不倫に罪悪感がない人と罪悪感がある人の違い。その実態は?

突然ですが、不倫に罪悪感がある、ないどちらでしょうか。 実は、不倫に罪悪感がない人と罪悪感がある人の違いには、大きな心理的な理由があったのです。 今回は不倫をしてしまう人のタイプの特徴について、詳しく解説しています! どちらのタイプにあてはまるのか、ぜひ一緒に考えてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 不倫
  3. > 不倫に罪悪感がない人と罪悪感がある人の違い。その実態は?
不倫の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・関係はもう終わり?整理した方が自分のため? ・彼と結ばれたいけどそれは難しい? ・壊さない距離感でも良いから...彼と関係を続けていける? ・彼が不倫で辛い気持ちを全然分かってくれない。 ・どうしても彼が忘れられない 辛い事も多いのが不倫。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良いと思う?なんて直接はもちろん周りの方にも相談しづらい... そういった不倫の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

不倫に罪悪感ない?ある?それぞれの特徴は?

不倫をしている人の中には、不倫に対して「罪悪感のある人」と「罪悪感のない人」がいます。 この2つの違いにはどんな違いがあるか、気になりませんか? そもそも不倫とは、「結婚している人がパートナー以外の異性と肉体関係を持つこと」であり、法律で罰せられる罪なのです。 しかし、不倫は法律で禁止されているけれど、不倫をしてしまう人や愛人との関係を切ることができない人がいるのも事実です。 今回は、不倫をする人における罪悪感がない人と罪悪感がある人の「心理状況」や「正確における特徴」などを様々な角度から掘り下げていきます!

不倫に罪悪感がない人の3つの特徴

まず、不倫をしてしまう人はどのような心理状態なのでしょうか。 理由を大きく分けると、「家庭を壊すつもりはない」「バレなければ大丈夫」「周りもやってるから」という3つの特徴を持っています。 そのため、不倫は罪と知っていながらも、罪悪感をあまり感じていないため、何度も繰り返してしまうのです。 それでは早速、3つの特徴について詳しく見ていきましょう!

家庭を壊すつもりはない

不倫に罪悪感が無い人は、「家庭を壊すつもりはない」と考えています。 この場合、不倫をしながらも、家庭では配偶者との良好な関係が築けていることが考えられます。 不倫をしている本人は、家庭と不倫のどちらかを1つに絞るのではなく、「配偶者も不倫相手も、どちらも大切」と考えることにより、不倫相手との関係も両立させたいと願うのです。 家庭を壊したくはないけれど、不倫相手も欠かせない存在であるがゆえ、「家庭を壊すつもりはない」という考えを持つのでしょう。

バレないよう気をつけている

不倫を繰り返す人は、バレないように十分な注意を払っています。 たとえば、「携帯でやり取りしているメールは定期的に消去」していたり、「ホテルで使うシャンプーなどのバス用品は香りのないものを使用」すること、そして、「不倫相手と過ごした日の予定は嘘をついてごまかしている」などです。 不倫を隠す心理状況は「バレた後には家庭で大きな問題となることを知っている」「悪いことをしている」という意識から、証拠を隠そうとします。 ですので、全く罪悪感がないとは言い切れないでしょう。 しかし、バレないように十分に気を付けていることから、不倫相手をかばう気持ちがあります。 配偶者と不倫相手、どちらも大切であり、良好な関係を続けていたいと考えているのです。

みんなやっていること

不倫を繰り返している人は、「みんなやっていること」として不倫の行為を肯定して考えています。 不倫を知られた後には、「慰謝料を請求される」「離婚を要求される」などのさまざまな危険の可能性があります。 しかし、不倫行う当事者はこのような最悪の事態について重く考えていないことが挙げられます。 周囲にいる人も不倫をしているから、といった理由で行う心理とは、「周りに流されやすい傾向がある人」や、「不倫を肯定しようと考える人」に多いです。 自らの不倫における責任を周囲へと転換し、不倫を肯定するケースが見受けられます。

特徴を持つ人をタイプ別に解説

不倫に罪悪感を抱かない人は、「家庭を壊すつもりはない」「バレないように気を付けている」「みんなやっているから」といった心理であることが挙げられました。 では、具体的に不倫ができる人って、どんなタイプの人なのでしょうか。 罪悪感を抱かない3つの理由を見てみると、配偶者も不倫相手も大切にしたいという考えから、「社交的」で「器用」、そして「八方美人」のような印象がありました。 ではさっそく、不倫をする人の3つの特徴について詳しく見ていきましょう!

タイプ①:平気で嘘をつける

不倫をした人は必ずと言ってよいほど、配偶者への「嘘」をつく必要があります。 たとえば、不倫相手と会った「場所」や「時間」など、不倫をした日の予定を詳しく話すことができない事柄についてです。 嘘をつくことに慣れていない人の多くは、嘘をついたときの「表情」や「動き」ですぐにバレてしまいます。 嘘をつこうとすると、わざとらしく話を盛ったり、数分間話しているとちぐはぐな答えをしまうことがあるからです。 ですので、「平気で嘘をつけるタイプ」である人が不倫をした場合、配偶者に分かられないように隠すことができるのです。

タイプ②:人付き合いが上手

不倫をする人は、相手が求めることを提供できるので、満足感を与えるのが上手い人です。 「不倫相手」にも、「配偶者」にもそれぞれ上手に付き合えるため、どちらにも不満を感じさせません。 そのため、不倫をしてても、誰も不幸にしてないと思っています。 このタイプの人は、他人への興味関心を強く持っている傾向があります。 相手がどんなことをされたら嬉しいのかを知っており、積極的に尽くすタイプです。 たとえば、定期的なサプライズや、相手への尊敬の言葉など一緒に居て心地の良い人と思われる魅力を持っているでしょう。 気が利き、優しい一面を持っているからこそ、相手への配慮をすることができる人でもあるのです。 しかし、さまざまな人に好意を抱いてしまうため、恋愛に対する考えが自由であり、一人の人を愛し続けることが難しという性格でもあります。

タイプ③:自己肯定感が強い

自己肯定感の強い人は、不倫に対して罪悪感を持ちにくい人です。 「不倫の行為は間違ったものではない」と自分の行動を心から納得している傾向が強いです。 周囲の人が当たり前のように不倫をしている環境であるなどの、不倫への考え方が一般的なものとしてとらえていることが考えられます。 また、自分の行いに自信を持っていることも特徴の一つです。 「不倫が自他ともにメリットである」などと、不倫を良いこととして考えているケースには、自己肯定感が強くなるでしょう。 このように、不倫は悪い事ではないと心から肯定している人においては、罪悪感を抱かない傾向があります。

不倫に罪悪感を覚える人の特徴

罪悪感を抱いていながらも、不倫を繰り返してしまう人とは、どのような特徴があるのでしょうか。 多くの人は、不倫に対して少なからず罪悪感を抱いているでしょう。 法律では不倫は違法であり、慰謝料を請求できる重い罪です。 しかし、悪いことと知っていても不倫をしてしまう人がいるのも事実です。 それでは、不倫に罪悪感がある人の特徴を3つご紹介します!
無料!的中不倫占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼のあなたへの気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質4)彼との相性 5)彼と結ばれる可能性は? 6)関係を継続したら今後どうなる? 7)二人の関係を整理した場合の未来 8)あなたが幸せになれる選択は?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

自分に自信がない

自分に自信を持てない人は、罪の意識を感じてしまい不倫に対して罪悪感を抱きます。 「不倫は悪いこと」とはっきりと認識をしており、冷静に物事を考えられる人です。 しかし、自分に自信がないがゆえに、相手からデートの誘いを求められると拒否できないことがあります。 そのため、不倫から抜けだせず、何度も繰り返してしまうのです。 自分に自信がない人の特徴は、相手を気にすることができる優しい性格をしている人です。 そのため、不倫相手からの誘いをはっきりと断ることができません。 相手に嫌われることを恐れて、不倫相手と何度も面会してしまうケースがあります。

周りの目を気にする

常に世間の目を気にするタイプの人は、「周りからどう見られてるか」をいつも気にしています。 「不倫しているなんてもってのほか」と考える人が周囲にいる場合、周りの批判を受けるのではないかと負の感情を抱えています。 しかし、周囲の人から否定をされることで、まるで「禁断の恋」のような錯覚を感じ、不倫にはまってしまうケースがあります。 子どもの頃に、「ダメ」と言われたことをしたくなる気持ちに近いのではないでしょうか。 周りの目を気にしながらも、刺激が欲しいと考えている人は不倫を繰り返してしまう傾向があります。

真面目な人

仕事も私生活も真面目に向き合う人は、「正しい行いをしよう」とし続けてきたはずです。 しかし、真面目であるからこそ、不倫にハマってしまったら抜け出すことが難しいのです。 なぜなら不倫の相手に対しても、「誠実に向き合おうとする心」が芽生えてしまうからです。 真面目な性格を持つ人は不倫と一線を引いて生活しているでしょう。 不倫を「罪」と思う感情は配偶者を愛する上でとても大切な考えです。 しかし、不倫に対して罪の意識を持っているのと同時に、一度は味わってみたいと感じる心理も持っているはずです。 そのため、配偶者がいたとしても、不倫相手を一途に好きになってしまうケースも。 配偶者との離婚を考え、不倫相手との真面目な交際を考えているといった特徴も考えられます。

不倫に罪悪感がないタイプあるタイプ…わかりましたか?

不倫に罪悪感がない人と、罪悪感がある人の違いは「罪に対する意識の重さ」によって変わることが分かりました。 不倫に罪悪感がない人は、「家庭を壊すつもりはない」「バレないように気を付けている」「みんなやっていること」といった不倫を肯定するような特徴を持っています。 一方で、不倫に罪悪感がある人は、「自分に自信がない」「周りの目を気にする」「真面目」という心理状態です。 いずれにせよ、少なからずは罪の意識があるがゆえに、不倫をした際には簡単に抜け出せなくなる傾向もあるでしょう。 イケナイことと分かっていながらも、不倫が良いことと考える人と、悪いことであると考えている人の違いが罪悪感のあるなしに関わってくるのです。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い