<心の余裕の作り方9選>ゆとりのある生活を送るために

誰でも、イライラしてしまうことがあるでしょう。周りの雰囲気を、悪くしてしまうことも。心の余裕がないと、人間関係や効率の悪さが生み出されます。心の余裕がないのは、栄養が足りていない証拠。心にビタミンを与えるにはどうしたらいいか?、考えてみましょう!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > <心の余裕の作り方9選>ゆとりのある生活を送るために
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

心の余裕をつくる方法が知りたい

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 誰にでも、心の余裕がなくなる時はあるもの。 忙しさや人間関係のわずらわしさなど、原因については思い当たることがきっとあるでしょう。 でも、それが避けられない場合もあります。 そんな時に心の余裕をどうしたら生み出しやすいか?というのは、意外に気付きにくいものです。 それもまた、心の余裕を失くしている証拠…なのでしょう。 でもちょっとした気分転換で、心の余裕が少しでもできればありがたいですよね。 その方法を、今回は伝授。 明るい毎日を取り戻す、お手伝いをさせていただければと思います。 もちろん完全ではないですが、参考になることはあるはずです! では一緒に考えてみましょう♬

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\本来のあなたの幸せと笑顔を叶える//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

心に余裕がない人の特徴

心の余裕を失くした人の特徴は、まず何かにいら立っているように見えるところ。 何をそんなに焦っているのか?と思うほど、あわただしく動いているようにみえますが、周囲からすると効率の悪い行動をしている場合がほとんどです。 でも本人は気づいていません。 気付かないほど、余裕がないのです。 そのため普段ならしない失敗をして、またそのことにいら立ち余計に焦りを生む悪循環。 これを抜け出すのは、容易ではありません。 「そうなのか…」 読んでみて他人ごとのように思っていませんか? もしかしたら心の余裕を失くしているのは、あなた自身かもしれません。 ここからは心の余裕を失くしている人の特徴をわけて、具体的に挙げてきます。 もしハマっていることがあれば、心の余裕を失くしている危険があると思っていいでしょう。 ではまず、特徴をチェックしていきましょう!

いつも何かに焦っていてせかせかしている

いつも何かに焦っていてせかせかしているというのは、心の余裕を失くしている人のもっともわかりやすい特徴でしょう。 まだ時間的に、日数的に余裕があるのにあわただしく動き、周囲の人を急がせるような行動をしている人いませんか? 心の余裕がないために、早く結果を欲しがっているのです。 この心の余裕のなさが生まれるのは、自信がないため。 失敗するのではないか、ミスをしそうだ…そんな思いが焦りを生み、心の余裕を失くさせるのです。 またプライドが高く、自分のミスを認めたくないという思いもあるのでしょう。 完璧な人間などいないのですから、弱音を吐いてもいいのですが、それができないためにプレッシャーを自分に掛けてしまっているのですね。

ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言が多いのも、心の余裕がない人の特徴です。 上に書いた焦りを生む人とは性格的な違いがあり、自信のなさがそのまま出てしまっているのです。 そのため、手を付ける前から出来ないと決めつけ、でもやらなければならないから仕方がなく進めようとします。 ただ自信がないために、考えがまとまらず、結局効率の悪い進め方になってしまうのでしょう。 それによりまた自信を失くし、さらに進行が遅くなってしまいます。 こういうタイプの人は、周りのペースを必要以上に気にする人が多いでしょう。 周りに合わせないと、自分の能力が劣っていると思いがちなのですね。

自分1人でやろうとして頑張りすぎてしまう

自分1人でやろうとして頑張りすぎてしまうという人も、心の余裕がないといえます。 これは自分というよりも、周りの人を信用していないから生まれる心の余裕のなさです。 プライドが高く、出来る人のようですが、実は逆で、,b>責任を取ることを避けたいために、余裕を失うのでしょう。 結局、他人の失敗を許せないために、自分ひとりで何でも抱えてしまうことになります。 でも、どれだけ能力が高くても、ひとりでできることには限界があるでしょう。 人を信用できないということは、心から余裕を奪ってしまうのです。

時間にルーズだったり約束を破りがち

時間にルーズだったり約束を破りがちな人は、周囲に迷惑をかけてしまうタイプ。 自分で約束通りに行動できなかったり、時間にルーズなためにができません。 そのためにするべきことをやる時間が減り、心の余裕を失くしてしまうのです。 その影響は周囲にも伝わり、結局、迷惑をかけることになってしまうでしょう。 マイペースといえば聞こえはいいですが、社会人であれば時間や約束を守るのは当然のこと。 楽観的で追い詰められなければ行動を起こせない人に、こういうタイプが多くいます。

心の余裕があるってどういうこと?

心の余裕をもつ人は、自分が穏やかに日々を送れるだけでなく、周囲の気持ちも楽にさせてくれます。 そのためでしょう。 たとえ本人が目下であっても、困ると周囲から救いの手が差し伸べられます。 これも、人徳だといっていいでしょう。 では、心の余裕をもつ人は、他の人とどんな違いをもっているのか? ここからは、心の余裕をもつ人の特徴を具体的に挙げていきますね♬

言動に落ち着きがある

無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
言動に落ち着きがあるのは、心の余裕をもつ人の特徴です。 ただ、ゆっくり話すというわけではありません。 心の余裕をもっている人は、自分を客観視できるだけでなく周囲への目配りができています。 その中でどんな行動をすればいいか? そして誰を助けてあげればいいか?という優れた判断力をもっています。 言動に落ち着きが感じられるのは、話すことより聞き上手になっていることが多いでしょう。 相手の意見を聞いて、その上で自分の話もできるから、周りには余裕を感じさせるのです。 そういう人ですから、当然見た目は穏やかで話しやすい雰囲気をもっているでしょう。

いつも穏やかでニコニコしている

心の安定は、表情に出るものです。 心の余裕をもつ人は、いつも穏やかでニコニコしていることが多いでしょう。 もちろん楽しいことがあったという場合もありますが、そうではなくても笑みを浮かべているように見えます。 いつも笑顔でいるのだから、失敗やミスなどしないのだろう…と思うかもしれませんが、人である以上そんなわけはありません。 ただ失敗してもポジティブに考え、新たなチャレンジに対しても不安よりも好奇心をもつため、明るい表情に見えるのです。 好奇心やプラス思考は、心の栄養。 自分の心に栄養を与える秘訣を知っている人が、いつも穏やかでニコニコしている人なのです。

人に優しく思いやりがある

心の余裕をもつ人でなければ、人にやさしく思いやりを見せることはできません。 「どうしてやさしく出来るのか?」「なぜ思いやりをもてるのか?」といえば、それは周囲を客観的に見られるからです。 その場のノリではなく、しっかり空気を読むことができるため、周りの人たちの心理をクリアに見ることができるのです。 放っておいてほしいと思っている人には近づかない、これもひとつの思いやりでしょう。 ただ甘い言葉をかけているのでなく、相手が求めているものは何なのかをしっかり把握できるのは、心に余裕をもつ人にしかできないことです。

人の悪口や愚痴を言わない

心の余裕は、ある意味、強い人にしかもてないものです。 その強さとは打たれ強さや無神経とは違い、自分のことを差し置いても周りに気遣いができるもの。 一言でいえば、責任感から生まれてくる強さといってもいいでしょう。 周りのせいには決してしませんから、人の悪口や陰口に愚痴を言葉にすることはありません。 穏やかに見えても、実はこういう人を強い人というのでしょう。 見た目とはギャップがあり、人気があるのも特徴ですね♬

いつも身なりがきちんとしている

いつも身なりがきちんとしているのは、心の余裕がある人の外見上の特徴のひとつでしょう。 何もどんなときにもスーツをきっちり着こなしているというわけではありません。 その場にあった、清潔感のある服装をしているという意味です。 そういう人の特徴として見られるのが、靴がきれいだということ。 オシャレは靴からという言葉があります。 なかなか人が見ないところにこそ気を使うのが、本当のオシャレだという意味です。 どんなにいいものを着ていても、心の余裕がない人はどこかが崩れているもの。 髪型や上着だけでなく、靴やソックスなどなかなか目に入らないところからまで清潔感が伝わってくる身なりをしている人は、心の余裕をもっている人だといっていいでしょう。 それだけ、自分を客観的に見ることができているということですから♬

心に余裕がないのは、頑張りすぎてしまっているから

心の余裕がなくなってしまうのは、結果的にはひとりで頑張り過ぎているからなのです。 周囲とのコミュニケーションがしっかりとれていれば、協力を求めることはもちろん、救いの手も差し伸べられるでしょう。 周りの人たちのことを知り、能力がわかっていれば任せることもできるはずです。 失敗を怖れたり、責任から逃れたい気持ちが強ければ、プロセスよりも結果重視となりギスギスした人間関係になってしまいます。 結果、孤立することになり、ひとりで抱え込まざるを得ない状況となれば、心の余裕は生まれません。 鶏が先か卵が先かという話と同じで、結局は周りの人との良い関係を築くことが心の余裕を生み出すのでしょう。

心の余裕の作り方とは?今すぐできる9つのこと

では、具体的にどんな行動をとれば、心の余裕が生まれるのでしょう。 挙げて見れば意外に単純なことなのですが、忘れがちなことも多いはず。 「そんなことわかっている」と思わずに、参考にしてみてくださいね。 誰にでもできる簡単なことですから♪

1)早起きをするなど時間に余裕を持って行動する

早起きをするなど、時間に余裕を持って行動するというのは、誰にでもできる簡単なことです。 どんなに計画性をもって行動していても、アクシデントは起こるもの。 あまりにきっちり行動計画を立ててしまっていると、狂いが生じたときに焦りが生まれ心の余裕は消えてしまいます。 計画を立てるにも、少し余裕をもってつくってみましょう。 そこに余裕をもたせるには、たとえ30分でも早く起きて行動するのは一番シンプルで簡単な方法です。 もし時間が余れば、それこそ余裕が生まれプライベートを充実させることもできますよ♬

2)他人と比較せず自分の考えを信じる

他人と比較をし始めると、心の余裕はなくなっていきます。 それぞれ個性や能力は違い、ペースも独自のものです。 周りと同じである必要はありません。 周りと較べ始めると、「なんで自分だけ」「なぜ自分は出来ないのか」と、どうしてもネガティブ思考になってしまいます。 それは、主観から生まれるものです。 自分がどんな工夫をすればいいのか?という考えは、客観性から来るもの。 いい意味で自分の世界に浸るというのは、心の余裕をもつためには必要なことです。

3)ポジティブな発言を心がける

ポジティブな発言を心がけるのも、心の余裕を作り出すには大切なことです。 すべてを否定から入れば、どんどん視野や狭くなり窮屈な状況ができてしまいます。 逆に肯定していけば、たとえ失敗やミスであってもプラスに変えていくことができるでしょう。 「なぜ失敗したのか?」と考えるより「これをどう活かすか?」と見た方が、これからの行動は変わっていくはずです。 ネガティブな思考は、いつまでも付いて回り憂鬱な気分は睡眠不足さえ生み出しかねません。 体の疲れが取れなければ、心の余裕は生まれてこないでしょう。 悪循環に陥らないように、何事もポジティブに考えることです。 反省はしなければなりませんが、後悔は引きずらないようにしましょう。

4)スポーツをしたり趣味に没頭するなどストレスをうまく発散する

ひとつの世界しかもっていないと、気分転換は難しくなります。 そこでのミスをどうしても引きずってしまうからです。 そのためにも趣味や体を動かすスポーツ、観戦でも構わないので別の世界を持ちましょう。 自分の世界を広げていけば、人間関係も違ったものが作れて行くはずです。 周りの環境が変われば、当然、気持ちにも変化が表れるでしょう。 また好奇心を高めるのも、気持ちの向く方向を変える効果があります。 趣味やスポーツなどの自分にとっての娯楽は、心にとってサプリメントのようなものなのです。

5)たまには仕事を休んで好きなことをする

社会生活において、仕事は大切なことです。 やりがいや生活のためなどいろいろな理由はあっても、切り離すことはできません。 ただそれだけに、休むことを悪と考えがちなのでしょう。 しかし、心身共に疲れが溜まれば、効率は悪くなり能力を発揮しにくくなります。 周囲のペースから遅れることなど気にせず、休みを取ってストレスを解消しましょう。 そうすれば数日の遅れなど、戻った時にすぐ取り返せるはずです。

6)瞑想したり日記をつけたりなど今考えていることと向き合う

頭の中で考えていることというのは、意外にわかっているようで具体的にはつかんでいないことの方が多いのです。 それを明確にし、整理できるのが瞑想したり日記をつけたりすること。 頭の中の混乱は、心にも影響します。 現状や今後の自分の方向性をハッキリさせるために、定期的に整理をするのは大切なことです。 とくに日記は、忘れがちな人間にとって日々の記録によって思い出させる効果があります。 同じ失敗を繰り返せば、その事態を招いたときに思い出し心を重くするでしょう。 「書いた」というだけで、意外に人は安心して忘れないものです。 冷静さを取り戻すためにも、客観性をもつためにも日記や瞑想はおすすめの方法。 多く書く、時間をかける必要はありません。 自分のペースで、毎日続けることの方が重要なのです。

7)呼吸が浅くなっていると思ったら深呼吸

心の中に余裕がなくなっていくと、意外に呼吸が乱れていることがあります。 頭に酸素が行っていなければ、正常な判断はできません。 それを回避するにも、深呼吸をするのは大切なことです。 職場で行き詰まりを感じた時などは、一度廊下やエントランスに出て大きく伸びをし深呼吸をしてみましょう。 少しずつでも冷静さが戻ってくるはずです。 日常的にストレスで呼吸が乱れていると感じている人は、ヨガ教室へいくのもいいでしょう。

8)たまには人に頼ったり断る勇気を持つ

どんなに協調性をもつ人であっても、他人のペースで行動することはストレスになります。 たとえ親しい間柄であっても、をもちましょう。 それが、正常なコミュニケーションです。 そういう関係が作れれば、相手に頼むこともしやすくなります。 断ったから頼みにくいのではなく、正常なコミュニケーションができているからこそ助けを求めることができるのです。 うわべだけの付き合いでは、こういう関係は生まれません。 たとえビジネスパートナーであっても、ある程度の深い会話は不可欠。 それができていればいい人間関係ができあがり、お互いwinwinの交流が生まれるのです。

9)自然がある場所にでかけてリフレッシュする

自然がある場所は、リフレッシュに最適です。 とくに都会で働いている人にとっては、環境のギャップは心に刺激を与えます。 新たな行動を起こすときばかりではなく、心のガス抜きとしても自然は役立ってくれるはず。 絶え間なく打ち寄せる波のある海、同じ場所で季節ごとに色を変えていく山や木々。 そんな当たり前のように思える自然の景色も、心の状況で違うものに見えてくるものです。

まとめ

いかがでしたか? 心の余裕がなければ、自分の環境や状況が少しずつずれていき、やがてそれがトラブルのもととなります。 もちろんアクシデントやトラブルなど予想のできない状況に、見舞われることはあるでしょう。 ただ、だからこそ心の余裕は大事なのです。 生活スタイル、自分のペースなど変化をつけることで、心の余裕を生み出すことはできます。 諦めず、ネガティブ思考にならずに、取り組んでみましょう。 いきなり大きく変わらなくても、少しの変化が心に光を当ててくれるはずです。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧