依存体質は克服できる?依存体質の原因と特徴を理解し解決方法を探る!

依存体質が悪化すると自分が苦しい思いをするだけでなく、周囲にまで迷惑をかけてしまう恐れがあります。そんな依存体質を克服したい!というあなたのために、この記事では『依存体質の克服法』をご紹介しています!「自分が依存体質(の傾向がある)か知っておきたい!」という人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 依存体質は克服できる?依存体質の原因と特徴を理解し解決方法を探る!
カップルの恋愛の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い? ・彼は結婚する気ある? ・別れそうで辛い... ・もしかして...彼は浮気してる? そういった彼氏さんとの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

依存体質を治したい!

こんにちは!MIROR PRESS編集部です! 「依存体質を治したい」という思いはあっても、克服方法が分からなければ難しいですよね? それに、依存体質の克服法は原因や症状の特徴から人によって適切な方法が異なります。 そこで今回は、克服法に加え依存体質の原因や特徴なども一緒に解説しくので、依存体質を治したい人はぜひ最後まで目を通してみてくださいね!

あなたの人生が変わるきっかけは?

今、あなたはとても辛いのではないでしょうか? ただ、辛い時にはそれなりの理由があります。 しかし、多くの場合は後から「あの時はああいう理由で辛かったんだ」と何かのきっかけで気付く事がほとんどです。 辛い時というのは思考がまともにできない状態とも言えます。 まともに思考ができない状態から抜け出すための手段はいくつかありますが、 一番効果があるのは「今の自分の辛さや大変さ」これを素直に話して誰かから客観的なアドバイスを受け入れる事です。 MIRORでは有名人やアスリートも含む1000人以上の人生相談に乗ってきたプロが、秘密厳守であなたのために本気でアドバイスをしています。 今は辛くても、気付く事で世の中の全ての人に大きな幸運や転機の可能性が開かれています。 今、辛さを感じている人は是非一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

そもそも依存体質とは?

たとえば、身近に依存体質の人がいて悩まされていたり、自身の依存症状に気付ければ調べる機会が自然と生まれるはずなので、依存体質についての知識や理解も多少は身についているかもしれません。 しかし、周りに依存体質の人がいなかったり、依存体質の自覚がない人からしたら、「依存体質って何?」「依存体質だと、どんな状態になってしまうの?」と疑問だらけでしょう。 依存体質を克服するにも、依存体質か見極めるにも、まずは基本知識を頭に入れておかなければなりません。 そこでここからは、依存体質の特徴を恋人依存症の例にあげて男女別に解説していきます!

依存体質の特徴

依存体質の特徴を見ていく前に、言葉の意味から確認していきましょう。 まず「依存」とは、人や物など特定の何かに頼って存在・生活すること。 依存対象は様々で、人や物や動物以外にも、ギャンブル・お酒・たばこ・スマホ・買い物・ホストやキャバクラなど多岐に渡ります。 みなさんも「依存症」という言葉は聞いたことがあるのでは? 「それ(=依存対象)がないと生きていけない!」とか「辞めたくても辞められない(辞めるのが怖い、という感情がある)」といった感じで、自分で対処するのも難しくなっている状態は、まさに依存症に陥っている大きな特徴です。 依存体質な人も程度に差はあれ、特定の何かに心を奪われ、その状態から抜け出せなくなってしまう恐れがあるわけです。 無自覚で何かに依存してしまうケースも珍しくないので、あなたも注意してください。

依存体質の男性はこんな人

依存体質と言っても依存対象は幅広いので、ここでは「恋人依存体質」について男女別の特徴をご紹介していきます! まずは男性からです。 〈恋人依存体質な男性の特徴〉 ・恋愛経験が少ない 経験が少ないから、「自分を愛してくれるのは彼女だけだ!」とか「彼女以上に自分にピッタリな女性はいない!」と思い込んで、恋人に執着してしまいます。 ・嫉妬心が強い これは自分に自信がないことが原因とも考えられます。 自信がないせいで、恋人が自分のもとから離れて行くことを極端に恐れ、過度に嫉妬や束縛してしまうのです。 ・承認欲求が強すぎる 承認欲求とは「認められたい!」と思う気持ちのこと。 恋人は自分の価値を認め、受け入れてくれる存在でもあります。 人間は自分に利益を与えてくれる存在に対して、「手放したくない」と思うもの。 しかし、その思いが強すぎると相手への依存に変わってしまうのです。

依存体質の女性はこんな人

続いては女性編です。 〈恋人依存体質な女性の特徴〉 ・「恋人の全てを把握したい!」と考えている 彼氏がどこで何をしているか常に気になったり、彼のスケジュールを細かく聞かないと気が済まなかったり、返信が数分遅れただけで彼の愛を疑い「遅い!」とキレたり…という女性は恋人への依存心がかなり強いと言えます。 ・自立した恋愛ができない 恋人依存に陥りやすい女性は、「ひとりの時間は寂しいだけ…彼が一日中そばにいてくれないと無理!」と考える傾向にあります。 自立した恋愛ができないと、恋人との適切な距離感も保てないので、彼にも「彼女の愛が重い…」と思われがちです。 ・悲劇のヒロイン思考 恋人に依存しやすい女性は、悲劇のヒロイン思考である特徴もよく見られます。 「誰も私の存在価値なんて認めてくれない!」「誰からも愛されない私はなんて可哀想なの…」などと思い込みがち。 だから、ストレートに愛情表現をしてくれる恋人に依存してしまうのです。 後で『依存体質な人の特徴』も説明するので、他の特徴が気になる人はぜひそちらも目を通してみてくださいね。

依存体質になる原因

依存体質の基本的な事について見てもらいました。 続いては、依存体質になってしまう原因について解説していきます。 依存体質の自覚がある人は、自分がどの原因に当てはまるかチェックしてみましょう。 また、依存体質の家族・友人・恋人・知り合いがいる人も、以下の解説を一読して依存体質についての理解をさらに深めてみてください。 相手の事を深く知れば、上手に付き合って行くこともできるはずです。 それでは見ていきましょう!

自分を犠牲にする

依存体質になってしまう原因には、自己犠牲の精神が関係していると考えられています。 自己犠牲とは、他の人や物の為に自分を犠牲にするということ。 しかし、依存体質な人の自己犠牲精神は、相手の為というより自分の為に抱いている節があります。 たとえば、恋人に依存している場合、相手が暴力を振るったり過度な束縛をしてきたとしても、「自分さえ我慢すれば、恋人を失わずに済む」と考えてしまうのです。 これは、「依存するものがなくなってしまうのが怖い…」という、依存症に陥っている時の思考と似ています。 そんな強い自己犠牲精神のせいで、依存体質の人は常に高いストレスにさらされてしまうのです。

自信がない

無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
何かに依存してしまうのは、自分に自信がない証拠。 依存体質の人は、自分で己の存在価値を認められないから他人の評価を求めようとします。 他人に評価されたいあまり、「自分を犠牲にしてでも他人に尽くそう(=そういう自分こそ価値がある)」と考えてしまったり、自分を認め評価してくれる人や自分より優秀な存在に対して依存する傾向にあります。 恋人の他にも、チヤホヤしてくれるホストやキャバクラ、カリスマ性のあるアイドルに依存するのがその例です。

家庭環境が影響

依存体質になってしまうのは、特に幼少期の家庭環境に原因があるケースもあります。 たとえば、両親や周りの大人達から過保護に育てられたり、あるいはその逆で、あまり構ってもらえなかったりすると、依存体質になりやすいのです。 過度な愛情を受けて育った人は、「周りの人に愛され、甘やかされるのが当たり前」という感覚で育ちます。 ですが実際は、自分の事を甘やかし愛してくれる人ばかりではありませんよね? だから、自分と仲良くしてくれる友達や愛してくれる恋人に依存しがちなのです。 一方、親から十分な愛情を受けて育ってこなかった人は、幼少期の愛情不足を取り戻すかの如く、自分に構ってくれる友達や愛してくれる恋人に愛情を求めて依存してしまいがちになります。

トラウマがある

過去のトラウマが依存体質に繋がっている場合もあります。 トラウマが克服できていないと、その時の傷から逃れるために何かに依存し、それを心の支えとしようとするのです。 たとえば、過去に恋人から酷い裏切られ方をしたのがトラウマとなった場合、「心の傷を仲の良い友達に癒してもらおう…」と考えて「友達」という対象に依存してしまうパターンがあるわけですね。 この場合、トラウマを克服することで依存体質からも抜け出せます。 しかし、トラウマを克服するには辛い過去と向きわなければなりませんし、トラウマが大きいほど依存心も強くなるので、場合によっては依存体質から抜け出すのに相当な時間がかかると言えるでしょう。

遺伝

依存体質になってしまうのには、遺伝が影響しているケースもあるでしょう。 両親または身内に、依存体質な人はいませんか? ちなみに、この場合の遺伝は科学的なものではなく、心理的なものになります。 依存体質になる遺伝子が受け継がれているわけではなく、依存体質な親や家族に育てられることで自然と依存体質になりやすい環境ができあがるというわけなのです。 たとえば、親が買い物依存症で子供も一緒に連れ出し好きな物を買い与えていたとすると、子供は「好きな物が手に入って嬉しい!」と感じ、親と同じく買い物依存症な大人に成長する可能性が高いということになります。

依存体質な人の特徴7つ

ここからは、依存体質な人の特徴を説明していきます! 今からご紹介する特徴に多く当てはまった場合、依存体質である可能性が高いと言えます。 依存体質は本人が自覚できていないケースも珍しくありません。 なので、自分が依存体質か気になる人だけでなく、「自分には縁がない話だ」と思っている人もぜひチェックしてみてください。 すでに自覚がある人も、自分の依存心がどのくらい高いか確認してみましょう。

1)すぐ人を頼る

依存体質の人は何かあるとすぐに人を頼ろうとします。 たとえば、自分で解決しなければならない事なのに、「どうしたらいい?」「ひとりじゃ無理…」と周りに頼り、挙句の果てには他人に押し付けようとするのです。 依存体質の人は他人に合わせることは得意なのですが、自分で選択して行動することが大の苦手。 自分に自信がないから、「自分で決めたらどうせ失敗する」とか「失敗して責任を追いたくない!」という気持ちがあるのかもしれません。

2)仲良しや好きな人と常に連絡を取るなど繋がっていたい

仲良しの友達や好きな人と常に連絡を取りたがるのも、依存体質な人の特徴のひとつです。 暇さえあれば、大した用事もないのに「今、何してるの?」などと連絡をします。 相手からの返信がなければひたすら催促し、気付けば数十件ものメッセージが溜まっていることも! 友達や恋人からしたら「しつこい」を通し越して、もはや恐怖でしかありませんよね…。 そんな依存体質の人には、「常に依存対象者(=友達や恋人)と繋がっていたい」という寂しさや不安に近い感情があるのです。 ですが本人は、「相手の事が好きだから、そう思うのは当たり前!」と考え、自分が依存体質であると気づいていない場合も…。

3)他人に流されやすい

依存体質の人は基本的に、自分の意見を持っていないor自分の意見に自信がないので、他人に流されやすい一面を持っています。 たとえば、「このアイドルすごく好きだな!」と思っても、友達が「あのアイドルは歌がうまくないよね」とか「ルックスがイマイチ…」と話しているのを耳にした途端に、「好き」という気持ちが一瞬にして消えてしまうのです。 そうやって自分だけの価値観に自信が持てないので、友達や恋人に「どう思う?」とか「これでいいかな?」と頻繁に確認しないと不安で仕方がなくなってきます。

4)常に誰かと行動を共にしたい

「仲良しの友達や恋人と一緒にいたい」「ひとりは寂しいから誰かと一緒に行動したい」と思うのは自然な事ではありますが、依存体質な人の場合はその度合いが少々行き過ぎています。 というのも、「何をするにも常に一緒じゃないと気が済まない!」というレベルで、半ば強引に相手を巻き込もうとするのです。 たとえば、友達や恋人が移動する度に金魚のフンのようについて回ったり、休日の度に「どこか遊びに行こう!」と(特定の相手を)誘ったり、「買い物に行きたいんだけど、一緒について来てほしい」と頼むことが頻繁にあったり…。 相手が迷惑している様子が目に見える状態なら、間違いなくその人に依存していると言えるでしょう。

5)独占欲が強い

依存体質の人は独占欲が強いです。 独占欲とは、「独り占めしたい!」と思う欲求のこと。 独占欲が強い人は、自分のものが他の人の手に渡ったり失われることを極度に恐れているのです。 これは「依存対象がなくなるのが怖い」と考える依存症の人と似ていますね。 だから、恋人が自分から離れない様に過度な束縛をしたり、恋人が別れを匂わせてきたら死に物狂いで別れを阻止しようとするのです。

6)誰でもいいから優しくされたい

依存体質の人には「誰でもいいから優しくされたい」という心理があると考えられています。 「他人から優しくされている・愛されている」といった実感が得られないと、不安になってしまうのです。 依存体質の人は愛情に飢えているので、自分に対してちょっと優しくしてくれたり、好意を向けてくれる人にはすぐに懐き、そのまま相手に依存してしまうことも珍しくありません。

7)言い訳しやすい

依存体質な人の思考は自己中心的とも言えます。 依存行為も自分の為に行っていることですし、依存状態時は自分の事で精一杯で周りの事は見えなくなっています。 また、依存の根底には「傷つきたくない」「自分は悪くない」という現実逃避があるとも言えます。 なので依存体質の人は自分の行動に責任が持てません。 そういった理由があり、状況が悪化した時や物事が思い通りに進まなかった際に言い訳してしまうのも、依存体質の人の特徴になります。 酷い時は、依存対象者に責任転嫁してしまうことも…。

依存体質になりやすい性格

『依存体質な人の特徴』を見てもらいましたが、あまり当てはまらず安堵している人もいるのではないでしょうか? しかし、安心するのはまだ早いかもしれません…。 というのも、実は依存体質になりやすい性格があるのです! 今は平気でも、いつ何がきっかけで依存症状が出るか分かりません。 ここからは、そんな『依存体質になりやすい性格』をご紹介していきます! 当てはまってしまった場合はこれから注意し、念の為に後で紹介する依存体質の克服法も確認しておいたほうがいいかもしれません。

寂しがり屋

寂しがり屋の人は、「誰でもいいから一緒にいてほしい」なんて思いがちなのでは? その寂しさを自分の中でうまく消化することができればいいのですが、寂しさに耐え切れず、友達に連絡してしまったり、恋人に会いに行ってしまうことが多い場合は、依存体質予備軍と考えられます! もし、「寂しいな…」と感じた時に特定の人の顔が思い浮かぶなら、すでにその人に依存気味と言えるかも…。

かまってちゃん

寂しがり屋と似ていますが、かまってちゃんも依存体質になりやすい性格と言えます。 自分が「寂しい…」と感じた時に、相手の都合はお構いなしに「かまって!かまって!」とベタベタしてくるのがかまってちゃんです。 そういったあからさまな態度でなくても、たとえば、SNSで他人の気を引くような意味深な発言(「はぁ…」「ヤバい!」「どうしよう…」の一言だけなど)を投稿して、遠回しに「かまって」アピールをする人もいますよね? そういう人も依存心が強い可能性があると言えるでしょう。

打たれ弱い

打たれ弱いのも、依存体質になりやすい性格のひとつ。 打たれ弱い人は何かあるとすぐに落ち込んでしまいますが、それは自分のキャパシティを超えるストレスにさらされる機会が多いのと同じなのです。 そんな風に強いストレスを受け続ければ、精神的に不安定になってしまいますよね? 極限まで心が弱って来ると、現実逃避をして自分を保とうとする人もすくなくありません。 なので、打たれ弱い人は何かに依存しやすい傾向にあると言えるのです。

依存体質は治せる?

それではいよいよ本題の、依存体質の克服法をご紹介していきます! ひとつ注意してほしいのが、以下の克服法を全て実践したからといって、短期間で目に見えるほど効果を実感できるわけではないということ。 依存心が強ければ強いほど、克服までには相当な時間が掛かると覚悟しておいてください。 重要なのは、成果が出るまで(無理のない範囲で)継続するということ! 諦めてしまえば依存体質からは抜け出せません。 続けていれば、徐々にですが依存症状が減ってくるのを実感できるはずです。

必要ない連絡はしない

まずは人にすぐ連絡をする癖を改めましょう! 事務的な連絡や緊急、特別な要件がない限りは連絡(電話・メールやLINE)をしないようにするのです。 とはいえ、いきなり連絡回数を極端に減らすのは辛いでしょう。 そういう時は、「こちらからの連絡は1日に1回だけにする」と制限をつけたり、特定の人に大量の連絡をしている場合は他の友達数人に連絡をして気を紛らわせたりしましょう。 また、強制的にスマホから離れる時間を1日の中で作るのもオススメです!

携帯の電源を切る

連絡頻度を減らすためにも、思い切って携帯の電源を切るのもアリです! すぐに連絡できる状態にあるから甘えてしまう=依存してしまうとも言えます。 すぐに連絡できない状況を作ったり、依存しているものを視界に入れなければ、依存の欲求が無駄に高まることもありません。 携帯の電源を切って距離を置く習慣をつければ、徐々に連絡への意識も薄れてくるはずです。

自分の感情を書き出してみる

自分の感情を紙に書き出してみるのも、依存体質を克服する方法のひとつです。 気持ちがモヤモヤしたら、「寂しい…」「恋人に会いたい」「友達に連絡したい」と、思っていることをできるだけ細かく具体的に書いてみてください。 自分の気持ちを言葉に表現し記すことで、自身を客観的に見つめ直すきっかけにもなります。 すると、自分の依存心がどのくらい強いかも見えてくるはずです。 さらに、気持ちを何らかの形にして外に吐き出すという行為は、ストレス解消にも繋がります。 ストレスが発散され心が安定してくれば、依存への欲求も収まってくるでしょう。

気持ちをコントロールできるようにする

精神的に不安定なままでは、依存状態からもなかなか抜け出せません。 依存体質を克服する為にも、気持ちをコントロールできるようになりましょう! とはいえ、気持ちを自在にコントロールするのは誰にとっても難しいこと。 まずは負の感情により気持ちが昂った際に心を落ち着かせるところから始めてみましょう。 気持ちを落ち着かせる方法は、依存行為以外なら何でも構いません。 深呼吸をしたり、音楽を聴いたり、好きな香りを嗅いだりなどして、気持ちを落ち着かせるのが定番ですよ。

自分の好きなところ、長所を書き出す

依存体質を克服するには、自分に自信をつけることが大切。 そして、自分を好きになり自分の存在価値を認めてあげることが、自信をつけることにも繋がります。 そこで、自分の好きなところや長所を紙に書き出してみましょう! たとえば、「仕事を真面目に頑張っている」「今の髪形が似合う」「協調性がある」「目が大きい」など。 どんなに些細な事でも構わないので、できるだけ多く書き出すのです。 € その紙を見れば自分の価値にも気付けますし、それが自信にも繋がるでしょう。

恋愛以外のことに取り組む

特に恋愛・恋人に依存している場合は恋愛以外の事に取り組むのも、依存体質の克服法として非常に効果的です。 恋愛以外の事が充実してくれば心に空いた穴もそれで満たせるので、自立した恋愛ができるようになり恋愛や恋人に依存しなくて済みます。 たとえば、新しい趣味を始めてみたり、仕事や勉強を頑張ってみたり、交友関係を広げるのもいいかもしれませんね。

自分の意思を強く持つ、発言する

依存体質を克服するには自分の意思を強く持ち、その考えを積極的に発言することも大切。 自分の考えに自信がないのは分かりますが、そこですぐに他人を頼っていたら状況は変わりません。 間違っても良いので自分の意志で行動してみてください。 それに、間違いは成長に繋がるので極端に恐れなくても大丈夫です。 自分の意志を持ったら、今度はそれを言葉に出して周りに伝えてみましょう。 きっと勇気が要ることだと思いますが、周囲の意見に流されず「みんなの意見も分かるけど、自分はこう思う!」と伝えてみてくださいね。

わけもなくネガティブな考えをしない

依存体質を克服するには、必要以上にネガティブにならないことが大切。 特に根拠もないのに物事を悪いほうへ捉えるのはよくありません。 たとえば、恋人とのデートが中止になった場合、「せっかく楽しみにしていたデートだったのに最悪…」と落ち込んで時間をつぶすのではなく、「次のデートまでに自分磨きをして、恋人を惚れ直させちゃおう!」と考えてください。 もしネガティブ思考が癖になっているなら、ポジティブ思考に変換する習慣をつけましょう!

【まとめ】あなたも依存体質脱却へ一歩を踏み出して!

「依存体質を克服したい!」と考えている人の中には、すでに自分で依存体質を治す努力をしている人も多いはずです。 それでもイマイチ成果が得られなかったから、この記事を読んでくれた人もいるのではないでしょうか? 努力の成果が出なかったのは、対処法や克服法が自身に合っていなかったからだと考えられます。 自分に合わない方法でひたすら頑張っても、ストレスが溜まって余計に症状が悪化してしまう恐れもあるのです。 依存体質から脱却するには、無理のない範囲で自分に合った克服法を(今回紹介した中のひとつだけでもいいので)継続していくことが大切です。 あなたも依存体質脱却へ一歩を踏み出してみてくださいね!
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い