将来はキャリアウーマン?でも結婚もしたい!働く女性の結婚のタイミング

仕事でキャリアを積みたいけど、結婚もしたい! そんな悩みを抱えて働く女性に、結婚のタイミングを指南します。 働く女性の先輩たちは、どんなタイミングで結婚したのか? 仕事と結婚のタイミングで揺れ動き、なかなか決断できない女性は必見です!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 結婚総合
  3. > 将来はキャリアウーマン?でも結婚もしたい!働く女性の結婚のタイミング
周りの結婚の焦りや年齢の焦り、親からのプレシャー。 とはいえ、どうすればいいの? 結婚について悩む方の中には彼氏がいる方もいない方もいらっしゃると思います。 結婚の悩みは人によって様々。 ・私はいつ結婚できるの?運命の人は現れる? ・この人で大丈夫?幸せになれる? ・彼は結婚する気がある? そういった結婚についての悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 結婚の時期やお相手だけではなく、あなたの恋愛傾向や性質も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

仕事も大事にしたい女性の結婚のタイミングとは?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 仕事も大切にしたい働く女性にとって、結婚のタイミングを決めるのは難しいことですよね。 みんながどのタイミングで結婚をしているのか徹底調査してみました。

仕事している女性に聞く!結婚のタイミングはいつだった?

キャリアウーマンを目指す女性にとって、仕事に大きな影響を及ぼす「結婚」は慎重になってしまう人が多いでしょう。 結婚して子供ができれば、今まで以上に仕事に打ち込むことが難しくなってしまいますよね。 家庭を疎かにすることで、夫婦関係に亀裂が入る可能性も考えられます。 仕事を大事にしている働く女性にとって、どのタイミングで結婚するのか正解なのか? まずは、実際に体験した人の意見をチェックしてみましょう。

彼が自分の仕事のことを理解してくれたとき

「子供よりも仕事でのキャリアを優先したい気持ちを伝え、それでも良いと言ってくれたので結婚する覚悟ができた」(28歳・外資) 「プロポーズを受けたときにちょうど仕事が忙しく、良い返事が出来なかったけど、落ち着くまで結婚を待ってくれた」(31歳・IT) 「年上の彼氏とつき合うようになってから、仕事が忙しいときも理解してくれるので、結婚してもやっていけるんじゃないかと思うようになった」(38歳・会社員) 働く女性が結婚をするのは、結婚相手となる男性に仕事への理解があるかどうかが重要なポイントです。 結婚後も仕事を優先させたい女性にとって、家族優先の結婚観がある男性との結婚は、不安が残ってしまうでしょう。

子供が欲しいと思ったタイミング

「昔は全く結婚や子供に興味がなかったけど、友達の子供をいいなって思うようになり、結婚願望が出てきた」(30歳・医療関係) 「職場で仕事と育児を両立しているママさんを見ていて、子供がいる人生も悪くないと思い始めた」(32歳・公務員) 「現実的に出産のタイムリミットが迫ってきて、やっぱり一人くらい自分の子供を生んでおきたいと思うようになったから」(38歳・会社員) 出産のタイムリミットという現実的な問題に直面すると、子供が欲しいと思い始める女性も多いようです。 また、周囲に仕事と育児を両立しているママがいる場合も、影響が大きいでしょう。

周囲が結婚しはじめたとき

「30過ぎたら友達が続々と結婚し始め、遊べる人が少なくなってしまったときに結婚を考え始めた」(31歳・出版) 「小さい頃からずっと仲良しだった親友が結婚して幸せそうな姿に影響を受けた」(35歳・会社員) 「年が近い従妹の中で私だけが未婚になってしまい、親や親戚から結婚のプレッシャーを感じるようになって結婚を覚悟した」(37歳・自営) これまで一緒に出掛けていた遊び友達がいなくなったり、親戚からの結婚のプレッシャーが強まると、結婚を考え始める人は多いです。 特に幸せな結婚をしている人がいると、その影響も大きくなるでしょう。

いつまで待てばいい?仕事している男性が結婚を考えるタイミング

女性が結婚をしたいと思っても、男性の方が結婚をなかなか考えてくれないというケースはよくあります。 仕事が忙しいのはわかるけど、出産のタイムリミットがある女性にとっては、「結婚をいつまで待てばいいの?」と不安になりますよね。 既に30代後半や40代の女性にとっては、相手に結婚する気がないのであれば、さっさと見切りをつけたいと考えている場合もあるでしょう。 仕事で忙しい男性が結婚したいと思うタイミングはいつなのか? 結婚のタイミングをつかめず悩んでいる人は、是非チェックしておきましょう。

仕事での将来設計ができたとき

一家の大黒柱として、妻子を養う男性にとって、結婚は「愛情」だけでは決められません。 仕事を一生続けていく自信ができたとき、男性が結婚するのに必要と考えている年収に到達したときなど、男性が「家族を養えそう」と感じたときが結婚のタイミングです。 そのため、今の仕事が嫌で転職を考えている男性や、将来設計がなかなか出来ない男性に、いくら女性が結婚を迫っても、なかなか男性からは良い返事を引き出せません。 「家族を養える!」という自信が男性に芽生えない限り、男性が結婚へ積極的になるのは難しいでしょう。

彼女を独占したいと思ったとき

異性にモテたり、かなりの労力をかけて手に入れた彼女の場合、男性は独占欲から結婚に対して積極的になる場合があります。 結婚をすることによって「浮気」の抑止効果を期待している男性もいるでしょう。 どちらかというと、男性が女性にベタ惚れしているケースによく見られます。 モテる女性は、破局しても「次」があるという余裕がありますよね。 そのため、自分から「結婚して!」と迫ることも少ないでしょう。 むしろ、いつも異性の影がちらつくため、「早く自分のものにしたい!」と感じる男性が少なくありません。 男性の独占欲を掻き立てるような、いわゆる「イイ女」は、男性に結婚を覚悟させる強い魅力があります。
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

周りの友人、同僚が結婚したとき

これまでずっと一緒に遊んでいた友人たちが、続々と結婚していくと、気軽に誘える人がいなくなってしまい、急に一人ぼっちになってしまったような気持ちになります。 どんなに結婚願望がない男性でも、遊び友達がいなくなってしまうのは寂しいことです。 そんなとき、周りの友人たちが結婚して幸せそうにしている姿を見ると、「結婚もいいな」と感じるようになるでしょう。 年を取れば取るほど、周りはどんどんと結婚していくため、孤独感が強くなる傾向があります。 「いつかは結婚したい」と思っている男性の場合は、周囲の影響を受けて結婚を決めるケースもあるでしょう。

子供ができたとき

子供が好きな人や、温かい家族像を持っている人にとっては、「デキ婚」もひとつのタイミングです。 好きな女性との子供であれば、一緒に育てていきたいと思う男性は少なくありません。 結婚のタイミングを逃してしまった交際期間の長いカップルにとっても、大きな後押しとなるでしょう。 ただし、子供が出来たら男性が必ずしも結婚するとは限りません。 特に経済力に自信がない男性の場合、デキ婚はプレッシャーが大きく、場合によっては別れのきっかけになる可能性もあります。 「子供ができたら逃げられた!」と傷つく女性も多いので、あまり期待をし過ぎるのも良くありません

共働きでもいいという彼女の意思が見えたとき

結婚したくないと考えている男性にとって、ネックになりやすいのが、女性の「専業主婦」願望です。 今の時代は、夫婦の片方だけに収入を依存するリスクを考え、経済的に余裕があっても「共働き」を希望している男性が増えています。 そんな慎重な男性にとって、共働きが嫌という女性は、結婚するメリットを感じにくくなるでしょう。 出産や育児で一定期間働けなくなることは仕方ないですが、子供が大きくなったら少しでも教育費や生活費を助けるために、共働きをしてほしいと考えている男性は少なくありません。 共働きを希望している男性の場合、女性側に家計を助ける姿勢が見えることで、結婚を考えるようになる場合があります。

親や周囲から結婚を急かされたとき

20代の頃は「結婚はまだ早い!」なんて言っていた親も、30代や40代になってくると「早く結婚しなさい!」と態度をガラリと変える場合がよくあります。 女性の場合は、アラサーで結婚ラッシュが起こりやすいですが、男性の場合は30代前半だと、まだまだ余裕に考えている人も多いですよね。 しかし、男性もアラフォーになってくると結婚相手を探すのが難しくなったり、子供も自閉症やダウン症の確率が上がってくるため、結婚を焦る人が増えてきます。 そんなとき、親や周囲から結婚を急かされて結婚を決めたというケースもよくあります。

経済的に余裕が出たタイミング

女性が共働きをしても、妊娠をすれば、出産や育児で働けなくなってしまう期間ができてしまいますよね。 そんなとき、女性の収入に頼らず男性のお給料だけで食べていけないと、結婚してから苦労することが目に見えています。 そのため、男性は結婚を決めるときに、女性よりも慎重に経済面を考えている人が多いです。 特に「無職」「アルバイト」「派遣」などの雇用形態で、年収が安定していない場合、なかなか結婚に踏み切ろうとしません。 男性が非正規雇用の場合は、まずは正社員へ就職することが結婚への第一歩につながるでしょう。

まとめ

仕事をしている人は、男性も女性も、結婚のタイミングを決めるのが難しいものです。 判断に迷った時には、以下の3つのタイミングを基準に考えてみましょう。 ・仕事への理解があると確認できたタイミング 共働きで生活していく上で、仕事に理解があり、家事や育児の分担などを含めて、本当に協力してくれる相手かどうかを見極めましょう。 ・子供ができた・欲しいと思ったタイミング 子供を授かったり、年齢的に出産できるリミットが迫っている場合は、結婚を先伸ばしすることが出来ない状態なので、二人でよく話し合って結論を出す必要があります。 ・経済的な余裕ができたタイミング 仕事が安定し、経済的にも家族を養える自信がついた頃なら、結婚を前向きに考えるのに良い時期です。 特に子供が欲しい女性の場合、万が一の「不妊治療」のことも考えないといけません。 40歳を過ぎてしまうと、不妊治療をしても流産してしまう可能性が高く、結果がついて来ない可能性もありますので、30代のうちに結婚を決心をすることをおすすめします。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧