旦那と離婚したい!でも早まらないで!後悔しない為にもう一度見つめ直したいこと

旦那と離婚したい…と悩んでいませんか?おそらくたくさんの方が、この悩みを抱えているはずです。旦那と離婚したいけど、そう簡単に決められることではありませんよね。そこで、今回は、離婚する前に考えたいことや離婚する時にするべきことなどをご紹介していきます。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 離婚
  3. > 旦那と離婚したい!でも早まらないで!後悔しない為にもう一度見つめ直したいこと
夫婦の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人といて大丈夫?離婚した方が良い? ・セックスレスが辛い... ・全然気持ちを分かってくれない。 ・もしかして...彼は浮気してる? 辛い事も多いのが夫婦。 そういった夫婦の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や二人の相性も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

結婚生活にもう疲れた...旦那と離婚したいと思ったら

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 結婚生活に疲れ果てて、旦那と離婚したいと悩んでいらっしゃいませんか? すぐにでも離婚したい!と思うでしょうが、ちょっと待ってください。 本当に後悔しませんか? そこで今回は、旦那と離婚したいと思う女性に向けて、急いで離婚を進める前に考えて欲しいことや、後悔しないためにもう一度見つめ直したいことM/b>を見ていきます。

その前に、このままで夫婦二人は大丈夫?

夫婦生活は非常に長く、たまに旦那さんと一緒にいるのがしんどくなってしまう時もありますよね。 もちろん、逆に言えば良い事だって沢山あるはず。 長い時間を共有するというのはそういう事ですよね。 でも、一度考えてみて欲しいのが今の旦那さんとあなたは本当に一緒にいるべき二人なのかどうかということ。 ?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師が夫婦二人の未来や、本来の相性など様々な角度から「あなたの幸せ」のために占います。 実際MIRORに相談して頂いている方にも「もっと早く相談しておけば良かった」という方が多くいらっしゃいます。 ぜひ一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

旦那と離婚したい!その理由は?

「旦那と離婚したい!」と思う人はおそらくたくさんいらっしゃるでしょう。 そんな女性たちが、どうして旦那と離婚したいと思ったのかを詳しく見ていきます。 旦那と離婚したいと思うまでには様々な経緯があり、大きなキッカケや理由があることでしょう。 主に旦那との考え方や価値観など根本的な相性面から、お金や育児などの家庭に関することが挙げられます。 酷い場合は暴力など、命に関わることも…。 そんな様々ある、「旦那と離婚したい理由」をここでは詳しくご紹介していきます。

根本的な価値観の違い

「価値観が合わないのは、致命的」(29歳・専業主婦) 「物事の見方が全く違う、合わない」(30歳・会社員) 「価値観の違いで喧嘩ばかりです」(25歳・公務員) 価値観の違いによって、根本的な性格が合わないことが旦那と離婚したい理由に繋がるようです。 価値観が合う合わないというのは、とても重要なポイントですね。 物事の見方や考え方1つ違うだけで、お互いに衝突してしまう原因となってしまいます。 良し悪しの判断がズレると、一緒に生活するのがしんどく感じてしまうのは当然でしょう。 価値観の違いによって、旦那と離婚したいと考えるのはよくあるのではないでしょうか?

思いやりがない

「全く思いやりを感じられない」(28歳・アパレル) 「基本的に冷たい…愛がない」(29歳・IT) 「自分優先で私のことなんか考えてない」(26歳・会社員) 思いやりがないという意見も、旦那と離婚したい理由になります。 嫁の立場からすると、思いやりがないことは、大切にされていないと感じるのでしょう。 また冷たく感じるという意見もあり、本当に自分のことが大事なのか疑問に思ってしまうこともあるはずです。 思いやりのなさは、お互いを支え合いながら生きていく夫婦関係ではとても大切なものであり、それがなくなることで旦那と離婚したい気持ちにさせるのだと考えられます。

金銭感覚が違いすぎる

「お金遣いが酷すぎる」(26歳・美容) 「全くお金を使わないし、どこに行っても財布すら出さない」(28歳・公務員) 「夫婦になると金銭感覚の違いが露骨に表れる、無駄なお金を使いすぎる」(29歳・会社員) 金銭感覚の違いって、夫婦関係ではトラブルに発展しやすい項目ですね。 使い過ぎる人や、逆に使わなさ過ぎて困る場合もあるでしょう。 多くの場合は「使い過ぎ」だと考えられます。 自分の趣味に多くのお金を使ってしまったり、細かい出費がたくさんあったり、旦那の金銭感覚がおかしくてもう耐えられないという人も少なくはないでしょう。 完全お小遣い制にすると金銭感覚のズレはほとんど起こりませんが、共働きだとそれぞれでお金を管理することが多いので、このケースに至ることがあります。

DV・モラハラ

「すぐ手が出る、身の危険を感じる」(28歳・会社員) 「私の行動に対する嫌味が凄い、辛過ぎる」(23歳・建築) 「自分の意見が正しいと思ってる、モラハラが凄い」(30歳・接客業) 今現代で増えている「モラハラ夫やDV夫」というものですね。 身体的な暴力や言葉での暴力、無視したりネチネチとした嫌味を言い続けるなど精神的に追い詰める夫が原因で「旦那と離婚したい」と考えるのも不思議ではありません。 特にDVの場合は「身体的な暴力」ですので、一つ間違えれば命の危険があります。 さらにDVを受け続けることで「離婚する」と言うともっと殴られるのではないかと余計に恐くなり、言い出せず夫の言いなりになってしまうケースもあります。 DVやモラハラは相手を酷く傷つけるものであり、今すぐにでも旦那と離婚したいと思うのは頷けますね。

家事・育児に無関心すぎる

「仕事が忙しいの一点張りで、一切手伝わない」(27歳・会社員) 「育児に一切関わらない、それどころか子供が泣くと怒る」(29歳・主婦) 「休みの日は自分のことだけして、家事育児は放棄」(32歳・公務員) 育児や家事を、一切手伝おうとしない旦那って辛いですよね。 「自分は仕事をしているんだ」と言い、小さい我が子の世話を一切しない夫も中にはいるようです。 また「子供を育てるのは母親の仕事」という概念を持っている男性もいるようで、そこで夫婦間の溝ができてしまいます。 家事育児を手伝わない旦那と離婚したいと思う気持ちはほとんどの女性がわかることでしょう。

マザコンだった

無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
「母親の誕生日は覚えてるくせに、結婚記念日は覚えてない」(25歳・主婦) 「毎週実家に帰ってる、マザコン過ぎて引いた」(28歳・美容) 「実家の味付けにしろってうるさい、マザコンだよね?」(29歳・主婦) 結婚してからマザコンだった…と気づくこともあるでしょう。 多かったのは「母親によく会いに行っている」ことです。 また話す話題のほとんどが母親絡みだったり、母親の意見を夫婦間に持ち込んでくることもマザコンと気づくキッカケになります。 マザコンのダメなところは、奥さんよりも母親を大事にしたり優先してしまうところです。 旦那と離婚したい理由には、当然なりうるでしょう。

旦那の浮気

「夜遅いと思ったら、仕事じゃなくて浮気だった」(30歳・主婦) 「家庭を放って他の女と浮気してたとか許せない」(32歳・パート) 「仕事のふりして、女と会ってた証拠を見つけた」(27歳・会社員) 旦那と離婚したい理由では、上位に上がるものだと考えられます。 旦那が他の女性と浮気していたことが発覚し、どうしても許せないと思う人が離婚を考えるのでしょう。 中には「男の甲斐性」と言う人もいらっしゃるようですが、ほとんどの人は一度でも浮気をされると信じられなくなるようです。 夫としては軽く考えていたのかもしれませんが、浮気された側はとても傷つくことであり、許せなくなるのも当然です。

生理的に無理になった

「旦那の印象が変わって、一緒に居たくなくなった」(22歳・パート) 「体臭が原因?生理的にもう無理」(35歳・主婦) 「男性としての魅力がなくなった」(27歳・会社員) 生理的に旦那を受け入れられなくなった場合も、離婚に繋がるようです。 妻の意見の多くは「不潔」や「臭い」、「魅力」が挙げられました。 加齢に伴い人間は体臭などキツくなってくる場合もありますが、それが耐えられないと言う妻もいらっしゃるようです。 さらに男性としての魅力がなくなってしまったことも「生理的に無理」になることに繋がるようです。 生理的に無理ということは、今後夫婦生活を続けていく中で致命的なポイントでもあるので、旦那と離婚したいと思うようになるのは考えられますね。

姑問題や旦那側の家族との関係

「姑が厳しい、同居してるから余計に辛い」(25歳・主婦) 「姑に嫌われてるから、2度と会いたくない」(28歳・公務員) 「嫁扱いされない、付き合いが苦痛」(30歳・主婦) 一般的に妻が結婚で辛いと感じる問題の多くは「姑問題や旦那の家族親戚との付き合い」です。 特に旦那親と同居している場合は、余計に姑との関係は重要になってきます。 多くの場合は姑からの意地悪や厳しい当たりなどが挙げられ、嫁に来ている立場であればなおさら肩身が狭く、我慢しなければならない状況になります。 それが苦痛で耐えられず、旦那と離婚したいと思う人も多いのでしょう。

旦那のギャンブル癖

「ギャンブルに使うお金が半端じゃない」(27歳・会社員) 「給料のほとんどを、その日でギャンブルに使ってしまう」(24歳・アパレル) 「休みの日はほぼパチンコ…あり得ない」(25歳・会社員) 休みの日はデートじゃなく、パチンコ…さらに給料をほとんどギャンブルにすってしまう旦那も離婚したい枠組みに入ります。 ギャンブル癖は一般的に「ギャンブル依存症」と言われており、妻がやめるように言ってもほとんどやめられないのが現実です。 自分の給料の決まった分だけで楽しむ自制のきく人であれば問題ないのでしょうが、離婚を考えるほどなので借金をしてまでギャンブルに手を出してしまうことが考えられます。 家計を考えると旦那と離婚したい妻の気持ちは理解できます。

借金が発覚した

「多額の借金を抱えていた…あり得ない」(26歳・会社員) 「家計がいっぱいいっぱいなのに、ローンで借金してた」(30歳・パート) 「趣味のお金で凄い借金…耐えられない」(29歳・公務員) 旦那が借金をしていることが発覚し、あり得ないと感じる妻はかなり多いようです。 結婚する前にすでに借金していて、そのことを隠して結婚し、夫婦になってから発覚するケースや、結婚した後で趣味やギャンブルで借金し手が回らなくなってから発覚するケースなど、借金が発覚するケースはいくつかありますが、借金をするほどお金にルーズな人とは一緒にいられないと思う妻が多くを占めています。 借金の内容にもよりますが、多くは物をたくさん買ったり、ギャンブルだったりすることなので、呆れて旦那と離婚したいと考えるようですね。

妻の気持ちを理解しようとしない

「女性の気持ちを、全く理解しない」(23歳・会社員) 「私の気持ちなんてどうでもいいんだと感じた」(28歳・IT) 「どれだけ言っても、私の気持ちを理解してくれない」(27歳・公務員) 妻が家庭で抱えることや、妻の気持ちなどを理解してくれない夫っていますよね。 家でフル稼働している妻の気持ちを理解しなかったり、育児の大変さを話しても理解してくれなかったり、妻が抱える気持ちを全く理解しようとしない旦那は離婚したいと思われても仕方がないでしょう。 気持ちを理解するということは、夫婦関係をそれだけ大事にしていることなので、理解しようとしないのは逃げている証拠ですね。

愛情が冷めきってしまった

「旦那の一言で、愛情が冷めた」(28歳・主婦) 「全く相手をしてくれない、愛情が冷めて当然」(30歳・接客業) 「愛情がなくなった、それだけ」(26歳・会社員) 夫婦関係に亀裂ができる原因としては「愛情」が大きく関係してきます。 多くの場合は旦那の思いやりや、気遣いなど妻に対してどれだけ真剣に向き合っているかがポイントになり、それが全くないと妻は徐々に愛情が冷めていってしまいます。 愛情が冷めてしまうと「この先この人と一緒にいても苦痛」と感じてしまうのは当然でしょう。 旦那と離婚したいと思ってもおかしくはありませんね。

旦那と離婚したい!でも踏みとどまっている理由とは?

旦那と離婚したいけど、でもまだ…と踏み止まっている人もいらっしゃるでしょう。 世間体を気にしたり、子供のことを考えたりと、自分のことを犠牲にして我慢しているはずです。 また、離婚話になっても旦那がそれを聞き入れないこともあります。 また旦那の稼ぎで生計を立てている家庭であれば、旦那と離婚することで生活に不安を持たざるを得ない状況もあるでしょう。 ここからは、旦那と離婚したいけど、なかなかその先へ進めない女性の意見を見ていきます。

相手が離婚話に応じない

「離婚の話を、全く聞き入れてくれない」(26歳・自営業) 「離婚届を書いてくれない」(31歳・会社員) 「離婚話をいつもはぐらかす」(29歳・公務員) 離婚話をしても、旦那が話を聞いてくれないと話も進みませんよね。 話をはぐらかしたり、聞いていないふりをしたり、酷い場合は離婚届を見せても「書かない」と言って全く対応してくれないことが旦那と離婚したいと思ってもできない理由に挙げられます。 旦那は離婚話をわかっていないことはなく、先延ばしにしようとしていたり、逃げようとしていると考えられます。

子どもの事を考えて

「子供の将来を考えて、今は我慢してます」(29歳・主婦) 「離婚したら、子供が可愛そうだから」(28歳・パート) 「子供も父親がいた方がいいだろうと思って、今は耐えてます」(32歳・主婦) 子供を思う母親の気持ちからすると、父親と離婚することで子供に辛い思いをさせたくないと考える女性も多いのです。 母親だからこそできることでもあり、子供の気持ちになって自分が我慢してしまうのですね。 子供第一に考える母親ならではの感情だと考えられます。 自分の辛さよりも子供を優先する母親の気持ちが、離婚を踏みとどまらせているんですね。 結果的に自分が苦しい思いをしてしまうのですが、それでも子供が幸せであればそれでいいと思ってしまう母親の愛が感じられます。

離婚後の生活が不安

「慰謝料もらったとしても、生活はやっぱり不安」(31歳・主婦) 「今離婚したら、生活できるかどうか…」(36歳・パート) 「1人で子供を育てながら生活していけるか不安です」(26歳・接客業) 離婚後のことが不安で、なかなか離婚に踏み出せないこともあります。 まず考えるのは、間違いなく生活費についてでしょう。 離婚の裁判で勝って夫から慰謝料や子供の養育費を支払うことになったとしても、それがきっちり支払われるか不安になったり、専業主婦だった人にとっては仕事にブランクのある人もおり、うまく育児をしながら働けるか不安になります。 旦那と離婚したいと思っても、離婚の後の生活が心配になり、離婚する一歩が踏み出せない女性も多いでしょう。

「まだやり直せるかも」と期待してしまう

「もしかしたら、まだやり直せるかもしれないってどこかで思っちゃう」(24歳・会社員) 「2人で話せば、あるいはやり直しがきくかも」(28歳・公務員) 「離婚を決めつける前に、もう1回話し合いが必要なのかも」(29歳・自営業) 心のどこかでは、「まだやり直せるかもしれない」という思いがあるから、離婚に踏み出せない人もいらっしゃいます。 これまではお互いに仕事や家事育児なのですれ違いが起きたり、まともに話し合いすらできていない状況もあったのかもしれません。 話し合えば、やり直せる可能性があるかもと考え、すぐに離婚する答えを出さない人もいます。

親に申し訳ないから

「結婚式で祝ってくれた親に申し訳ない気持ちでいっぱい」(25歳・主婦) 「泣いて喜んでくれたのを思い出したら…なかなか」(28歳・美容) 「親のためを思うと、どうしても踏み出せない」(29歳・会社員) 結婚式などで、親は娘の晴れ姿を見て喜んでくれたでしょう。 そんな親を悲しませたくないという気持ちが、旦那と離婚したい行動を踏み留まらせていることもあります。 自分のことではなく、誰かを気遣って離婚できない人も多いでしょう。 自分を優先せず、他の人の気持ちを優先する人は、とても心が優しいのでしょうね。 最終的には悩みながら決断することになるでしょうが、このタイプの人はかなり迷ってしまう傾向にあります。

世間体を気にしてしまって

「離婚したら、近所の人からどう思われるか」(30歳・主婦) 「学校で噂にならないか…不安」(29歳・パート) 「バツイチっていう看板を背負う覚悟が中々できない」(26歳・会社員) 学校や職場、またご近所から「離婚した」という噂が流れることを心配することもあるでしょう。 世間体を気にして、旦那との離婚を決め兼ねている女性も多くいらっしゃいます。 自分がバツイチであると思われたくないという感情を持つ人もおり、周囲からの目が気になってしまい離婚までいけないのですね。 周りを意識しすぎるタイプの人は、この傾向が強いのではないでしょうか。

二人は今後、どんな未来を歩むのか

今、あなたは幸せですか? こう聞かれて即答できる方、というのは意外と多くないのではないでしょうか。 でも、人生は一度きり。 あなたにとって本当にベストな選択をしていくべきです。 一番もったいないのは心がモヤモヤした状態が続いてしまうこと。 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは未来に起きることの傾向を掴むことなので”あなたにとって将来的に幸せになれる選択"を調べるのと相性が良いのです。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気で悩まれています。 ただ、みなさんが知りたいのは 「このままでいいのか?」、「彼とあなたは一緒にいて幸せになれるのか?」 チャット占いサイト?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師があなたにとってベストな選択や夫婦二人の相性を徹底的に占ってくれます。 ぜひ一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

後悔しない!?離婚を決断する前に

旦那と離婚したい…。 でもちょっと待ってください! その離婚は、本当に後悔しない選択でしょうか? DVやモラハラなど心身共にダメージを受けるものは別として、致命的な原因でなければ、早まらずもう少し話し合ってみてもいいのではないでしょうか? 離婚に踏みとどまる理由も上記で述べましたが、もし踏み止まっているのであれば、一度旦那と2人でしっかり本音をぶつけあうことも大事です。 もちろん愚痴や悪口を一方的に言うのではなく、建設的な話ややり直せる可能性を提示しても遅くはないかもしれません。 ここからは、離婚を決断する前にするべきことをまとめてみました。

2人でじっくり話し合い

まずは、夫婦2人でしっかり話し合うことが大事ではないでしょうか? 何が原因で離婚を考えているのかということや、夫に対しての不満をここで伝えてみてください。 また喧嘩腰で話すのではなく、落ち着いた気持ちで真剣に話すことによって、旦那に本当の気持ちが伝わると考えられます。 旦那との価値観や金銭感覚、思いやりや愛情については話し合うことで旦那も理解してくれることがあるかもしれません。 旦那と離婚したいと思ってもすぐに行動へ移さず、まずは2人でじっくり話をするのが賢明です。

家事などの方法を具体的に教えてみる

家事育児について、旦那が手伝ってれなかったりすることが離婚の原因の1つにありますが、これに関しては改善の余地があります。 旦那はもしかしたら「家事や育児の方法」をよく知らない場合もあるかもしれません。 わからず勝手にやると怒られるかもしれないので、手を出さない人もいるでしょう。 そんな時は、手取り足取り旦那に家事や育児の方法を教えてみるのもいいでしょう。 もし知らないのが原因だった場合は、教えることでちゃんと手伝ってくれるようになります。 仕事で忙しいという言い訳をしているだけで、本当はわからないこともあるので、「やり方を教えてあげるから手伝って」と提案してみてはどうでしょうか?

報告・連絡・相談で今の家庭の状況をハッキリさせる

報告・連絡・相談は社会では当たり前のことですが、家庭でもこれを取り入れてみると解決の糸具になるかもしれませんね。 面倒臭いと思う旦那もいらっしゃるかもしれませんが、そんな時は「夫婦なんだから」としっかり言い切りましょう。 報告することで情報の共有をし、連絡で状況を伝え、相談することですれ違いや一方通行を防ぐことができるので、ギスギスしていた関係を改善でき、家庭内を明確化することができます。 まずは「報告・連絡・相談をしたい」旨を旦那に伝え、2人で話し合いましょう。 お互いに納得した上で実践することで、これまでのギスギスした関係が改善されるかもしれません。

旦那の親族との関わりは最低限に抑える

嫁姑問題や、旦那の親族との付き合いは、なかなかしんどいことが多いです。 そのため、よほどしんどいと感じる時は関わりを最低限に抑えてみましょう。 年に1回程度、お盆やお正月だけ帰省したりなど、期間も短めにして関係を深くしないようにすることで、自分へのストレスは抑えられるはずです。 このことは旦那にちゃんと相談することでより心が楽になります。 マザコンな旦那でない限りは、妻であるあなたの肩を持ってくれるはずなので、旦那の理解を得て実践することで心負担も軽減されるでしょう。 もし姑にいじめられているのであれば、本当のことを旦那に相談してもいいかもしれませんね。

ある程度の価値観の違いは妥協する

価値観の違いは辛いですよね。 お互い考えが合わないので衝突も増えますし、何より一番理解してほしい人との意見が合わなければこれ以上に辛いことはありません。 旦那と離婚したい気持ちが多少の価値観の違いであれば、妥協するというのも1つの手です。 もちろんどうしても我慢できない場合は仕方ありませんが、妥協したり我慢したりするのは夫婦にとって必要なことかもしれません。 よほどの違いや、致命的な価値観の違いがなければ、ある程度妥協することもアリかもしれませんね。

家事など自分だけが頑張りすぎない

家事や育児など、家庭内のことを必死に頑張っているのは大抵は妻です。 しかし、やり過ぎるのは自分にとって身体だけでなく精神面も崩してしまう原因になります。 1人で頑張りすぎず、旦那に直接「大変だ」ということを伝え、手伝ってもらうのもいいのではないでしょうか? 旦那が気の利かない人であれば、直接伝えることで協力してくれるはずです。 また上記で挙げたように、やり方がわからない場合もあるので、その場合は教えてあげることで旦那と協力して家事育児をすることができるので、あなたの負担も減るでしょう。 一人で抱え、頑張りすぎないようにすることが大切です。。

実家に帰って1人になる時間を作る

専業主婦の人など、ずっと家で家事育児に追われている人は息が詰まってしまうこともあります。 そんな時は、たまに実家に帰って息抜きをしてもいいでしょう。 家事なんて1日しなくても問題はありません。 さらに家事を1日しないことは「私がやらないとこうなるんだよ?」と旦那に毎日どれだけ大変かを分からせることもできます。 たまには息抜きをすることも心のケアになりますので、実家に帰ってのびのびと過ごしてみるのもアリですね。 仮に子供を連れて帰っても、自分の親が孫の面倒を見てくれるので、負担は少なく楽に過ごせるはずです。

それでもやっぱり離婚したい!決意が固い時は?

旦那と離婚したい、もう耐えられないと思っている人もいらっしゃるはずです。 決意が固く、もう我慢の限界ならすぐに動きましょう。 まずは離婚の原因を明確にし、旦那の悪い部分がある場合は証拠を集めます。 子供がいる場合は親権の争いになることもあるので、確実に勝ち取るためにも自分が有利になる証拠を持つことで、離婚はスムーズに進めることができます。 ここからは、離婚をするまでにすることや準備など、離婚に向けて何をすべきかをご紹介します。

別居する

どうしても我慢できず、一緒にいることが耐えられない場合は、すぐに別居することをお勧めします。 別居することで、旦那の嫌なところや毎日辛いと思っていることから、とりあえず解放されるので、まずは旦那から離れましょう。 別居をする時はいきなり出て行くと住む場所をすぐに確保できないこともあるので、旦那に別居することを相談した上でするか、事前に部屋を借りておくか、または実家に帰るか、どれかを選択してください。 子供がいる場合は、もちろん一緒に連れて帰りましょう。

弁護士に相談する

絶対に旦那と離婚したいと考えている場合は、裁判になることも多いので「弁護士」に相談するようにしましょう。 旦那の浮気やギャンブル、DVやモラハラなど離婚で慰謝料を請求するには必ず裁判で勝つ必要があります。 そのためこちらに非がなく、旦那が原因で離婚に至ったという証拠をしっかりと集める必要があるのです。 弁護士に相談することで細かいことを教えてもらえるので、「離婚専門の弁護士」に相談するのが一番いいでしょう。 他にも離婚に当たって大事なことやするべきことなど様々な助言をもらえるはずなので、弁護士への相談は必須になります。 弁護士費用は後から旦那に請求できるので、心配しなくても大丈夫です。

離婚したい意思を旦那にきちんと伝える

DVなど相手とまともな話し合いができない状況を除いて、離婚をする場合は旦那ときちんと話し合いの場を持ちましょう。 何が理由で離婚の決意に至ったのか、証拠がある場合はそれを突きつけるなど、こちらが有利な状況を作り、離婚する意思が固いことを示すのです。 もし価値観の違いや家事育児についての話になると、離婚したくないという旦那もいらっしゃるかもしれません。 その場合、自分に考えを変える余地がなければ、その意思をはっきり伝えましょう。 煮え切らない態度を取らないように、注意が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 旦那と離婚したいと考える人は、このご時世たくさんいらっしゃるはずです。 家庭のことを考えて、離婚を踏み止まっている人も少なくないでしょう。 もし旦那に改善の余地があるのであれば、まず旦那と2人でしっかり話し合うことが大事です。 それでもいい解決へと向かわなければ、離婚に向けて着実にきちんと準備を進めると、後味悪くなく離婚ができるはずですよ。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧