尽くす女性に対する男性の本音とは?男性に好かれる尽くし方を徹底解説!

好きな人には尽くしてしまうものですよね。 ただし、あまりに尽くしすぎてしまうのは、男性からうざがられて別れの原因にもなってしまいます。 では、どの程度まで尽くすとやりすぎなのでしょう。今回は実際に尽くされる男性の本音を徹底解説します。どうせ尽くしてしまうのなら、男性に好かれる尽くし方のできる女性を目指しましょう!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 尽くす女性に対する男性の本音とは?男性に好かれる尽くし方を徹底解説!
カップルの恋愛の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い? ・彼は結婚する気ある? ・別れそうで辛い... ・もしかして...彼は浮気してる? そういった彼氏さんとの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

相手に尽くしすぎる恋愛はダメなの?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 好きな男性に対してはとことん尽くしたいものですよね! しかし、尽くしすぎて失敗してしまうケースも多々あることは皆さんご存知なのでは?。 尽くしすぎな女性にたいする男性の本音と、好かれる尽くし方を紹介していきます。

尽くしすぎてしまう女性の例とは?男性が離れていく女性はこんな人!

では尽くしすぎてしまう女性とはどんな特徴があるのでしょうか? 好きな人に尽くすのは当然のこと、と思うのが普通ですが、時と場合によっては男性が離れていってしまうケースもあるようです。 好きな人とはできる限り関係を続けたいものですよね。 尽くしすぎな女性の特徴を紹介していきますので、ご自身にも該当してるかどうかを判断してみてください。

彼の要望をすべて受け入れてしまう

男性の要望を全て受け入れてしまう女性というのは男性が離れていってしまう可能性があります。 例えば、欲しがるものを何でも買ってあげたり、彼が合コンに行くのも、女友達と遊びに行くのも受け入れてしまったりしてしまうことです。 あなたも覚えがありませんか? 彼に嫌われたくない思いから、要望やわがままをすべて受け入れてあげていると、男性は彼女にたいして好きという感情が薄れてきて、利用するといった感情が芽生え始めてしまいます。 自分の思う通りになるあなたがいることが当たり前になってしまうと、新しく自分の思い通りにならない女性に出会ってしまった時、その女性が強く印象に残ってしまい、彼はあなたの頭の中から薄れていってしまうのです。 つまり、浮気される可能性が非常に高くなるのです。 だって、なんでも受け入れてくれるのであれば、浮気だって受け入れてくれると思われても仕方ありませんよね?

彼に言われる前に身の回りの世話を焼きたがる

お世話をしたくなるというのも、好きであればとっても理解できる行動ですが、尽くし方によっては気をつけたい点です。 親子関係をイメージしていただけると分かりやすいかもしれませんが、要は母親のように思われてしまいかねないということです。 付き合いたてであれば、気が利くいい子だと思いますが、それがずっと続いてしまうようだと、お節介だな=うざいな=放っておいてくれよと思われてしまう可能性があります。 放っておいてくれよと思われたら、もうあなたにたいして「好き」という感情は無いに等しいですよね。 お世話をしたくなる気持ちは分かりますが、何でもやりすぎず、ほどほどにするのがいいバランスかもしれませんね。

彼のためにしてあげている自分が好き

よく「彼のためなら何でもできる」「彼がいれば何もいらない」などと彼に夢中になってしまう女性がいますが、あまりにもその欲が強すぎると、重いと思われてしまい男性が離れていく原因になりかねません。 男性としても、自分を最優先にしてくれることはこれ以上ない嬉しいことですが、その表現が強すぎるとしんどくなってしまうのも事実。 彼のためにしてあげてる自分が好きなのは悪いことではないですが、適度な距離感を保つことも関係を続ける秘訣ですので気を付けたいところです。

尽くしすぎてしまう女性の3つの心理。結局は自分のため?

尽くしすぎてしまう女性の例を紹介してきましが、あなたにも覚えはありましたか? 彼がどんなに大好きでも、程よい距離感を保ち、何でもしてあげることはやめましょう。 突き放すこともときには大事です。 しっかりと意識していないと、男性に尽くしすぎてしまう女性は多いです。 そんな尽くしすぎてしまう女性とはどういう心理で行動しているのでしょうか? 尽くしすぎてしまう女性の心理を3つあげてみました。 ご自身と比べてみてください。 もしかしたら、当てはまる項目があるかもしれません…ひとつでも当てはまっているなら気を付けたいところです。

①誰かに必要とされていたい

誰かに必要とされたいという欲は正直誰しもが持っている欲だと思います。 特に、過去にあまり人から必要とされた経験がないと、いざ彼氏ができたときにはその気持ちが人一倍強く出る可能性があります。 恋人として選んでくれた時点で、彼は自分を必要としてくれている存在です。 だから、自分もできる限り彼に尽くしたい。 そういった欲が強く出てきます。 必要とされたい欲や気持ちが強いだけなら大丈夫ですが、それが過剰な愛情表現に繋がってしまうと、相手はその愛情と同じものを返さなくてはいけないのかと苦しくなってしまい、せっかくできた恋人との関係が崩れてしまう可能性もあります。 やはりある程度の距離感は大事なのです。

②独占欲が強すぎる

独占欲が強い人は言いかえれば、ものすごく尽くしてくれる優しい人です。 しかし、独占欲が強すぎる人は世間的にも敬遠されがちですよね。 なぜなら、誰もが自分ひとりの時間はある程度確保したいと思っているからです。 それに、男性は元々ひとりの時間が女性より好きだともされています。 しかし独占欲が強い恋人だと、その時間が大幅に削られてしまい、さらには行動の制限もされてしまいます。 自由がなくなれば、ストレスは増えてしまいますよね。 また、独占欲が強い人は「不安」という心理が強く働いているので、相手を信用してなかったり、自分に自信がなかったりすると、自分を安心させるために相手に対して尽くしすぎてしまうのです。 自由な時間を制限され、さらに相手の勝手な心情で、望んでもいないことを尽くされるとなると…彼女と離れたいと思うのは当然かもしれません。

③自分に自信がないから嫌われたくないという思いが強い

無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

自信がない=不安に思ってしまう意味では、独占欲が強い人と似ている部分がありますが、その不安が独占欲ではなく、本音を言えなかったり、自分の要求を素直に伝えられなかったりする人がこれに該当します。 好きな人から嫌われたくないという気持ちは誰もが持ってる当たり前の気持ちですが、自分の本当の気持ちを抑えて相手に合わせるというのは、たとえ好きな人であってもストレスになります。 嫌われたくないから尽くしていたのに、それが嫌われる原因になっていた…なんて本末転倒すぎますよね。 大切な人ほど本音で話し合うことが大切ですので、嫌われたくない思いが強い人はこの点を注意する必要があります。

男性に聞いてみた!尽くす女性をどう思う?

では、男性は尽くす女性のことを実際どう思っているのでしょうか? どういう行動はやりすぎで、どういう行動は嬉しいのか? 尽くしすぎの際どいラインを紹介していきます。 尽くしすぎが良くないのは確かですが、尽くされて嬉しくないと思う人も少ないですよね。 男性は基本的に女性から何かをされるのは嬉しいと感じますから、どの程度尽くしてしまうとやりすぎとなってしまうのかを参考にしてみてください。

忙しいときに家のことをやってくれるのは嬉しい

「昔ながらかもしれないけど、奥さんが家事を一通りこなしてくれるのはやっぱり助かる」(40歳・営業) 「お互い仕事してるのに、家では家事を全般やってくれて頭が上がらない」(31歳・サービス業) やはり家事を一通りしてくれるのは非常に嬉しいようですね。 男性が仕事で家計を支えて、女性が家の管理をするという昔ながらの風潮が男性にはまだ残ってるようです。 女性も同じですが、自分が忙しいときに家事をしてくれるのは本当に助かりますよね。 恋人の段階から将来を見据えるときのひとつの判断基準ににもなっているようです。

全て肯定されると自分の意見がない人なのかなと思っちゃう

「何か意見を求めても、あなたの意見に賛同するよしか言われないと、どうでも良いの?って思ってしまう」(24歳・公務員) 「自分の考えを肯定してくれるのは嬉しいけど、全て肯定だと本当に思ってる?って疑ってしまう」(29歳・美容師) 男性の意見としては、肯定されること自体は嫌ではないが、肯定ばかりだと自分の意見はないの?と思ってしまうようです。 コミュニケーションはとても大事なので、ときには意見交換も必要です。 それでも相手に合わせてしまって自分の意見を伏せたりすると、男性側は無理して合わせてる?とか自分の意見はないの?と疑いを持ち始めてしまいます。 心から肯定しているのならよいですが、嘘をついてまであわせようとすると、それは相手にも伝わってしまうのでやめましょう。

いつも断らないから都合よく利用してしまう

「何でも受け入れてくれるからダメと思いつつも何でもやってもらっちゃう」(26歳・営業) 「何かと利用してしまい、恋愛感情がなくなる」(22歳・サービス業) 「ただの都合のいい人で終わる」(30歳・美容師) 意見の中にもあるようにに、断らない人というのは利用されて終わるケースが多いです。 恋愛関係に発展するというよりかは、都合のいい人となります。 それに気づかずに相手に尽くしすぎてしまうと意思の疎通ができず、こちらの一方通行で終わってしまいます。 断る勇気が大切です。 ただ利用されるだけの存在で終わらないためにも、嫌だなと思うことは断りましょう。

母親みたいになって愛情がなくなった

「何でもやってくれる人は母親みたいで愛情ではなくなる」(24歳・サービス業) 「最初は頼りになるなと思ってたけど、頼りきってしまい愛情が薄れてしまった」(29歳・公務員) これも尽くしすぎてしまうが故のパターンといえますね。 付き合いたてであれば何でもやってくれるというのは嬉しいことですが、時が経てば甘えに走ってしまったり、母親みたいになってしまい、愛情が薄れてしまうことはあります。 男性からすると困ったときに何でもやってくれるのは母親の存在みたいに思うこともありますから、彼女が何でもやってしまうと母親と同じ扱いになりかねません。

恋愛に尽くしすぎてしまう女性から脱却する5つの方法

残念ながら、尽くしすぎてしまう女性は男性の恋愛対象から外れてしまうことがわかりましたね。 ここからは、そんな女性たちに尽くしすぎることへの脱却法を紹介します。 いきなり尽くすのをやめる!と意気込んでも続きませんし、関係が悪化する可能性もありますので、自分の時間を大切にしたり、相手に費やす時間を減らすといった工夫が必要です。 尽くすけど、尽くしすぎないバランスを整える参考にしてみてください。 読んでみて、これならできそうという項目からチャレンジして、尽くしすぎない女性になりましょう。

①自分の意見や意思をを大切にする

自分の意見というのは、本心です。 人間であれば誰かとすべての意見が全く同じになることなんてあり得ません。 あなたが意見をいわないでいるのは、「彼がうならそれでいいや」とどこかで妥協しているのを隠しているのです。 自分の意見をしっかり主張するだけで、彼にとってただ利用されるだけの存在ではなくなります。 更に、男性も自分の意見をしっかり持ってる人だと認識し、何かあっても話し合いができそうだと前向きに思ってくれます。 何事にも相手の意見を通すだけでなく、自分の意見も主張してみましょう。

②情報だけ伝えて選択は彼に任せる

尽くしすぎてしまう女性は情報も与え、さらには選択までもやってあげてしまいます。 それでは男性は彼女に頼りきってしまい、あまりいい関係とはいえません。 なので、情報だけを伝えて彼に選ばせるというやり方は効果的です。 例えば、食事に行く際にいくつか候補を挙げて、どこにするかは彼に決めてもらうなどするとコミニュケーションも取れますし、2人で決めた感じがしますよね。 もちろん逆に彼に候補を挙げてもらって自分が決めるというパターンでもいいと思います。 そうすることで対等な関係を構築できるのです。

③相手の状況を見ながら尽くすポイントを探る

相手の状況を見ながら尽くすポイントを探るというのも、ぜひ実行していただきたい項目です。 何でもかんでもやってあげるのではなく、彼がどういう状況なのかを判断して手助けをしてあげるというイメージです。 相手の状況を考えずに何もかもやってあげるというのは、相手が忙しかった場合などは逆に迷惑になってしまうこともあります。 彼をよく観察して今何をしてあげたら喜んでくれるかな?と考えるのがいいです。 そうすれば、彼も自分のことをよく見てくれてるなとか、よく考えてくれてるなというのが伝わり、彼もあなたのことを考えてくれるより良い関係になっていきます。 何でもやってあげるのではなく彼が必要としてることを探して、手伝うことがバランスの良い尽くし方といえます。

④相手を信じるのも「尽くす」の一つ

当たり前と言えば当たり前なんですが、相手のことを信用してあげましょう。 恋愛が長続きする秘訣は相手を信用することです。 何でもやってあげてしまうというのは、利用される場合もありますが、何もできない人って思われてるのかな?と男性側は不安になり、疑問を持ってしまう可能性もあります。 ある程度尽くされるのは嬉しいことですが、何から何まで世話人のようにされてしまうと、信用されてないと思われても仕方ありません。 彼を信用して任せるというのも大事なことなのです。

⑤見返りは求めない

恋愛における鉄則ともいえますが、見返りは求めてはいけません。 人間関係を構築する上でもよくいわれることですが、良い関係を作りたかったら常に「give」の姿勢でいることです。 いい彼であれば、求めなくても必ず見返りはきます。 1番ありがちなのが、「私がこれだけしてるんだから、返すのが当たり前でしょ?」と、自分がしてあげたことがそのまま返ってくると思ってしまうことです。 求めてはいけません。 じゃあ別に尽くさなくてもいいよ、などと思われてしまえば関係は終わってしまいますからね。 自分も好きで尽くしているのですから、見返りは必要ないはずです。

まとめ

いかがでしょうか? 彼といい関係を継続するためにはバランス良く尽くすのが理想といえます。 ぜひ参考にしてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い