最近旦那が冷たいと感じる時の対処法!旦那の優しい気持ちを取り戻して夫婦円満!

最近、旦那がやけに冷たいと感じることはありませんか?旦那の冷たい態度には、実はそれなりの理由や事情ががあったのです。以前のような、旦那の優しい気持ちを取り戻すためには、一体どうしたらいいのでしょうか?夫婦円満の近道となる、その対処法を解説します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 結婚生活
  3. > 最近旦那が冷たいと感じる時の対処法!旦那の優しい気持ちを取り戻して夫婦円満!
夫婦の悩みは人によって様々。 ・なんだか最近彼が冷たい...どう思ってるの? ・この人といて大丈夫?離婚した方が良い? ・セックスレスが辛い... ・全然気持ちを分かってくれない。 ・もしかして...彼は浮気してる? 辛い事も多いのが夫婦。 そういった夫婦の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属する芸能人も占うプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちや今後どうしていくとあなたにとってベストなのかだけではなく、あなたの恋愛傾向や二人の相性も無料で分かるのでこちらから是非一度試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

最近旦那の態度が冷たくて寂しい...私、もう冷められた?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 「最近何だか旦那の態度が冷たい気がする」 「何も心当たりがないのに、なんで…?」 そのように不安に駆り立てられたことはありませんか? 旦那の態度が冷たいと感じても、その原因と対処法を知っていれば、夫婦円満な2人に戻ることができます! 今回はその秘訣をご紹介するので、ぜひ参考になさってくださいね。

その前に、このままで夫婦二人は大丈夫?

夫婦生活は非常に長く、たまに旦那さんと一緒にいるのがしんどくなってしまう時もありますよね。 もちろん、逆に言えば良い事だって沢山あるはず。 長い時間を共有するというのはそういう事ですよね。 でも、一度考えてみて欲しいのが今の旦那さんとあなたは本当に一緒にいるべき二人なのかどうかということ。 ?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師が夫婦二人の未来や、本来の相性など様々な角度から「あなたの幸せ」のために占います。 実際MIRORに相談して頂いている方にも「もっと早く相談しておけば良かった」という方が多くいらっしゃいます。 ぜひ一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

ショック!旦那が冷たいなと感じる瞬間

結婚したばかりの頃はいつも仲良しだったのに、ふとした時に旦那の冷たさを感じるととてもせつなくなってしまいますよね。 もしかして自分が何か悪いことをしたの?それとも浮気?などと心配になってしまうこともあるでしょう。 では、実際に旦那はどんなシーンで冷たい態度を示すことがあるのでしょうか? ここからは、旦那がどのような場面で冷たい態度をとるのか確認していきましょう。 あぁ、私もそんな態度を取られたことがある!と共感できる場面が、たくさんあるかもしれませんよ。

食事中に無言

「終始無言で食事されて辛かった。 その日は好きなものを並べていたはずなのに…」(25歳・会社員) 「久しぶりに外でデートしたのに、旦那はずっと無言。 行きたくなかったなら、最初から言ってくれればいいのに!」(28歳・アパレル) 「食の好みにうるさいのは分かってるけど、さすがに作った料理に何の反応もないとやる気なくなる」(29歳・保育士) 食事中は、誰もが楽しく会話したいもの。 共働きで忙しい中、食事の時間を合わせたり、自分が旦那のことを考えて料理をしたときはなおさらそのように考えますよね。 仕事で疲れているのかな?何かいやなことがあったのかな?と思いをめぐらせながらも、やはり食事中に無言というのは一緒に生活している中でかなりのダメージになります。

話を最後まで聞いてくれない

「こちらが一生懸命一日のことを話していても、すぐに別の用事を見つけて逃げられちゃう」(29歳・主婦) 「2人の休みの計画を立てたいのに、忙しいから後でって言うのが決まり文句」(25歳・会社員) 「仕事で忙しいのは分かるけど、いつもイラだってる感じ…ゆっくり話をすることもできない」(30歳・会社員) 生活を共にする夫婦だからこそ、2人で会話する時間は大切にしたいもの。 それなのに、こちらの話をいつも面倒くさそうにさえぎられては、こちらも虚しくなってしまいますよね。 最後まで話を聞いてもらえないことが重なると、2人の間にある溝が段々と大きくなり、その距離感がさらに広がることになってしまいます。

相槌が明らかに興味なさげ...

「へぇ、あ、そうなんだー、ふーん。 そんな相槌はもう聞き飽きた!ちゃんと会話してほしいのに」(23歳・アパレル) 「こちらはちゃんと旦那の方を向いて話しかけてるのに、彼はいつもケータイを触ったりテレビを見たりしてばかり」(28歳・看護師) 「子どものことで相談したいのに、いつも上の空で悲しくなる」(30歳・主婦) 本人はそんなつもりはなくても、こちらの話をちゃんと聞いているのか、ただ流しているだけなのかというのは態度で分かるものです。 普段から何気ない話を上の空で流されていては、ちゃんとした相談もしづらくなってしまいますよね。 「人の話をちゃんと聞いてるの?」と問い詰めたところで、本人はからは「聞いてるよ!」と返ってくることが多く、話している側としてはもやもやしてしまう事が多いのもこのパターンの特徴です。

スキンシップを拒まれた

「最近2人で並んで歩いていても、全然手をつないでくれない…」(25歳・会社員) 「2人でソファに座ってテレビを見る時間が好きだったのに、そういえば最近はいつも違う場所でくつろいでる」(24歳・アパレル) 「疲れてるからって、夜を拒まれることが多くなっちゃった…」(29歳・会社員) いつも一緒にいる関係だからこそ、夫婦間のスキンシップは大切にしたいもの。 特に、男性から冷たくされると女性としてはなかなかスキンシップと取りたいと口に出すことができなくなってしまいますよね。 最初はささいな事でも、それが積み重なって肌の触れ合いがなくなると、セックスレスにもつながる原因となるケースが多く見られます。

名前で呼んでくれなくなった

「おい、ねぇ…って。 気が付けばここしばらく名前を呼ばれていない気がする」(28歳・看護師) 「子どもができてから、いつも呼び名は『おかあさん』ばっかり」(31歳・公務員) 「名前を優しく呼ばれるだけで嬉しいって、男の人は分からないのかなぁ」(23歳・アパレル) 結婚したとたんに、妻を女性として見なくなるのは男性側によくある傾向のようです。 特に、妻が出産して母になるとその考えは強くなり、お互いにお父さん、お母さんと呼び合ううちに、本当の名前を口にしなくなってしまうことも…。 妻としては、いくつになっても旦那からは女性として見られていたいもの。 しかし、男性側はその気持ちに気付いていないことが多く、そこで夫婦間のギャップが生まれると言えるでしょう。

褒めてくれなくなった

無料!的中夫婦占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼の性格と恋愛性質 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)二人の相性 5)離婚するべき?二人の未来 6)関係が良くない時の再構築 7)体の相性と改善方法 8)今後の浮気の可能性 9) あなたが今取るべきベストな行動
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
「昔はデートのたんびに、服装や髪形を褒めてくれてたんだけどなぁ」(28歳・公務員) 「何を作っても感動してくれてたのは、付き合ってた頃だけ。 最近は、料理するのが当たり前って感じ」(32歳・会社員) 「外で働いてくれるのはもちろんありがたいけど…たまには家事や育児をしてるこちらのことも褒めて欲しい」(29歳・主婦) 旦那が褒めてくれなった…というのは、妻にとって自分への関心の低さを感じずにはいられない変化です。 妻は、自分を褒められるとう事実よりも、褒めてくれる旦那の気持ちに価値を見出すもの。 そのため、自分のことを褒めてくれなくなった旦那に対しては、自分が以前より価値のない当たり前の存在になってしまったのだという虚しさを抱えることが多いでしょう。

家事や生活の指摘ばかりされる

「部屋が片付いてないとか、ゴミの分別ができてないとか…いちいち細かすぎ!」(25歳・会社員) 「家のことは君の仕事でしょ…って、そこまで言われると悲しくなっちゃう」(29歳・主婦) 「洗濯の干し方が気になるなら、自分ですればいいのに」(23歳・会社員) 放任主義も悲しくなりますが、こちらのする家事についていちいち指摘するのも参ってしまうものです。 特に、小さな子どもを抱えながら家事を担っている主婦にとっては、外から帰宅する旦那の家事チェックは大きなストレスのひとつとなります。 そのような旦那ほど、家事は女性のするものという考え方が強く、手伝ってほしいという気持ちもなかなか理解してもらえないのがつらいところです。

歩くスピードを合わせてくれない

「込み合ってる街中で、ぐんぐん先に歩いて行っちゃうからあっという間に置いてきぼりに…」(25歳・主婦) 「久しぶりのデートなのに、気が付いたら旦那は別の場所にいて…一緒に出掛ける意味あった?」(30歳・看護師) 「付き合ってる頃は手をつないで歩いてたのになぁ、結婚したらみんなこんなもの?」(26歳・会社員) 2人で出かけていても、ぐんぐんと先に歩いて行ってしまう後姿、に悲しい気持ちを抱えたことはありませんか? 比べたくはなくても、付き合っていた頃は絶対にこんなことはなかったのにと考えてしまうこともありますよね。 旦那は当たり前のように気にしていなくても、妻は2人で歩幅を合わせて歩きたいとせつなく考えるものなのです。

家事を手伝ってくれなくなった

「結婚する前は、家事は2人で分担しようねっていう話だったのに…今は私ばっかり」(24歳・会社員) 「仕事が忙しいっていうけど…私だって忙しいし疲れてる!」(28歳・アパレル) 「昔はもっと気を遣ってくれてたのに、今は休日も家事をするのは私の仕事」(30歳・公務員) 家事を手伝ってくれなくなった男性ほど、結婚前は家事分担をすると言っていたパターンが多いのが特徴。 それだけに、家事に協力しなくなったことが妻にとっては大きなダメージとなって返ってくることになるのです。 最初は仕事の忙しさや疲れから始まったことでも、いつしか家事をしないことが当たり前のようになってしまうケースが多くみられるでしょう。

体調が悪い時に心配してくれなかった

「熱が出ても家事や育児を休めないでいるのに、旦那はいつものように飲んでから帰宅。 ありえない!」(32歳・主婦) 「付き合っていた頃、風邪をひいた私の家に差し入れを持って駆けつけてくれた頃がなつかしい…」(28歳・会社員) 「自分はちょっと体調が悪くても大げさに騒ぐくせに、人のことは全然心配しないんだから呆れちゃう」(26歳・公務員) 子育てをしている家庭の主婦ほど、多少体調が悪くても簡単には休むことができないもの。 そんな時こそ、旦那に心配してもらってできることは手伝ってほしいと思いますよね。 しかし、普段から妻の体調を気にかけることのない旦那は、妻のささいな体調の変化に気付くことがありません。 妻はそんな旦那の態度に、より冷たさを感じてしまうことになるのです。

旦那が冷たい...男性の心理とは?

ここまで、旦那が冷たいなと感じる瞬間をみてきて、旦那が妻に冷たくする場面は、実に様々であることが分かりました。 では、実際に旦那はなぜそのように妻に対して冷たい態度をとるのでしょうか? その理由が分かれば、以前のような仲の良い2人に戻ることができるのでは?と淡い期待を寄せてしまいますよね。 実は旦那が冷たい態度とるのには、それなりの理由がある場合が多いのです。 ここからは、その理由をひとつひとつチェックしていきましょう。 自分の態度に心当たりがないか、照らし合わせて考えてみて下さいね。

妻の無神経な一言に腹を立てている

「友だちの旦那さん、最近出世したみたいだよー…って、その気はないのかもしれないけど、比較されてるみたいでイヤになる」(27歳・会社員) 「え?今月のお給料少なくない?…って、それはオレが一番そう思ってるよ」(24歳・会社員) 「昔は〇〇だったのになー…って、いやいや、それはお互い様だから!」(32歳・公務員) 男性は時に、女性よりも繊細な心を持ち合わせているものです。 妻の言った何気ない一言が、その心を深く傷つけている場合もあります。 また、そのような無神経な言葉の積み重ねが、妻の気付かない間に深い溝となって冷たい態度に表れることになるのです。

妻の態度が不満

「付き合ってる頃は一緒に趣味も楽しめたのに、最近はいつもほったらかされてる感じ」(23歳・会社員) 「忙しいのは分かるんだけど、もう少し身なりに気を使ってくれたらなぁと思うんだよね」(29歳・公務員) 「たまに家事を手伝っても文句ばっかり…、やる気なくなるよ」(32歳・会社員) 様々な場面で、旦那は妻の態度に対して不満を抱えているようです。 妻が「昔はこうだったのに…」と思うように、旦那側も結婚してからの妻の惰性な態度に不満を抱えていることが多くみられます。 特に、体型や外見の変化は仕方ないと思いつつも、やはり気を使ってほしいというのが男性の本音です。 忙しさにかまけて、自分が女性としての気遣いを忘れてしまってはいないかもう一度考えてみましょう。

ただ仕事で疲れているだけ

「冷たいって言われてもねぇ…仕事から帰ったら気を遣いたくない。 かんべんして」(29歳・会社員) 「残業ばかりで心も体もへとへと。 家でくらい何も考えずに過ごしたい」(31歳・会社員) 「言いたくはないけど…外で働くつらさも分かって!と思ってしまうことがある」(25歳・会社員) 旦那が妻に冷たい態度をとってしまうのは、妻に対して不満があるからではなく、仕事でとことん疲れているからというケースも多くみられます。 もちろん妻に対して優しい態度をとりたいけれど、あまりの疲労でそのエネルギーもないというのがその本音です。 妻としては、疲れていると言われるとそれ以上何も言えなくなってしまいますが、お互いを思いやる気持ちを思い出すいいきっかけのひとつにもなるでしょう。

説教臭いところにうんざり

「いつもあなたはそうだから…って、結局はお説教がはじまるから相談もしたくなくなるんだよね」(24歳・会社員) 「話していても結局は自分を否定されるから、会話するのが面倒くさくなる」(29歳・美容師) 「新しいことに挑戦したくても、妻には結局説教されると思うと2人での楽しみもなくなる」(31歳・公務員) 妻としては良かれと思っているアドバイスでも、旦那にとっては単なるうるさいお説教でしかない場合もあります。 特に、男性は女性から褒められたり、尊敬されたりすることがエネルギーとなるものです。 それなのに、いつもお説教されてばかりでは妻に対する信頼感が失われてしまいます。 話を聞いてほしいのは、妻も旦那も同じもの。 たまにはお説教をやめて、ゆっくりと旦那の意見に耳を傾ける姿勢も大切になるでしょう。

話しが長すぎる

「いつも延々と話して聞かせるそのエピソード、毎日同じ内容にしか聞こえない」(31歳・公務員) 「疲れて帰ってるんだから、話は端的にすませてほしい」(27歳・会社員) 「ケンカをしてもすぐには終わらない。 延々と機嫌の悪い時間が続くから、いつからか衝突するのも面倒くさくなった」(29歳・会社員) 男性に比べておしゃべり好きの女性は、自分でも気付かぬうちにその話が長くなってしまうことがあります。 旦那が仕事で疲れている時は、妻にそのつもりがなくても、余計にその話が延々と長く感じられてしまうのです。 大事な要件ほど、分かりやすく端的に相手に伝えられるように心がけてみましょう。

妻に女としての魅力を感じなくなった

「休みの日もいつまでもノーメイクで寝間着のまま…こっちも身なりに気を遣う気がなくなるよ」(27歳・会社員) 「極端にダイエットしてほしいとは思わないけど、さすがにぶくぶく太っていくのをみると何とも言えない気持ちに…」(33歳・会社員) 「独身の頃は、職場でも人気の美人だったのになぁ…今はその面影がない」(29歳・公務員) 旦那に冷たい態度を取られたときに妻が一番に心配するのが、自分に女としての魅力がなくなったのでは?ということではないでしょうか。 女性として、それは一番考えたくないことですが、残念ながらそのように考える旦那がいるのは事実なようです。 一緒に暮らしているのだから、これくらいはいいだろうという気のゆるみが、旦那の目に映る自分をどんどん魅力のない女性へと変えていってしまいます。 思い当たる節がある場合は一度気持ちを改めて、自分を磨く努力をすることから始めてみましょう。

めんどくさい

「正直、妻に気を遣うのはもうめんどうくさい」(32歳・会社員) 「嫌いなわけじゃないんだけど、妻に対して労力を使うのはめんどうくさいかなぁ」(24歳・会社員) 「いちいちこちらの態度に文句をつけるから、話をするのがめんどうくさいんだよね」」(27歳・会社員) 妻に対してめんどうくさいという感情を抱いている男性も、少なからずいるようです。 一緒に人生を歩んでいこうと結婚したのに、めんどうくさいと言われるのは妻にとって、とても悲しいことですよね。 このような考えは、簡単にくつがえすことはできません。 ただ、無理強いするほどにその気持ちが倍増することになるので、旦那を問い詰めたりすることのないように気を付けるようにしましょう。

浮気をしているから

「妻の他に関係を持っている人がいる。 当たり障りなくと思っていても…いつのまにか態度に出てしまっているかも」(25歳・会社員) 「下手に優しく機嫌をとったりするのも怪しまれる気がして、知らない間に冷たい態度をとっているかもしれない」(32歳・会社員) 「いつの間にか不倫相手への気持ちが大きくなって、妻に対して優しく接することができなくなった」(29歳・会社員) 妻が考えたくない一番最悪のケースが、旦那の浮気ではないでしょうか。 特に、旦那が急に冷たくなったり、態度がよそよそしくなった場合には浮気の可能性が高くなります。 こんな時に感情に任せて問い詰めても、火に油を注ぐだけです。 まずは冷静に、その行動を把握することを心がけてみましょう。

二人は今後、どんな未来を歩むのか

今、あなたは幸せですか? こう聞かれて即答できる方、というのは意外と多くないのではないでしょうか。 でも、人生は一度きり。 あなたにとって本当にベストな選択をしていくべきです。 一番もったいないのは心がモヤモヤした状態が続いてしまうこと。 四柱推命やタロットなどが得意とする占いは未来に起きることの傾向を掴むことなので”あなたにとって将来的に幸せになれる選択"を調べるのと相性が良いのです。 実際、MIRORに相談して頂いている方、みなさんが本気で悩まれています。 ただ、みなさんが知りたいのは 「このままでいいのか?」、「彼とあなたは一緒にいて幸せになれるのか?」 チャット占いサイト?MIROR?では、有名人も占う本格派の占い師があなたにとってベストな選択や夫婦二人の相性を徹底的に占ってくれます。 ぜひ一度試してみてください。
\\今なら初回全額返金保証!//
初回無料で占う(LINEで鑑定)

旦那が冷たいと感じたら!試してほしい対処法

ここまでみてきた内容から、旦那が妻に対して冷たい態度を取る場合には、それなりの理由があることが分かりました。 では、旦那の優しい気持ちを取り戻すためには、一体妻はどうすればよいのでしょうか? 頭の中であれこれ考えているままでは、余計に2人の関係が悪化してしまうだけです。 ここは冷静になって、次のように行動にうつす勇気を持ちましょう。 きっと、2人の関係を打破するきっかけを見つけることができますよ。 早速、旦那が冷たいと感じたら試してほしい対処法についてみていきましょう。

「寂しい」と正直に伝えてみる

妻が思う以上に、旦那は自分の態度を「仕方ない」「相手も悪い」と正当化しがちなものです。 あなたが自分の気持ちを正直に伝えなくては、お互いの気持ちはさらにすれ違ってしまうことになります。 あなたが旦那のどんな態度に傷ついているのか。 どれほど寂しいと感じているのか、まずは口に出して伝えることが大切です。 その時も、旦那を責めたり、延々と愚痴を言うのではなく、端的に寂しい気持ちを相手に伝えられるように気を付けて話すようにしましょう。

冷たい理由を思い切って聞いてみる

どうしてそんなにも自分に対して冷たい態度を取るのか、思い切って相手に問いかけることも2人の関係を好転する大きなきっかけとなります。 妻が何も言わなければ、旦那は今の状況を決して変えようとは思わないからです。 家事を手伝ってくれなくなったこと、いつも自分に対してそっけない態度をとっていることを、思い切って旦那に対してぶつけてみましょう。 「別にそんなつもりはない」「気のせい」という答えが返ってくるかもしれませんが、冷たい態度にあなたが傷ついているのは事実なのです。 その気持ちをまっすぐに伝えれば、旦那もあなたに対して何らかのリアクションを返してくれることになるでしょう。

旦那の意見を否定せず受け止める

せっかくコミュニケーションをとる機会があっても、旦那の意見を否定してばかりいては前に進みません。 「でも」や「だけどね」で返していた旦那への返事を、これからは肯定の意見で返すように心がけてみましょう。 会話はキャッチボールによって成り立つものですが、自分の意見をいつも否定されていては旦那もいつしかあなたと関わることがイヤになってしまいます。 旦那の意見を肯定することで、今まで気付かなかった旦那の良さや、2人の関係に気付くことができるようになりますよ。

敢えてそっとしておく

どうしても冷たい態度の原因が分からない時には、旦那を下手に刺激せずそっとしておきましょう。 そうするうちに、冷たい態度の原因が改善されることもあるからです。 その間は旦那からの冷たさに傷つくこともあるかもしれませんが、自分を見つめ直せる時間を持てることにもなります。 旦那を責めるのではなく、自分の内側へ目を向けることが、自分を成長させ磨くことにもつながるのです。 あなたの変化が、旦那の態度を変えるきっかけのひとつとなると考えれば、じっと我慢することもできるでしょう。

旦那を労る・褒める!

女性から褒められて、嬉しくない男性はいません。 特に、一番近くで自分を見守っている妻に褒められることは旦那にとっての喜びとなるでしょう。 今まで旦那に対して否定的な意見をぶつけていた人ほど、旦那を褒めたり労わることを心がけてみましょう。 最初はぎこちなかったとしても、そうするうちに旦那の本当の良さに目を向けることができるようになります。 お互いの良さに目を向けることが、旦那の優しい気持ちを取り戻すきっかけのひとつとなることでしょう。

自分から愛情表現をしてみる

最近スキンシップがなくなった…という人は、思い切って自分から愛情表現をしてみましょう。 拒まれたらと思うと怖くてできない、という方は、最初は軽い愛情表現からで大丈夫です。 「あなたが好き」という気持ちをきちんと言葉にしてみたり、「あなたがそばにいてくれて嬉しい」と伝えるのも立派な愛情表現になります。 あなたのその優しい気持ちが、いつしか冷たい旦那を変えていくこととなるでしょう。

夫婦の会話を増やす

何があっても一緒にいる夫婦だからこそ、お互いのコミュニケーションは大切です。 会話のきかっけが少なくなるほど、旦那をあなたの名前を呼ばなくなったりないがしろにしたり、冷たい態度をとることが多くなります。 今日あったこと、嬉しかったことなど、些細な事でも話す時間を大切にするようにしましょう。 その中で笑ったり怒ったり、同じような感情を持つことが、旦那の優しい気持ちを取り戻す近道となっていくことでしょう。

自分磨きをして惚れ直してもらう

最近自分でも女としての努力が足りない気がする…そのように思い当たる人は、自分を磨いて旦那に惚れ直してもらいましょう。 自分磨きは、決して外見のことだけではありません。 周囲を思いやる気持ちや、生活態度を改めることも、立派な自分磨きとなって相手に映る印象を変えることとなります。 今更努力しても仕方ない…と思う前に、できることから少しずつ始めるように心がけてみましょう。

旦那を責めるのはNG

旦那の態度が冷たいからと、必要以上に責め立てるのはNGです。 ただでさえ、あなたに対する不満を抱えてよそよそしくなっている相手を追い詰めれば、2人の溝はより深まることになってしまいます。 まずは相手の話をよく聞き、自分の身を振り返ってみる事が大切です。 どうしてなの?と問い詰めたくなる時ほど、一度冷静になって相手との関係を見つめ直すように心がけてみましょう。

まとめ

いかがでしたか? 旦那が冷たいたいと感じる時には、旦那側にもそれぞれの理由があることが分かりました。 旦那の優しい気持ちを取り戻すためには、その理由を踏まえた上で、相手に寄り添う努力をすることが大切です。 最初は理不尽で納得いかないこともあるかもしれませんが、お互いを認め合うことが夫婦円満の秘訣のひとつになります。 今回の記事を参考に、仲の良かった頃の2人に戻れるように努力してみてくださいね。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い