【決定版】別れの言葉|彼氏・彼女から送る感動する別れの言葉はこれ!

今回は感動の別れの言葉で彼氏・彼女との最後を締めくくりたいと思っている人必見! 彼氏・彼女が引きずる別れの言葉5選や彼氏・彼女が感動する別れの言葉5選、そして別れの言葉を伝える時の注意点まで解説します。 相手の心に、深く刻み込まれる感動の言葉を調べてきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 【決定版】別れの言葉|彼氏・彼女から送る感動する別れの言葉はこれ!

恋愛をしていると、恋人と別れる瞬間が誰にでも一度は訪れることがあるのではないでしょうか。 お互いに「好きで一緒にいたい!」と思い、始まった関係なのですから、最後は綺麗にお別れしたいと考える方は多いはず。 この記事では、男性編、女性編に分けて別れの言葉を紹介します。 また、相手が引きずったり、感動する別れの言葉や、実際に恋人に伝えるときの注意点についても紹介しますので、是非最後までチェックしてくださいね。 このまま読み進めると、恋人と円満に別れるための言葉や方法が分かるはずです! 今あなたが抱えている悩みを解決して、新たな幸せに向かって一歩踏み出せるような記事になっているので、是非参考にしてみてください。

彼女から彼氏に送る別れの言葉7選

別れを考える理由は人それぞれですが、「円満に別れたい」「綺麗に別れたい」と考えるのは、誰でも同じはず。 彼氏に別れを切り出したいと考えている女性のために、まずは彼女から彼氏に送る別れの言葉を7つ紹介します。 どれも相手に響くような言葉になっているので、円満に別れたいと考えている女性は、是非参考にしてみてくださいね。

好きになってくれてありがとう

「『私のことを好きになってくれてありがとう』と言われたとき、この子と付き合ったのは良い経験だったなと思いました」(24歳・会社員) 「最初から好きにならない方がよかったかなと思っていましたが、この言葉を言われたときに好きでいてよかったと安心できました」(26歳・医療関係) 「好きになってくれてありがとう」と相手に感謝を伝えることで、お互いに前向きな気持ちで別れることができます。 言われた相手も嬉しいですし、「良い思い出だった」と思ってくれるでしょう。 別れの言葉として、相手に今までの感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

一緒にいた時間は本当に楽しかった

「『〇〇くんと一緒に過ごした時間は本当に楽しかったよ!』と言われて、彼女との時間は本当に宝物だったなと感じました」(21歳・学生) 「別れることにはなりましたが、僕の存在を肯定してくれるような言葉で嬉しかったです」(24歳・会社員) 「一緒にいた時間は本当に楽しかった」ことを伝えるのもおすすめです。 言われた相手としても、「楽しかったならよかった」と安心できる言葉でしょう。 相手と別れることになっても、かけがえのない思い出であることには変わりありません。 最後にこの別れの言葉を伝えることで、円満に別れることができるはずですよ。

あなたと一緒にいて幸せってどんなことかが分かった

「今まで彼女の仕事が終わった後に迎えに行ったり、どんなに忙しくても絶対に時間を作ってデートしていました。 別れ話になったとき『〇〇くんと一緒にいて幸せってこういうことを言うんだって思った』と言われて、本当に心から優しい子だなと嬉しくなりました」(25歳・営業) 「彼女のことを幸せにしてあげれてたんだなと安心できました」(21歳・学生) 「あなたと一緒にいて幸せってどんなことかが分かった」と言われたら、相手はとても喜ぶことでしょう。 彼女は素直に感謝を伝えられる優しい子なんだなと、感動してしまうのではないでしょうか。

ずっと応援しています

「付き合っていた当時、僕は美容師を目指していたのですが、彼女と別れるときに『素敵な美容師さんになってね!これからもずっと応援してるよ!』と言ってくれて涙が出そうになりました」(24歳・美容師) 「別れてからも応援してくれてるなんて、良い女だなと思いました」(25歳・不動産関係) 別れの言葉に迷ったときは、「ずっと応援しています」と相手を励ますような言葉をかけてみるのもいいでしょう。 さっぱり別れることができますし、後押しすることで、彼も新しい道で前向きに頑張ることができるのです。 未練が残りにくい言葉だと言えますよ。

また会えたらいいな、その時はよろしくね

「お別れする最後の最後で『いつかまた○○くんに会えたらいいな!その時はよろしくね!』と言われて、ぐっときました」(22歳・学生) 「感謝の気持ちが伝わる優しい言葉で、言われた僕としては物凄く嬉しかったです」(27歳・技術関係) 特にやむを得ない事情で相手と別れることになった場合は「また会いたい」と言って、気持ちよくお別れをするといいでしょう。 「再会できたら嬉しい」という気持ちと、別々の道になっても相手の将来を応援するという気持ちが込められているので、ポジティブに別れることができるはずです。

あなたを好きになって良かった

「『○○くんのことを好きになってよかったよ』と言われたとき、『僕もこんなに素敵な女性と今まで付き合えてよかった』と思いました」(27歳・会社員) 「付き合っているときはずっと自信がなかったのですが、好きになってよかったと言ってくれてそのままの自分でいいんだと安心することができました」(25歳・介護士) 「あなたのことを好きになってよかった」という別れの言葉には、「あなたと恋愛できてよかった」「一緒に過ごせてよかった」とポジティブな気持ちが込められているので、円満に別れることができます。 シンプルな言葉ですが、綺麗な思い出となり相手の心に残りやすい言葉だと言えます。

これからも元気でいてね

「『体に気をつけて、これからも元気でいてね』と言われたときは、心配してくれてるんだなと嬉しくなりました」(24歳・会社員) 「別れ際に自分のことを気遣ってくれる言葉をくれて、本当に嬉しかったです」(28歳・自営業) 「これからも元気でいてね」と体調を気遣った別れの言葉は、相手の心に深く残る別れとなるのでおすすめです。 言われた相手は「最後まで優しい子だった」と、あなたに良い印象を持った別れとなることは間違いありません。 相手が新生活を始める場合にも、この言葉をかけてあげるといいでしょう。

彼氏から彼女に送る別れの言葉7選

前章では、彼女から彼氏に送る別れの言葉を見ていきました。 感動するような言葉が多く、参考になった方もいるのではないでしょうか。 ここからは、彼氏から彼女に送る別れの言葉を見ていきましょう。 先程と同様に相手を傷つけない言葉を紹介するので、彼女との別れを考えている方は、このまま読み進めてみてくださいね。

出会えたことに感謝してる

「『出会えたことに感謝している』と言われた時は、嬉しくて泣いてしまいました」(21歳・学生) 「彼の人生の一部でも私の存在が役立てられたんだと分かって、それだけで満足です」(26歳・OL) 「出会えたことに感謝してる」は、あなたに出会えて自分の人生が豊かだったという気持ちが相手に伝わる言葉です。 別れる際にこう言われた相手は、力になれたと知れて嬉しく思うでしょう。 別れ言葉としては、あまりわだかまりを作らずに済むかもしれません。

好きでいてくれてありがとう

「別れる時に『ありがとう』と言われたことがなくて驚いたけど、でも別れの時に使われても良い言葉だなって思いました」(19歳・学生) 「『ずっと好きでいてくれてありがとうね』と言われて、この人の事を好きになって良かったと感じました」(23歳・事務員) 「好きでいてくれてありがとう」と言う言葉は、相手に感謝の気持ちを伝えられる言葉です。 「ありがとう」は肯定感を高めてくれる言葉なので、言われて嫌な気分になる人はほとんどいないでしょう。

嫌いにはなれない

「『別れる事にはなったけど、お前を嫌いになんてなれないよ』と言われた時は素直に嬉しかったです」(26歳・看護師) 「別れ話の時に『嫌いになったわけじゃないから、これからも友達でよろしくな』って言われました。 関係が終わったわけじゃないって分かって、それがすっごく嬉しかったです!」(20歳・学生) 「嫌いにはなれない」は人間性を認めてくれていると相手に伝わるはず。 それに、友達に戻れないのか不安に思う女性や、こう言われて嬉しく思う女性は意外と多いです。

あなたとの思い出は一生忘れられないと思う

「『今まで本当に楽しかった、一生忘れられないと思う』と言われた時、インパクトある思い出ができたのなら…ってなんか諦めがつきました」(23歳・保育士) 「相手に笑顔で言われた時に、”もうこの笑顔が見れないのかぁ”って悲しい気持ちになったけど、”一生忘れられない”なんて言葉に満足な気持ちも感じました」(29歳・教職員) 「一生忘れられない」は一緒にいた事が忘れられないほどの思い出が詰まっているという思いが、相手に伝わる言葉になるでしょう。

あなたの幸せを誰よりも願っている

「『俺は幸せにできなかったけど、お前の幸せを誰よりも一番に願っているから』と言われ、嬉しくて泣いてしまいました」(25歳・ショップ店員) 「付き合ったのがこの人で、本当に良かったなと思いました」(20歳・学生) 「誰よりあなたの幸せを願っている」 それは自分では役不足だけど、あなたには絶対に幸せになって欲しいと意味が込められています。 自分の幸せを祈ってくれる人には、その気持ちに応えてあげたいとも思うものです。

楽しかった思い出!大切にするね

「『楽しかった思い出をありがとう、大切にするね!』と言われ、その優しさが嬉しかったです」(21歳・学生) 「『たくさんの思い出をありがとうね、大切にするからね?』って言われて、私も前向きにならなきゃって思いました」(26歳・ショップ店員) 別れにどんな原因があっても、相手のことを責めずに「楽しかった思い出、大切にするね」と言われれば、その優しい気持ちに嬉しさを感じるのではないでしょうか? 円満に別れられるのが一番理想ですよね。

ずっと味方だから

「『ずっと味方だから』と言われて、彼は本当に心が温かくて素敵な人なんだなと感動しました」(25歳・アパレル店員) 「彼が味方でいてくれるから私も彼の味方として支えたいですし、これからの人生も前向きに過ごしたいと思えました」(23歳・医療関係) 別れることになっても「ずっと味方だから」と言われたら、心強く安心できますよね。 新しい道を前向きに歩んでいけるでしょう。 特に彼女と友達関係に戻りたいと思っているのであれば、この別れの言葉がおすすめです。 お互い気軽に相談できるような、良い関係を築けるのではないでしょうか。

彼氏・彼女が引きずる別れの言葉5選

ここまでは、彼氏・彼女に送る別れの言葉について見ていきました。 綺麗さっぱり別れたいという方だけではなく、「別れることになったけどいつか相手と復縁したい」「相手を後悔させたい」と考えている方もいるのではないでしょうか。 そんな方のためにここからは彼氏・彼女が引きずる別れの言葉を紹介します。

幸せにできなくてごめん

「幸せにできなくてごめん」は、彼氏・彼女が引きずる別れの言葉だと言えます。 実際にこの言葉をかけられたら、健気な人だなと感動してしまう方も多いのではないでしょうか。 幸せにできなかったことを伝えられると、別れる結末になってしまったことを後悔するでしょう。 一緒に過ごした時間を思い出して「十分幸せだった」と思い、綺麗な別れ方にはなりますが、相手はあなたとの恋愛を引きずりやすいと言えます。

絶対に後悔するよ

「絶対に後悔するよ」という捨て台詞も、彼氏・彼女が引きずってしまう言葉です。 特に交際期間が長かったのであれば、一緒に過ごした時間や思い出が濃く、お互いにとって良い関係性を築けていたでしょう。 その場合、別れて新しい恋愛に進んだとしても「前の彼氏・彼女はこうだからよかったのに」と比較して後悔してしまう場合があるのです。 言葉通り「別れなければよかった」と後悔し、引きずってしまうと言えます。

悪いところばっかり見せてごめんね

あなた自身にも別れる原因があると感じているなら、「悪いところばっかり見せてごめんね」と自分の悪い部分を認めて謝るのも、彼氏・彼女が引きずる別れの言葉の一つとして挙げられます。 自分の悪い部分を認めて謝るということは、なかなか簡単にできませんし、大人の対応だと言えるでしょう。 謝って別れることで、相手へのマイナスな感情が消えて思い出が美化され、彼氏・彼女のことが忘れられなくなったという方も意外と多いのです。

未練も後悔もないから別れよう

別れるときは「未練も後悔もないから別れよう」とハッキリ伝えることで、彼氏・彼女が引きずりやすくなります。 相手との別れ話となると、つい感情的になってしまう方が多いと思いますが、そんなときこそ冷静になりましょう。 そして、淡々と別れ話を進めるのです。 あと腐れなく別れることで、「もっと寂しがってほしかった」「なんで寂しがってくれないんだろう」と、あなたのことが気になってしまい、引きずってしまいやすくなるのです。

自信をつけてくれてありがとう

「自信をつけてくれてありがとう」という別れの言葉も、彼氏・彼女が引きずりやすくなる言葉です。 別れ際にそのような感謝の言葉をかけられたら、今まで悲しませてしまったことや幸せにできなかったことを後悔してしまうのです。 言われた側は「もっとあなたのことを幸せにできたのでは」と考え込んでしまうはず。 「こんなに素敵な人とどうして別れてしまったんだろう」とあなたのその後のことが気になり、引きずるほど深く心に残ってしまうでしょう。

彼氏・彼女が感動する別れの言葉5選

別れの言葉を伝えるシーンって、実は意外と様々ありますよね。 恋愛はもちろんの事、友達との別れや、遠くに行く親友への言葉など、挙げるとキリがないのではないでしょうか? ここからは、そんな感動する別れの言葉伝える為には、どう言葉にしたら良いのかをお伝えします。 ぜひ参考にして、相手の心に刻み込まれる感動の一言を伝えましょう。

もっと自分磨きしてちゃんと幸せにしたい

「もっと自分磨きしてちゃんと幸せにしたい」という別れの言葉は、相手の心に深く刻まれる感動の一言だと言えます。 未熟な部分があって別れることになってしまったからこそ、「成長したら再会したい」「復縁したい」といった意味を込めた言葉をかけると、相手は感動してあなたとの関係を忘れられなくなるでしょう。 例え、お別れしたとしても縁があれば、また相手と会えるはずです。 この言葉を伝えた後は、自分磨きをして魅力をアップさせましょう。

またどこかで会ったら友達になろう

別れてから友達関係には戻れそうにないという場合は、「またどこかで会ったら友達になろう」と別れの言葉を伝えるといいでしょう。 お互い一度は好きになって結ばれたのですから、時間を置いて再会し、友達になることができたら素敵ですよね。 このような光がある言葉を伝えられたら、相手はあなたの優しさに感動してしまうでしょう。 別れる原因がどちらであったとしても、「さよなら」と伝えるより「またどこかで会おう」と伝える方が心に残るのです。

また会えたらそれは運命だから、その時はまた一緒になろう

「また会えたらそれは運命だから、その時はまた一緒になろう」と伝えられたら、感動して涙ぐんだり、あなたのことをふと思い出してしまうでしょう。 先程は「いつか友達に戻ろう」という別れの言葉を紹介しましたが、相手とのご縁があれば、再会した時に結びつき、復縁できる可能性もあるのです。 別れは辛いですが、運命の出会いであればまたいつか巡り会えるので、この言葉をかけられた相手は、自然と再会を期待してしまうはずです。

どこにいてもずっとあなたのこと応援しているよ

相手のことを嫌いになって別れたわけではないなら、心のどこかで「相手を応援したい」「味方でいたい」気持ちもあるのではないでしょうか。 その場合は「どこにいてもずっとあなたのこと応援しているよ」と別れの言葉をかけてみましょう。 別れ際に応援することを伝えられると、その素敵な言葉やあなた自身の強さに思わず感動してしまうはずです。 もし相手と友人関係になったとしても信頼できますし、深い仲となることが考えられます。

こんなに楽しい恋愛は初めてだったよ!

「こんなに楽しい恋愛は初めてだったよ!」という別れの言葉も、彼氏・彼女を感動させるでしょう。 言われた側は「別れ際に感謝できる子なんだな」「自分も楽しかった」と感動してしまうので、あなたとの別れが綺麗な思い出として残ることは間違いありません。 好きになったことや付き合ったこと自体を肯定する言葉をかけることで、相手も「あなたと付き合ってよかった」「好きになってよかった」と思ってくれるでしょう。

別れの言葉を伝える時の注意点

ここまでは、彼氏・彼女に伝える別れの言葉について見ていきました。 実際に別れの言葉を伝えるとなったら、うまく伝えられるのかな…と不安になってしまう方も少なくないのではないでしょうか。 そんな方のために最後は、別れの言葉を伝える時の注意点をお伝えします。 事前に注意点を知っておけば失敗しないはずですので、この章も読んでみてくださいね!

ある程度相手の気持ちになる

実際に別れの言葉を伝えるときは、ある程度相手の気持ちになることが大切です。 別れ話を進めるとなると、つい感情的になって今までの不満ばかりを伝えてしまう方は多いと思いますが、恋人としてお付き合いをしたなら、最後まで相手の気持ちを考えて発言しましょう。 考え過ぎても何も発言できなくなってしまうので、適度に考えてください。 相手に対する思いやりの心があれば、円満に別れることができるはずですよ。

感情的になり一方的に話をしない

別れの言葉を伝えるときにやってはいけないこととして、感情的になり、一方的に話をするということが挙げられます。 不満で怒りが爆発しそうになったり、泣きたくなる瞬間もあるでしょう。 しかし、そのように感情的になってしまうと、お互いに別れが嫌な思い出として残ってしまうのです。 円満に別れたい、スッキリ別れたいと思っているのであれば、怒りや悲しみをぐっとこらえて冷静に別れ話を進めることが大切です。

素直な気持ちを伝える

別れ話をした後は、なかなか相手と話をすることがなくなるので、必ずその場で自分を取り繕わずに素直な気持ちを伝えてください。 素直な気持ちを伝えずに別れてしまうと、モヤモヤや後悔が残って前を向けないかもしれません。 あなた自身がけじめをつけるためにも、気持ちを伝えることは大切です。 きちんと伝えることで、新しい人生をスッキリした気持ちで歩むことができます。 円満に別れたいなら、最後に誠意を見せましょう。

まとめ

今回は、彼氏・彼女に伝える別れの言葉や実際に伝えるときの注意点について、紹介していきました。 思い出が良いものになるか、悪いものになるかは、あなた次第とも言えるでしょう。 怒りや悲しみなどさまざまな感情が押し寄せてくると思いますが、その時の感情に流されずに、感動する別れの言葉を伝えるときっと良い思い出になるはず。 また、良い思い出になると、あなた自身も別れを乗り越えて大きく成長できるのです。 誰にでも待ち受ける別れの瞬間ですが、それを悲しい思い出にするか、良い思い出にするかは、その時の言葉にかかっているので、この記事を読んで学んだことを参考にしてみてくださいね。 あなたが前向きに人生を歩めるよう願っております。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧