みんなの”片思いあるある”男女別、世代別に紹介!

誰もが経験したことがあるであろう片思い。好きな人のことしか考えられない、なんて時期を過ごした人も多いでしょう。この記事では、片思いの時のあるあるについてご紹介します。甘酸っぱい過去の片思いあるあるを思い出し、青春時代を思い出してみませんか?

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > みんなの”片思いあるある”男女別、世代別に紹介!
片思いの悩みは人によって様々。 ・どうすれば彼に振り向いてもらえる? ・彼はどう思ってる? ・彼にはすでに相手がいるけど、好き。 ・諦めるべき?でも好きで仕方ない。 辛い事も多いのが片思い。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった片思いの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中片思い占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼への恋の成就の可能性 2)彼のあなたへの今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)彼との発展方法 7)諦める?それとも行ける?彼の心情 8)複雑な状況の時どうすればいい? 9) あなたが取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

片思いをしている人が絶対共感できること

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 片思いは楽しいと感じる時もあれば、辛いと感じてしまう時もありますよね。 でもそれは恋する人ならみんな同じ! この記事では、みんなが経験したことのある”片思いあるある”についてご紹介します。

その前に、彼はあなたの事をどう思ってる?

彼があなたの事をどう思っているか気になりませんか? 簡単に言えば、彼があなたを今、どう思っているかが分かれば、恋はスムーズに進みます そんな時に、彼の気持ちを調べるには、占ってもらうのがオススメです? 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは人の気持ちの傾向を掴むことなので、彼はあなたの事をどう思っているのかを調べるのと相性が良いのです。 NO.1チャット占い?MIROR?は、有名人も占う1200名以上の占い師が圧倒的な長文で彼があなたをどう思っているかを徹底的に占い、恋を成功に導きます。 価格はなんと500円から!「恋が本当に叶った!」との報告が続々届いているMIROR。今なら初回返金保証付きなので、実質無料でプロの鑑定を試してみて?
\\本当はうまくいく恋を見過ごさないで//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

【女子の恋愛】片思いあるある

相手のことが好きすぎて辛い…片思いの時ってそんなことがありますよね。 恋愛は楽しいものでもありますが、片思い中は切ない気持ちでいっぱいになってしまう時もあります。 そんな時、「もう諦めようかな」と思う人も大勢います。 しかしながら、寝て起きたらやっぱり諦めきれないなんて思ってしまうもの。 ”恋は盲目”という言葉があるように、辛くても片思いを続けようとみんな頑張っています。 特に女性は恋愛を楽しむ傾向にあるので、おませさんは幼少の頃から好きな人がいたという人も多いのでは? まずは、そんな女性の片思いあるあるから見てみましょう!

こんな経験あった!小・中学生の片思いあるある

みなさんにも純粋でピュアな時期があったはずです。 例えば、名前を呼ぶだけでも照れて恥ずかしくなっちゃう…なんてことが。 それだけ、小中学生の女子の心は純粋で澄みきっていたのでしょうね。 女性にはおませさんが多いので、小中学生とはいえ、しっかり恋愛感情を抱いていた人って意外と多いですよね。 でも大人みたいにわだかまりやしがらみがないので、片思いに対して辛いという気持ちを持ち合わせることは少なかったはずです。 私たちが小中学生の頃、一体どんな片思いあるあるがあったのかご紹介します!

好きな人がすぐ噂になる

「バレンタインの時に告白しようと思ったら、バレンタインの前に好きな人にその気持ちがバレてた」(28歳・会社員) 「どこから漏れたかわからないけど、次の日学校に行ったらクラスの全員が知っていた」(32歳・会社員) 「友達に好きな人の話をしたらそれがあっという間に広まってしまった」(19歳・学生) 「なんでみんな知っているの!?」と、驚きを隠せない状況が多々ありましたよね。 告白するまではバレたくない、そう思うからこそ噂が広まってしまって辛い経験をしたという人はとても多いです。 小中学生の頃はまだまだ純粋なので、誰が誰を好きなのかって気になってしまうものです。 だからこそ、噂はすぐに広まってしまうのでしょうね。

席替えにドキドキする

「好きな子の隣に座りたくて席替えの度に神様にお願いしていた」(26歳・看護) 「席が遠くなってしまった時は、あえてその周囲の友達のところへ行っていた」(36歳・営業) 「好きな子の隣の席になってドキドキしているのに、そっけない態度をとってしまった」(31歳・会社員) 席替はドキドキわくわくの一大イベントだからこそ、つい気合いが入ってしまうのはあるあるですね。 片思いの彼に近づけるかもしれない絶好のチャンスなので、席替えの日は女子みんながソワソワしてたことでしょう。 片思いの相手が側にいるだけで空も飛べるような気分になるので、席が近くなった時は嬉しさでいっぱいになったはずです。

片思いの相手と話せるだけで嬉しくなる

「おはようと言われただけでも嬉しかった」(17歳・学生) 「話しかけてくれたことが嬉しすぎて、その時の記憶が曖昧…」(25歳・生産) 「片思いの子と話せた時、嬉しすぎてドキドキしちゃって上手く話せなかった」(37歳・会社員) 話しかけたり話しかけられるだけでも、天にも昇るような気持ちになれるのが小中学生の恋愛あるある。 小中学生の頃はみんなピュアなので、異性と話すことだけでも緊張してしまうものですよね。 だからこそ、一瞬でも話せたことに対して嬉しく感じてしまうもの。 でも逆に、嬉しすぎて上手く話せなかった…というのも片思いあるあるですよね。

忘れ物の貸し借りにドキドキ

「隣の席が片思いの子だった時に忘れ物しちゃって、借りなきゃいけないのにドキドキして結局借りれなかった」(37歳・主婦) 「教科書を見せてもらうことになったけど、授業中勉強どころじゃなかった」(23歳・営業) 「消しゴムを借りたとき、好きな子の物を使っているということだけでドキドキした」(34歳・主婦) 片思いの彼が隣の席の時に忘れ物をした…「これってチャンス!?」と思った人も多いのでは? 小中学生の頃は異性と話すことすら照れくさいと感じるもの。 だからこそ、話せる機会ができたことに喜びを感じた人も多いでしょう。 ただ、あまりにも恥ずかしくてなかなか言い出せずに「変なやつ」と思われてしまい、ブルーな気分で1日を過ごしたという人もいるようですよ。

こんな経験あった!高校生の片思いあるある

無料!的中片思い占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼への恋の成就の可能性 2)彼のあなたへの今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)彼との発展方法 7)諦める?それとも行ける?彼の心情 8)複雑な状況の時どうすればいい? 9) あなたが取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

小中学生の頃は純粋でピュアな片思いあるあるが多かったですね。 異性に慣れていないからこそ、どんなことにもドキドキできてしまうあるあるばかりでした。 高校生にもなると、異性と話すこと自体には慣れてくるでしょう。 しかし、それが片思いの相手となれば話は別! ドキドキしちゃって上手く話せなかった…なんてことはあるあるです。 では次は、そんな女子高校生の片思いあるあるをご紹介します!

目が合うだけでドキドキ

「いつも片思いの子を目で追っていたら、突然目が合ってドキドキした」(40歳・介護) 「視線を感じると思って顔を上げたら好きな人でドキドキした」(19歳・サービス) 「目が合うと平常心を保てないから、あえて目が合わないようにしてた」(28歳・会社員) 好きな人を知らない間に目で追っていたなんてことは片思い中あるあるですよね! しかし、目が合ったら合ったで恥ずかしくて目をそらしてしまうところが女子ならではです。 高校生の時期なら、目が合う=もしかして私のことを好きなのかも!?と思う人は大勢いるので、そちらのドキドキもあったみたいですね。

メールやLINEのやり取りが楽しくてたまらない

「冷静を装ってたけど、片思いの彼とメールしてる時はいつも顔がニヤけてたと思う」(31歳・主婦) 「業務連絡でも、片思いの彼との連絡はいつでも嬉しかった」(21歳・学生) 「連絡が途切れるのが嫌で、どうでもいい話で長引かせていた」(26歳・サービス) 好きな人からの連絡は、たとえどんな内容であっても喜んでしまいますよね! 素直に好きな人に「連絡をとりたい」なんて言えるわけがないので、連絡がとれることが楽しくてしょうがなかったはずです。 高校生になると個人の携帯電話を持つ人が増えてくるので、2人だけの世界を楽しめる機会に舞い上がってしまう人は少なくありません。

彼と同じ電車・車両に!登下校のタイミングを合わせる

「片思いの彼に会いたくて、わざわざ電車を乗り過ごしてた」(34歳・サービス) 「好きだって気づいてほしくて、朝練の彼の登校時間に合わせてた」(30歳・会社員) 「彼が電車に乗るのを待つために、ホームで時間をつぶしてた」(27歳・会社員) 「片思いの彼と上手く喋れないけど、それでも一緒の空間にいたい!」、これは片思い中のあるあるですよね。 彼と話す勇気がないからこそ、彼を見て幸せな気分を味わいたいと誰もが思うでしょう。 片思いの時は好きな相手に臆病になってしまう人も多いので、遠くから眺めるだけで満足してた女性陣はとても多いです。

好きな人の教室へよく行く、よく前を通る

「休み時間の度に彼の教室に通ってた、話はできなかったけど」(26歳・生産) 「用事があるフリをして教室の前をよく通ってた」(32歳・主婦) 「あわよくば話しかけられるかもと思って教室の前を行ったり来たりしてた」(20歳・学生) 「もしかしたら会えるかも!?」そんな期待を胸に廊下を行ったり来たりするのもあるあるですよね。 会ったらあったで上手く喋れないのに、それでも顔が見れれば…と思いついやってしまうもの。 あわよくば彼と話せればと思う人は少なくなく、そのチャンスを作ろうと女子はみんな必死でしたね。

校庭にいる彼を窓から眺める

「好きな人の体育の時間はいつも校庭を見てどれがその人か探してた」(42歳・主婦) 「休み時間に外で遊んでる彼を好きなだけ見てた」(37歳・主婦) 「運動部だった彼の部活を見るのが日課になってた」(22歳・学生) 「男子は外で体育の時間だ!」と喜びを感じた人も多いのではないでしょうか? 同じ部屋にいるとじっくり見つめるわけにはいきませんが、相手が校庭にいれば好きなだけ見つめられるので、時間を忘れて魅入ってしまっていた人もきっと多いでしょう。 話しかける勇気がなくても相手のことをもっと見ていたいと思うからこそ、窓から眺めてしまうのでしょうね。

彼と遊園地やディズニーランドへ行くことを想像する

「一緒にお化け屋敷に入ってあわよくば触れ合いたいと思ってた」(35歳・サービス) 「ディズニーでおそろいの物を買って身に着けるのを想像したことがある」(23歳・営業) 「シンデレラ城の前で告白されることを想像してた」(22歳・飲食) 片思いの彼と遊園地やディズニーに行けたら天にも昇る気持ちですよね! 女子は想像力豊かなので、彼とデートの光景を妄想したという人は少なくないでしょう。 遊園地やディズニーは女子憧れのデートスポット! だからこそ、憧れの彼と一緒に行くことを想像してしまった人が多いのかもしれませんね。

カラオケで恋愛ソングを歌う

「西野カナ・加藤ミリヤの曲をひたすら歌ってた」(28歳・飲食) 「片思いソングを歌って泣いて友達に励ましてもらった」(32歳・サービス) 「恋愛の歌をうたうと勇気がわいてきた」(25歳・その他) 片思いの時って、甘く切ない恋愛ソングをなぜだか歌いたくなってしまいますよね! 自分と同じ状況の歌に共感してしまったり、幸せムードいっぱいの歌は片思いをしている女子に勇気を与えてくれる存在。 友達とこの気持ちを共感、共有したいと思うからこそ、カラオケでは恋愛ソングが鉄則でした。

相性占い、両想い度を何度もチェック

「占い結果が悪いと、そんなはずはないと何度も違う占いを試した」(24歳・フリーター) 「いろんな雑誌を見て気になる彼との相性をチェックしてた」(39歳・主婦) 「占いのサイトを見かけるとつい相性を占ってしまってた」(25歳・サービス) 占い結果が悪いと、良い結果が出るまでやってしまうのが片思いあるある! そもそも女性は、神秘的な存在の占いが男性よりも好きな傾向にあります。 そのため、片思いの時に相手との相性を占うことはあるあるなんですよね。 片思いの時はあと少しの勇気が足りない、なんて時がよくあります。 占いはそんなあと少しの勇気をくれる存在であり、自分に自信を持たせてくれる存在だからこそ相性をつい占ってしまっていたのでしょう。

こんな経験あった!大学生の片思いあるある

ここまでは、高校生の片思いあるあるについてご紹介しました。 高校生とはいえ、まだまだ純粋なお年頃…勇気が出せずに見つめているだけでも幸せと感じていた人も多かったですね。 大学生になると親元を離れ、バイトをしながら学校へ通う人も出てきます。 ですから、少しずつ自立して大人の考え方に近づいてきています。 すると、過去の時のような純粋でピュアといった片思いとはまた違う片思いあるあるがあります。 次は、大学生の片思いあるあるについてご紹介します!

友達と好きな人が同じ

「友達と好きな人が同じだけど諦められなくて友達に縁を切られた」(29歳・主婦) 「好きな人の話になった時に打ち明けたら、友達と同じ人を好きになってた」(30歳・介護) 「友達と一緒の人を好きになったけど、友達を優先して好きな人を諦めた」(25歳・サービス) 友達と好きな人がカブってしまい辛い思いをしたことがある…これも片思いのあるあるですよね。 好きな人を諦めるのも辛いし、友達との関係が悪くなるのも辛い その板挟みになってしまってどうしていいのかわからない、なんてこともありましたよね。 友達は自分にとって大切な存在だからこそ、違う人を好きだと言ってみたり、その友達を応援してあげたりもしていたはずです。

同じ授業を取って偶然を装う

「同じ学部だったから同じ授業をとってた」(31歳・会社員) 「同じ授業をとって、なるべく話せる機会を増やしていた」(38歳・会社員) 「なんの授業をとるか迷っていたから、どうせなら好きな人と一緒のものをとった」(26歳・生産) 授業だろうとなんだろうと、好きな相手とはいつも一緒の空間にいたいと思いますよね。 同じ授業をとるというのは大学生ならでは! 好きな人と一緒にいる時間を長くしたいと思い、選択したという人はとても多いようですね。 同じ授業をとることで会う機会は増え、あわよくば喋る機会が増えるので、きっかけ作りとして同じものを選ぶ人も多かったのではないでしょうか。

サークルの他の女子と仲良くしていて嫉妬

「活動のことで他の女の人と喋っているだけでもヤキモチ焼いてた」(25歳・サービス) 「彼に馴れ馴れしい人に対していちいち嫉妬してた、私が彼女ではないけど…」(35歳・営業) 「ほかの女の人と話してるのを見ると嫉妬して、勝手に対抗心を燃やしてた」(33歳・教育) 自分が彼女じゃなかったとしても、好きな彼が他の女子と話しているを見ると嫉妬してしまいますよね。 女性はいつも「私を見てほしい」という感情があるので、他の女子と楽しそうにしている彼に面白くないと感じてしまったのでしょう。 また、対抗意識が強いのも女性あるある。 「私にもかまって」と、余計に恋心を加速させる女性も多かったみたいですね。

さり気なくランチや飲みに誘う

「暇じゃないのに暇を装って、ご飯行こうよと誘ったことがある」(28歳・主婦) 「好きな人がお酒好きだったから、よく飲みに誘ってた」(37歳・サービス) 「相談事があると言ってさりげなく誘うことが多かった」(24歳・メーカー) 「行こうよ!」と誘うのではなく、あくまでさりげなく誘うのが女性あるあるです。 好きな気持ちはバレたくないからこそ、何か口実を作って誘う人が多かったようですね。 一緒にいられる時間がたとえ短くても、2人で過ごせた時間っていつまでも良い思い出になりますもんね。

サークルやゼミの合宿で少しでも近づきたい

「同じサークルにしてアドバイスをもらうフリをして話せる機会を作ってた」(35歳・看護) 「合宿でいつもと違う自分を見せようと必死だった」(27歳・飲食) 「合宿の時こそチャンスだと思って彼と2人きりになれる時間を作ろうとしていた」(30歳・サービス) 彼ともっと近づきたいと思っても、教室にはたくさんの人がいるからどうしても積極的になれないですよね。 しかし、合宿ならそこまで大勢じゃないので近づけるチャンス! そう思っていた人はとても多いようですね。 合宿中は普段見れない姿を見るチャンスでもあるので、片思い中の彼をもっと好きになったというケースは珍しくないようです。

飲み会で隣の席をキープ

「来た順に座ることが多かったから、彼が来る時間をいつも見計らってた」(34歳・主婦) 「彼がドアに近い付近に座っている時は、『私トイレ近いから』といって近くに座っていた」(26歳・会社員) 「彼の隣に座っている男子に席を譲ってもらうことがよくあった」(28歳・生産) いつだって片思いの彼の隣をキープしておきたいもの。 話せる機会は増えるし、他の女子から話しかけられるのを防ぐために行っていた人も多いのでは? 大学生になると積極的にコミュニケーションをとりにいく女性も多いので、隣の席をキープするというのはあるあるですね。

こんな経験ある!オトナの片思いあるある

ここまでは、大学生の片思いあるあるについてご紹介しました。 大学生になると異性と話すことにも慣れ、積極的に行動できる女性がとても多かったですね。 大人になると、学生の頃とは違う片思いの仕方をします。 さまざまな経験をしてきた大人だからこそ、恋愛に対する価値観も違ってくるからです。 また、結婚を視野に入れた考え方もするようになるので、シビアな片思いが多いのもあるあるですね。 では次は、そんな大人の片思いあるあるについてご紹介します。 大人のみなさんは共感できるあるあるがたくさんあるはずですよ!

共通点に運命を感じる

「食べ物の好き嫌いが本当にそっくりで運命を感じた」(35歳・会社員) 「アウトドア派な私と同じ趣味を持っていたので運命だと思った」(29歳・営業) 「育ってきた境遇がそっくりだったから、この人ならと思った」(36歳・主婦) 自分と同じ共通点のある人って、なんだか安心する気持ちや魅力的に感じてしまいますよね。 価値観は人それぞれだからこそ、同じ価値観を持っていると運命だと感じてしまうもの。 特に、マイナーな共通点があると人は共感しやすいので、そんな人に運命だと感じるのでしょうね。

直感を信じる

「いろいろ考える前に直観で行動する」(26歳・その他) 「なんとなくいいなと思った人でもその気持ちを大切にしていた」(30歳・主婦) 「この人だと思ったらとことん好きになる」(28歳・会社員) 女の勘は理屈では説明できませんが、よく当たるんですよね…。 だからその直感を信じるという人も多いです。 大人になると、「上手くいかなかったらどうしよう」「この人は好きになって大丈夫なのか?」といろいろな思考が働きます。 そのため、恋愛に踏み込めなくなるケースがとっても多い! それを避けるために、自分の直観を信じて突き進むという潔さを持つ女性も多かったみたいですね。

自分磨きに精が出る

「月に1回は美容室に通って髪の毛のケアをしている」(25歳・飲食) 「体系維持は絶対!太くても細すぎてもダメ」(26歳・サービス) 「季節ごとにトレンドを取り入れてファッションに気を遣う」(29歳・会社員) 女性はいつだって綺麗で可愛い自分を好きな人にアピールしたいもの。 本当は、自分磨きはお金も掛かるし手間がかかって面倒…と思っていても、好きな人のためにと思えば不思議と苦に感じないんですよね! 自分磨きをすることで立派なレディーになるので、好きな人の前でも自信を持って接することができます。

どこにいても彼を見つけられるほど目で追ってしまう

「いつも目で追ってたから行動パターンが読めるようになった」(27歳・サービス) 「目で追ってしまうことに集中しすぎて友達の話を全然聞いていなかった」(32歳・運輸) 「あわよくば目が合えばいいなと思って目で追っていた」(27歳・飲食) 好きな人のことは常に視界に入れていたいって思いますよね。 どんな行動をとっているのか、誰と話しているのかなど気になりすぎてついつい目で追ってしまうもの。 あまりにも彼を目で追いすぎて、その人の行動パターンが読めてくるツワモノなんかもいるぐらい恋にまっしぐらな人もいたようです。

止められない恋、叶わない恋に走る

「相手が既婚者ってわかってても、好きな気持ちは抑えられなかった」(35歳・技術職) 「彼女がいることを知ってたけど、どうしても諦めきれずに辛い片思いをした」(30歳・主婦) 「好きになっちゃいけない相手だからこそ気持ちが高ぶった」(28歳・サービス) 好きになった相手がたまたまパートナーがいる人…大人になればこういう片思いはあるあるですよね。 好きという気持ちは簡単に諦められるものではないですし、特に女性は誰かのものだと思うと余計にヒートアップすることもあります。 片思いの男性にこの気持ちを伝えられないことが辛いと思ってはしまうものの、簡単に諦められたら最初から好きになったりしないので、辛く切ない恋愛事情ですね。

一つでも上手くいかないことがあると後悔の念が強くなる

「片思い中は相手との距離感が上手くつかめず、タラレバばかり言っていた」(34歳・主婦) 「せっかく喋りかけられたのに上手く話せなくてそれっきり会話できずに後悔した」(36歳・会社員) 「徹夜でボロボロの姿を見られてから、なんとなく彼の態度が変わった気がする…最悪」(28歳・会社員) 片思いの彼と上手く接することができなかったりすると、その後の精神崩壊ってすさまじいですよね。 「もっとあの時ああしていれば…」なんて後悔に後悔を重ね、前向きな気持ちを持てなくなってしまうことはあるあるです。 特に、このチャンスを逃したらもう後はない!という時の失敗は、日常生活に大きな影響を与えてしまう原因になってしまいます。

料理上手など家庭的さをアピールする

「料理に自信があったから、『作りすぎちゃった』と言ってわざわざお弁当を2個作ったことがあった」(31歳・会社員) 「洋服がほつれていたから直してあげた」(27歳・介護) 「掃除が苦手という彼のデスク周りを綺麗にしてあげた」(26歳・会社員) 家事が苦手な女性でも、好きな人のためなら一生懸命やろうと思いますよね。 男性は家庭的な女性に惹かれることを女性も理解しているので、家庭的な自分をアピールできる場があればすかさず披露します! 大人になると結婚も視野に入れて恋愛する人も多いので、家事ができるアピールをして魅力的な女性だと思われるようにしていた人も多かったようです。

【男子の恋愛】片思いあるある

ここまでは、大人の片思いあるあるについてご紹介しました。 学生とは違い、切ない片思いとなることもある大人の恋愛事情。 それでも、一度好きになってしまったら簡単には諦められませんよね。 では、男性はどういう片思いをしているのでしょう? 女性と男性では考え方が大きく違うので、片思い事情が気になるところですね。 次は、男性の片思いあるあるについてご紹介していきます。

こんな経験あった!小・中学生の片思いあるある

小中学生の男子は、女子と同じようにまだまだピュアで純粋な存在。 なかには、まだ恋愛に興味がないなんて子も多かったですよね。 小中学生の男子は口では恋愛に興味がないなんて言います。 しかしそれは、好きだと思う気持ちが女みたいで恥ずかしいと思っているから隠していただけのようですよ! 女心が男にわからないように、男心もとても繊細のようですね。 では、そんな小中学生の片思いあるあるを見てみましょう。

好きな子にちょっかいを出す

「後ろの席から髪の毛を引っ張ってみたり、肩を叩いて怒らせるのが好きだった」(38歳・会社員) 「いちいち嫌がることを言って興味を引こうとしていた」(43歳・建築) 「ビックリさせるのが面白くてずっとやっていた」(19歳・学生) 好きな子ほどちょっかいを出したり意地悪しちゃうものですよね。 男子は好きという気持ちを恥ずかしいことだと思っています。 ですから、気づかないうちに相手の気を引きたくてちょっかい出してしまうんです。 本当はもっと仲良くしたい、けど幼いながらに男のプライドが邪魔して上手くコミュニケーションがとれなかったんでしょうね。

こんな経験あった!高校生の片思いあるある

小中学生の男子は、好きという気持ちが恥ずかしいと思ってしまう照れ屋さんが多いです。 そのため、自分の気持ちに気づかなかったり、気づいてもそれを隠そうとしてしまうんですね。 しかし高校生にもなれば、女子との会話に慣れて普通にコミュニケーションを交わせるようになります。 また、恋愛を意識してオシャレなんかに目覚める人も出てきますよね。 次は、そんな男子高校生の片思いあるあるを見てみましょう。

部活をがんばる

「好きな子がマネージャーをやっていたから、いいところを見せたくて部活に必死だった」(30歳・技術職) 「好きな子がスポーツできる人が好きという情報を知ってから部活人間になった」(25歳・会社員) 「かっこいい姿を見せたくてレギュラーを必死になってとりにいった」(21歳・学生) かっこいい姿を見せるなら部活しかない!と男子高校生なら誰もが思うでしょう。 学生の時はスポーツができる=かっこいいというイメージがあるので、運動部の男子は必死になっていいところを見せようと頑張るものです。 高校の部活は辛く厳しいものですが、好きな人のためと思えば不思議と苦に感じないものでしたよね。

好きな子と友達の恋バナが気になる

「好きな子が恋バナをしている時は『俺のことかもしれない』といつもソワソワしてた」(24歳・会社員) 「好きな子の好きな人が気になりすぎて、その恋バナに参加しようとしていつも拒否されてた」(29歳・鉄道) 「恋バナが気になりすぎて、好きな子と話していた友達に何を話していたか聞きにいったことがある」(32歳・会社員) 「もしかしたら自分のことを話してるかも!?」なんて淡い希望を抱いてしまうことって片思いあるあるですよね。 女子高校生は常に恋バナをしているので、その内容が気になって仕方がなかった人も多いのでは? でもそれを聞いてしまうと、もし自分じゃなかった時のショックが計り知れない…と思う人も少なくなく、気になるけどあえて聞かないようにしていたという人も多かったですね。

こんな経験あった!大学生の片思いあるある

高校生になると、女子の視線を気にしてかっこいいところを見せたいと思う男子が多かったですね。 ただ、まだまだ女子には積極的に動けないという年代でもありました。 大学生にもなるとだいぶ垢抜けてきて、女子と積極的にコミュニケーションをとろうとする男子が増えてきます。 また、女子と関わることも多くなってくるので、恋愛を意識していた男子も多かったはず。 では次は、そんな男子大学生の片思いあるあるを見ていきましょう。

合宿でスッピンの彼女にドキッとする

「化粧姿しか見たことなかったけど、お風呂から出てきたスッピン姿に可愛いと思った」(36歳・営業) 「『やだ見ないで』と言ってたから相当自信がないのかと思ったら可愛くてびっくりした」(30歳・技術職) 「スッピン姿が可愛すぎて他のやつに見せたくないって勝手に思ってた」(25歳・広告関係) いつも化粧している姿しか見られないから、その姿とのギャップってすごいですよね! 男性はばっちりメイクよりもナチュラルメイクが好きという人が多いので、何も化粧をしていない姿にドキっとするのでしょう。 ただそれとは逆に、普段が可愛いから期待していたら別人過ぎて恋が冷めた…なんてのもあるあるですよね。

下ネタの妄想が増える

「男なら絶対好きな人とやっているのを妄想する」(23歳・メーカー) 「その子と付き合ったとシミュレーションして服を脱がす妄想は何回もした」(39歳・会社員) 「ちょっと前まで制服を着ていたと思うと、それを想像して興奮してた」(32歳・建築) 男は暇ができれば下ネタを妄想しがち。 好きな人がいれば、その妄想に好きな人を登場させて楽しむ…そんな人も多かったはずです。 好きな人との恋がどうせ叶うわけないなんて思っていると、その妄想ってどんどん加速してしまうんですよね。

こんな経験ある!オトナの片思いあるある

ここまでは、男性大学生の片思いあるあるについてご紹介しました。 高校生までとは違い女性慣れはしてはいるものの、まだまだピュアさを残した男子が多かったという印象でした。 大学を卒業して就職すると、もう立派な社会人の仲間入り。 大人になった男性にはどんな片思いあるあるがあるのでしょうか? 大人になれば仕事で女性と関わる機会が増えてくるので、自然と女性の扱いには慣れてきますよね。 そんな女性慣れした男性は、どんな片思いの経験があるのか見ていきましょう。

気になる相手にひたすらアピール

「俺は誠実だってのをアピールしまくっていた」(27歳・運輸) 「まずは自分を知ってもらおうとひたすらアピールしていた」(29歳・営業) 「付き合ったらこんなメリットがあると売り込んでいた」(40歳・営業) 好きになってもらうために、どんどん自分を売り込んでいくスタイルはまさに男性ならでは。 奥手な女性やガードが固い女性でも、「そこまで言うなら…」と観念してくれる人もいるので、お近づきになるための上手い作戦ですね! 男性は好きな人ができるとまるでハンターのようになるので、自分をどんどんアピールして自分のものにしようとするのでしょう。

とことん尽くす

「よくどっかに連れて行ってあげたり、ご飯をおごってあげたりしていた」(43歳・会社員) 「好きな人の誕生日はさりげなくプレゼントを渡してた」(28歳・会社員) 「好きな人が急に体調が悪くなったので、家まで付き添って看病した」(34歳・サービス) 普段はそこまで優しくない男性でも、好きな人に対しては優しくなるものですよね。 彼女が自分に気がないとわかっていても、つい何かしてあげたくなっちゃうのが男の性…。 ただ、良心的に尽くすという人もいれば、「あわよくば付き合えるかもしれない」と、見返りを求めて尽くしているという人も中にはいるようですね。

常にかっこいい、素敵と思われたい

「好きな人と会う時は身だしなみやエチケットに気を付けていた」(25歳・運輸) 「かっこいいと思われるためにファッションは常に気にしている」(30歳・営業) 「男らしさをアピールしてかっこいいと思われるようにしていた」(37歳・技術職) 男だったらどんなことも、好きな人の1番になりたいと思いますよね。 その人の1番になりたい=かっこいい、素敵だと思われたい!という気持ちになるので、好きな人と会う時は背伸びしてでも自分をよく見せるものです。 みんながみんなイケメンではないので、少しでも自分をよく見せて振り向いてもらえるように努力していた証ですね。

あなたが彼と付き合う可能性は何%?

彼はあなたの事をどう思ってる?非常に気になりますよね? 実際、MIRORに相談して頂いている方、真剣に恋をしている方ばかりです。 ただ、みなさんが知りたいのは「彼とはどうなるのか?」「彼はどう思っているのか?」 有名人も占う1200名以上のプロが所属するMIRORなら二人の生年月日やタロットカードで、二人の運命やあなたの選択によって変わる未来を知る事ができます。 500円でこのままいくと恋がどうなるかを知って、ベストな選択をしませんか? 恋が叶った!との報告が続々届いているMIROR。今なら初回返金保証付きなので、実質無料でプロの鑑定を試してみて?
\\うまくいく恋、チャンスを見逃さないで//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

【まとめ】男女世代別の片思いあるある 勇気がわいてきましたか?

世の中には片思いで辛いと思っている人は大勢いますが、そんな人でも現在は良きパートナーに恵まれたり、結婚して幸せな家庭を築いている人もいます。 辛い片思いを乗り越えられたからこそ、今の幸せを掴めたのでしょう。 現在、辛くて苦しい片思いをしている人は諦めたくなってしまうことがあるかもしれません。 それもまた選択なので決して悪いことではありません。 しかし、その片思いの経験は必ず今後の恋愛で役に立つ日がくるので、大切な思い出としてとっておきましょう。 世代別・男女別ではさまざまな片思いあるあるがありました。 甘酸っぱい過去のあるある話は、きっとみなさんの良き思い出になっているでしょう。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧