嫌なことばかり…落ち込んでる人必見!嫌なことを忘れる方法やコツを徹底解説

嫌なことを忘れる方法があったら、すぐに試したいと思う人も多いのではないでしょうか。嫌なことほどすぐに思い出して、なかなか頭から離れないものです。そこで、今回は嫌なことを忘れる方法を具体的に紹介していきます。ぜひ参考にしてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 嫌なことばかり…落ち込んでる人必見!嫌なことを忘れる方法やコツを徹底解説
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

嫌なことを忘れる方法があるなら教えて欲しい…

こんにちは!MIROR PRESS編集部です! 人生生きていたら、嫌なこともおきるものです。 しかし、なかなか忘れることができないこともあるでしょう。 今回は、そんな嫌なことを忘れる方法について紹介していきます。

嫌なことがあった時によくある言動パターン

嫌なことが起こると、そればかり気にしてしまうことってありませんか。 失恋や友達との喧嘩、他にも親に反発してしまったり、仕事で上手くいかないことなどもあるでしょう。 人間というのは、同じことを考えていると基本的に悪い方に考えてしまいます。 ですが、実際に起きるかもわからないことを考えて落ち込んでいては、本末転倒です。 嫌なことを忘れる方法を知っておくことで、より人生を豊かに有意義にすることができるようになります。 まずは、多くの人が経験する嫌なことがあったときにしてしまう、あるあるの言動を見ていきましょう。 嫌なことで悩んでいるのはあなただけではありません。 編集部に寄せられたコメントをもとに紹介していくので、他の人の悩みも見てまずは共感してみましょう。

悲しくてたまらない、何も手につかない

「彼氏に振られてしまって悲しすぎて、何もできません」(20歳・大学生) 「大学に落ちてしまい、悲しすぎて何もやる気にならない」(18歳・高校生) 「仕事で大きなミスをして、上司に怒られてばかり…マジで仕事辞めたい」(25歳・会社員) 悲しいことの代表的なのが、失恋です。 失恋は、ほとんどの人が経験したことのある悲しいことでしょう。 悲しいことが起こると、その感情でいっぱいになってしまいやる気が失われてしまいます。 止めたくても涙が止まらないこともあるでしょう。 そんな時は無理をせず休んだり気のすむまで泣き続けるのも重要です。

怒りが頭から離れない

「仕事の上司が小さいことをネチネチ言ってきて、嫌になります」(28歳・会社員) 「本来上司がやるべきことなのに私にまかせっきりで、ストレスが溜まります」(30歳・会社員) 仕事はストレスが溜まりやすいもの。 特に上司と部下との関係では、トラブルになったり、大きなストレスを感じやすいです。 人によって怒りは長く続く場合もあります。 怒りは強い感情だけに、そこにばかり視点が向いてしまいがち。 しかし、怒りに身を任せていると他の物に当たったり、周りにも迷惑をかけてしまう可能性が高いです。 なので、一刻も早く忘れて、気分を変えましょう。

落ち込んで食欲が無くなる

「大学受験に失敗してしまい、浪人することになり、ショックすぎて何も食べられません」(18歳・高校生) 「彼氏に振られて何も喉を通りませんし、最悪の気分です」(26歳・保育士) あまりにもショックなことや、嫌なことが起きると食欲がなくなってしまうことがあります。 しかし、食べなければ何もできず、弱ってしまうだけでもあります。 食欲がなくなっても、少しで良いので食べてみましょう。 始めのうちはガッツリ食べれなくても、少しでも口に入れられるものを食べると元気も次第に出てきます。

涙が止まらなくなる

「親友と大喧嘩してしまい、仲直りできるかわからずに涙がとまりません」(16歳・高校生) 「彼氏と大喧嘩して、連絡が来ないようになって仕事も手に付かずに泣いています」(23歳・イラストレーター) 悲しいときは涙が出るのは、当然です。 涙は抑えようと思って、止まるものではありません。 なので、涙が自然に止まるまでは泣き続けてもいいでしょう。 ただし、泣いてばかりいても状況は変わりません。 泣いて気持ちが少しでもスッキリしたら、自然と行動に移せるようになるでしょう。

ヤケになる

「親にいろいろ言われたことで嫌になって、ヤケになっています」(22歳・大学生) 「受験に失敗してすべてがどうでもいい気分です」(19歳・フリーター) 怒りを通り越してしまったり、悲しみを通り越してしまうとヤケを起こしてしまうこともあります。 自分自身を傷つけてしまったり、人にあたってしまうこともあるでしょう。 それほど辛い思いをしている証拠ですが、あなたを心配してくれている人もいます。 ヤケを起こしてもいいことはないので、人や物に当たるのは極力避けるようにしましょう。

無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

後悔の気持ちが生まれる

「彼氏に思ってもいないことを言って、傷つけてしまいました」(27歳・ライター) 「後輩に八つ当たりしてしまって情けない」(34歳・公務員) 嫌なことが起きた場合は、自分自身が悪いときもあるでしょう。 その時感じる後悔。 それは反省している証拠でもあります。 反省したことを次に活かせれば、大丈夫!

嫌なことを忘れるためのポイント

嫌な記憶をずっと思い出していると、それだけ気分も落ち込んで、何もできなくなってしまいます。 では、嫌な記憶に苦しめられないためには、どうすればいいのでしょうか。 そこで、まずは嫌なことを忘れるためのポイントを紹介。 どんな思考が必要か見ていきましょう。

嫌な記憶が浮かんだらその都度打ち消す

嫌な記憶というのは、ふとした瞬間に思い出してしまうものです。 例えば嫌な記憶に似た景色を見たり、臭いや音で思い出すこともあるでしょう。 しかし、それ自体を防ぐことはなかなかできません。 そのため、嫌な記憶が浮かんだらその都度打ち消すのがいいでしょう。 嫌なことがあったことも認めたうえで、もう引きずらなくてもいいんだと思うように打ち消すと良いでしょう。 心の中で考えちゃいけないと思うものほど、人間は考えてしまいます。 なので、考えること自体は許して、その都度打ち消しましょう。 毎回嫌なことを思い浮かべるたびに、すでに終わったことだと言い聞かせたり、逆にたのしくなるようなことを想像するようにすると打ち消しやすくなります。

自問自答を繰り返さない

あの時ああしておけば良かったや、なんで自分は行動しなかったんだろうと後悔など、自問自答を繰り返す人もいるのでは。 後悔することも自問自答することも決して悪いことではありません。 後悔と自問自答することで、次に活かすことができるからです。 しかし、いつまでも後悔と自問自答を繰り返していても何も始まりません。 自問自答を重ねていくと、自分を責めるばかりになってしまいます。 それよりも、自分はどうすべきかを考えたら行動に移すようにしましょう。 人は放っておくとネガティブなことばかり考えてしまう癖があります。 しかし、自問自答しても良いことはないので、次はどうしたらいいのかという改善点を考えたら、後はすぐに行動して考えないようにするのがおすすめです。

視点を変える

一見嫌なことであっても、後で振り返れば実は良いことだったというのは、意外とよくあることでもあります。 例えば、その時は失恋が辛くても時がたって新しい恋人ができれば、過去の失恋は必要だったと思えることもあるでしょう。 人生で起きる物事は、良い風にも悪い風にも捉えられるものです。 つまり、視点を変えることで嫌な記憶も良い記憶や、今後に活かせるための教訓に変わります。 そうなれば、思い出しても嫌なこととしては思わなくなるので、辛い気持ちにもならないでしょう。

睡眠前に忘れるようにする

夜寝る時というのは、いろいろと考えてしまうものです。 特に悩みがある時は、そればかり考えてしまってなかなか寝付けないという人もいることでしょう。 嫌なことがあったときは睡眠前に忘れられるようにゆっくりお風呂に浸かってリラックスしたり、好きな音楽を聴くなどの自分が良い気分になれることをしましょう。 睡眠前に忘れることで、寝ている間に頭も整理されるので、朝起きれば悩んでいたことや嫌なこともスッキリしていたり、解決法が思いつくかもしれません。

嫌なことを連想するものを失くす

記憶というのは、なにか些細なきっかけで蘇るものです。 例えば、失恋という嫌な記憶を思い出したくないとします。 その時に彼からもらったネックレスや彼と撮った写真などを見てしまえば、すぐに思い出してしまうでしょう。 嫌な記憶を思い出しやすい物はなるべくしまっておくか、処分するようにしましょう。 思い切って捨てることで、気分もリフレッシュされます。 特に男性の方が女性に比べて恋愛の物、特に昔の彼女の写真などは取ってしまいがちです。 ですが、いつまでもそこに執着していると次の行動には移れなくなってしまいます。 次に進むためにも昔の嫌な記憶を呼び起こすものは処分しましょう。

今すぐ実践!嫌なことを忘れる方法

ここからは、さらに嫌なことを思いださない方法を具体的に見ていきましょう。 楽しいことや気分の良くなる方法を知っておくことで、自然とその後も嫌なことを思いださなくなるようになります。

仕事に集中する

嫌なことを忘れる方法として、仕事に集中してみましょう。 暇な時間が多いと、嫌なことを思いだしてしまう可能性が高くなってしまいます。 仕事に集中することで、その間は嫌なことを無理やりにですが忘れることができます。 仕事で成果が出るようになれば、自分の自信にもつながるでしょう。 特に一人でいても何か考えてしまうことが多い人は、仕事で様々な人と関わることで忘れるようにしましょう。 仕事で嫌なことがある場合や、上司が嫌な場合は仕事から離れるのも重要です。 あえて違う仕事をしてみたり、転職を考えるのもおすすめです。 どんなに辛くても仕事はやらなければならないことの方が多いので、自分が快適にできる環境を作り出しましょう。

没頭できる趣味を見つける

仕事を一生懸命頑張ることもとても大切ですが、そもそも嫌なことが仕事である場合もあるでしょう。 そんな時は、没頭できる趣味を見つけることがおすすめ。 没頭できる趣味を見つけることで、余計なことを考えないようになります。 趣味であれば楽しい感情が湧きあがりやすく、嫌な気分にもなりにくいのでおすすめです。 趣味にもたくさんありますし、新しい出会いも増えるので面倒くさがらずやってみましょう。 今まで全くやったことのないものでも、やってみると意外に楽しいと感じたり、ハマる場合もあります。 何事も挑戦が大事ですので、食わず嫌いせずになんでも試してみると趣味が広がります。

体を動かす

嫌なことをすぐに思い出したり、ショックで常に泣いている人は夜眠れないということもあるでしょう。 もしくは、嫌なことを忘れる方法を考えすぎて眠れない状態になってしまうこともあります。 ですが、寝不足になればなるほど体調も崩しますし、悪い考えばかりになってしまいます。 そうならないためにも体を動かしてリフレッシュしましょう。 体を動かすことで、気分が大きく変わります。 また、疲れることで早く眠れるようになれます。 よく睡眠をとることで、気分はさらにスッキリするはずです。

ご褒美を与える

嫌なことを忘れるために、積極的に自分で自分を喜ばせてみてください。 何かに失敗してしまったり、失恋した時は自分を責めてしまうこともあるでしょう。 しかし、あなたなりに頑張ったのは事実ではないでしょうか。 仮に失敗してしまって落ち込んでいたとしても、自分を許したり、認めることはとても重要です。 好きなケーキや欲しかった洋服など、自分に少しご褒美を与えることで、また頑張ろうという気持ちになることも。 買い物をすることでストレス発散にもなるので、嫌な気分を忘れられるでしょう。 嫌なことがあったときほど自分を甘やかして、前から欲しかったプレゼントをしてみましょう。

旅行に行く

旅行をすることで、新たな発見や出会いに巡りあえるかもしれません。 今の環境とは、違った場所に行くことができるので、気分を一新できるでしょう。 日帰りや一泊の旅行でもいいですし、海外旅行などの長期的なものもおすすめです。 新たな価値観を見つけることができる可能性があります。 また、一人で旅行することで、いろいろとゆっくり考えることができるので、新たな一歩を踏み出すのにも最適です。 旅行は簡単に非日常を味わえる手段の一つでもあります。 普段は自分が住んでいる環境にしか触れられませんが、自分の慣れ親しんだ場所以外にも素晴らしいところはたくさんあるんだという新発見もできるので、ぜひ気軽に旅行に行ってみましょう。 友達や家族など大勢で行く旅行もおすすめで、悩みを打ち明けたり、普段できない話をするのにも向いています。

スポーツ観戦をする

スポーツ観戦も嫌なことを忘れる方法の一つです。 スポーツ観戦には大きな感動やドラマを生で味わうことができます。 人は誰かを応援することで、自分も頑張ろうという気持ちになることができます。 さらに、スポーツ観戦では大きな声を出す場面が多いので、ストレス発散にも最適。 スポーツ観戦をすることで、自分の悩みを吹き飛ばしましょう。

映画を見る

映画を見て、思い切り泣いたり、笑ったりすることもおすすめ。 映画には様々なジャンルがあります。 その時の気分でどっぷり悲しみに浸ってみたり、派手なアクションを見て爽快感を得てみましょう。 自分と同じ状況や全く違う状況を客観的に見ることで、自分の悩みを忘れてどうでもよくすることができます。

カラオケに行く

カラオケに行くことで大声を出して、嫌なことを忘れるのも手。 大きな声を出すというのは、それだけパワーのいることでもあるので、カラオケに行くだけでスポーツをしたような爽快感を感じることができるでしょう。 カラオケは個室で周りの目を気にすることなく大声を出せるので、ストレス発散には最適です。 逆に失恋の時などは失恋ソングなどを歌って、思いっきりその時の感情に浸ることで、スッキリするという手法も使えます。

嫌なことを忘れるためのコツ

嫌なことを忘れる方法を知っていても、しっかりとポイントを抑えてやらなければなりません。 これから紹介する嫌なことを忘れるコツを覚えて、実践してみましょう。

考える時間を作らない

まず、嫌なことを忘れるポイントは、考える時間を作らないという事です。 考える時間がたくさんあるからこそ、嫌なことを思いだしたり、悪い方へ考えるようになってしまいます。 なるべく毎日を忙しくして、考える時間を持たないようにすることで、時間が解決してくれるようになりましょう。 考えることや反省することが悪いわけではありません。 ですが、考えすぎて何もできなくなってしまうのは、良くありません。 一度じっくり考えて反省したら、後は行動して落ち込まないようにしましょう。

ポジティブな発想を心がける

多くの人はすぐにネガティブな方へ、物事を考えてしまう癖ができてしまっています。 しかし、残念なことにネガティブな思考を続けていると、さらにネガティブなことが起こってしまうことがよくあります。 そこでポジティブな発想を心がけましょう。 そうすることで、少しずつ自分に自信が持てるようになります。 自信がある人は行動的になり、いい流れに乗ることができるでしょう。

楽しいと思う贅沢をする

どれだけ楽しいことを考えて、ポジティブでいられるかによって人生の結果も大きく変わってきます。 そこで、辛いときや嫌なことを思いだしてしまうときほど、楽しいと思える贅沢をするようにしましょう。 贅沢といっても、小さいなことでOK。 あなたが笑っていれば、様々な人が寄ってきてさらに楽しくなっていくでしょう。 失恋した場合でも何かに失敗した場合でもどうでもよくなったり、解決策が思いつく場合もあります。 1つのことにこだわりすぎないのが重要です。

まとめ

嫌なことを常に考えているとネガティブになってしまいますし、さらに嫌なことを引き寄せることになりかねません。 上手く気分転換して、いい流れに変えていきましょう。 今回紹介した嫌なことを忘れる方法もぜひ試してみてください。 自分に合う方法を見つけておくことで、嫌なことがあっても、すぐに気分転換できリセットできるようになるはずです。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い