「疲れる彼女」になってない?疲れる女を脱却してラクで幸せな恋をしよう!

「彼女に疲れた」と彼氏に思われていた場合…あなたならどう対処しますか?このままだと、関係悪化だけでなく別れのリスクもあるので、何とかその現状を打破する必要があるでしょう。この記事では、『疲れる彼女の特徴』と『彼女に疲れたときの男性達の本音』、『疲れた…と思わせない為の対処法』などをご紹介します!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 「疲れる彼女」になってない?疲れる女を脱却してラクで幸せな恋をしよう!
カップルの恋愛の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人と付き合ってて大丈夫?別れた方が良い? ・彼は結婚する気ある? ・別れそうで辛い... ・もしかして...彼は浮気してる? そういった彼氏さんとの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や彼の性質も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

あなたは大丈夫?男性から「彼女に疲れた...」なんて思われないために

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 突然ですが、彼氏から「彼女に疲れた...」と思われるリスクについて考えたことはありますか? 彼氏に対する普段の何気ない言動が、彼に「疲れる…」と思わせる原因になることもあるのです。 そこで今回は、『疲れる彼女の特徴』や『彼氏に疲れたと思われない為の対処法』などをご紹介していきます。

一緒にいると疲れる彼女の特徴とは?

実は、自分が疲れる彼女になっていることに、全く気付いていない女性も意外と多く存在します。 しかも、「私は大丈夫!」「彼が私のことをそんな風に思うはずがない!」と高を括っている人ほど、彼氏から「疲れる彼女」と思われている恐れが?! 自分を客観視するのは難しいですし、気付けないのも仕方がないと言えばそうなのですが、だからといって、疲れる彼女のままではマズいですよね…。 「そもそも、疲れる彼女とは一体どんな女性なのか?」というわけで、まずは『一緒にいると疲れる彼女の特徴』をご紹介していきます。 彼氏に「疲れた…」と思われる彼女になっていないか、一緒に確認していきましょう。

「でも」「だって」が口癖で否定的

「でも」とか「だって」という言い訳がましい言葉が口癖になっていませんか? 何に対しても否定的な彼女に、「疲れた…」と感じる彼氏は多いです。 たとえば、ミスや失敗をした際に自分の非を認めず、「でも」「だって」と言い逃れをしようとする彼女に、「見苦しい…」とか「どうして素直に謝らないんだ」と、ストレスを感じる彼氏は少なくないでしょう。 また、そういう彼女は彼氏の話に対しても、「そんなの無理でしょう」とか「あなたの考えは理解できない」などと、否定的な言葉を言いがち…。 そんな風に否定ばかりされたら、彼氏は「彼女に認めてもらえない」と自信をなくしてしまったり、「もう彼女には何も話したくない」と思うようになってしまうかもしれません。

ワガママすぎる

自分の都合しか考えないワガママな彼女も、彼氏を疲れさせてしまいます。 たとえば、「今日は気分じゃないから…」といったしょうもない理由でデートの待ち合わせ時間にドタキャンしたり、人々が寝静まる深夜に「寂しいから、今すぐ会いに来て」と彼氏を急に呼び出したり、彼氏が理想の言動を返してくれないと「どうして私の気持ちが分からないの?!」などと無茶を言い逆ギレしたり…。 彼の都合を無視し自分の欲を満たすことを最優先する彼女に対して、「手放したくない」とか「一生大切にしよう」と思う男性は少ないでしょう。 実際にワガママな彼女を持った彼氏も、「俺って恋人じゃなくて、彼女の召使いか何かなの…?」と彼女と一緒にいることに疑問を感じるはずです。 「彼氏なんだから、可愛い彼女のお願いを聞くのは当たり前!」とか「彼は優しいから甘えても大丈夫!」なんて思って好き放題していると、ワガママに耐えられなくなった彼氏から別れを切り出されるかも…。

束縛が激しい

世の男性が最も疲れる&嫌うのが、この束縛彼女でしょう。 彼氏の女友達に軽くヤキモチを妬いて「○○君、モテるから心配になっちゃう…」と漏らしたり、飲み会の時に「できれば、早めに帰ってきてほしいな」と伝えたり…そういう可愛らしい束縛なら、彼氏も許してくれるかもしれません。 しかし、「もう二度と女友達と連絡を取ったらダメ・話すのも禁止!」とか「飲み会って誰とどこに行くの?証拠の写真取って来て!」などと、彼氏の行動をガチガチに制限してしまう束縛は、彼氏を疲れさせる原因になってしまいます。 束縛が愛情の裏返しなのを理解している男性もいるかもしれませんが、過度な束縛は窮屈なだけです。 それに、彼女にとっては不安で心配だからしてしまう束縛も、彼氏にしてみたら「あなたのことを信用していません」と彼女に言われているようなもの…。

四六時中一緒にいたがる

「好きな人のそばにいたい」という気持ちは自然なもの。 しかし、「彼が少しでも自分のそばを離れるのが耐えられない!」と(家の中でも)彼氏が移動する度に後ろをついてまわったり、「彼氏とずっと繋がっていないと無理!」と離れている時に連絡を取り続けたり、そんな風に四六時中彼と一緒にいたがるのはやり過ぎです。 さっきの束縛にも言えることですが、男性は基本的に自分のペースを乱されるのを嫌う傾向にあります。 ですから、四六時中ベタベタされるのは、いくら大好きな彼女でも耐えられないでしょう。 彼氏が「イチャイチャしたいな~」というタイミングならOKかもしれませんが、彼が何かに集中したいときや忙しいときなどにベタベタとくっついてしまえば、「邪魔」「ウザイ」と思われても仕方がないかもしれませんね…。

すぐに疑ってくる

「もしかして嘘ついてる?」とか「まさか浮気…?!」などと、彼氏のことをすぐに疑っていませんか? そうやってすぐに疑うのも、彼氏を疲れさせる原因になります。 もちろん、怪しい言動を彼氏が取っているなら相手が悪いかもしれませんが、疑う要素が一切ないのに彼を信用しないのは彼女に問題があると言えるでしょう。 特に自分に自信がなかったりすると、本当は彼氏の愛情を信じたいのに「他の女性のもとへ行ってしまうのでは?」とか「すぐに私に飽きてしまうのでは?」などと不安になり、つい彼氏のことを疑ってしまいがち…。 「私のこと本当に好き?」としつこく彼に愛情確認をするのも、典型的な例ですね。 しかし、自分のことを信用してくれない人に対して「一緒にいたい」とは誰も思わないはずなので、彼氏をすぐに疑うのはやめたほうがいいでしょう。

自分の話しばかりをマシンガントークする

彼氏の話の腰を折ってまで自分の話をしたり、彼氏が相槌を打つ暇もないほどにマシンガントークをする彼女に、「疲れた」と思う彼氏は少なくないでしょう。 しかも、彼氏が疲れて話を聞き流そうとしたら、「ちょっと!ちゃんと私の話聞いてるの?!」と彼女に怒られる…これは思わず彼氏に同情してしまいますよね。 自分の話(特に彼氏にとって興味がない話)ばかりでは、彼も聞いていて楽しくないはずです。 たとえ彼氏が聞き専だったとしても、色々な話題を脈絡なく立て続けに話してしまえば、聞き手は話についていくのも大変ですし、他人の愚痴や悪口など、内容によっては「もう彼女の話を聞きたくない…」と思われてしまうかもしれません。 やはり、彼氏にも話したいことはあるでしょうし、会話なのに自分の言葉をなかなか伝えられない状況は、相当なストレスが溜まってしまうでしょう。
無料!的中カップル占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼氏のあなたへの気持ち 2)彼と付き合っていて幸せになれる? 3)別れそうな彼と付き合って行ける? 4)彼は冷めた?本音は? 5)彼氏がいるのに好きな人が出来た 6)彼氏とこのまま結婚できる? 7)彼氏は浮気している? 8)彼氏と金銭の絡んだ悩み 9) 彼氏さんへの不満・不信感
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

男性の仕事を否定する

男性の仕事を否定するのは彼氏を疲れさせると同時に、嫌われてしまう恐れもあるので注意が必要です。 たとえば、「仕事の付き合い(=飲み会)って、そんなに大事なの?」とか「給料の割には仕事が大変なんだね…」とか「どうしてもっと効率良くできないの?」とか「○○さんのほうが、あなたより仕事ができるかもね~」など。 彼氏の仕事に対する悪口や彼氏の仕事力の低さを指摘するような発言は、避けるのが無難になります。 男性は承認欲求が強い生き物ですし、「仕事は人生であり、誇りのようなもの」と考える男性も少なくありません。 それに、「将来はこの仕事で家族を養っていきたい」と彼が考えているなら、奥さん候補である彼女に仕事や仕事力を否定されてしまうと、彼の心も折れてしまうのでは…?

すぐに泣く

男性は、女性の涙に色々な意味で弱いと言えます。 彼女に泣かれると、どうすればいいか分からず困り果ててしまう彼氏も少なくありません。 また、すぐに泣く彼女だと、(泣かれたときの対処が分からないので)彼女が泣かないようにご機嫌取りをしたり、常に気を遣う必要があります。 つまり、泣いていても泣いていなくても、すぐ泣く彼女は彼氏的にすごく疲れてしまうのです。 「嬉しくて」とか「感動して」といった理由で泣いてしまうのは良いのですが、悲しい・辛い・怖い・腹が立つなどの負の感情ですぐに泣く人は、周囲から「面倒くさい」「疲れる」と思われやすいでしょう。

LINEや電話を強要する

「連絡したら必ず返信してほしい」とか「1日に1回は必ず連絡してね!」など、彼氏にLINEや電話を強要する女性も少なくないでしょう。 しかし、連絡の強要は男性が嫌う束縛行為になり得ます。 彼氏の負担にならないペースで連絡を取り合うのは良いのですが、彼女のペースに彼氏を巻き込むのはNGです。 たとえば、彼氏の仕事中や彼が寝ている時間帯に連絡をして、急用でもないのに「早く返事をして!」としつこく催促したり、特別な用事もないのに1日に数十件もLINEや電話を(彼氏からの返事が来ていないのに)一方的にし、「私は忙しい時でもちゃんと連絡してるのに、どうしてあなたは連絡してくれないの?!」とキレたり…。 彼氏にしてみたら、「もっとこっちの都合も考えて、気を遣ってほしい」とか「忙しい時に連絡してるって、(俺は強要してないし)自分で勝手にやったことじゃん…」と思うでしょう。

自分に自信がない

自分に自信が持てずに、「どうせ私なんて…」「やっぱり自分はダメな人間だ…」などと自分を卑下するのも、彼氏を疲れさせる彼女の特徴です。 たとえ自信がなくてもそれを態度に出さなければ良いのですが、彼氏に「そんなことないよ!」と言ってもらい安心したいが為に、「こんな私なんて○○君も嫌いになるよね?」とか「私なんかよりも○○ちゃんのほうが可愛いよね…」などと、しつこいくらい頻繁に確認して来る彼女には、彼氏も思わずウンザリしてしまうでしょう。 最初の内は、彼氏も耐えられるかもしれません。 しかし、根気よく励ましてもなかなか自信がつかない(=いくら自分が褒めても彼女に信じてもらえない)、彼女が卑下する度に気を遣わなければならないとなると、流石に面倒と感じるはず…。

他人と比べて落ち込む

他人と比べて落ち込むのも、彼氏を疲れさせる原因になります。 特に多いのが、彼氏の元カノと自分を比較して落ち込むこと。 彼女なら彼の元カノがどんな人か気になるのは自然なことですし、「彼自身も私と元カノを比較しているのでは?」と考えてしまうのも仕方がありません。 ですが、落ち込んでいる姿を見せてしまえば、彼に余計な気を使わせることになります。 元気がない理由が分からなければ、「もしかして俺といるのがつまらないのか…?」などと、あらぬ誤解を招く恐れも! また、彼氏に他人と比べるような発言をされたのなら別ですが、自分で勝手に比べて落ち込んでしまうのをしょっちゅう繰り返していたら、彼氏のほうは「またか…」と思うでしょう。

彼女に疲れた男性の本音とは?

ここまで、『一緒にいると疲れる彼女の特徴』を見てきましたが、特徴に当てはまってしまった人は、今すぐに直す努力をしたほうがいいかもしれません。 「性格を直すのは大変だし、別に彼との関係が悪くなっているわけでもないから、このままでもいいかな…」なんて思っている人は、考えが甘いといえるかもしれません。 そこでここからは、『彼女に疲れた男性の本音』をご紹介していきます。 疲れる彼女の特徴に当てはまってしまった人は、彼氏から同じように思われているかも…。 それでは見ていきましょう。

直してほしい

「彼女には、ベタベタしすぎるところを直してほしい…」(22歳・学生) 「少し改善されるだけでも、付き合いやすさが全く違うと思います」(34歳・イベント製作スタッフ) 「直そうと努力してくれれば、一緒にいられる希望も見えてくるかもしれませんね」(40歳・薬剤師) 「彼女のことが嫌いになる前に、疲れる原因を本人に直してほしい…」と切に願う男性は多いみたいです。 原因が少しずつでも改善されれば、彼氏の負担も軽くなり、彼女と長く一緒にいられる可能性も出てくるでしょう。 ただ、彼氏が指摘しているのに、彼女自身に直す意志がなく状況が改善されないケースもあります。 また、「直してほしい」と彼女に言えない男性も少なくないようで、限界が来るまで我慢してしまう人もいるのだとか…。

めんどくさい

「はっきり言って、面倒でしかない」(18歳・学生) 「最初は耐えられたけど、我慢し続けて2年目…そろそろ限界かも」(27歳・デザイナー) 「付き合う前は、こんなめんどくさい彼女になると思わなかった…」(35歳・自営業) 決して口には出さないけど、本音では「めんどくさい…」と思っている男性は少なくないでしょう。 その感情は、きっと表情や仕草にも表れているはずです。 こんな風に思われていると、彼氏が別れを切り出してくるのも時間の問題かもしれませんね…。

自分の時間も欲しい

「課題やバイトで疲れているときの彼女からの構って攻撃が、一番キツイ…」(21歳・学生) 「彼女と一緒にいる時間だけでなく、自分の時間もそれなりに欲しいです」(32歳・秘書) 「大人同士なら、もっと自立した恋愛がしたいですよね」(44歳・マンション管理士) 男性は「彼女との時間も大切だけど、ひとりの時間も大切にしたい」と考える傾向にあります。 疲れている時や落ち込んでいる時に、「彼女に癒されたい・励ましてほしい」と思うときもあれば、「しばらく放っておいてほしい」とか「ひとりで休む時間がほしい」と思うときもあるわけですね。 ですから、「四六時中一緒にいたい!」とか「常に彼氏のそばにいて、支えてあげたい!」という彼女の考えが、彼氏にとっては重荷になってしまうことも珍しくありません…。

彼女の感情がすべて自分に向くのがしんどい

「彼女の愛が、とにかく重い…!」(23歳・派遣) 「彼氏として色々と求められている気がして、日々プレッシャーに感じています」(33歳・警備員) 「若い娘だと仕方がないのかもしれないけど、彼女の感情が全て自分に向くのは、ただただしんどいです…」(41歳・調理師) たとえ彼氏が心の広い人であっても、彼女の感情を全て受け止めるのは至難の業でしょう。 「彼氏なしでは生きていけない!」とか「私の全ては彼氏の為にあるの!」などと、彼氏への愛を前面に出してしまうと、彼を疲れさせる原因になります。 それから、「彼氏なら〇〇してくれて当然よね?」といった期待を押し付ける言動も、彼氏にとって相当なプレッシャーになることもあるのです。

別れを考えてしまう

「このままだとこっちの精神がもたないので、別れを考えてしまいますね」(19歳・フリーター) 「改善の余地なしだと、もう別れるしか選択肢がないのでは?」(28歳・翻訳者) 「お互いの為に、別れたほうがいいかもしれない…」(37歳・税理士) 彼女に疲れる状態が続けば、先が見えなくなって別れを考えてしまうのも、仕方がないと言えるでしょう。 状況が改善される気配がないなら、なおさらです。 また、「精神的に余裕がなくなれば、彼女を大切にすることも困難になってしまうから…」という理由で、別れを考える男性もいるみたい…。

他の女性で癒やされたくなる

「疲れる彼女じゃなくて、癒してくれる彼女がほしい、と思ってしまいます」(20歳・学生) 「疲れる彼女のそばにいると、他の女性で癒やされたくなりますよね」(31歳・サーファー) 「疲れたところに癒される女性が現れたら、そっちに惹かれるのは必然」(36歳・ゲームクリエイター) 彼女の存在を負担に感じると、自分を癒してくれる女性に惹かれてしまう男性は少なくありません。 ですから、疲れる彼女のままでいると、彼氏に浮気をされてしまうリスクもどんどん高まります。 そもそも、男性は彼女に対して「心の支えや癒しの存在になってほしい」と望む傾向にあるので、一緒にいて疲れる彼女は男性にとって苦痛でしかないのです…。

こっちの都合も考えて欲しい

「ワガママし放題…こっちの都合も考えて欲しいです」(26歳・営業) 「彼女は俺のことを、都合のいい彼氏としか見ていないのでしょう…」(30歳・美容師) 「相手のことを考えられない彼女とは、絶対にうまく行きませんよね」(39歳・プログラマー) 良好な恋人関係を築くには、お互いに譲歩することも必要。 片方ばかりが相手に合わせ我慢しているカップルは、長続きしないものです。 しかし、疲れる彼女を持つ男性は、高確率で我慢を強いられることになります。 彼女に疲れた男性の「こっちの都合も考えて欲しい」という思いも、我慢の末に出た本音でしょう…。

彼女のために出来るだけ頑張ってるのに伝わらず悲しい

「彼女の為に頑張ってるつもりだけど、全く伝わってないみたいです」(25歳・販売員) 「どれだけ尽くせば、彼女は満足してくれるのでしょうか…」(38歳・司法書士) 「できる限りの努力はしているつもりなのに、彼女に文句や不満を言われると悲しくなります」(42歳・教師) 「彼女の為に出来るだけ頑張ってるのに、伝わらず悲しい…」という健気な意見も。 彼氏の心が完全に折れたら、恐らくバッドエンド一直線でしょう…。 彼氏を疲れさせていることに気付かない、彼に指摘されても改善する努力をしない…それだけでも厄介ですが、彼氏が必死に努力していることに気付こうとしないor「その程度の努力では満足できない!」と不満を漏らす彼女は問題大アリです! そういった場合は、彼氏にフラれても彼女に文句を言う資格はないでしょう…。

諦めるしかないかなと思う

「付き合い続けるか別れるか分からないけど、今は諦めるしかないかなと思います…」(24歳・事務) 「対処法も見つからないんで、限界が来たら彼女とは別れます…」(29歳・外資系) 「彼女に指摘してもダメ、本人に直そうとする意思もなし、それだと諦めるしかない」(43歳・技術者) 彼女に疲れた男性の中には、すでに諦めの境地に達している人も多いみたい。 これは決して彼らの心が狭いわけではなく、彼女の疲れる言動にひたすら耐え続けた結果なのです。 きっと彼らも最初の頃は、「彼女なら直してくれるはず!」とか「状況が良くなれば、彼女とも良い関係を築いて行けるだろう」と希望を抱いていたはず。 しかし、彼女と過ごす内に「彼女に期待しても無駄だな…」と悟ったのでしょう…。

「疲れる彼女」だともう思わせない!気をつけることは何?

『彼女に疲れた男性の本音』を見て、ことの深刻さに気付いた人もいるでしょう。 後は、どうやって疲れる彼女から脱却するか…ですよね? もちろん方法はあるので、安心してください。 ただし、改善するには相応の努力が必要になりますし、場合によっては長期戦となることも覚悟しておきましょう。 というわけで、『彼氏に「疲れた…」と思わせない為に彼女が気を付けること』をご紹介していきます。 ここからの対処法は彼氏と良好な関係を築いて行くコツでもあるので、彼に「疲れた」と思われていなくても、彼氏といつまでもラブラブでいたい人はぜひ実践してみてくださいね。

自分を大切にして依存をやめる

疲れる彼女になってしまうのは自分に自信がないのが原因でもあるので、まずは自分を大切にし、自身の価値を認めましょう。 自信がつけば、彼氏を過度に束縛したり依存することもなくなるはずです。 ちなみに、自分を大切にするコツは以下の2つ! 1つ目は、自分の感情を否定せず、素直に受け入れることです。 ネガティブな感情になっても「こんなことを考えるなんて、私って最低だ…」と自分を責めずに、「こんな風に考えちゃうこともあるよね」と受け入れてみてください。 2つ目は、ポジティブな感情になれることを積極的に行うこと。 好きなことでも趣味でも何でもいいので、楽しい・面白い・嬉しい・幸せと感じることをしましょう。 自分の幸せを追求することで、自分を大切にしない(=後回しにしたり犠牲にする)癖も直るはずです。

彼をコントロールしようとしない

彼をコントロールしようとしないのも、疲れる彼女から抜け出す方法のひとつ。 たまに甘えるのは構いませんが、自分の理想や期待を彼氏に押し付けるのはダメです。 彼氏についワガママを言ってしまう彼女は特に、自分の都合だけでなく、彼氏の立場になって物事を考える習慣をつけることが大切になります。 ただし、彼氏の気持ちを優先しすぎて、今度は自分が我慢することになっては意味がありません。 あくまでお互いの気持ちを尊重しつつ、彼氏を振り回さないようにするのが重要です。

趣味や仕事、恋愛以外の夢中になれるものを見つける

彼氏や恋愛に依存してしまうのは、他の事が充実していないからとも考えられます。 他の事で楽しみや幸せを見出せれば、彼氏や恋愛に執着することもなくなるはずです。 たとえば、趣味や仕事に力を入れてみたり、何か新しいことを始めてみるのもいいでしょう。 努力が形になればやりがいや達成感も得られますし、周りから評価されれば自身にも繋がります。 彼氏に集中していた気持ちを他に向けることで、彼の負担が少なくなり、「彼女に疲れた…」と思われることもなくなるはずです。

自分磨きをして自信をつける

疲れる彼女から脱却するには、自分に自信をつけることが大切。 自信をつける方法として、自分磨きもかなりの効果が期待できます! 自分磨きは外見でも内面でも、どちらでも構いません。 「毎日30分の運動を取り入れて、1ヵ月で3㎏痩せる」とか「様々なジャンルの本を月に5冊読んで、幅広い知識をつける」など、具体的な目標を設定して取り組むと長続きするでしょう。 努力の成果を実感できれば、それが自信になるはずです。 自分磨きをしている間はそちらに集中できるので彼氏にベタベタせずに済みますし、自分磨きは日常生活や心を充実させることにも繋がります。 さらに、自分磨きでより魅力的になれば彼氏を惚れ直させることも可能ですよ♡

他人と比べるのをやめる

「私もあの人のようになりたい!」とか「○○ちゃんのような素敵な女性になれるように頑張る!」と向上心を持てるなら、他人と比べても構いません。 しかし、他人と比べる度に落ち込み彼氏に気を使わせてしまうのなら、比べるのをやめましょう! わざわざ他人と比べなくも、自分の長所や魅力は探せるはずです。 どんな些細なことでも良いので、自分の好きなところを思いつく限り紙に書き出してみてください。 たとえば、よく笑う・約束を守る・彼氏のことが大好き・明るい色の服が似合うetc…。 「自分の好きなところなんて1つもないよ…」という人は、自分に自信のない証拠です。 どうしても見つからないなら、長所や魅力を新しく作る努力をしましょう。

LINEやSNSを開く時間を減らす

「離れている間も彼氏のことばかり考えてしまう」とか「彼氏から連絡が来ないか気になってしまう」という場合は、LINEやSNSを開く時間を減らしましょう! どうしても気になって仕方がない場合は、いっそのこと携帯の電源を切ってしまうのも手です。 強制的に携帯に触れない時間を作ることで、彼氏のことばかり考える時間も減らせるはず。 それから、彼氏に連絡を強要してしまうのは、連絡回数や返信の速さ=愛情の大きさと考えているからではないでしょうか? 1日中連絡し合うカップルが長続きするわけではありませんし、愛情の証がほしいからと連絡を強要して彼氏に嫌われてしまえば意味がありません…。 ですから、「連絡がマメなほど、愛されている」という認識を変える必要もあるでしょう。

彼からの愛情を信じる

彼氏のことを本気で愛しているなら束縛したり疑ったりせず、彼の愛情を信じましょう! たとえ言葉で「愛してる」と言われなくても、こちらに向けられる彼氏の柔らかい表情や触れられた時の優しい手つき、普段の何気ない気遣いなどからも彼の愛情は感じられるはずです。 悪い所ではなく、彼氏の良い所に目を向ける努力をしてみてください。 また、彼氏からの愛情を感じた時は素直に受け取ること。 そして、「幸せ」「嬉しい」といった自分の気持ちを彼氏に伝えることが良好な関係を築くコツですよ!

まとめ

いかがでしたか? この記事を見て、「私も彼氏に疲れる彼女だと思われてるかも…」と気付き、落ち込んでしまった人もいるかもしれませんね。 ですが、ここで気付けたのならラッキーです! 彼氏を疲れさせてしまう言動をこれから直していけば、関係悪化も防げるでしょう。 疲れる彼女を脱却し、彼氏にとってラクで幸せな恋ができる彼女を目指してくださいね!
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧