那さんも自分の子どもと信じて、愛情を注いでくれているのでしょう。 ただ、将来何かのきっかけで疑惑が生じて、遺伝子検査で全てがバレる…なんて危険性もあります。 とんでもないリスクが待ち受けているかもしれない、ということは頭に入れておくべきでしょう。

不倫関連で子どもを悲しませないためにすること

ここまで、不倫と子どもにまつわる体験談をご紹介してきました。 どのエピソードも、子どもに大きなショックを与える可能性があるものです。 親の都合で子どもを悲しませたくはないですよね。 そこで、不倫に関わることで子どもを悲しませないよう、意識すべきことを5つご紹介します。

子どもがいるなら不倫は絶対NG

まず大前提として、不倫は結婚相手を裏切る行為であり、法律的にも禁じられている行為です。 ただ、どうしても魔が差してしまうことがあるのも事実です。 しかし、子どもがいる場合は、絶対にNGです! 夫婦仲が悪化したり、離婚することになったりして、一番影響を受けるのは子どもです。 子どもにとっては、両親がいる家庭こそが唯一の帰る場所であり、落ち着ける場所でしょう。 不倫することは、子どもからそうした場所を奪うことになりかねないのです。

知られていないなら過去の不倫は絶対に言わない

もし過去に不倫したことがあるなら、絶対に子どもには言わないようにしましょう。 わざわざ子どもが傷つくような事実を知らせる必要はありません。 子どもにとっては、小さい頃から一番信頼する母親と父親が、仲良く暮らしているのがもっとも安心できる状態です。 そんな信頼する母親から、過去に父親を裏切っていたという事実を知らされたら、どう思うでしょうか? 大きな不安と失望にかられることは間違いありません。 知らない方が幸せなこともあるので、この場合は墓場まで持っていく方がいいでしょう。

不倫相手との子だということは隠す

夫婦の間の子が、実は不倫相手の子だったとしても、本人には隠しておきましょう。 子どもは愛する母親と父親の元に生まれ、幸せに生きていく権利があります。 「不倫で生まれた子」という風に言われることは、とても辛いことです。 たとえ不倫相手との子であっても、母親と父親に育ててもらったという素敵な思い出があれば良いのです。 あえて父親が他にいるなどということを告げる必要はないと思いませんか?

子どものいる前で過去・現在の不倫について話さない

無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
子どもにとって、母親と父親はもっとも大切な存在です。 もっとも身近で、もっとも信頼する存在と言えます。 そんな母親が父親を裏切ったという事実を知ったら、どう思うでしょうか。 人を信頼すること自体、嫌になってしまう危険性だってあるでしょう。 それくらい親の不倫というのは、子どもにとって大きなインパクトを与える出来事なのです。 決して過去のものであっても、不倫について子どもの前で話してはいけません。

子どもに罪はないことを忘れない

不倫は、あくまでも大人が自分の都合でするものです。 夫婦仲が上手くいっていないから、素敵な異性に巡り合ったから、魔が差したから…。 どんな事情があれど、結局は自己都合でしかありません。 これに子どもを巻き込んだとしても、決して子どもには罪がないことを忘れてはいけません。 不倫相手との間に生まれた子であっても、その子どもには何の罪もありません。 同時に、どんな子どもも幸せに生きる権利があります。 不倫の結果、何か不都合が生じたとしても、罪のない子どもを犠牲にするようなことがないよう配慮すべきなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。 ここまで「不倫と子ども」をテーマにお話ししてきましたが、重要なポイント3点をおさらいしましょう。 ・両親の不倫は子どもに大きなショックを与えてしまう 信頼する母親の不倫は、子どもにとって裏切り行為です。 夫婦間だけではなく、子どもに大きな悲しみを与えてしまうと認識する必要があります。 ・子どもがいるなら不倫はNG もともと不倫は許されるものではありませんが、特に子どもがいるなら絶対にすべきではありません。 過去の不倫は取り消せませんが、子どもの前で語らないようにしましょう。 ・子どもにはまったく罪がない 不倫相手との間に生まれた子であっても、その子どもには何の罪もありません。 大人の自己都合で子どもを犠牲にするようなことは、あってはならないのです。 子どもがいながら不倫をしている人や、不倫相手に子どもがいるという人もいることでしょう。 そういった場合、子どもを深く傷つけてしまう危険性があるということを常に意識しておく必要があります。 それでも不倫を続けるのかどうかは、しっかり考えるべきでしょう。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い