「泣きたいのに泣けない」我慢?プライド?あなたの本音とは

泣きたいのに泣けないと、ストレスが溜まってしまったり、感情をコントロールできなくなったりします。 泣きたいのに泣けない人におすすめなのが、涙活です。 感情を爆発させることで、溜まったストレスを洗い流すことができます。 今回は、泣きたいのに泣けない人の心理や特徴をご紹介します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 「泣きたいのに泣けない」我慢?プライド?あなたの本音とは
人生の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・自分が好きになれないな...自信が持てない ・なんであの時あんな事をしてしまったんだろう... ・この先どうなっていくんだろう... ・どんな道を選択をするべき? 辛い事やモヤっとした感情を抱えながら生きるのも人生です。 でも、「今からどうすると人生がうまくいくのか」将来どうなっていくのかが分かれば一気に人生は楽しくなります。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

泣きたいのに泣けないのって辛いですよね?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です! 泣きたいのに泣けないのは、本当に辛いです。 泣くことは、ストレス解消にとても有効な手段。 泣きたいほど辛いことがあるのに、泣けない時心の中はどうなっているのでしょうか? 今回は、泣きたいのに泣けない心理について解説します!

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\本来のあなたの幸せと笑顔を叶える//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

思いっきり泣きたいのはどんな時?

人生において、思いっきり泣きたい時というのは必ずやってきます。 涙脆い人もいれば、涙を流すことが苦手な人も。 どんな人であれ、泣きたい時に泣くのは、心を軽くするためには必要なことなんです。 ここでは、思いっきり泣きたくなるシーン7つご紹介します。

身内に不幸があった時

近親者はもちろんですが、たとえ親戚であっても お付き合いがある親族が亡くなれば悲しみが襲ってきます。 近親者であればあるほど、生前の思い出は数え切れないほどあり、 その一つ一つを思い出せば出すほど悲しみは深くなるでしょう。 身内に不幸があった時くらい、思いっきり泣いていいんです。 泣くのを我慢する必要は、どこにもないので深い悲しみに襲われた時は、 思いっきり泣きましょう。

失恋した時

恋人と行った思い出の場所や、一緒に過ごした日々のことは 失恋したからと言って、急に忘れられる訳ではありません。 よく、恋の悲しさは新しい恋でしか癒せないなんて言います。 確かにそれも一理あるのですが、失恋して悲しみと失意の底にある時くらい、 思いっきり泣いてみませんか? 泣けない人ほど、泣いても何も変わらないと思ってしまいがちですが、 そんなことはないんです。 思いっきり泣くことで、自分の気持ちを整理することができ、 ストレスの解消にも役立ちます。 新しい一歩を踏み出すためにも、 失恋で悲しいのであれば、思いっきり泣いてみましょう。

信頼していた人に裏切られた時

信頼していた友人や会社の同僚に裏切られた時、悔しかったり悲しかったりで泣きたくなりますよね。 けれど、信頼していた人に裏切られても泣けない時もあります。 一般的に言われていることですが、泣く時というのは、悲しかったり嬉しかったり悔しかったりなどの感情が高まった時です。 一方で、信頼している人に裏切られた時というのは、これらの感情だけでしょうか? 信頼している人に裏切られるという辛い体験をしても、泣けない原因として言われているのは、憎悪などの恨み感情が強い、自分にも原因があるんじゃないかと思っている、悲しさや悔しさが強すぎて気持ちが追いついていない、などです。 あまりの悔しさで泣けない時には、気持ちの整理がつくまで待ちましょう。

体が傷ついた時

体のどこであっても、怪我をすれば痛いです。 その痛みから泣きたくなりますが、なかなか大人になって怪我をして泣くというのは少なくなりますよね。 子供の頃なら転けただけで、思いっきり泣くこともできました。 これは、泣くことで、痛みから泣くことに神経をそらすことで、痛みを軽減する効果があるんです。 けれど、大人になって怪我くらいで号泣していたら、さすがに恥ずかしいですし、泣くよりも次にそうならないための対策を考えましょう。 怪我をしても泣かないことで、強い人だというアピールができますよ。

何かに失敗した時

無料!的中人生占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と本質 2)あなたが持っている才能/適職 3)あなたが自信を持つ方法 4)自分が嫌い。変わるには? 5)幸せになるためにすべき事は? 6)人生が辛い、つまらない。好転はいつ?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

仕事で失敗して、自己嫌悪で泣きたくなることは誰にでもあります。 他の人はできているのに、なんで自分はできないんだろうとか、職場の先輩にみんなの前で叱責され悔しくてたまらないとか、泣きたくなる場面はたくさんあるでしょう。 もし、職場で泣いてしまったら、すぐにトイレに行くなどして、みんなの前で泣き続けるのはやめた方がいいです。 泣かれることで、職場の空気が悪くなってしまいますし、言った方が悪者になり、正当な注意出会ったとしても、それ以上言えなくなってしまうからです。 悔しい、悲しい、自分が嫌になったなど、泣くことでスッキリできることもありますから、泣くのは家に帰ってから思いっきり泣きましょう。

ストレスが溜まってしまった時

泣くことは、ストレスの発散になるので、ストレスが溜まっている時に泣くことを「涙活」というくらいです。 涙活はとても効果的なのですが、そもそも泣きたくなるほどのストレスをためないようにしないといけないんです。 ストレスは万病の元とも呼ばれていて、ガンなどの原因になる可能性さえ言われているんです。 泣くくらいのストレスが溜まっている状態が常態化してしまうと、精神的な病に繋がる危険性も。 泣いた後もなんとも言えない寂しさが抜けないという人ほど危険なので、ストレスを発散できるようにしましょう。

不安でたまらない時

仕事でもプライベートでも、不安で不安でたまらなくて泣きたくなる場面というのはあります。 泣くことでスッキリできるなら、それでもいいのですが、不安や悲しみといったネガティブなことばかりに注目する癖がついてしまうのはよくないです。 考え方の癖を変えるのは難しいですが、できるだけポジティブなことを記憶に残すようにしましょう。 ネガティブなことに心を縛られてしまうことで、せっかくポジティブなことが起こっても気づけなくなってしまうのです。 その結果として、どんどん泣きたくなる状況から抜け出せなくなってしまうので、不安でたまらない時には、一度だけとことん泣いて、前を向けるようにしましょう。

なぜ思いっきり泣きたいのに泣けないの?

様々な辛い場面に遭遇すると、誰だって泣きたくなります。 泣きたい時に泣ければいいのですが、素直に泣けない時もありますし、むしろ泣くのが苦手な人だっているんです。 ここでは、素直に泣けない、泣くのが苦手な人の心理を9つご紹介します。

人前で泣くのは恥ずかしい

「人前では絶対に泣かない」 そんな風に決めている人も多いため、泣きたい時に泣けないという現象が起きてしまうのです。 人前で泣かないと決めている人の心理としては、人前で泣くことが恥ずかしく、どんなに泣きたい気分であったとして、人がいるうちは絶対に泣きたくないと、自分の気持ちにブレーキをかけてしまいます。 人前で泣くのを我慢してしまう人は、自分の弱い部分を見せられない人や強がりな人が多いです。 ある程度メリハリをつけて、人前で泣かないというのも悪いことではないですが、我慢しすぎて一人になっても泣けなくならないように気をつけたいですね。

泣いても解決しない

小さい時によく泣いていた人にありがちなのですが、泣いても物事が解決しないことをわかっているので、むやみに泣かなくなるんです。 確かに泣いて何かが解決することは、大人になるとほぼないです。 ですが、泣きたいほどの気持ちを溜め込むのもよくないので、泣く以外の気持ちの発散方法を見つける必要があります。 こういったタイプの人は、嫌な言い方をすれば冷めていると言えますが、よく言えば冷静で客観的に自分を見れているとも言えますね。 泣くよりも、問題を解決しようと先を見ているということでもあるので、ストレスを溜め込まなければ、何も問題はありません。

泣きたいレベルまで達していない

泣きそうで泣けない時は、泣くほどのことではない場合がほとんどです。 もちろん、泣くまでのレベルは人それぞれなので、第三者からみてなんで泣かないの?我慢してる?と思うことであっても、本人が別にそうでもないと思っているのであれば、それでいいのです。 泣く前段階として、感情的に怒ったり悔しがったりしますが、その段階で気持ちが治ってしまうので、泣くところまでいかずに終わってしまいます。 「泣くもんか」と精一杯我慢してストレスがたまるのはよくないですが、自分の中で泣くほどのことじゃないと納得できているのであれば、大丈夫なのです。

精神状態がコントロールできない

精神的に追い詰められてくると、気持ちをコントロールできなくなってしまいます。 精神的なコントロールができなくなる理由として、人間関係がうまく行かないことなどが挙げられます。 自分は一生懸命やっているのに、なぜか自分ばかり怒られたり、自分の方が評価されるはずだと思っていたのに、同僚が昇進したりなど、自己評価と周囲からの評価が一致しないと、精神的に追い詰められてしまうんです。 精神的に追い詰められてくると、だんだん無気力になっていき、感情がなくなってしまいます。 この状態になってしまいやすいのは、他人と自分を比べたり、他人の考えに左右されやすい人ですので、精神的に追い詰められないためにも、自分の考えを持つようにしましょう。

泣いたらもう頑張れない

一度泣いてしまうと、心が折れてしまって頑張ることができなくなってしまう人がいます。 元々頑張り屋さんな人に多いのですが、泣くことを最終段階だと捉えているため、泣いてしまった時「もう終わりだ」と考えてしまいます。 そのため、できるだけ泣かないように歯を食いしばって頑張るのですが、自分を精神的に追い込むことにも繋がりますので、できることなら泣きたい時は泣く方がいいんです。 泣く=終わりと考えるのではなく、泣くことで気持ちを新たに頑張るんだくらいの気持ちの方が、精神的に楽に過ごすことができます。

泣いたら自分が壊れるかもしれない

普段あまり泣かない人は、泣いてしまう事で、自分が自分でなくなってしまうような感覚に陥ってしまう人がいます。 決してそんなことはなくて、喜怒哀楽は誰にでもあるものです。 悲しい時や悔しい時だけでなく、嬉しくても人は泣きますよね。 つまり、感情が高ぶれば人は泣くようにできているので、泣くことは特別な事ではないんです。 けれど、普段あまり泣かない人にとっては、泣いてしまった後の気持ちの立て直し方がわからないんですよね。 そのため、泣いたら自分が壊れてしまうかのような感覚になってしまいます。 泣きたい時に泣かずに溜め込む方が、自分を壊すことに繋がるので、泣きたい時には怖がらず泣く方がいいんです。

泣いたらもう笑えない

泣くことが重大なことだと思っていて、泣くことで気持ちのセーブが効かなくなってしまうと考えている人は、一度泣いてしまうともう笑えないんじゃないかと思ってしまいます。 泣くことはストレスの解消になりますが、それと同時にとても体力も精神力も使うので、ギリギリの状態で泣いてしまった時に、戻ってこれないような感覚に陥るんです。 別に、泣いたからって何かが終わるわけでも、始まるわけでもないです。 むしろ、心を洗い流す手段くらいに捉えておくと、泣くことで心機一転頑張ることができるようになる可能性も。 気持ちや考え方を変えるのは時間がかかりますが、泣いたら終わりなどと自分を追い込むのは、あまりいい事ではないです。

強がりな性格

強がりな人は、人に弱みを見せることができません。 その理由は、自分の弱さを見せることで、その弱い部分に付け込まれたり、人から下に見られてしまうことに恐れているからです。 自分の弱さを人に見せられる人が、本当は強い人だとはよく言われます。 それはまさにそうで、弱いからこそ自分は強いんだと周囲にアピールするんです。 弱い自分を認めたくないという心理もあります。 そのため、人前で泣くことはもちろん、たとえ一人であっても泣くことが負けたことを認めてしまうような感覚があるので、強がっている人はあまり泣かないのです。

家庭環境

泣きたいのに泣けない人は、家庭環境も大きく影響しています。 小さい頃から、家庭で「泣くことは恥ずかしいことだ」と言われて育った人というのは、泣くことに抵抗があり泣けなくなってしまうのです。 また、泣くことで怒られた経験があればあるほど、泣くことをグッとこらえてしまいます。 この時、本当に泣きたくないのであれば、問題はないのですが、泣きたいのに泣けないとなると、気持ちを堪える分ストレスはかなり溜まってしまいます。 全ての場面において泣いてはいけないのではなく、泣いていい場面もあるんだと自分で理解していく必要があるんです。 すぐには無理でも、時間をかけて気持ちの整理をつけることで、自分の気持ちに素直になることができます。 このように、素直になるというのは、ストレスから自分の気持ちを解放するのにとっても大切。 少しづつでも、泣きたい時に泣けるようにしたいですね。

泣きたいのに泣けない人の特徴とは?

泣きたいのに泣けない人の特徴はどのようなことがあるんでしょうか? 泣きたいのに泣けない人というのは、性格的なことはもちろんですが、育ってきた環境も影響してくるんです。 泣くことに対してネガティブなイメージを持っている人の特徴を5つご紹介します。

プライドが高い

プライドが高い人は、自分が完璧でありたいと思います。 そのため、人前で失敗したり責められたりすると、プライドが傷つけられとても感情的になってしまいます。 この時、素直に感情的になれればいいのですが、自分の感情に素直になれない人も。 自分の感情に素直になってしまうと、自分の弱さを認めてしまうことになってしまいますよね。 つまり、自分の感情に素直になれない人というのは、プライドが高すぎる人と言えます。 その高すぎるプライド故に、自分の不出来や自分の弱さを認めることができないんです。 そのために、行き場のない感情によって、ストレスを抱えることにもなってしまいます。

ネガティブ思考

何やっても結果が出ないとかどうせ自分なんて…と何に対してもネガティブ思考になる人っていますよね。 別にそれがダメだと言っているわけではなく、ネガティブ思考でも泣きたい時に泣けるんだったら特段支障はないです。 けれど、日頃自分の感情を抑えていると、どこかで爆発するときはきますよね。 その爆発が、大切な人とお酒を飲んでいる時に、泣き上戸として出てしまうと、相手によっては信頼を失ってしまう可能性だってあるんです。 そんな失態を犯さないためにも、自分は不甲斐ないとか自分はできない人間だなんていう、ネガティブな感情は溜め込まず、泣きたい時には泣いておきましょう。

思い込みが激しい

仕事で何かミスをして上司から「次からはもっとこうしたほうがいいよ」とアドバイスをもらったとしますよね。 このアドバイスを素直に受け止め、次に活かせたらいいのですが、思い込みの激しい人というのは、アドバイスをネガティブな方に受け取ってしまうんです。 例えばですが、「あんな言い方をするというのは、もう見放されたんだ」とか「私ができなさすぎるから、もう無理なんだろうな」とか。 こんな風にネガティブな方にばかり考えてしまうと、ストレスが溜まってしまいます。 この時、思いっきりなければ、ストレスも涙と一緒に洗い流されるのですが、泣けない人はずっとその思い込みを引きずったまま過ごすことになるんです。

感情移入が苦手

泣ける本や泣ける映画など、すぐに泣ける女性はそう言ったもので涙を流してスッキリすることができます。 けれども、感情移入しにくいタイプの人というのは、感動できる映画を見ても「お涙頂戴の展開だなー」と変に冷めた目線で見てしまうんです。 こう言ったタイプの人は、映画や本だけでなく、結婚式やプロポーズなどの本来感情が爆発して涙を流す場面でも、どこか第三者的な感じで見てしまうので、泣けないんです。

ストレスを溜め込みがち

ストレス解消のために、泣くことはとても有効だとお伝えしてきました。 けれど、ストレスが溜まりすぎると、自律神経が乱れてしまい感情のコントロールがしづらくなります。 感情のコントロールができなくなってくると、涙が止まらない人もいれば、泣けなくなってしまう人もいるんです。 感情を表に出せないほうが、目に見えない負担が積み重なっていくので、気が付いた時には精神的にかなりの負担を背負ってしまっているということにもなってしまいます。

どうしたら泣けるようになるのか?

泣くのが苦手な人が、泣けるようになるために有効なのが涙活です。 涙活とは、泣ける映画や本を見て思い切り泣くことで、ストレスの解消に有効だとされています。 同じストレス解消に有効だとされている笑活(笑うことでストレスを解消すること)よりも、涙活が注目を集めているのは、現代人にとって泣くことが簡単ではないことを意味しています。 人前で思いっきり笑うことはできても、人前で思いっきり泣くことはできづらいですよね。 そんな泣けない人のために、涙活に最適な泣ける本や映画をご紹介します。

泣ける映画を観る

涙活にぴったりなのが、泣ける映画です。 映画を見て、感動するポイントは人それぞれですから、あなたが泣きやすい映画があるならそれでいいんです。 ただ、ここ最近映画を見て泣いてないな…という人に、ぜひ見てもらいたい映画をご紹介します。

余命一ヶ月の花嫁/この世界の片隅に/火垂るの墓/永遠の0など

この4作品に限った話ではないですが、人が亡くなる描写のある映画というのは、高確率で泣けます。 まず余命一ヶ月の花嫁という作品は、24際の若さで乳がんになった主人公の「ウエディングを着ること」という夢を叶えるために、婚約者が模擬結婚式を行うというもの。 若くして病気と戦っている主人公の姿は、胸にくるものがありますし、結婚を控えている本来なら幸せなはずの時に、余命一ヶ月と宣告されてしまった主人公や周りの悲しみは想像を絶します。 そして、この世界の片隅に・火垂るの墓・永遠の0は戦争をテーマにした作品です。 この世界の片隅には「戦争と広島」がテーマですし、火垂るの墓は言わずと知れた戦争時代を生きた兄弟の切ない話。 そして、永遠の0は零戦パイロットに焦点を当てた作品です。 このような、シリアスで泣ける映画を見ることで、心に溜まった感情を洗い流してください。

泣ける本を読む

泣ける本といえば、感動小説ですよね。 小説を読まない人からすれば、小説で泣く?と疑問に思うかもしれませんが、小説というのは映画のように決まった情景はありません。 文字を読み、自分でシーンをイメージするので、想像力が豊かな人であれば、映画よりも感動小説の方が泣けるという人もいるくらいです。 オススメの感動小説をご紹介します。

君の膵臓を食べたい/世界から猫が消えたならなど

君の膵臓を食べたいと世界から猫が消えたならは、泣ける感動小説として有名で、どちらも実写化されている人気作です。 この2つに共通しているのは「余命僅かの主人公」という点です。 君の膵臓を食べたいは、よくあるラブストーリーですが、君の膵臓を食べたいというキャッチーなタイトルで注目を集めた作品でもあります。 一方で世界から猫が消えたならは、悪魔に「物を一つ消す代わりに君の命を1日伸ばしてあげる」と提案され、色々なものを消す提案の中には、主人公が飼っている猫を消すという提案が。 どちらの作品もとても考えさせられる作品で、泣きたい人にはぴったりな作品です。

泣けるドラマを見る

映画と似ていますが、泣けるドラマも涙活にはおすすめです。 今はアマゾンなどの映像サービスで過去のドラマも好きな時に見ることができるので、わざわざDVDをレンタルしに行かなくても手軽に見ることができるのがメリットですよね。 編集部がオススメする2本の泣けるドラマをご紹介します。

僕の生きる道/1リットルの涙

僕の生きる道は、2003年に草なぎ剛主演でオンエアされたドラマで、余命宣告によって自暴自棄になり自殺未遂まで起こした主人公が、信頼できる女性に出会い結婚をします。 主人公の葛藤や余命を知りながらも懸命に支える恋人の姿がとてもグッときて泣ける作品です。 もう一つの一リットルの涙は、2005年に沢尻エリカ主演でオンエアされたドラマで、中学生で難病を発症した主人公が「ただ生きるだけでも素晴らしいことなんだ」ということを教えてくれます。 どちらも、余命僅かな主人公が、限られた時間を生きる中で、私たちが普段気づけない大切なことを教えてくれるドラマなので、涙活には最適のドラマです。

一人で泣く

辛いことがあって泣きたくても、人前で泣くなんてできない。 そんな人は、一人になった時に思いっきり泣いてください。 家に家族がいたら、泣いてることを悟られてしまうとつい我慢しがちですが、オススメの場所があるんです。 一人で泣くのにぴったりな場所は、お風呂。 お風呂でシャワーを出しながら思いっきり泣くと、多少嗚咽していても、シャワーの音でかき消されるので、あなたが泣いていることがバレることはありません。 たった一人で、思いっきり泣くことは、心を洗い流すのに必要なことなので、ぜひ思いっきり泣いてください。

泣いた後は切り替える

思いっきり泣いた後は、次に進めるように気持ちを切り替えましょう。 せっかく泣いてスッキリできたのに、いつまでも辛い原因になった出来事に縛られていると、前にすすむことができません。 無理に「切り替えなきゃ!」と焦ってしまうと、余計に気持ちを切り替えることができませんので、思いっきり泣いた後は自然に任せましょう。 おすすめの気持ちを切り替える方法としては、軽いウォーキングなどの運動や通勤経路を少し変えてみるなど、生活を少しだけ変えるだけでも気分転換になります。 思いっきり泣いて、ぐっすり寝るだけでも随分違うんです。 けれど、何やっても引きずってしまって、気持ちを切り替えれないなら、とことん落ち込んでみてください。 落ち込むだけ落ち込んだら、落ち込むことに飽きたなという瞬間がくると言います。 時間が解決してくれるというのも、一つの方法なので、気持ちを切り替えて前に進むためには何が必要なのかを考えてみてください。

【まとめ】泣きたい時に泣くことは悪いことではない!

泣くことを恥ずかしいとか悪いことだとかそんな風に思う必要はありません。 泣くことは、人の感情をコントロールするのに適した方法なので、泣きたい時には泣くというのはとっても理にかなっているのです。 実際に、リアルな場面で泣けないのなら、映画やドラマで涙活をしてみてください。 一人で泣くことから始めれば、泣くことに慣れて自然と泣けるようになります。 泣きたい時に泣くことをためらわずに、たまには思いっきり泣いてみてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧