惚れっぽい人が恋に落ちる瞬間!惚れっぽい性格を治したい人へのアドバイスも

惚れっぽいために恋の遍歴が増えている人、結構いるのではないでしょうか?その性格を治したいと思っても好きになってしまう気持ちはとめられませんよね。今回はそんな惚れっぽい人の特徴や惚れっぽいのを治すためのアドバイスを紹介!自分では気づいていなかったかもしれませんが、あなたも惚れっぽいのかもしれませんよ!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 惚れっぽい人が恋に落ちる瞬間!惚れっぽい性格を治したい人へのアドバイスも
恋愛は人によって様々。 ・全然出会いがない...運命の人はいつ現れるの? ・将来はどうなるの..?家と職場の往復ばかり。 ・失恋辛い...次の彼氏はいつできる? ・彼氏ができなすぎて不安... ・彼は本当に運命の人? 恋愛では誰しもが悩むもの。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうするのがベストなのか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの恋愛傾向や性質、相性の良い男性の特徴なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

あなたは惚れっぽいですか?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です! あなたは惚れっぽいですか? そう意識はしていなくても、いつも恋しているという人は結構いますよね。 惚れっぽくても恋人ができて長続きするのならいいですが、その惚れっぽさからトラブルに発展してしまうケースも少なくありません。 惚れっぽいことを自覚している人は、どうにか治したいと思っているはずです。 そこで今回は、惚れっぽい人の特徴と惚れっぽいことを治したい人へ向けてのアドバイスをしていきます。 読んでいくと、惚れっぽいかどうかの自己診断にもなるはず。 自覚していないけど、恋のトラブルが多い人は是非読み進めてみてくださいね!

惚れっぽい女性の特徴6つ

あなたは惚れっぽいというとどんな女性を想像しますか。 惚れっぽいと一言でいっても色々なタイプの女性がいますよね。 常に好きな人がいるのはもちろんですが、惚れっぽい女性にはある共通点が見られます。 ここからはタイプ別にその惚れっぽい女性の特徴を見ていくことにしましょう。 もしも当てはまっている項目があれば、自分の恋愛遍歴を見直すよいタイミングですよ!

①全ての男性が恋愛の対象になり得る

全ての男性が恋愛の対象になり得るというのも、惚れっぽい人の特徴です。 なぜこんな現象が起こってしまうのでしょう。 それは男性と会うというだけで、常に恋を意識しているからです。 たとえば単に仕事先の人と会うだけでも「もしかしたらここで出会いが」と恋の予感を想像してしまうのです。 そこでもし、いい感じの人に出会ってしまうとスイッチが入ってしまうのです。 自分との相性、共通点よりもシチュエーション重視な人が多いため、周りから見れば好みがバラバラに見え、ストライクゾーンが広い人と認識されます。 男性自身を見ているというより、相手が男性であることが大事であるためドラマチックな展開が起こらないと飽きてしまい、また次の恋へ…という人が多いでしょう。

②極度な寂しがり屋

極度な寂しがり屋という人も、惚れっぽい人の中にはいます。 常にだれかに見守っていてほしい、話を聞いてほしいと思っている寂しがり屋な人は、寂しさを埋めてくれる人であれば、たとえ自分が愛されていなくても自分の気持ちを差し出そうとするでしょう。 そばにいてくれることや連絡の頻度で愛情をはかってしまうため、実際にその愛情の中身をみることができないのです。 いわゆるダメな男と付き合ってしまう人は、惚れっぽい女性の中でもこのタイプに多めです。

③優しくされると好きになりがち

優しくされると好きになりがちなのも、惚れっぽい女性の特徴です。 それはほんの小さな、優しいきっかけ。 「これ美味しかったからお土産」とランチで戻ったときに、さりげなく渡してくれたり、雑用を言いつけられて単調な作業をしていると、「大丈夫?」と声をかけてくれるなど、相手にとってはなんでもない一言や行動だけで、すぐに男性として意識してしまいます。 女性でも心配してくれたり、お土産をくれたりと同じことをしてくれる人はいるんですけどね…。 惚れっぽいともいえますが、愛され願望が強いタイプだともいっていいでしょう。 そのうえで、情が濃いためズルズルと相手のペースにはまっていく人が多い傾向があるようです。

④相手に望む条件が少ない

相手に望む条件が少ないというのも、惚れっぽい人の中には多くいます。 男性の好きなタイプを聞いた時に「好きになったその人がタイプ」と答える女性はこの特徴が当てはまります。 このタイプの人は、自分が相手に愛情を掛けることに喜びを感じているのでしょう。 たとえ相手が社会的にはみ出している人であっても、自分が何とかしてあげたいと思ってしまうのです。 なので、モテるタイプはもちろん、人気が低めの男性にも好意をもってしまいます。

⑤人の長所によく気がつく

人の長所によく気がつくのも惚れっぽい女性の特徴です。 どんな相手でも長所を見つけることは素晴らしいことですが、ひとつの長所が見つかれば、その他の短所が見えなくなってしまうのもこのタイプの特徴です。 たとえ周囲が「浮気症なところがあるからやめた方がいいよ」といっても、「でも、優しいんだよ」「だって好きだよって昨日も言ってくれたよ」など、「でも・だって」が返ってくるでしょう。 優しくされた、大事にされたという良い記憶が消えない傾向があるようです。 相手の良いところ=好きに恋の基準があるため、自然と長所を見つけるのが得意になってしまうのでしょう。 このタイプは両親のしつけが厳しかったり、優等生や男性との付き合いを多く経験したことがない女性にも多く見られます。
無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

⑥好きになったとたんに告白を考える

好きになったとたんに告白を考えるのは、惚れっぽい人の最大の特徴でもあります。 惚れっぽい人にとって一度好きだと思ってしまえば、恋のボルテージはどんどんとあがっていきます。 皆さんも、相手を意識したとたん、何倍もその相手がかっこよく見え、自分の好きな気持ちがふくれあがってくるのを感じたことはありませんか? 普通の人であれば、その気持ちがふくれあがり告白を考えるまで半年ほどかかったりします。 長い人は、もっと気持ちを溜めておきますよね。 惚れっぽい女性はその気持ちがあふれるのが相当早いのです。 むしろ、好きにになったその瞬間にすでにあふれかえっています。 周りがどう見ていようと、相手のことは魅力的に見えていますから早めに独占しておかないといけないと焦りも感じてしまうのでしょう。 それもあって、冷静に相手を見極める前にまずは自分の方へ引き寄せておこうとするのです。

惚れっぽい人はこんな時、恋に落ちます

惚れっぽい人は相手にひとつでも良いところを見つければ、他にどんな欠点があろうと許してしまったり、優しさにとても敏感だったりします。 思い込みの強さが、惚れっぽい人の特徴の共通点といっても良いですね。 そんな惚れっぽい人の恋愛パターンには、一般的な恋をしている人とは違う傾向があります。 ここからは惚れっぽい人がハマりやすい恋の瞬間について紹介していくことにしましょう。

好意を寄せられた時

好意を寄せられた時や告白を受けると、恋に落ちてしまう人が惚れっぽい人の中には多くいます もちろん断ることもありますが、押しの強い人に何度も求められれば、「これだけ自分のことを好きでいてくれる人はいないかも」と思い始めます。 もうそうなると惚れっぽい人は止まりません。 「好きでいてくれること」と「大事にしてくれる」というのが、惚れっぽい人の中では同じ意味となってしまいます。

好みの男性に出会った時

好みの男性に出会った時に相手を意識してしまうのはあるあるですよね。 ただし、惚れっぽい人の場合、この好みの男性の範囲が広いのです。 その範囲は無限であり、外見内面どちらにしても一点で構わないのです。 たとえば好みは「優しい人」と一口にいっても、その優しさの形は様々ですが、惚れっぽい人は自分に話しかけてくれただけでも相手は「優しい人」のゾーンに入ります。 その時好きになっている芸能人などに、少しでも似ているところがあれば好みの範囲内に…。 また惚れっぽい人はスピリチュアルや占い、運命という言葉も好きな人が多い傾向にあります。 なので、見てもらった時に「こんな人と出会う」といわれていると、それに近い人であればすぐに運命と感じてしまいます。

優しくされたり特別扱いされた時

「優しい人が好み」というのは、好みを聞かれた人がよく答える言葉でしょう。 ただこの優しさに関しても、かなり広い枠をもっているのが惚れっぽい人の特徴です。 基本的に惚れっぽい人はロマンチストですから、日々の生活で自分が主人公のドラマの中に住んでいます。 優しくされたり特別扱いされるというのは、ヒロインとしてヒーローから望まれるシチュエーションですよね。 たとえそれが現実では下心のあるものだとしても、一時的に酔わせてくれれば十分なのでしょう。 上辺だけの優しさでも、心に恋の炎をつけるには十分なのです。

男性が活躍する姿を目の当たりにした時

男性が活躍する姿を目の当たりにした時も惚れっぽい人は恋に落ちます。 たとえば仲間とスポーツをしに行った時に、他の人よりうまいというだけでも相手を意識してしまうでしょう。 ホームパーティーなどで楽器をこなしたり、料理が上手という場合も同じです。 社会人になれば、仕事ができることも恋愛対象になります。 ただ活躍しているだけでなく、周りから「すごいね」と褒められているということも惚れっぽい人にとっては大事な要素。 惚れっぽい人は相手を深く知る前にどんな人なのか上辺で判断してしまうので、周りが褒めていたことによって無条件でその男性はかっこよくて良い男のカテゴリーに入ってしまうのです。

二人で会った時

二人で会っただけでなんとなく「この人とは合うかも」と思ってしまう人も、惚れっぽい恋愛体質の人に多く見られる特徴です。 惚れっぽい人にとっては、ムードやシチュエーションというものが恋のきっかけになりやすいのです。 たとえ飲み会の帰り道の方向が一緒になっただけでも、二人きりになったとしたら「これは運命」と思って意識してしまうでしょう。 酔いをさますために相手が水をくれたりなどしたら、ロックオンです。 惚れっぽい人にとって二人きりのシチュエーションは、恋のスイッチを増やすことになるのです。

カラオケで歌がうまかった時

「声フェチ」という人は多くいると思います。 話し方やリズムという場合もありますが、歌もそこに含まれるのでしょう。 ただ、惚れっぽい人は自分の好きな歌手の歌を上手に歌われただけで、心を奪われてしまいます。 声が似ている、歌が上手いというだけなのですが、好きなアーティストとそこが被るだけで気持ちが向いてしまうようです。 歌詞などに自分の気持ちを重ねてしまい、さらに気持ちを加速させてしまうのも惚れっぽい人の特徴です。 その歌の歌詞が好きなだけに、それを歌っている人(本人ではない)も同じ気持ちだと勘違いをおこしてしまうんですね。

時にはいざこざや問題を起こしてしまう惚れっぽい女性も

惚れっぽい人の中には、悲恋を好む人がいます。 狙っているのかというほど障害のある恋をしている人は少なくないはずです。 それは惚れっぽい人が、ロマンチストでヒロイン意識が強いため。 悲劇のヒロインと自分を同一視しがちなのです。 ここからはそんなトラブルメーカーになりがちな、惚れっぽい人の恋愛パターンを見ていくことにしましょう。

彼氏の男友達に恋をしてしまう

彼氏の男友達に恋をしてしまうトラブルメーカーな惚れっぽい女性もいます。 彼氏との仲を相談したり、隠していることを話しているうちに、「この人の方が私のことを理解してくれているかも」と思うことがあるのでしょう。 彼氏には隠しておきたいということも、恋を燃え上がらせるエネルギー。 ただし、惚れられた相手はたまったものじゃありません。 友人を失うかもしれない不安や、面倒な人間関係にストレスを抱えてしまうでしょう。 自分は刺激な恋に酔って良い気分かもしれませんが、相手の気持ちや環境を考えられないのは迷惑以外のなにものでもありませんよね。

彼女がいる男性を好きになり略奪してしまう

彼女がいる男性を好きになり略奪してしまう人も、惚れっぽい人には多いでしょう。 惚れっぽい人は恋する自分の気持ちに忠実で、相手の気持ちや誰かが悲しい思いをすることに目が向きません。 なので、誰かを好きになることに罪悪感が無いのです。 罪悪感が少しでもあるのなら、たとえ彼女がいる男性を好きになったとしても自分の中だけに気持ちをとどめておくはずです。 また、中には自分の魅力を誇示したいという気持ちも隠れているようです。 「あの子よりも自分の方が魅力的だ」そういう自信がどこかにあるのでしょう。 そのため、振り向かせた途端飽きてしまうということが少なくありません。 何故なら男性の気持ちがあなたに向いたところで、目標が達成されているからです。 惚れっぽいというだけでなく、自信家であり他の女性に対してライバル意識をもつ人にも多く見られるタイプだといえるでしょう。

惚れっぽい女性の悩み

トラブルを起こす惚れっぽい人=悪女のようですが、意外に中身は純粋でロマンチストの人が多いのです。 気持ちは純粋なために恋に夢中な自分とそれが原因で起きる問題に悩みを抱えるという矛盾した心を、惚れっぽい人はもっています。 ここからはそんな惚れっぽい人の悩みを紹介していきましょう。

相手をよく知らないのに好きになってしまう

「理屈ではなく気づいたら好きになっていた」(25歳・OL) 「毎回反省するんだけど、男を見る目がないと思いつつも気持ちが動いてしまう」(28歳・美容師) 「いいところを見つけてしまうと、他をなぜか否定できない自分がいる」(26歳・看護師) 「恋は理屈じゃない」を地でいくのが、惚れっぽい人の特徴です。 反省したり、悔いたりするものの、心は恋する気持ちを止められないのでしょう。 考えるより行動!タイプに多くみられますね。

惚れっぽいけど飽きやすくもある

「その時のムードで盛り上がって付き合うんだけど、しばらく経つと冷めてしまう」(23歳・学生) 「幻想を抱いていたのかもしれないけど、ちょっとした癖とかが急に嫌になって…」(32歳・専門職) 「結婚とか考えていないせいかもしれないけど、真面目に相手を探していないのかな…相手に将来の話をされると一気に冷める」(30歳・医療関係) 自分の想像と恋をしていた相手の現実の差に気づいてしまうと、一気に熱があがったぶん、冷めるのも早いようです。 それが飽きっぽいと見られる原因になってしまうんですね。

本当に相手が好きなのかわからなくなってしまう

「寂しいなと思っている時にタイミングよく現れて付き合うようになったんだけど、本当に好きなのかなぁと考えることはある」(34歳・専門職) 「優しくされると、この人はこんなに好きでいてくれているのにという負担を感じるのは、自分の気持ちに自信がないせいなのかな」(29歳・OL) 「いなくなったら寂しいんだろうけど、この人でいいのかな?という気持ちが常にある」(34歳・編集者) なにかのきっかけで付き合うようになったものの、自分の気持ちにクエスチョンマークがついていることが多いようです。 嫌いではないから別れるという選択をするほどではなく、かといって好きかと聞かれると答えずらいのでしょう。 そんな気持ちの時に魅力的な男性が現れるとそっちへ流されてトラブルを起こしてしまい、悩みを大きくしてしまうこともあるようです。

惚れっぽい性格を直したいなら意識すること

惚れっぽい人は、単なるトラブルメーカーではなく、自分の欠点を知りながら悩みも抱えています。 そして中には、そんな自分と決別したいと思っている人もいるでしょう。 ここからはそんな人たちに向けて、惚れっぽさを少しずつでも治す方法を紹介していきたいと思います。

自己分析をする

惚れっぽい人は、基本的に感情豊かで、思いがそのまま行動に出てしまう場合が多いでしょう。 その時の気持ちに正直な行動をしていても、あとで勘違いということは誰にでもあるもの。 それが恋愛に関して起こりやすいのが、惚れっぽい人というわけです。 「はっきりとはわからないけど、とりあえず進んでみよう」そういう考えをもっていませんか? その前に、一旦立ち止まって自己分析をしてみましょう。 冷静に相手をみることはもちろん、自分の心に問いかけるのも大切なこと。 行動を起こす前に一拍置くことを意識してみましょう。 どちらか一方ではなく、相手と自分を客観的に見ることが大事です。

自分の行動によって起きる未来を想像する

惚れっぽい人は感情のままに行動していきます。 好きになった相手を夢中にさせることが第一で、周りを見る余裕はないでしょう。 当然自分の行動により、この後どのように状況が変わっていくかどうかは頭の中にありません。 「友達を失くすかもしれない」「誰かがツライ思いをしているかもしれない」「相手への負担になっていないかな」など、自分のとる行動でネガティブな未来を引き起こす可能性もあることを頭にいれておきましょう。 自分の行動がどんな未来を作り出してしまうのかを少しでも考えてから行動を起こしてみてください。

自分の理想を明確に持つこと

自分の理想を明確に持つことも大切です。 優しくされれば誰でも心は動きます。 外見のいい人を見れば、「素敵だな」と思うのは自然です。 ただそれと「好き」というのは違うもの。 自分の「好き」がどこにあるかを意識してみましょう。 ここだけは譲れないものを見つけてください!それが、相手に対するあなたの明確な理想です。

相手の長所も短所も知ること

惚れっぽい人の特徴として、長所にまず目が行くというものがあります。 もちろんこれは素晴らしいことですし、仕事や友人との付き合いには、とても役立つものでしょう。 ただ、人間誰しも完ぺきではありません。 欠点は必ずあります。 それを受け入れてから付き合うのであって、短所が「ない」ように思えているのは錯覚です。 相手の短所も見て、それを許せるかどうか考えるのも、恋愛を始める上では大切なことです。

自分から告白しないでみる

自分の気持ちを抑えきれなかったり、ハッキリはしないけれど雰囲気で告白してしまうことが惚れっぽい人には多いようです。 すぐに告白するのではなく、せめて3ヶ月以上は相手を知る期間として待ってみましょう。 告白してから相手を知るのではなく、相手を知ってから告白してみてください。 また、この3ヶ月内に相手に自分を知ってもらうことが一番重要です。 どれだけ相手に自分を知ってもらうかによって恋愛の深さが変わってきます。 実は相手に自分を知ってもらうって中々難しいんですよ! あなたの「好き」という気持ち以外を知ってもらうために、告白ではない方法をとってみてください。

自分を大切にすること

恋人のいる人との恋愛、不倫などのトラブル、また気持ちのハッキリしないままの恋のスタートというのは、あなた自身の評判を落とすことにもなります。 恋のトラブルを避けるのは、自分を守ることにもなるのです。 どんな恋でも、うまくいかなければ傷つき苦しい気持ちになります。 うまくいかない恋愛遍歴を増やすのではなく、うまくいった幸せな恋愛の思い出を増やしていきませんか。 そのためには、まずは自分を大切にするようにしてください。 その相手と付き合うことによって自分が何を失うのか考えてみると良いです。 時間や友人にお金、誰かと付き合うことは何かを失うことに繋がります。 それを失ってでも付き合いたい相手なのか、もう一度自問自答してみてくださいね。

【まとめ】相手のことをじっくり知ることも大切

自分の気持ちというのは、もちろん大切です。 ただその行動は、他人に影響を与えるものだということは忘れないようにしましょう。 恋に思いやりは不可欠です。 それは恋人同士となってからだけでなく、スタートから必要なものでしょう。 惚れっぽいから仕方がないと自分の性質を諦めるのではなく、客観的に冷静な判断力を磨けば、相手だけでなく自身も幸せになれる恋に出会えるはずです。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧