喧嘩した友達と仲直りしたい!気まずさを残さない仲直りのコツ10選

喧嘩した友達と仲直りがしたい…。でも、どうやて仲直りをすればいいのか分からない。下手に嫌われたくないから行動ができない。と悩んでいる人もいるでしょう。喧嘩した友達との仲直りはかなり難しく、積極的に関わろうとすると嫌われる可能性もあります。この記事では、気まずさを残さない仲直りのコツをご紹介。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 喧嘩した友達と仲直りしたい!気まずさを残さない仲直りのコツ10選
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達と喧嘩してしまったけど早く仲直りしたい

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 『友達と喧嘩をしたから、仲直りがしたい』 そう思ったとしても、どうやって仲直りをすれば良いのか分からないこともあるでしょう。 特に、喧嘩をすると互いの間に気まずさが生まれてしまい、あまり関わらないようにすることもあります。 ただ、友達であれば『仲直りしたい』と思うことが普通ですし、何らかの行動を取りたいと思うでしょう。 この記事では、喧嘩をした友達と仲直りがしたい時に知ってほしい《気まずさを残さないコツ》をご紹介。 『どうやって仲直りすればいいの?』と悩んでいる人は、是非ここで紹介をするコツに挑戦してください。

喧嘩して気まずくなった友達と仲直りのコツ

この記事では、喧嘩した友達と仲直りをするときに知っておくべき《コツ》を紹介していきます。 どれだけ仲が良い友達でも些細なことがキッカケで喧嘩をしてしまうと、気まずくなってしまうでしょう。 だからこそ、気まずさを残さない仲直りをする必要があります。 表面上の仲直りをして、互いの間に気まずさが戻ると、仲直りができても前のような関係に戻れずいつの間にか関係が疎遠になることもあるでしょう。 ここで紹介をするコツを使って、喧嘩をする前と同じような関係に戻れるようになってくださいね。

1)なるべく自然な感じで話しかけてみる

『友達と仲直りがしたい』と思っているときに気まずさが生まれてしまうと、どうやって関わればいいのかが分からなくなるでしょう。 そうなると、話しかけることを一度辞めてしまう人もいるかもしれません。 ですが、友達との仲直りをする上で大事になるのが《自然にすること》です。 今まで通りとまではいかなくても、なるべく自然な感じでいることが大事になります。 例えば、喧嘩の原因が些細なことがキッカケで、お互いが意地の張り合いで仲直りできない状況もあるでしょう。 そういう時に、気まずくなって話しかけなくなるとより心の距離が空いてしまいます。 ここで、なるべく自然な感じで話しかけることができると、意外とすんなり前の関係に戻れることもあるはず。

2)普通に振る舞う

喧嘩をした友達とは、どうしても気まずくなってしまいます。 ですが、ここで関係を続けることを諦めてしまうと、仲直りは難しくなるでしょう。 ですから、できるだけ《いつも通りの自分》でいることを心がけてください。 例えば、話をする機会がなくても、あからさまに避けた態度を取らないなども重要になります。 同じ学校などに喧嘩をした友達がいれば、つい避けた態度を自然に取ってしまうこともあるはず。 ですが、そこは《普通》を意識することが仲直りへのポイントになるでしょう。

3)第三者にも協力してもらう

学校の友達や、会社の同期などと喧嘩になってしまった場合は《共通の友人》がいることでしょう。 友達同士の仲直りは、深く話し合って解決するよりも、第三者を交えて少しラフな感じで話し合うことがオススメ。 共通の友人が間に入っていれば、いつの間にか喧嘩したことを忘れてしまうぐらい打ち解けていることもあるからです。 友達同士の些細な喧嘩の場合、難しく考えて『どうやって仲直りをすればいいんだろう』と慎重になることより、『とりあえず仲直りしよう』と行動に移すことが大事になります。 ですから、共通の友達に『実は〇〇と喧嘩をしてしまって、仲直りがしたいから、一緒に話してもらえない?』と聞いてみましょう。

4)素直に自分から謝る

『喧嘩した友達と仲直りがしたい』と思っている人の中には『でも、相手が悪いから謝ってもらいたい』と感じている人もいるかもしれません。 相手が100%悪い場合は、謝罪されるまで待つのも良いと思いますが、少しでも『仲直りしたい』という思いがあるのなら、関係が疎遠になるような行動をしないようにしましょう。 例えば、相手がいるときにあからさまに避けているような行動をしてはいけません。 また、喧嘩の原因を考えたときに、少しでも『自分にも悪い部分があったかも』と思う場合は、素直に自分から謝るようにしましょう。 喧嘩をしてほとぼりが冷めるのを待つ人も多いですが、冷めたときには関係も冷え切っていて仲直りできないことも多いです。 後から後悔しないために、悪かったと思うのであれば素直に自分から謝りましょう

5)ぎこちなさから冷たい口調にならない要注意

喧嘩した友達が、同じ学校や会社にいる場合もあるでしょう。 そうなると、何らかの機会で話をする必要が出てくるかもしれません。 実は、ここの関わり方が今後を分ける大きな分岐点になるので気を付けるべきです。 お互いが《喧嘩をしているから》と意識し合っていると、どうしても、ぎこちなさが生まれてしまうこともあるでしょう。 例えば、相手が仕事のことで話しかけてくれたのに冷たい口調で話してしまい、二人の間の溝が深くなってしまう可能性もあります。 ですから、ぎこちなさが生まれたとしても、《自然でいること》は凄く大切です。

6)相手の怒りがおさまってなければ距離を置く

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
喧嘩の原因が自分にあって、相手の怒りがおさまっていないようであれば、すぐに関係を戻すことは不可能です。 ここで焦ってしまうと、修復不可能な関係になるかもしれないので、一旦距離を置くようにしましょう。 距離を置くときに大事になるのが、あからさまに避けたり、冷たい態度を取るのではなく、関わることがあれば《自然》に話し、自分からは話しかけない等の絶妙な距離を置くようにしてください。 相手の気持ちを考えて、気遣いをすることは大事になります。 距離を置いて、相手の怒りが冷めるのを待つのは結構精神的にはキツいですが、その期間に『どうして相手を怒らせてしまったのか』などを考えて、自分と向き合い反省をすべきです。

7)喧嘩中でも優しい気持ちは持っておく

喧嘩中になると、相手に対してマイナスの感情ばかりを持ってしまうこともあるでしょう。 関わる機会が無くなると、『なんであの時に、あんな態度を取ってきたんだろう』などと、相手に抱くイメージがだんだんと悪くなってしまいます。 そういう気持ちを持つようになると、『仲直りしたい』という気持ちが心の底にあっても、表に出すことが難しくなり、相手のことを僻むなどネガティブな行動ばかりをするようになるはずです。 こういう時こそ、相手のことを《思いやること》が大切になります。 喧嘩中でも、優しい気持ちを持ち合わせていないと、相手のことを許すことはもちろん、仲直りもできなくなってしまうでしょう。

話し合いをし、相手の思いに歩み寄る

お互いの怒りの熱が少しずつ冷めてきたのであれば、話し合いができる環境を作りましょう。 第三者を交えても良いですし、二人で話し合いができそうであればカフェなど、人目が多いところで話し合いをするようにしてください。 話し合いをするときのポイントとして大切になるのが、《相手のことを思いやること》です。 例えば、相手に対して思っていることや、言いたいこともあるでしょう。 ですが、自分の気持ちだけをただひたすらに伝えてしまうと、話し合いというよりは説教のような時間になり、相手があなたとの関係をやめたいと思う可能性もあるでしょう。 だからこそ、話し合いをするのであれば、相手の思いに歩み寄るようにしてください。

9)謝っても許してもらえない場合は、関係を考える

自分の行動を見返して、悪い部分を見つけ反省ができたのであれば、友達に謝る必要があります。 話し合いの機会を設けて謝罪をすることで、許してもらえることもあるでしょう。 ただ、喧嘩になってしまい生まれた溝は、そう簡単に埋めることができません。 もしかすると、謝ったのに許してもらえない可能性もあります。 場合によっては、許してはもらえたものの、相手が自分の悪口などを言っている可能性もあるでしょう。 これは、表面上だけ『許した』ことになっていて、一番関係が難しくなります。 この場合は、ハッキリ言って相手との間にかなりの壁があるため、関係に執着をしないことが大事です。 どうしても許してもらえない場合は、そこまでの友達だったと思い、関係を考え直さないと自分が苦しくなってしまうでしょう。

10)自分の気持ちが落ち着くまで待つ

友達と喧嘩をすると、さまざまな感情が自分の心の中に生まれてきます。 例えば、相手に原因がある場合は、『仲直りをしたいけど、今は許せないかも』と感じる気持ちも出てくるでしょう。 こういった気持ちがあるのに『仲直りをしなきゃ』と焦ってしまうと、気持ちがゴチャゴチャするのでしんどくなります。 自分の気持ちに嘘をつかないことは大事になるので、喧嘩をした後は一度自分の気持ちと向き合うようにしましょう。 自分の気持ちが落ち着くまで待つことで、相手を受け入れられる心の余裕も出るはずですよ。

まとめ

この記事では、『喧嘩した友達と仲直りがしたい』と考えたときに、気まずさを残さない仲直りのコツを紹介してきました。 友達と喧嘩をすると、お互いが意地を張り合ってしまうなどして互いの間にうまれた溝が深くなる可能性も高いです。 『仲直りしなきゃ』と焦ってしまうと、自分の気持ちの整理もできないでしょう。 まずは、自分がどうしたいのかを考えるために少し落ち着くまで時間を空けるべき。 相手の怒りが冷めていないようであれば、その期間に反省をし関わる期間を空けることも大事になります。 相手を思いやる姿勢を忘れないようにしましょう。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い