余裕のある人の特徴11選。余裕のある人が身につけている10の習慣から余裕のある人になる方法まで

「いつも余裕のある人」について、特徴をまとめました。また、余裕のある人の習慣についてもご紹介。「あの人はどうしていつも余裕があるのか?」という疑問を持っている人や「余裕のある人になりたい!」と思っている人におすすめです。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 余裕のある人の特徴11選。余裕のある人が身につけている10の習慣から余裕のある人になる方法まで
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

なんかオトナなあの人の秘密

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 男女問わず、「あの人はオトナだなあ」「いつも余裕があるな」と思う人って、いますよね。 なにがその人をそうさせるのでしょうか? 余裕がある人の秘密に迫ります。

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\本来のあなたの幸せと笑顔を叶える//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

余裕のある人ってどんな人?余裕のある人に共通する11の特徴

慌てているところを見たことがない・感情の起伏がおだやかで余裕を感じる…そんな人を見ると、「オトナだなぁ」「余裕があっていいなぁ」と思いますよね。 一方で、そういう人に憧れる自分といえば…思わず目をおおいたくなってしまうかもしれません。 余裕のある人・オトナだなと思う人には、どのような特徴があるのでしょうか? 共通している11の特徴を紹介します。 具体的に特徴を知ることで、余裕のある人を目指す第一歩をふみだしましょう。

自分の目標がはっきりしている

余裕のある人は、はっきりとした自分の目標をもっています。 余裕があるように見える安定感は、芯がとおっているから感じるものなのです。 なりたい自分像でも仕事でも、目標のジャンルは問いません。 「いつまでに〇〇したい」 「将来的には〇〇になっていたい」 このように、自分の目標を明確に持っていると 「今こういうことをするべきではないな」 「こういうことを言う人であってはいけない」 というように、今この瞬間の言葉や行動を選ぶ基準になるのです。 余裕のある人は、”なりたい自分・こうありたい自分像がはっきりしている人”ともいえるでしょう。

他者ではなく過去の自分と比較する

あの人はこうなのに…と、ついつい周りの人と自分とを比べてしまっていませんか? 余裕のある人は、他人と自分を比べることはしません。 誰かと自分を比較すると、自分の足りないものが見えてしまいがち。 人をうらやむ気持ちは、「もっと自分も〇〇しなければ」という焦りの気持ちをうみ、余裕のなさにつながっていきます。 余裕のある人が比較しているのは、他者ではなく過去の自分。 前にできなかったことができるようになっている、というような加点方式で自分を振りかえります。 今の自分自身を認めてあげることが、自然とできているのですね。

結果に対してポジティブに考える

仕事をしていると、気をつけていてもミスをしてしまったり、組織の方針でやっていた仕事がムダになってしまったりすることはありますよね。 そんなときにも余裕のある人は、大きく落ちこんだり、自分はがんばっていたのに!と怒ったりすることはありません。 なぜなら、起きてしまった結果に対しておおらかな気持ちをもっているから。 ミスをしてしまったら、取りもどす方法を考える。 やっていた仕事がムダになったとしても、組織全体でよい方向にいくよう協力する。 余裕のある人は、このようにポジティブな考えかたができる人。 一歩ひいて、物事を全体でとらえることが、余裕をうむのですね。

正々堂々としている

余裕のある人は、堂々としているように見えます。 自分の軸をもっているから、決断力もあり判断もぶれないのです。 どっしりと構えていることで、安定感や包容力を感じさせる人もいるでしょう。 また、余裕のある人は、ずるいことや人をだますようなことはしません。 そのようなことを考えると、ばれないように細心の注意をはらったり、ばれたらどうしようとそわそわしてしまったりしますよね。 その結果、落ちつきがなく、余裕のない印象になってしまうのです。 余裕のある人は、そんなこととは無縁なので、自分に自信を持ち正々堂々としているのです。

他者を受け入れる

余裕のある人は、他者を否定しません。 なぜなら余裕のある人は、自分をしっかりと持っていて、自分の目標に向かって進むことを第一に考えているからです。 自分と違う考え方の人に出会ったときに、自分のほうが正しい!と主張したくなることはありませんか? さらには、相手に自分の正しさを認めさせたい、と言い争ってしまうことも。 そのように思ってしまうこと自体が、相手と自分とを比較しているということに他なりません。 他の人の考え方を否定しても、何になるというわけではありません。 自分が正しいと思っていることが、他の人にとっても正しいとは限りません。 「自分と他者は違う」ということを大前提にしていると、他者に寛容になれるのです。

時間管理が得意

時間に余裕をもって行動したいのに、いつも納期や待ちあわせ時間にぎりぎりになってしまう…という人。 余裕のある人になりたいですよね。 ぎりぎりになってしまう人は、納期や約束の時間はもちろんわかっているのですが、目標時間をその時間ちょうどに設定してしまっていることがほとんど。 そうすると、いつもぎりぎりになったり、時には遅れてしまったりすることもあるのではないでしょうか。 一方で、余裕のある人は、時間管理が得意です。 所要時間を正確に見積もったうえで、その少し手前に目標時間を設定しているからです。 わずかな習慣の違いが、余裕のあり・なしに深く関係しているのですね。
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

緊急時の対応を視野に入れている

余裕のある人は、どうして急なできごとにも慌てずに対応できるのでしょうか? それは、どのようなときでも、”最悪のケース”を想定しているからです。 大丈夫だと思っていても、緊急時の対応方法を意識していることで、「もしも」のときにも慌てずに行動できるのです。 緊急時に事なきをえたあと、こっちは大慌てで対応していたのに、余裕のある人は「大したことなくてよかったね!」と言って驚く、ということがあります。 ”最悪のケース”を想定している人からすると、そうならなければ大抵のことは「大したことじゃない」と思えるのですね。

優先順位がつけられる

仕事でもそれ以外でも、やるべきことが山積みのとき、なにから手をつけたらよいのかとパニックになったり慌てたりすることもありますよね。 余裕のある人は、物事に優先順位をつけています。 やるべきタスクすべてが最重要なことに見えても、実はそのなかには、今すぐやる必要はないというものがあるはず。 山積みになっているタスクを「今すぐやる」「あとでも大丈夫」という2つにざっくりと分け、さらに「時間がかかるもの」「すぐできるもの」と細分化するのです。 タスクに優先順位をつけることで、次にとるべき行動が見えてきます。 余裕をもった行動をするためには、やらなければいけないことの整理と時間管理が必須なのです。

力の抜き方が上手

余裕のある人=完璧な人、ではありません。 余裕のある人は、適度に力を抜いているのです。 もうすでに余裕はないのに、追加で仕事を引きうけてしまった…ということはありませんか? よかれと思ってがんばったけど、無理をして身体に負担をかけたり、残念ながら納期に遅れてしまうということも。 もちろん、がんばることは大切ですが、誰にでもキャパシティはあります。 やらなければならないことはやるけれど、やらなくてもいいことはやらない。 余裕をつくるためには、時にはこのような取捨選択をすることも大切なのです。 大前提として、「周りに迷惑をかけない範囲で」ということはお忘れなく。

自分一人で解決しようとしない

余裕のある人は、実は甘え上手です。 悩みごとがあったら、かかえこまずに信頼できる人に相談する。 仕事がたてこんでいても、すべてを自分でやろうとしない。 このように、余裕のある人は、適度に周りを頼っているのです。 困ったときにSOSを出せることは、簡単なようで簡単なことではありません。 周りに信頼できる仲間がいることが必要だからです。 困難があるときに、ひとりで解決しようとすると、選択肢は限られてしまいます。 適度に周りの力を借りたり、アドバイスを受けたりすることで、選択肢を増やすことができますよね。 周りに甘えられる仲間がいること。 それこそが、余裕をつくる秘訣なのです。

周囲への気遣いができる

余裕のある人は、周囲への気遣いができる人です。 相手の立場にたって物事を考え、発言する。 また全体をみて、うまくいっていないことがあれば自らがフォローする。 余裕のない人には、このような行動はできませんよね。 時間管理が得意で、時間に余裕をもっている人は、業務や納期に追いこまれていません。 そのため、周りを気遣うことができるのです。 自分のことで精いっぱいになり周りをみる余裕のない人は、無意識のうちに話しかけづらい雰囲気をつくっていることも。 対照的に、余裕のある人の周りには、人が集まります。 なにか困ったときに頼れる仲間の輪が、自然と広がっていくのです。

余裕のある人にはどうしたらなれるの?

余裕のある人に共通する特徴をご紹介しました。 なんとなく「あの人、余裕があっていいな」と思っていた人の、具体的な特徴が見えてきましたね。 でも、”余裕のある人を知る”ことと、”余裕のある人になる”ことは別問題。 どうやったら、自分も余裕のある人になれるのでしょうか? 余裕のある人になるために、できることはあるのでしょうか? すぐにでも実践できる、余裕のある自分に近づくポイントを5つ紹介します。

自分に自信をもつ

例えば、寝る前にその日の自分を振りかえるとしたら、どんなふうに考えることが多いでしょうか? 「あれもできていない」「これもできなかった」と、自分のダメなところを見つけてしまう人は、注意が必要です。 そのような人は、「今日は〇〇できた」「去年は××だったけど今年は▲▲だ」というように、できたことを数えたり、過去の自分と比較して現在の自分をほめてあげたりすることを心がけましょう。 自分に自信のない人は、「どうせ…」と考えてしまいがち。 「どうせ…」と考えると、周りに対してポジティブな行動がとれなくなります。 自分に自信が持てると、自ら誰かを手伝うアクションを起こせたり、前向きな言葉で周囲を元気づけたりできるようになります。 その言動は、周囲から余裕があるように見えるでしょう。

完璧を求めすぎない

くりかえしになりますが、余裕のある人=完璧な人、ではありません。 完璧を求めて気をはっていると、周囲からは話しかけにくいと敬遠されてしまうことも。 余裕をもつために、肩の力を抜いてみましょう。 完璧をめざしていた人が力を抜こうとすると、罪悪感がうまれてしまうかもしれません。 そんなときにおすすめなのは、まずアクションを起こしてみること。 例えば、山積みになっている仕事を誰かに手伝ってもらいましょう。 思いきって休みをとるのもいいですね。 一度、力を抜いた自分を周りに認めてもらえると、「これでよかったんだ」と楽になりますよ。

周囲に適度に頼る

なにごとも、自分ひとりで頑張れることには限界があります。 余裕をつくるためにも、ときには周りに甘え、頼るようにしましょう。 周りも忙しい・大変そうに見える環境の中で、SOSを出すことが苦手…という人もいるでしょう。 そんな人は、自分の余裕があるときに、まず周りの手伝いをしてみることをおすすめします。 手伝った相手から「ありがとう」と言われると、やってよかった、と思えますよね。 そうすると、次に自分が大変なときにお願いしやすくなりますよ。 いつも頼る、ではなく適度に頼る、ということが大切です。 自分にしてもらったことを、同じくらいかそれ以上、周囲に返すということを心がけましょう。

笑顔を大切にする

余裕のある人になるためには、他者からの見えかたは大切です。 どんなときでも、笑顔でいることを心がけましょう。 余裕がないとき、ふと鏡を見ると眉間にしわが寄っていた…ということもありますよね。 それどころか、なにもないのに「怒ってるの?」と周りの人に聞かれてしまう、という人もいるかもしれません。 周囲から余裕のある人と思われるためには、笑顔でいる機会を増やすこと。 笑顔でいるだけで、話しかけやすさが増すでしょう。 また、トラブルなどの非常時にも、ひと呼吸おいてから笑顔を見せると、周囲に「大丈夫なんだ」と安心感を与えることができますよ。 笑顔は、周りの人にあなたの余裕を感じさせる重大要素です。

臨機応変に対応する

余裕がある人に求められるものは、臨機応変さです。 何事も、自分のイメージどおりになるということはほぼ100%ないと思うようにしましょう。 実際に、今日は早起きできたから準備も順調、時間に余裕をもって出かけられた!今日はいい日だ!なんて思っていても、電車が遅れていてイライラ…ということはありませんか? このように、プライベートでも自分が思ったとおりの行動ができることは少ないのです。 さまざまな人がかかわる仕事の場であればなおのこと。 イレギュラーは必ず発生するものとして、起きたことに対して臨機応変に対応するというスタンスを心がけましょう。

余裕のある人が身につけている10個の習慣

余裕のある人になるためのヒントをお伝えしました。 周囲から今の自分はどう見えるか?を気にしてみることが、余裕のある人への第一歩でしたね。 では、余裕のある人になるために、なにか具体的にできることはあるのでしょうか。 実際に余裕のある人になる近道は、余裕のある人をマネするのが一番。 余裕のある人が身につけている習慣について紹介します。 もちろんここでも大切なのは、”完璧を目指さない”こと。 今の自分の生活を改めて見つめなおし、マネできるところから実践してみてくださいね。

朝の時間を有意義に過ごす

余裕のある人の一日は、余裕のある朝の時間から始まります。 職場に早くついて仕事をすると、電話が鳴りはじめたり大量のメールが飛び交い始める始業前に、自分がやりたい仕事に集中することができますよね。 朝起きるのがつらいという人は、朝の時間帯に読書や趣味など、自分の好きなことをしてみましょう。 自分の自由時間は夜に…と思っていても、付きあいで飲み会が入ってしまったり仕事後はヘトヘトで寝るだけになってしまったり、なかなか思い描くような自由時間にはできないもの。 朝の時間帯を有効活用できると、起きるのが楽しみになりますよ。

自分への投資を惜しまない

余裕のある人は、なにかしら自己投資をしています。 ”自分に投資をする”と聞くと、何をイメージしますか? なんだか難しそう…と身構えてしまったり、自分には時間とお金がないと思ってしまったりするかもしれません。 自分への投資、といっても、難しく考える必要はありません。 習いごとや読書など、自分にとってプラスになることであればなんでもOK。 忙しくても映画を見にいく時間は確保するとか、おしゃれに気を配るというようなことも、自己投資の1つといえるでしょう。 そんな趣味のようなことでよければ、すぐにでもできる気がしますよね。 ”自分のためになることをしている”ということ自体が、自分自身の満足感を高め、自信や余裕につながるのです。

時間管理を怠らない

いつも時間に余裕をもった行動をしている人でも、なにも努力していないわけではありません。 いつだって、物事の優先順位づけをしたうえで、かかる時間をできるだけ正確に予測。 余裕のある人は、このような時間管理を怠りません。 ただし、時間管理は、あくまでも余裕をもった行動をするための手段です。 ”スケジュール通りにまわす”ことが目的ではないため、時間に神経質、という人とは異なります。 想定外のことがおきてスケジュールが狂ったときには、優先順位にもとづいて調整をする。 余裕のある人は、そういった臨機応変な対応を、自然に行っているのです。

自分に良い影響をを与えてくれる人と付き合う

余裕のある人は、自分に良い影響を与えてくれる人との関係を大切にしています。 「こういう人になりたい」と思える人や、自分自身を肯定してくれる人に囲まれて過ごすと、それだけでエネルギーがわいてきますよね。 逆に周りに、何を言っても否定的な言葉を返してくる人や、マイナス思考な人がいたらどうでしょうか? いくら余裕があっても、嫌な気持ちになったり、暗い気持ちになってしまったりするかもしれません。 余裕のある人は、そのような自分に悪影響を及ぼす人間関係を、上手に避けています。 自分の心に余裕がある状態を、うまく保っているのですね。

人脈を広げる

余裕のある人は、人脈が広がる場には積極的に参加します。 自分に自信が持てているので、時間的にはもちろん精神的にも、新しく知りあいを作る余裕があるのです。 でも、起業家でもないのに、わざわざ人脈を広げる必要はあるの?と思うかもしれません。 もちろん、時には嫌な思いをしたり、価値観のあわない人と出会うこともあるでしょう。 しかし、余裕のある人は、どのような人との出会いでもプラスに変えることができます。 余裕のある人にとって、新しい人と出会うことは、新たな視点や考え方と出会うこと。 人脈を広げることで、自分の想像力や選択肢の幅を増やせる、と考えているのです。

上司や会社を有効活用する

仕事でなにか実現したいことがあるとき、自分の力だけではうまくいかない・時間がかかるだろうなと予想されることもありますよね。 余裕のある人は、視野を広くもつ習慣を持っています。 常に最悪のケースをイメージしたり、さまざまなパターンを想定したりしているため、ゴールから逆算して道筋をたてることが得意なのです。 なにか仕事上で困難があったとき、上司や会社を有効活用することが最善であれば、うまくSOSをだします。 こういうと、ずるい響きに聞こえるかもしれません。 ですが、上司や会社に頼ることができるのは、日々信頼を積み重ねているからこそ。 余裕がある行動をしている人の特権ともいえるのです。

目的から逆算して考える

余裕のある人は、自分の目標がはっきりしている人、とお伝えしました。 そんな人は、計画を立てるのが上手です。 はっきりとした目標を持っていると、行動に目的ができます。 もし、目的がないままぼんやりと過ごしていたら 「なんのためにやっていることなのか?」 「これは今必要なことなのか?」 このような、素朴な疑問を持つことすらできず、ムダな行動が多くなってしまうことでしょう。 時間の管理も、やるべきことの取捨選択も、すべて軸をもって判断しています。 ぶれない目標があるからこそ、目的がうまれ、行動を逆算することができるのです。

考える時間を作る

”考える時間”について意識をしてみたことがありますか? どんな人でも、日々、何が最善かを考えながら決断をしているでしょう。 でも、”考える時間”を意識して、わざわざ確保している人は少ないのではないでしょうか。 余裕のある人にとっては、”考える時間”も予定の1つ。 仕事でも自分のことでも、十分に考える時間が確保できなければ、正しい判断や決断ができなくなるからです。 仕事ばかりの日々でも、自分のために”考える時間”を確保すること。 また、1つ1つの時間管理をするにも”考える時間”を考慮すること。 そうすることで、時間全体をより充実させることができ、余裕がうまれるのです。

周囲の環境を整理する

余裕のある人の家やデスクの上は、整理整頓されています。 物にあふれている、散らかった環境では、落ちついて物事を考えることはできません。 逆に、整理されていないところで過ごすとどういうことが起こるでしょうか? なにをどこに置いてあるかわからなくなり、なにかをするにもまずは探しものから、なんてことになりかねません。 時間管理を徹底している人にとって、そのような時間のロスは致命的。 余裕のある人は”片付け”や”掃除”の時間も予定としてスケジュールに組みこんでいます。 そうすることで、いつも整った環境で過ごすことができるのです。

自分にとってメリットのある集まりを絞る

余裕のある人は、余裕のある自分を保つための努力をしています。 自分にとってマイナスになるような人とのかかわりは極力避け、自分にプラスとなるかかわりを大切にします。 本当は行きたくないけど、付きあいで仕方なく参加するような会は、心身ともに疲弊します。 余裕のある人は目的意識が強い人なので、目的にそわないと判断できるものに対してはNOと断ることができるのです。 限られた時間と体力のなかで、自分を保ちつづけるための秘訣といえるでしょう。 それでも、日々周囲への気遣いを忘れずに過ごしているため、嫌な人だなと思われることはありません。

まとめ

いつも余裕を感じる人の特徴や習慣などについて紹介しました。 余裕のある人も、特別な人、というわけではありません。 「余裕のある自分でいる」ということ自体が目的となって、そのための行動をしているんですね。 余裕のある人は、周囲に安心感をあたえることができます。 余裕のなさから、ムダな人間関係のトラブルを招いてしまうということもありません。 また、時間的にも精神的にも余裕が出てくると、自分のために使える時間が増え、見えなかった世界が広がるはず。 少しずつでも余裕のある時間が増やせるよう、参考にしてみてくださいね。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧