『結婚前提のお付き合い』ってどんな交際?男女が考える結婚前提のお付き合い

「結婚前提に付き合ってください」と言われたら嬉しいですよね。でも結婚前提って一体何でしょうか?今回は「結婚前提のお付き合い」に関する男女の考え方やうまくいかずに別れてしまう原因、失敗しないために押さえるべきポイントをご紹介します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 結婚総合
  3. > 『結婚前提のお付き合い』ってどんな交際?男女が考える結婚前提のお付き合い
周りの結婚の焦りや年齢の焦り、親からのプレシャー。 とはいえ、どうすればいいの? 結婚について悩む方の中には彼氏がいる方もいない方もいらっしゃると思います。 結婚の悩みは人によって様々。 ・私はいつ結婚できるの?運命の人は現れる? ・この人で大丈夫?幸せになれる? ・彼は結婚する気がある? そういった結婚についての悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 結婚の時期やお相手だけではなく、あなたの恋愛傾向や性質も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

結婚を前提にしたお付き合いとは…

こんにちは!MIROR PRESS編集部です! 「結婚前提のお付き合いをしてください!」と言われたらとてもうれしいですよね。 そのまま結婚一直線…という気持ちになる人も多いはず。 しかし実際にはそうでありません。 結婚前提のお付き合いとは、お互いが結婚してもうまくやっていけるかどうかを考えるための「判断期間」。 この認識を理解していないと、せっかく結婚前提で始まったお付き合いもダメになってしまうかも…!? 今回は「結婚前提のお付き合い」に関する男女の考え方や、うまくいかずに別れてしまう原因、結婚前提のお付き合いだからこそ押さえるべきポイントをご紹介します。

男性が考える結婚前提のお付き合い

まずは男性が考える「結婚前提のお付き合い」についてです。 男性は結婚前提のお付き合いを、彼女と共に生活していくための「関係作り」や「基盤作り」の期間として捉えている人が多いようです。 では、結婚前提についての男性の考えをご紹介していきます。

相手の家族との交流がある

・お互いの家族と交流したい ・彼女側だけでもいいので、両親に交際の許可をもらっておきたい 結婚とは、二人だけでするものではなくお互いの家族が関わってくるもの。 結婚を視野に入れたお付き合いが始まった時点で彼女の両親に交際の挨拶をしに行ったり、自分の両親に会ってもらったりなど、互いの家族との交流を持ちたいと考えている男性が多いです。 特に結婚の際にハードルが高そうな女性側の両親には交際の許可をもらっておきたい、という気持ちが強いようです。 互いの家族を知っていれば、いざ結婚することになった時に抵抗なく進められるというメリットもあります。

お互いに頭の中に『結婚』の2文字がある

・常に「結婚」という文字が頭にある ・遊びや恋愛ではなく、結婚を考えて将来を見据えた付き合いをしている 結婚前提のお付き合いでは、お互いの頭の中に『結婚』という2文字がある状態です。 普通のお付き合いの場合だと付き合っている今現在が充実したものになるかどうかが重視されますが、結婚を前提としたお付き合いとなると、常に頭に思い浮かぶのは「この人との結婚生活」。 一緒に生活したり、家族になったりしたときの「将来のこと」を想定した付き合い方をします。

お互いの信頼関係がしっかりある

・信頼できる相手と結婚したいので、彼女との信頼関係を大切にしている ・付き合っている期間を通してお互いの信頼関係を作っておく 結婚すればこの先何十年と生活を共にしますから信頼関係が大切です。 単純に相手を信用するということだけでなく、何かあった時に話し合いができるか、問題に対して共に解決していくことができるか、相手に頼りきりでなく、ある程度自立した考えを持っているかなど「一緒に生活していく上での信頼関係」です。 信頼関係は簡単に構築できるものではないので、お付き合いをしている中でゆっくりとお互いへの信頼を深めていけるような関係を期待しています。

一緒に家庭を築いていけると思える人である

・一緒に家庭を築いていけると思えるかを交際期間で見ている ・気遣いができる面を見ていると、結婚しても安らげる家庭が築けそうだなと思う 物の扱いが雑だったりお金の使い方が荒かったりすると、ただのお付き合いならなんとか我慢はできますが結婚を視野に入れると難しいですよね。 結婚前提のお付き合いの期間を介して、価値観や考え方をすり合わせ「この人と一緒に家庭を築いていけると思えるかどうか」を判断しています。

女性が考える結婚前提のお付き合い

男性の結婚前提のお付き合いの考え方と、女性も大きく認識は変わりません。 しかし、女性はどちらかというと「結婚するための準備をするための期間」としての考え方が強く、判断期間というよりは、結婚という決まった未来に向けての準備期間といったイメージがあるようです。 では、具体的に女性の結婚前提の付き合いについての考え方を見ていきましょう。

結婚するための観察をする時間

無料!的中結婚占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたが結婚する時期、運命のお相手 2)出会いが無い現状は変わる? 3)今の彼氏と結婚して幸せになれる? 4)アプローチされてる相手は大丈夫? 5)親の反対。どうするべき? 6)再婚できる? 7)<男性向け>結婚する時期・婚期
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
・結婚を想定してありとあらゆる行動を観察している ・何か問題が起きたときにどう対応するかでその人の判断能力を見ている 結婚してから発覚するミスマッチは避けたいもの。 結婚前提でのお付き合いが始まったら「この人と結婚しても問題ないか」や「うまくやっていけるかどうか」を判断するために相手を観察する女性が多いです。 相手の性格や価値観を「結婚」と照らし合わせたり、結婚を想定して色んな行動を観察したり。 特にいざとなったときの決断力や困った時の対応能力などを重視する傾向にあります。

お互いの家族も含めたお付き合い

・どちらの両親にも会って、交際を公にして付き合う ・互いの家族を意識して、責任を持ったお付き合いをする 「結婚前提で付き合う」となったらはやい段階でお互いの両親への挨拶をするカップルがほとんど。 男性は「女性側だけでも挨拶しておきたい」と思っているのに対し、女性は「お互いの両親に挨拶しておきたい」と思っており、お互いの家と平等に関わっていきたいと考えていることに若干の違いがあるようですね。 家族と会うことでより結婚が現実的に捉えられるようになり、家族も含めた将来について考えられるようになります。 また、真剣な付き合いであるということをお互いに認識しあい、家族にも認めてもらうことで結婚への意識も高まります。

2人で将来設計ができている

・この先何十年も一緒にいることをイメージしながら付き合う ・お互いの将来設計を共有し、結婚後にズレがないようにする 結婚後に発覚して問題になるのが価値観や将来設定のズレ。 結婚を意識したお付き合いに進展したなら、今のうちに価値観や将来設定を共有し結婚後に困ることがないようにしておきたいものですよね。 例えば下記のようなことは事前に話し合っておいた方がいいでしょう。 ・子供の希望有無 ・仕事について(共働き・専業主婦) ・結婚後に住むところ ・親の今後(同居・介護) ・お金の管理 ・家事育児の分担 こういった話し合いを行うことで、そもそも話し合いができる人かや家庭に対して真剣に向き合ってくれる人かなどもわかります。

結婚準備のために同棲をする

・一度も一緒に生活してない状態での結婚は不安なので同棲をしておく ・同棲することでお互いの生活リズムや、クセを理解しておきたい 結婚して初めて一緒に住むようになると最初は色んな細かい違いがお互いにストレスになります。 実はまったく片付けをしないタイプだったり、逆に几帳面すぎて細かいタイプだったり、付き合っていた頃には想像もつかなかったような相手の一面を知ることがあると思います。 大概は一緒に時間をかけてお互いが居心地よく生活できるように折り合いをつけていくものですが、中には決定的に耐えられないものがあることもあります。 結婚前に同棲をして、結婚生活の練習をしたり、一緒に生活していくイメージを事前に作っておくと結婚後に喧嘩も少なく済みます。 これまで一人暮らしが長かった人は特に誰かと生活することに慣れていないので、結婚前に同棲しておきたいと思う人が多いようです。

結婚前提にお付き合いをしても別れてしまうことも…その原因とは

結婚前提のお付き合い=当然結婚できるもの…と思って油断してはいけません。 結婚前提のお付き合いは結婚の準備期間であり、本当にその人と結婚できるかどうかを判断する期間でもあります。 結婚を見据えて深く付き合うことで見えてきたことに対し、どうしても受け入れられずに別れてしまったり意見の折り合いがつかずに別れてしまったり…うまくいかないパターンもあるのです。 では、具体的に原因を見ていきましょう。

マリッジブルー

マリッジブルーとは、結婚を目の前にして、不安や焦り・後悔を感じて精神的に不安定になってしまうことです。 男女ともにマリッジブルーはあり、女性の場合、結婚によって住む土地が変わったり、仕事を変えなければならなかったり、出産や育児のことなどライフステージの変化に戸惑い「本当に結婚していいのか…」と悲しく思ったり、結婚準備に非協力的な男性を見て「この人とずっとやっていけるんだろうか」と不安になります。 男性の場合は、これまで好きに使えていたお金を家庭のために使うことや自由に遊びに出歩けなくなることに窮屈さを感じたり、結婚準備などでナーバスになっている女性から責められ「結婚なんてして幸せになれるのかな…」とネガティブな気持ちになり、最終的にお互い結婚が負担になり、別れを選んでしまうのです。

相手の両親と合わない

結婚は二人だけの問題ではなく、お互いの家族が関わってきます。 本人同士が好きで結婚したいと思っていても、相手の両親から反対を受けたり互いの家族の相性が悪く結婚の許可がもらえないということもあります。 特に相手の両親から反対を受けた際、相手が親の言いなりで自分を守ろうという姿勢が見えないと「この人は一生親の味方で、わたしの味方はしてくれない」と幻滅され結婚が破談になることも。

価値観の相違がある

価値観の相違や性格の不一致も別れてしまう原因のひとつ。 お金の使い方や物事の判断の仕方、優先順位のつけ方、細かいことを言えば出かける頻度や家での過ごし方まで普通のお付き合いなら我慢できたかもしれないことが、「結婚」を意識すると致命的な問題になることもあります。 お互いに折り合いをつけたり、譲り合ったり理解しあうことでうまく生活していけるカップルもいますが、やはり価値観の相違がお付き合い中に発覚した際はうまくいかなくなることの方が多いようですね。 特に、これからの生活に大きく関わるお金の使い方については男性も女性も互いに価値観を共有していたいという思いが強くなります。

結婚前提のお付き合いではココを押さえておくべし!

結婚前に相手のことを深く知ったり、必要な話し合いができるところが結婚前提で付き合うことのメリット。 しかし、結婚を意識して相手に向き合うからこそマリッジブルーになったり、価値観の相違を感じて破局してしまう可能性もあります。 これまでのお付き合いとはちょっと違う「結婚前提のお付き合い」。 無事結婚まで進むために押さえておくべきポイントをまとめました。

相手も同じ気持ちでいるのか

まず大切なのは、これが「結婚前提のお付き合い」であることをお互いの共通認識にしておくことです。 「時期になったら結婚もいいよね」「いつか結婚出来たらいいね」といった曖昧な表現では「結婚前提」とは言い切れません。 「じゃぁ早速両親に挨拶を!」と先を急いでしまうと相手がひいてしまったり、挨拶はしてくれたとしても状況に流されただけなので気持ちが追い付いていなかったり。 また、簡単に別れないようにするために「結婚前提」という言葉を使う人もいます。 今のお付き合いが結婚前提でどれくらい結婚を真剣に考えているかはやはり相手と十分に話し合って知るしかありません。 結婚についての話し合いを時々しながら、「本当に相手は結婚を意識してくれているのか」ということを確認するようにしましょう

相手の短所も知っておく

結婚すれば相手の長所よりも短所が見えてくる方が多いもの。 相手の短所や自分と違う部分を許容したり折り合いをつけたりしながら一緒に生活していくのが結婚です。 なので、結婚前提のお付き合いをしたらできるだけ短所を知っておくようにしましょう。 お付き合いのうちから知っておけばどんな結婚生活になるのかも想像できますし、もしどうやっても許容できない短所なら別れるという選択肢もあります。 最も避けなければならないのは結婚後に発覚したり、わかっていたのに目をつぶっていたせいで結婚後に苦労してしまうことです

ときめきを求めすぎない

恋愛であれば好きという気持ちやときめきが一番ですが、結婚となるとときめきに対する比重はぐっと下がります。 なぜなら、好きという気持ちやときめきでは「生活」できないからです。 お互いの良いところも悪いところもすべて見ながら一緒に生活していくのが結婚。 イライラする日もあれば、優しくできない日もあります。 結婚において大切なのは、ときめきよりも「思いやり」や「絆」。 とは言ってもときめきを諦めなければいけないわけではありません。 結婚と恋愛の違いを理解して、相手からときめきを与えられることを期待しすぎないようにしましょう。

あまり長引かせない

結婚前提でお付き合いすることに決まったらあまり長くだらだら付き合うことはオススメしません。 結婚を視野にいれているはずなのに3~4年も付き合ってしまうと「本気で結婚する気があるのか」と女性は焦ります。 出産を希望する人なら年齢的なことによる不安で、彼に強く問い詰めてしまうこともあるでしょう。 焦りと不安で喧嘩をしてしまい、長引かせたせいで別れてしまうなんてことも。 結婚前提のお付き合いなら1~2年以内に婚約をするのがベスト。 もし何か事情があって長引きそうなら、お互いの家族に挨拶をしたり定期的に交流したり、相手を安心させてあげられるようにしましょう。

結婚前提のお付き合い『同棲』をする時は相手の両親への挨拶が重要

結婚を視野に入れると出てくるのが「同棲」の話題。 既婚者を対象としたアンケート調査によると、「結婚前に同棲をしてみるべき」という回答が約7割。 やはり結婚で初めてお互い一緒に住むということにリスクを感じている人が多いようです。 同棲をするために必要なのは「両親への挨拶」。 稀に省いてしまう人もいますが、結婚前提での同棲なら必ず挨拶をしましょう! はやいうちにお互いの両親と良好な関係になっておけば、今後が楽になりますよ。

誠意を持ち『信頼』を勝ち得る

「あくまで結婚の挨拶ではなく同棲だから…」と油断してはいけません。 両親は「同棲する」=「いずれ結婚する」と考えています。 信頼できない相手だと思われたら許可をしてもらえないかもしれません。 特に女性側の両親は「当然責任をとるつもりなんだよね?」という期待もしています。 前準備として ・結婚前提であること ・いつ頃結婚を考えているか ・住む場所 ・費用について など、細かいところまで話し合いをしておきましょう。 先のことまで誠意を持ってはっきりと答えられるようにしておくと「ちゃんと考えてるんだな」「大丈夫そうだな」と信頼してもらえるようになります。

会うときはカッチリ感を演出した服装で

服装も印象を左右する要素なので気を抜けません。 結婚の挨拶ではないのでスーツである必要はありませんが、誠実さが伝わるようなカッチリ目の服装がベスト。 男性ならジャケットにシャツ、女性ならキレイ系のワンピースなどであれば失敗はないでしょう。 第一印象で好感触が得られればその後の話もしやすくなりますよ。

丁寧な物腰を心がける

相手の両親も結婚すれば自分の家族。 そうはいっても、あまりカジュアルに接しすぎると「図々しい」「常識がない」と思われてしまいます。 いくら優しそうに見える両親でも礼儀は大切に。 丁寧にな物腰を心掛け、安心感を与えられるようにしましょう。

【まとめ】結婚前提の告白は真剣な証拠!

「結婚前提に付き合ってください!」という告白はあなたに対して真剣な証拠。 少しびっくりしてしまうかもしれませんが、とても嬉しいですよね。 普通の交際と違うのは、結婚を視野にいれているからこそより深く相手と向き合い、これから共に生活するために色んな話し合いができること。 この期間を設けることで結婚後のギャップや悩みが減ります。 幸せな結婚生活のために、ぜひこの期間によりよい関係作りを心掛けてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧