口だけの人にイライラ!口だけの相手との上手な付き合い方をご紹介!

口だけの人が近くにいると、いい気分はしませんよね。立派なことをいう割に行動力はないので、有言不実行が当たり前です。そんな口だけの人は、どんな特徴を持っているのでしょうか?そして、口だけの人にはどんな対処方法がいいのでしょう?口だけの人との付き合い方を、ご紹介していきます!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 口だけの人にイライラ!口だけの相手との上手な付き合い方をご紹介!
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

口だけの人って、あなたの周りにもいませんか?

こんにちは!Toritoma編集部です。 口だけの人ってイライラしませんか? 今回は、あなたの周りにもいる口だけの人との付き合い方についてお話ししていきます。

口だけの人にも種類がある!

口だけの人には、種類があります。 「やる気がなく頑張れないタイプの人」と、「考え方が楽観的な人」。 やる気がなく、頑張れないタイプの人はあまり実害はないんですが、楽観的に色々的外れなアドバイスをしてくる後者の方が、身近にいると厄介だと言えます。 この2種類の、口だけの人について詳しくお話ししていきますね。

解決する方法を楽観的に考える人

口だけの人の特徴として、考え方が楽観的な事が挙げられます。 楽観的な人というのは、総じて深く物事を考えていません。 そのため、ポンポンと思ったことを口に出すのです。 もし、口だけの人が上司であったなら、振り回されることも多いです。 同時に、口だけの人というのは、プライドも高い事がほとんどなので、立てた目標数値が高い事も特徴。 自分で行動してくれる人なら、一緒にモチベーションを上げてなんとか目標に向かって走りますよね。 けれど、口だけの人は「誰かがどうにかしてくれる」と思っているので、何もしません。 結局、周りの人間がどうにかすることになります。 口だけの人の立場が上であればあるほど、被害は大きくなってしまいます。

やる気がない、関係ないと考える人

そもそもやる気がなければ、行動を起こしません。 例えばですが、会社で今月の目標を聞かれたとします。 実行力のある人は、自分のできる範囲を考えて、頑張ればなんとかなる数値を出します。 一方、口だけの人は、そもそも実行するつもりがなかったり、自分には関係ないと思っていたりするので、なんとなくの目標を立てます。 自分のできる範囲でやりますが、そもそもの目標設定の時に「できるかどうか」を考えている訳ではないので、口だけの人となってしまう場合が多いんです。 けれど、このやる気がないタイプの人は、前に出たり口からでまかせを言ったりする訳ではないので、そこまで実害は出ないでしょう。

口だけの人あるある

口だけの人あるあるを、ここからは13個ご紹介します。 口だけの人に振り回されたり、実際に迷惑をかけられた人も少なくないですよね。 そんな、あなたの周りにもいる口だけの人の特徴を見ていきましょう。

約束を守らない

口だけの人は、約束を守らない事が多いです。 行動力や責任感がないので、約束を守る重要さをわかっていません。 例えばですが、あなたの周りにも「ご飯行こう」と言っていたのに、当日になってドタキャンする人がいますよね。 「気が乗らないから」「ドタキャンしても許してくれるから」と、このくらい本当に軽い気持ちでドタキャンをしてしまうんです。 けれど、ドタキャンをされた側からすれば、1日スケジュールを開けたせっかくの休みが無駄になりますよね。 そうなれば、次からは約束しないでおこうと思う人の方が多いです。 普通に考えれば、約束を守らない=信頼を失うとわかるのですが、口だけの人は楽観的なのでそのことに気がつかないのです。

口では偉そうなことを言うが、行動がともなわない

「自分には夢がある」と素晴らしい夢や目標の話をしているのに、一向に行動に移さない人もいますよね。 夢を語る事はするけれど、その夢の実現のための行動をしないタイプです。 そして、もう一つが「本気になればこんな簡単な事すぐだよ」と言って、全然本気を出さないタイプがいます。 口で言うのは簡単ですが、それに実力が伴っていないと、行動に移したくても移せません。 そんな口だけの人に周りも薄々感づいてはいても、言うのも面倒ですから、スルーしている事がほとんどなんです。

努力をしない

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
口だけの人は、努力が嫌いです。 けれど、プライドが高いケースが多いので、SNSなどで努力している風を装う事は多々あります。 SNSを見ていると、ものすごく頑張っているのに、結果が全然伴わない人いますよね。 そんな人は、口だけの人の可能性が高いです。 口だけの人は「夢を叶えるために努力してる風の自分」が好きなだけなので、実際に夢に向かって努力をするなんて事はありません。 今の自分でできることしかしたくない人が大半なので、明日からやろうと思っててもその明日が延々来ないんです。

面倒なことが嫌い

口だけの人は、面倒なことが嫌いなんです。 少しくらい大変でも、目に見えた成果や自分のすごさをアピールできることなら喜んでやります。 ですが、事務作業や細かい地味な作業は、手柄にならない上にめんどくさいですよね。 労力しかないことは、口だけの人はやりたくないので、周りに押し付けてくる傾向が。 口だけの人は、プライドも高いので「なんで自分がこんな面倒なことをしないといけないんだ」と本気で思っています。 面倒なことが好きな人は、少ないです。 それでも、皆必要だからやっているのに、口だけの人はそう言ったことをわかろうとしません。

計画を立てない

計画するのが苦手なのも、口だけの人の特徴です。 「やらないでおこう」とは1ミリも思ってないんですが、先々の計画されたことよりも、目先のことにばかり目が行きがちです。 例えば、目標を達成するためには3ヶ月地道に勉強をする必要があるとします。 けれど、口だけの人はそういう地味な努力が苦手ですので、とりあえず目先の思いついたことから始めてしまいます。 その結果、やっていることと自分の実力が釣り合わないので、挫折してしまうのです。 計画的に物事を進めるのが苦手なので、結果として口だけになってしまうパターンですね。

自信がない

口だけの人は、努力が苦手でプライドが高いです。 けれど、実は自分に自信がないので、実力以上に自分を大きく見せようとしてしまいます。 その大きく見せた自分に近づくために、自分磨きをすればいいのですが、努力したり計画したりが苦手なので、改善できない事がほとんどなのです。 もう一つの側面としては、自分をすごく見せたいけれど、自信がないので「できなかったらどうしよう」とビクビクしています。 できなくてもできるように頑張ればいいのですが「頑張ってできなかったらかっこ悪い」と考えはなから、何もしない人も多くいるんです。 それが、周りから見れば「いつも口だけの人だよね」という心外な評価をもらってしまいます。

自己顕示欲が強い

先ほどご紹介した、自分を大きく見せるために夢を語ることも、この自己顕示欲の強さが関係しています。 自己顕示欲が強い人と言うのは「自分がいかにすごいか」を周りにアピールしたいんです。 SNSで、「いいね」が欲しい人なんかもそうですよね。 自分の生活が周りにどう見られているかをとても気にしているので、いかに自分の生活が充実しているかやどれだけ努力をしているかを、世間にアピールしたいという願望があります。 「これを成し遂げたらすごいって言われるかな」というこの思いが先行して、口に出してしまうのですが、結果として何もしないため、口だけの人になってしまうのです。

人から嫌われたくない

口だけの人は、嫌われることを本当に嫌うので、仕事をどんどん引き受けます。 「断ったら嫌われるかもしれない」と思ってしまうので、自分のキャパを考えずに引き受けてくれるので、最初は頼られることも多いです。 けれど、キャパオーバーでも、それをいうのも自分のプライドが許さないので、もう無理ですとも言えないんですよね。 けれど、残業をしてまで引き受けた仕事を終わらせるかと言えば、そんなことはしないので、結果的に頼まれた仕事をそのまま返すということになってしまいます。 有限不実行を繰り返していると、信用がどんどんなくなり、口だけの人は嫌われたくないと思っているのに、どんどん人が離れていってしまうのです。

人によって態度が変わる

自分よりすごいと思う人と、自分よりも下だと思った人で態度が違うのも口だけの人の特徴です。 口だけの人はプライドが高いですから、偉い人と一緒にいる自分は偉いと思っています。 そのため、強いものには弱く、弱いものには強く出てしまうんです。 口だけの人は、嫌われることを恐れてもいますから、自分が強い人と一緒にいることで、相手にされないということは防げますよね。 逆に、弱い人と一緒にいることで、自分の立場も危うくなってしまうかもと思ってしまうので、人によって態度が違うという、人間性の部分にまで問題が出てきてしまうのです。

なかなか立ち直れない

口だけの人は、小心者が多いとお伝えしました。 気が弱いからこそ、失敗を恐れます。 失敗を恐ると言う事は、失敗した時に受けるダメージが普通の人よりも大きいのです。 そのため、立ち直るのにかなり時間がかかります。 「弱い犬ほどよく吠える」という慣用句があるように、口で威勢のいいことを言っているのも「本当は弱い自分」を悟られたくないための防御線なのです。 一度打ちのめされてしまえば、立ち直るのに時間がかかる上に、弱い自分を見られてプライドも傷つけられます。

周りの目、評価が気になる

周りからの評価が下がるのを恐るのも、先ほど紹介した嫌われたくないという部分と共通していますよね。 自分は特別なんだ、自分はすごいんだ、と言うところをアピールして、本当は弱くて怖がりな自分を隠しているのです。 本当の自分を隠しているために、周りから自分がどう思われているのかが、気になって仕方がありません。 自分に自信のある人は、他人からの評価なんて気にしていませんよね。 周りからの評価を気にすると言う事は、自分の自信のなさの表れなのです、

世間知らず

口だけの人は、世間知らずが多いのです。 でもプライドは誰よりも高いので、自分が知らないと言うことを悟られるのを嫌います。 そのため、口では誰かの経験談をあたかも自分が経験したことのように話してしまうんですね。 けれど、実際に自分が持っている経験や知識ではないため、ボロが出やすいんです。 あなたの周りにも話を盛る人っていませんか? 彼らにとっては、自分がいかにすごい人物かを思わせる事が大切なので、なんでも話を大げさにしてしまうんです。 本当はその半分も経験していないので、世間知らずなのですが、それがバレるのが怖いんです。

ナルシスト

口だけの人は、早い話がナルシストです。 自分が可愛くて、自分が傷つきたくなくて、自分が嫌われるのがいやだ。 ただ、自分が可愛いんですよね。 だからこそ、誰よりも自分の評価が気になってしまうんです。 周りの評価を上げるために、素晴らしいことを言うのですが、努力はしないので実行はできません。 有言実行ができればかっこいいのですが、それができないので口だけの人になってしまうんです。 そんな嘘はいつか崩れるのに、そこに気づかず嘘を重ねるので、一番守りたい自分の評価さえ守れなくなってしまいます。

口だけの人、だから嫌われる!

ここまで、口だけの人の特徴について見てきました。 では、なぜ口だけの人が嫌われるのでしょうか? 口だけの人の特徴として、自分が特別だと思っている、ナルシスト、実は小心者という特徴がありました。 これらの特徴から、どう嫌われる行動に繋がるのかについてお話ししていきます。

おしゃべりばかりで動かない

口だけの人は、自分の理想について語るのが大好きです。 たとえそれが仕事中であっても、一度火がついたら延々話し続けます。 おしゃべりしていても、手が動いているならまだいいんですが、口だけの人の多くは手が止まってしまいます。 そうなれば、仕事の効率も悪くなり、ちゃんと仕事をしたいと思っている同僚からすれば、迷惑でしかありません。 仕事に集中したいのに、隣でずっと話し続けられたら、集中できませんよね。 そんな迷惑行為に気がつかず、仕事もせず理想を語ってしまうので、口だけの人は嫌われてしまいます。

上から目線

プライドが高く、自分が特別だと思っている口だけの人は、上から目線な人がとても多いです。 「自分は偉いんだ」と言うことを、周囲にアピールしたいために、上から目線になってしまうのです。 本当は小心者で嫌われたくないという気持ちが強く、むしろ弱い人である事が多いため、それをいかに悟られないようにするかに必死になってしまいます。 上から目線で話されるのが、気持ちいい人なんていませんよね。 謎の上から目線は、嫌われる原因です。

見当違いなアドバイス、指示をする

仕事で何かアドバイスをされて、それが見当違いだった場合、イラっとしかしないですよね。 見当違いのアドバイスをしてしまう理由は、自分を大きく見せたいという特徴からきています。 「自分はいかにもたくさんのことを知っていて、偉いんだ!」と言うことを誇示したいために、知ったかぶりでいい加減なことを言ってしまうのです。 そう言う事が続けば、周りからうんざりされ、嫌われてしまうのも頷けますよね。

仕事の納期など、期限を守らない

口だけの人は、約束を守るのが苦手だとお伝えしました。 仕事において約束といえば、納期ですよね。 納期というのは、最優先で守らないといけないもの。 納期が守られないのは、仕事の信用を無くしてしまいます。 それでも、口だけの人は、言ったことをやろうという意思が薄く、責任が持てません。 納期を守らないでおこうという気持ちも持ってはいなくて、できると思っているから約束をするのです。 けれど、実際の行動力にかけるので、現実的に物事が追いつきません。 その結果として、納期を守れないということになってしまうのです。

自分だけに甘い

自分は、他人の価値観や行動に口出しをするくせに、同じことを他人にやられることを口だけの人はとても嫌がります。 これは、自分に甘く他人に厳しいというところからきているのですが、本来なら他人の価値観に口を出す権利なんてどこにもないんです。 それなのに、口を出せるということは、その人のことを見下しているからにほかなりません。 口だけの人のそばにいると、自分ばかりが一方的に干渉され続けることになります。 その関係性にストレスを感じない人は、ものすごく少ないでしょう。 実害があるわけでもないのに「ちょっと鬱陶しいな…」そんな風に感じる自分は、心が狭いんじゃないか?なんて悩む必要はないんです。 誰しも、言動に行動が伴わない人に干渉され続けて気持ちいいはずはありませんから。

地味なことをやりたがらない

口だけの人は、目立つことや自分の評価を高めることが大好物です。 地味な事は印象に残らないですよね。 地味なことを何も言わずこなせる人が、実は仕事ができる人と評価してもらえるのですが、口だけの人はそんなことわかっていません。 派手に目立つ仕事をこなせれば、評価が上がり目立ちますよね。 仕事の計画やプライベートなら旅行のプラン作りなどを任せてみるとわかりやすいです。 「今忙しいんだよね」「俺にはそれ向いてないから」などと断ってきたら、口だけの人の可能性大です。 口だけの人は、リーダーシップをとるのも好き。 けれど、自分で何かをするのかと言われれば、しません。 基本は他人任せなので、大事な部分を任せてしまうと、被害は拡大してしまいます。 そうならないためにも、地味な裏方作業を嫌がる口だけの人には注意が必要です。

口だけの人と接する時には…

ここまで、口だけの人がなぜ嫌われるのかについて見てきました。 口だけの人がいくら付き合いづらく、嫌いでも付き合わないわけにはいきませんよね。 そこで、ここからは口だけの人と付き合う方法についてお話ししていきます。 ちょっとしたコツを覚えることで、口だけの人とも付き合いやすくなりますよ。

約束事、決まり事は書面で

口だけの人は、約束を守らない傾向にあります。 納期や時間などの約束を守らない人は、口約束だと「そんなこと言ってない」と平気で言うのです。 言った言わないを回避するためにも、約束事は必ず書面に残しましょう。 社内やり取りで、書面に残すのが大げさだな…と言う場合には、チャットやメールなどの文章でやり取りがおすすめです。 口だけの人は、責任を回避したい傾向にもあるので、電話や口頭で済ませようとしますが、そこは必ず文章で証拠を残してください。 そう知ることで「言ってない」「知らない」といって逃げられることを防げます。

周囲の人も巻き込んで

口だけの人は、無責任に調子のいいことを言います。 「君は優秀だから、上司に気に入られてるし、次昇進できるよ」「昇給間違いなしだよね」なんていい加減なことをいうんです。 真面目な人なら、期待して昇進しなかったらショックですよね。 あからさまな告げ口なら空気を乱してしまうかも?という気持ちもわかります。 そんな時は、周囲を巻き込んでみましょう。 「〇〇さんから、昇進するって言われたけどほんとかなー?」 ランチタイムの時にでも、天然のふりをして話してみるといいですよ。 そうすると、そんな権限ないことを知っている人たちが注意してくれます。 そういういい加減なことが続くと、流石に上司も怒るでしょう。 口だけの人は、上司には言葉を選んで話しているので、上司から注意させるのが一番効果的なのです。 一人で悩まずに、周囲を巻き込んでみてください。 解決の糸口が見えるかもしれませんよ。

話を聞き流す

口だけの人が、理想を話し始めてしまうと終わりが見えません。 その延々続く無駄話に付き合っていると、あなたの仕事も進まずに評価が下がるというとばっちりを受ける可能性もあるんです。 口だけの人が話し始めても、真面目に聞く必要はありません。 本人にしてみれば、大切なことかもしれませんが、周囲の人にとってはどうでもいい話が大半なので、聞き流してOKなんです。 口だけの人は、相手にしてほしい、構ってほしいと思っているので、一度相手にしてしまうと「この人は相手をしてくれる人」として口だけの人にロックオンされてしまいます。 そうならないためにも、口だけの人の理想論はさらっと聞き流しましょう。

相手にしない

あなたがもし、はっきりと物事を言える人なら「仕事に集中したいから」と言ってしまうのもありだと思います。 口だけの人は、基本的に小心者なので、自分にはっきり物を言ってくる人は苦手です。 優しくない、構ってくれないと思われると、あなたのところには来ないでしょう。 口だけの人が理想論を語りたい相手は、話を聞いてくれて相手をしてくれる人です。 あなたがそこに該当しなければいいのです。 口だけの人を相手にしていても、あなたにメリットはないですから、相手にしないことも大切。 直接言えない場合は、上司に相談するなどして、自分が直接関わらなくてもいいような環境を作りましょう。

おだててコントロールする

口だけの人は、楽観的で非常に単純な性格であることが多いです。 付き合いをしなくてもいい場合は、それでいいのですが、どうしても付き合わなければならない場合もありますよね。 付き合いをきれない場合、相手をおだててコントロールしましょう。 口だけの人は、おだてるとすぐに調子にのります。 「さすがですねー!すごいじゃないですか!」などとおだてることで、いつも以上の力を発揮してくれることも少なくないのです。 どうしても付き合わなければならないのなら、口だけの人のペースにならないようにするのが重要。 おだてて調子に乗らせることで、あなたのペースで付き合うことができますよ。

【まとめ】口だけの人の特徴を理解して、あまりストレスを感じないように上手にお付き合いを。

いかがでしたか? 口だけの人と真面目に付き合おうと思えば、かなりストレスです。 「この人は、自分の話を真剣に聞いてくれる」と、そう思われると、どんどん口だけの人のペースで理想論を聞かされることになってしまいます。 そうなると、あなたの負担は大きくなるばかりなので、そうならないためにもしっかりと付き合いかたやあしらい方を頭に入れておきましょう。 自分一人ではどうにもならなくなったら、上司など周りを巻き込むことも大切なので、一人で抱え込まないようにしてくださいね。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧