カップルが別れるまでの平均的な期間は?別れやすい期間別の注意点も

短い場合は1ヶ月、長い場合は3年位と、カップルが別れるまでの期間には大きく開きがあります。今回は、付き合った年数と別れるまでの平均的な期間について解説していきます。また、カップルが別れやすいとされる期間別の注意点もあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > カップルが別れるまでの平均的な期間は?別れやすい期間別の注意点も

5年付き合ったカップルが別れる確率は何%?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 人によって交際期間の差はありますが、実際のところカップルの別れるまでの期間って平均どれくらいなんでしょうか? 倦怠期、という言葉もありますが、お互い好きで付き合い始めても、時が経つにつれ変わってしまうことも多く存在します。 今回は、付き合ってから別れるまでに平均的な期間と、別れやすいタイミングの注意点をご案内します。

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 5年ほど付き合った彼氏と結婚を意識し始めたけれど、彼はどう思っているのか気になってる方はいませんか? 彼に聞いては見たいけどデリケートな話題なため切り出しにくいですよね。 ここでは彼と結婚を前向きに考えたい方・別れた方がいいのか知りたい方に向けて、その判断基準をお伝えしていきます。 カップルが別れる確率・結婚しない男性心理・別れの判断基準、そして結婚する方法を詳しく解説していきます。

5年付き合って結婚しない・プロポーズしない男性心理

では5年付き合って結婚しない・プロポーズしない男性心理についてみていきましょう。 5年という期間一緒にいて結婚しないのに、なぜ付き合っているの?と感じてしまいますよね。 ではそんな男性心理について深く見ていきましょう。

結婚と恋愛に求めるものが違う

まず結婚と恋愛に求めるものが違うことが挙げられます。 男性は交際が始まる時点である程度女性を『結婚候補か否か』判断しています。 そのため結婚候補でない女性とは、半分遊び感覚のドライな関係を続けている可能性あり。 例えば彼から「今の関係が一番いいよね」といった、関係のステップアップを望んでいないような発言はありませんか? その場合、結婚の可能性は低いと考えた方がいいでしょう。

結婚は慎重に考えたい

5年付き合って結婚しない・プロポーズしない男性心理に『結婚は慎重に考えたい』と感じている場合があります。 彼が結婚に対する真剣さが高いゆえに、結婚式のタイミングや生活の変化・経済面といった様々な理由で悩んでいる可能性大。 しかしそれも、きちんとあなたを幸せにしたいと思うからこそ。 結婚は慎重に考えたい彼ほど、1人で抱え込まず2人で考えられるように寄り添ってあげましょう。 そうすれば、結婚の決意も固まっていきますよ。

結婚するメリットがない orこのままで良いと思っている

彼から結婚の話がない場合、結婚するメリットがない orこのままで良いと思っていることも考えられます。 例えば家族を養っていく経済力や自由の減少といった不安が多いと、独身のままの方が気楽でいいやと思ってしまいます。 もし彼が結婚した友人たちから「子供はお金がかかる」「飲み会も行けず趣味の時間もない」といった苦労話を耳にしていたら、結婚に対するハードルは高くなる一方。 そのため、彼にしっかりと結婚するメリットや提案をしていくことが大事。 結婚で得られる癒しや安らぎ、愛情を積極的に伝えてみてください。

仕事が忙しい

仕事が忙しいときも、結婚の話を持ち出せなくなるようです。 頭が仕事のことでいっぱいになってしまうと、他の事を考える余裕がなくなります。 そのため、結婚という重大な話題ほど後回しになってしまいがちです。 しかしそれは結婚の意思がないのではなく、今は考える余裕がないだけです。 あなたができることは彼を労い疲れを癒してあげる事、そっと見守るに徹してあげることです。 あなたのサポートに、彼も自ずと結婚後のイメージが頭をよぎるでしょう。 仕事が忙しい彼に、もやもや感じることもあるでしょう。 しかし、きっとここが一番の踏ん張り時なんです! 頑張って彼を支えてあげましょう!

もともと結婚願望が全くない

悲しいですが、彼にもともと結婚願望が全くないこともありえます。 あなたは「私が彼の結婚観を変えてみせる!」と考えているかもしれませんが、ちょっとそれはリスキー。 過ぎた時間は取り戻せないので、早い段階で見切りをつける・付き合うのは5年までといった交際期間を限るような対策を取っておくことをおすすめします。 彼から結婚願望がないと言われていなくても、早めに察しておくことが大事。 「今の関係のままがいい」と言っていたり、友達の結婚式にも特に感動した様子がないのであれば結婚願望なしの可能性が高いです。 もともと結婚願望が全くない彼には期待はせず、あなたの将来を考えた決断を優先させましょうね。

5年付き合って結婚を渋る男とは別れるべき?判断基準

5年付き合った彼は結婚を渋っている…。 そんな時、別れるべきか待つべきか迷ってしまいますよね。 この章では5年付き合って結婚を渋る男とは別れるべきか、判断基準をご紹介していきます。

話し合いから逃げる

彼は話し合いから逃げていませんか? あなたが話し合いをもちかけても、何かと理由をつけて逃げられるのであれば別れを決意した方がいいでしょう。 この先大事な場面でも逃げる可能性が高いからです。 また逃げる男性の特徴として『LINE既読無視・具体的な話をしない・音信不通になる』といったことが挙げられます。 もしあなたの彼が当てはまるようだったら、結婚か別れかズバリ聞いてみてください。 それでも尚はぐらかすようであれば、あなたから見切りをつけましょう。

結婚を何度も先延ばしする

結婚を先延ばしにする男性は、別れを決意した方がいいかもしれません。 結婚に対してただ慎重なだけか、腰が重いタイプかを見極める必要があります。 慎重タイプであれば「貯金がいくらたまったら」といった明確な目標をクリアしたら結婚に踏み切ります。 しかし腰が重いタイプは、いつもできない理由を並べるだけで具体的な話になりません。 彼は「~がないからできない」「でも~だから」といった、言い訳名人ではありませんか? そのような腰が重いタイプはこの先も煮え切らない思いをする可能性があるので、さっさと見切りをつけてしまってください。

自分からプロポーズをする

かくなる上は、自分からプロポーズをしてみましょう。 彼が結婚に積極的でないなら、あなたの方から一歩踏み出してみましょう。 そうすれば彼は結婚を意識せざるを得なくなります。 そして、彼の出方次第で結婚するか別れるかハッキリするでしょう。 その場合答えは二択に限られるので、望まない答えでも受け入れる覚悟が必要だということは注意しておきましょう。 彼と自分の未来をしっかり見極めて、ぜひ自分からプロポーズをしてみてください。

「結婚」に執着し過ぎていないか冷静に考える

自分が「結婚」に執着し過ぎていないか冷静に考えてみましょう。 「なぜ結婚したいのか」「彼じゃないといけないのか」と、自分の中の結婚観を改めて見つめ直してみましょう。 もしかしたら結婚に対して『執着』していることもあるかもしれません。 あなたの結婚観をハッキリさせることで、今の彼氏があなたに相応しい相手かも見極めやすくなるでしょう。 「結婚」に執着し過ぎていないか冷静に考えることで、結婚か別れかも見えてくるかもしれません。

5年付き合っている彼氏が冷めてる時の特徴・態度

最近の彼の様子は、普段と比べて変わりはありませんか? 何となく素っ気ない・冷たいと感じる回数が増えてきたなら、彼が冷めてきているサインかもしれません。 この章では5年付き合っている彼氏が冷めてる時の特徴・態度について詳しく解説していきます。

LINEなどの連絡がほとんどない

LINEなどの連絡がほとんどない場合、彼が冷めてきている可能性があります。 特に普段割とマメに連絡をとっていたのに、ほぼ取らなくなっている時は疑っていいのかもしれません。 しかし、関係が落ち着いてきたから連絡頻度が落ちた場合と冷めた場合とがあるため、見極めていく必要があります。 例えば連絡頻度が落ちてきたけど、会えば変わらず楽しい場合は大丈夫。 しかし会って話している時でもどこか上の空だったり、つまらなそうな時は冷めている可能性ありです。 このようにLINEなどの連絡がほとんどない時は、注意深く彼の様子を観察してみてくださいね。

「仕事が忙しい」と言われ疎遠になる

彼に「仕事が忙しい」と言われ疎遠になっていませんか? そう言われてしまうと冷たく感じてしまいますよね。 もちろん本当に仕事で忙しい場合もありますが、じつはそうじゃない場合も。 判断の仕方としては『埋め合わせがあるかどうか』です。 彼も仕事が片付きさえすればあなたに会いたいはず。 そのため約束も「~日は無理だけど~日ならOK」といった代替案があるでしょう。 しかし、そもそも会うつもりがなければ代替案もなく埋め合わせもないでしょう。 これが1つの別れの判断基準といえるでしょう。

笑顔も会話も少なくなった

笑顔も会話も少なくなったようなら要注意!彼が冷めてきているサインと取れます。 あなたとの会話・笑顔がないということは、興味が薄れてきている証拠。 もしかしたら彼の心境に変化があった可能性がありますよ。 彼といる中で、最近楽しいと感じることはありましたか? 少なくなったと感じるようなら倦怠期の可能性もありえます。 そんな時は、2人の想いでの場所をデートしたり出会ったころの話をして気持ちを思い出してみましょう。 2人の歴史を振り返ることで、再びお互いの大切さを感じ関係を改善することができますよ。

5年付き合ったカップルが結婚する方法

5年という期間を交際して、結婚に至ったカップルの秘訣とは何か、気になりますよね。 もし今から結婚ムードに持っていくにはどうしたらいいのか、その方法を詳しくご紹介していきます。

5年後に結婚しようと約束をする

5年ほど交際期間が長いと、結婚への意思も固まりやすいはず。 そのため5年後に結婚しようと約束をするのも大変有効な手段ですよ。 なぜならその時までに、貯金額を決めて生活の基盤を整えることができるから。 しかしそこに至るまでケンカや価値観の相違といった紆余曲折もあり、時には結婚を白紙にしたくなる出来事もあるでしょう。 それでも5年後には、きっと笑って過去を振り返られるくらいお互いの絆も深まっているはず。 だからこそ「5年後に結婚しようと約束をする」ことは、2人の幸せに向かう共通目標としてたてるべきといえます。

マンネリした時のルールなど作っておく

事前にマンネリした時のルールなど作っておくこともおすすめします。 このルールがあることで、いざ倦怠期に入ったとしても対処法があるので状況を打開していくことができますよ。 「倦怠期突入だな…」と感じても打つ手があるとないとじゃ心の余裕も違ってきます。 そのためお互いが倦怠期を受け入れコミュニケーションをとり一体感が生まれてくるはず。 このように2人のルールを一緒に考えることで絆も深めることができますよ。

結婚観も含めてお互いを尊重し合う

結婚観も含めてお互いを尊重し合うことは結婚に至る上で重要なプロセス。 自分と相手の価値観を大事にする姿勢こそ、長く一緒にいる秘訣とも言えますよ。 なぜなら自分が大切にしているものを大切に考えてくれている人には、信頼感が芽生えます。 そしてこれは男女関係なく、誰しも結婚する相手に望んでいる条件。 そのため結婚観も含めてお互いを尊重し合うことは、結婚を考えるうえで非常に重要だといえます。

まとめ

いかがでしたか? せっかくのご縁、出来れば長く関係を続けていきたいですよね。 とはいえ、いつまでも新鮮な気持ちで付き合うことは不可能に近いです。 だからこそ、お互い変化を大切にしながら、原点に戻ってみる事も重要になります。 この記事を参考に、別れやすい期間にどう過ごせばいいのか、一度考えてみてくださいね。

5年も付き合っていると結婚を意識してしまいますよね。 しかし彼が結婚に対してどう考えているのか、気になっても聞くには勇気がいります。 この記事では、5年付き合ったのに結婚の踏み切れない男性心理と結婚か別れるべきかの判断基準をお伝えし、そのうえで彼と結婚する方法とはどんなものかをご紹介してきました。 もし5年付き合った彼と結婚を考えるときは是非ともこの記事を参考に、彼との関係をステップアップさせてくださいね。 応戦しています!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い