恋に依存してしまうあなたへ!目を覚まして本当の幸せを手に入れよう

好きな人のことで頭がいっぱいになってしまったり、いつも恋愛でボロボロになってしまう…「私って恋愛に依存しているの?」とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は、恋愛に依存してしまう人の特徴や克服する方法などについて解説します!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 恋に依存してしまうあなたへ!目を覚まして本当の幸せを手に入れよう
恋愛は人によって様々。 ・全然出会いがない...運命の人はいつ現れるの? ・将来はどうなるの..?家と職場の往復ばかり。 ・失恋辛い...次の彼氏はいつできる? ・彼氏ができなすぎて不安... ・彼は本当に運命の人? 恋愛では誰しもが悩むもの。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうするのがベストなのか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの恋愛傾向や性質、相性の良い男性の特徴なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

どうして、恋や恋人に依存してしまうの?

こんにちは!MIRROR PRESS編集部です。 恋愛は楽しく、たくさんの実りがあります。 パートナーに対するいたわりの気持ちや、分かち合いの積み重ねがより良い関係を築きますよね。 ですが度を過ぎて相手に依存してしまった場合は、どのような弊害をもたらすのでしょうか? 今回は、恋愛依存症について、詳しくお伝えしたいと思います。

恋愛依存症は恋愛好き、恋愛体質とは違うのです

そもそも恋愛依存症とは、どういうものなのでしょうか? 恋愛依存症というと、「恋愛体質」なんてイメージを持つ人も多いのでは。 しかし、恋愛依存症と恋愛体質は異なります。 一般的に「恋愛体質」とは、常に恋愛をしていないと気が済まない状態を指します。 恋多き女性などがそうですね。 それに対して、「恋愛依存症」とは、恋愛そのものや交際相手に執着してしまうことです。 自分のしなければいけないことが手につけられなくなり、生活に支障が出るような状態。 恋愛依存症といっても、いくつかタイプがありますので、これから一つずつ説明していきます。

共依存

共依存とは、お互いに過剰に依存し合う状態です。 相手に執拗な世話を焼いたり、かまってほしくて必死になることで、自分の存在価値を見出します。 また、相手も執拗に求められることで、自分の存在価値を見出す…といった関係性です。 お互いが同じ症状を持っているので、両者円満なのではと思いますよね。 ですが依存する相手が去ると別な依存先のパートナーを探すので、お互い特定の相手に執着(固執)している訳ではないのです。

依存回避

依存回避とは、人と深く関わることをおそれ、避ける状態のこと。 恋愛においては、パーソナルスペースに相手が侵入してこないように逃げてしまうのです。 付き合っているにも関わらず、恋の駆け引きをしているような状態で、相手に追われることで、自分の存在価値を見出そうとする傾向があります。

恋に依存してしまいがちな女子の特徴

では、恋に依存しがしな女性とは、どういう特徴を持っているのでしょうか? 次に3つの特徴を挙げていきますが、誰でも多少の要素を持っているものばかりです。 その特徴が、少し多めに出ているようであれば、恋愛依存症になりやすいと考えられます。

自分に自信がない

自分に自信がなく、自己肯定感の低い人は、恋に依存しやすいと言えます。 「どうせ自分なんて」とネガティブに考えてしまうため、恋人ができると、相手に執着することで自分の存在価値を見出そうとするのです。 では何故そこまで自分に自信を持てないのでしょうか? それには育ってきた家庭環境が関係していることが多いようです。 たとえば、幼少期に両親からの関心・愛情を得られない場合、それが幼心に自分のせいだと思ってしまいます。 そうしたことから、「自分が何か与えることで価値がある」と考えたり、自分を肯定してくれる恋人に依存しがちになってしまうのでしょう。

控えめな性格

控えめなことは、一見協調性があったり、謙虚だったりと長所としても考えられます。 しかし、いつも周りの意見に流されて、自分の意見がないタイプの控えめな人は、注意が必要です。 優柔不断なため、恋人が意見を述べれば「彼氏が言うなら間違いない」「彼の言うことがすべて正しい」と思い込み、恋人に依存していく可能性があります。 何でもイエスと答える彼女のことを、彼氏も徐々に都合の良い女と思うようになる場合も。
無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

寂しがりや

ひとりで居ることに強い不安や恐怖感がある寂しがりやなタイプも、恋に依存しやすいです。 「彼氏に振られたくない」「こんなことを言ったら嫌われてしまうかもしれない」と不安を感じて、相手に依存してしまうのです。 寂しがりやになる原因としては、幼少期に両親から十分な愛情を感じられなかった場合があります。 また、過去の恋愛にトラウマを抱えているといったタイプにもよくあるケースです。

これって恋愛依存?要注意な兆候とは

ここからは、恋愛依存症の兆候と思われる要注意な言動を紹介します。 ご自分の中になにか当てはまるものがあったら、恋愛依存度が高くないかどうか確認してみてください。

なんでも彼に合わせようとする、彼中心の生活

仕事・家族・友達・趣味など、自分にまつわるすべての予定を後回しにしている状況でしたら要注意です。 家族や友達もあなたにとって大切な存在のはず。 にも関わらず、それらのことは二の次で、彼氏を中心にしてしまっているのであれば、それは恋愛に依存していると考えられます。 そんなときは、恋愛がうまくいかなくなった時のリスクについて考えてみましょう。 生活のリズムを立て直すのは大変ですし、後回しにしていたことで時には失うものもあります。 恋愛中も家族や友達、趣味の時間を大切にしておくことで、たとえ恋人と別れたとしても、メンタルのバランスを保つことができます。

少しでも連絡がないと不安、見捨てられるのではないかと不安

彼に突然見捨てられるのではないか... そんな未だ起こっていない不安におびえ、強い不安感や無力感はありませんか? 彼から連絡がないと、不安で何も手につかなくなる… そんな状態は、恋愛依存症の兆候かもしれません。 特に相手から優しく接してもらっても、捨てられるという被害妄想が出ているのなら要注意です。

いつでも彼の顔色を伺ってしまう

どんなときも彼の顔色を伺ってしまったり、彼の判断に従うのであれば、恋愛依存症の可能性があります。 「彼に嫌われたくない」という思いから、彼の意見に合わせるようになり、自分で考えることがない状態。 はたから見れば、彼に洗脳されている状態かもしれません。 本当に信頼し合っているのであれば、意見が異なったからといって彼に捨てられるなんてことはありません。 「彼に合わせなきゃ嫌われるかも」「彼の意見が正しい」など、思っているようであれば要注意です。

世話焼き過ぎる

独りよがりで過剰な世話をやくのは要注意です。 彼に頼まれたわけでもないのに、ご飯を作ったり、掃除をしたり、洗濯をしたり…。 一生懸命尽くすことで、自己肯定感を満たしているのかもしれません。 相手の役に立つことで自己の存在意義を見出そうとし、「相手に必要とされる自分」という既成事実を作って、揺るぎない安心感を得たいのですね。 でもそれは恋愛依存の兆候でしょう。 最初のうちは重宝がられるでしょうが、徐々にうっとおしがられてしまうでしょう。

プレゼントが高額になっていく

モノやお金で相手の気を引かなければならない? 相手が望んでもいないのに、高額のモノをプレゼントしているのなら、恋愛依存症の兆候ではないでしょうか。 「彼に嫌われたらどうしよう」という強迫観念にかられ、高額なプレゼントをすることで、相手の気を引こうとしてしまうのです。 分不相応なお金をつぎ込んでしまうのは、危険なシグナルです。

「彼さえいればいい!」と思い込む

彼さえいればいい...大恋愛を思わせるワードですね。 しかし家族や友達をはじめ、あらゆることがどうでも良いと思うのは、要注意。 誰にでも優先順位があるものですが、度が過ぎた彼氏中心な考え方は、恋愛依存と言えます。

周りからの「別れたら?」アドバイスが聞こえない

あなたのことを心配してくれる友人が「別れたら?」と言っても、「簡単に言わないで、余計なお世話!」となるかもしれません。 ですが、親しい友達のアドバイスにも耳を傾けられない場合は、恋愛依存症の可能性があります。 彼中心となるあまり、他の人の意見を受け入れられないほど、視野が狭くなってきているのです。

喧嘩と体の関係を繰り返す

恋に依存していると、ケンカも多くあります。 そして、仲直りとして肉体関係を重ねる傾向があります。 話し合うことで、ケンカの原因を根本的に解決するのではなく、セックスをすることで「私たちやっぱり離れられないよね」となあなあになって関係を続けてしまうのです。

なぜ恋愛依存になってしまうの?

では恋愛依存症のキッカケについて解説していきます。 恋愛依存症は、幼少期に抱いたトラウマが強く関係しているようです。 一体どんなトラウマがあるのでしょうか?

両親からの愛情を感じられずに育った

両親から十分な愛情を感じられず育ったことがトラウマとなる場合があります。 具体的には以下のようなパターンです。 ・親の行き過ぎた行為(暴力)なのに「自分が悪い子だから殴られたんだ」などと勘違いしてまい、それによって自己肯定感が育まれなかった。 ・親にとって都合の悪いことを全てうまく丸め込まれ「わがままを言うな」とねじ伏せられた。 ・分け隔てなく接することの出来ない両親に関心を持たれず、放置された。 このような辛い経験により「自分に非があるから、愛されなかったのだ」と屈折した愛情の考え方を持ちます。 大人になっても枯渇したままの心を癒せずにいるのでしょう。 だからこそ恋愛に依存して、相手に有り余る愛情で埋めてもらいたいのです。

親からの期待やプレッシャーが大きかった

親の期待やプレッシャーが大きかった場合も、恋愛依存症となることがあります。 たとえば、自分の成し得なかったサクセスストーリーをわが子に託し、それにより子供が過度の負担を感じてしまった場合など。 親の考えを押し付けられて、意思決定を許されなかったら? 自分で人生を開拓したことのない大人になり、他人に依存しなければならないような状況へ追い込まれてしまうでしょう。 何も自分で決められないのは、決める事を許されなかったからです。 その結果、恋愛相手にも何事も決めてもらわないと生きられないと考えるのでしょう。

あまり褒められなかった

どんなに頑張っても両親が「褒めない」子育てをしてしまったら、自分に対し肯定感が育まれません。 また、「テストで良い点数をとったときだけ褒められる」というようなパターンも、「何かいいことをしないと自分は意味がない」と思う可能性があるため、自己肯定感が育ちにくいでしょう。 これらが要因となり、恋愛相手から認めてもらうことや心の安らぎを渇望してしまうのでしょう。

恋愛依存をなくして、幸せな恋愛を手に入れよう!

前項でお伝えした幼少期のトラウマが原因なのだとしたら、ぜひ克服して幸せな恋愛を手に入れたいですよね。 そこで、恋愛依存症を克服する方法を紹介します。 まずは自分ができそうだと思うことから始めてみましょう。

トラウマかも?過去の自分を改めて分析する

自分の幼少時代にトラウマがあると思う人は、どんな幼少期を過ごしてきたのかを、箇条書きにしてみてはいかがでしょうか? そしてそれらによって自分がどんな感情を抱き、行動しているのか分析してみてください。 例えば先述した「愛情に飢えている」「自分で考えて行動出来ない」「ひとりが不安」などです。 これらが当てはまれば、トラウマを抱いているのだと自覚しなければならないでしょう。 過去と向き合うことは辛いでしょうが、自分を客観的に理解する機会となるはずです。

新しいことに挑戦、好きなことをしてみる

新しいことや好きなことに挑戦してみましょう。 恋愛以外のことに没頭することで、バランスがうまく取れるようになるかもしれません。 また、そこでさまざまな人と出会うことで自分の視野も広がるでしょう。 そうすれば、恋愛のほかにも、楽しいことや充実した時間を過ごすことができます。 そうして恋愛と切り離せる時間を少しづつ作ってみてくださいね。 その新しい経験から、これからの恋愛に対する意識や向き合い方も変わると思いますよ!

打ち込める趣味などを見つける

打ち込める趣味を見つけるのもおすすめです。 外に出なくても、お香や音楽でも、自分一人で楽しめることでもOKです。 これらは、一人でいる時間を有効に使うことの訓練にもなりますよ。 一人で楽しむ時間を作ることができれば、彼氏だってきっと安心してくれます。

体を動かしてみる

身体を動かして気分転換をしてみませんか? 身体を動かすことで、恋愛をはじめ余計なことを考えないで済みます。 汗をかけば、リフレッシュもできます。 おすすめは、ヨガ。 静かに瞑想に浸れますよ。 そうして心身ともにリラクゼーションしながら、充実した時間を作ってみてくださいね!

同性の友達と過ごす時間を増やしてみる

同性の友達との、楽しいひとときを過ごしてみましょう。 彼氏といなくても、友達と一緒なら盛り上がれそうですよね。 そして恋愛の話で盛り上がってみませんか? 同性の友達が、恋愛に対してどんな向き合い方をしているのかを知るチャンスですよ。 恋愛相談に乗ってもらうのもよさそうです。

完璧な人間がいないことを知る、相手に押し付けない

完璧を求めすぎると、逆に物事がうまく進まなかったりしますよね。 相手に「こうするべき」と求めると、相手もプレッシャーを感じて疲れてしまいます。 あなただって完璧でないように、完璧な人間なんていません。 完璧にこだわらないで、少しくらい「まぁいっか」というゆとりを持ちましょう。

信頼が大切なことを知る

よりよい恋愛関係とは、お互いが信頼しあえる関係ではないでしょうか? 相手を信頼できない人の多くは、自分を信じることができない…という場合が多いものです。 そこで、まずは自分自身を信頼するために、自分の頑張りをほめてあげる習慣を作ってみてはいかがですか? たとえ小さな努力にでも、自分自身が味方になってあげてくださいね。 自己肯定感が高まると、彼のことも少しずつ信頼できるようになってくるはず。 そうすれば、自然と彼もあなたに信頼を寄せ、関係が良好になってくるでしょう。

スマホとの付き合い方を考える

常にスマホが手放せない!という人は、注意です。 確かにスマホがあれば彼にいつでも連絡することができ、安心できますよね。 その一方で、連絡が遅いと必要以上に不安になることもありませんか? 連絡が遅いと、イライラしたり、不安になったり…あなたが疲れてしまいます。 「スマホがあるとどうしても気になってしまう」のであれば、1日のうち30分でも1時間でもいいのでスマホを触らない時間を設けてみましょう。

【まとめ】彼氏がいなくても大丈夫になれるよう、相手との距離感も考えよう

恋愛に依存してしまいがちな人のために、依存しない方法などをお伝えしましたが、いかがでしたか? あなたにとって一番良い方法を見つけ、恋愛に縛られることのない充実した生活を送ってくださいね。 そして、恋愛に依存してしまう原因がトラウマだという場合は、そうした過去に向き合ってみるのも良いでしょう。 今回の記事を参考にして、彼と信頼関係を築き、お互いを尊重できるような恋愛ができるといいですね!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧