友達とのちょうど良い距離感とは?程よい距離感で関係も長続き!

「友達との距離感が難しい」そう思ったことはありませんか?友達との距離感は近ければ近い方が良いのでしょうか?この記事では「近すぎてもいけない理由」や「友達との距離感を上手に取るためにはどうすればいいのか」についてご紹介します!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 友達とのちょうど良い距離感とは?程よい距離感で関係も長続き!
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達とのちょうどいい距離感を知りたい!

こんにちは、MIROR PRESS編集部です。 友達との距離感って難しいですよね。 近すぎてもいけないし、遠すぎても上手くいきません。 程よい距離感を保つことで、お互いに心地いい関係性を築いていくことができるはずです。 また、友達との適切な距離感が分かれば、近すぎたり遠すぎたりして悩むこともありませんよね。 この記事では「友達との距離感が近すぎてもいけない理由」「距離感を上手に取るポイント」についてご紹介していきます。

友達との距離感!近すぎてもいけない理由

ここまでは、適切な距離感をとることで友達との関係性が心地よいものになると説明しました。 しかし、友達との距離感が近すぎてもいけないのは一体なぜなのでしょうか? 近ければ近いほどより仲良くなれるような気もしますよね。 以下の項目では「友達との距離感が近すぎてもいけない理由」について解説していきます。

知らなくてもいい部分まで知ってしまう

1つ目の理由は「知らなくてもいい部分まで知ってしまう」ことです。 友達との距離が近すぎると、その友達の知らなくてもいい部分、知らない方が良かった部分まで知ってしまい、結果的に友達に嫌悪感を抱いてしまうような場合もあります。 例えば二人の距離が近すぎてしまうことにより遠慮がなくなり、「お金を貸して」と言われてしまうこともあります。 友達関係と言えど、必要最低限の遠慮は必要ですよね。 距離が近すぎることによって必要最低限の遠慮すらなくなり、全く気を使わなくなってしまい、結果的に友達の知らなくてもいい部分まで知ってしまうことになる場合もあるようですね。

気を遣いすぎてしまう

2つ目の理由は「気を遣いすぎてしまう」ことです。 先ほどとは真逆の現象ですが、友達との距離が近すぎることにより気を遣いすぎてしまう場合もあります。 「ここまで踏み込んでも大丈夫かな」「これほど二人の距離が近すぎて嫌がられないかな」と余計なことに気を遣ってしまい、気疲れしてしまうのですね。 距離が近すぎることでどこまで踏み込んでいいのか分からず、気を遣いすぎてしまいます。 気を遣うこと自体は悪いことではないのですが、距離が近すぎてしまうことで限度が分からなくなってしまうのです。

しょっちゅう誘われると面倒になる

3つ目の理由は「しょっちゅう誘われると面倒になる」ことです。 友達との距離が近すぎると、しょっちゅう誘われる場合があります。 気軽に誘える相手と認識されているのは嬉しいことですが、あまりにも頻繁に誘われるといくら友達でも面倒になってしまう時がありますよね。 しょっちゅう顔を合わせていることで飽きてしまう場合もあります。 また、頻繁に誘われると誘いが来ることが面倒に感じてしまい、結果的に友達の誘いを断ることが多くなり、逆に距離が遠くなってしまう場合もあるでしょう。

近すぎると強引に感じてしまう

4つ目の理由は「近すぎると強引に感じてしまう」ことです。 友達との距離が近すぎることで遠慮がなくなっていくということを先ほども説明しましたが、遠慮がなくなっていくので、友達のあなたへの態度が徐々に強引なものに感じてしまう場合もあるでしょう。 例えばあなたが友達に誘われて、「その日は用事があるから遊べない」と断っても遠慮のなくなった友達は「用事なんて今度で良いじゃん、遊ぼうよ」という風にあなたの都合を無視して強引に誘ってくる場合もあります。 このように、友達との距離が近すぎることで、友達の態度や誘いが強引なものに感じてしまうこともあるようです。

秘密を探られている気がしてしまう

5つ目の理由は「秘密を探られている気がしてしまう」ことです。 友達との距離が近すぎることで、秘密を探られているような気がしてくることもあります。 距離が近くなると遠慮がなくなり、何を聞いても良いような気がしてくることがあります。 そのため、「〇〇ちゃんって〇〇なの?」と聞かれたくないことまで詮索されてしまう場合もあり、そのような質問をされると「探られている?」と思ってしまうようになるのです。 必ずしも秘密を探っている訳ではなく、友達からすれば何気ない会話の一つなのかも知れませんが、さまざまな質問をされて詮索されることで、「秘密を探られているのでは?」と思ってしまう場合もあるのです。

友達との距離感を上手に取るポイント

ここまでは「友達との距離が近すぎてもいけない理由」について解説しました。 友達との距離は近すぎても上手くいかないなんて、とても難しいですね。 程よい距離を保つためには一体どうすればいいのでしょうか? 自分でも気が付かない内に友達に嫌がられていたらショックですよね。 以下の項目では「友達との距離感を上手に取るポイント」について解説していきます。

1)会えない時期があっても負担を感じない

1つ目は「会えない時期があっても負担を感じない」ことです。 頻繁に会っていた友達と何かしらの理由で急にしばらく会えなくなってしまう場合や、数日続けて会っていた友達との会う約束が途切れた場合など、負担を感じないようにすることが大切です。 「毎日会っていたから、明日も会わなくちゃ失礼かな」「頻繁に会っていたからもうそろそろ会わないとダメかも」という風に会うことをまるで義務のように感じないようにしましょう。 義務のように感じてしまうとその途端重荷になってしまいます。 「二人の予定が合った日に会おう」「今は気分が乗らないから今度にしよう」などと言う風に軽く考えてください。 負担を感じない程度に軽く考えることで、適度な距離感を保つことができるでしょう。

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

2)お互いを尊重できる関係

2つ目は「お互いを尊重できる関係」でいることです。 どちらか片方がどちらか一方を見下しているような関係では友達とは言えませんよね。 お互いを尊重できるような関係でいることが程よい距離感を保つポイントです。 自分の都合ばかり押し付けずに、友達の意見もしっかりと聞き、たとえどれほど仲良くなっても相手を尊重することを忘れてはいけません。 「親しき仲にも礼儀あり」です。 友達の意見も聞き、自分の意見も聞いてもらうことでお互いを尊重することができます。 自分勝手な振る舞いをせずに相手の気持ちも汲み取りましょう。

3)心の中に無理に踏み込もうとしない

3つ目は「心の中に無理に踏み込もうとしない」ことです。 どれほど仲良くなっても聞かれたくないことってありますよね。 程よい距離感を保つためには相手の心の中に無理に踏み込もうとしないようにしましょう。 友達が聞かれたくないと思っているであろうことや、友達の悩みを無理やり聞き出したりしないようにしましょう。 友達が自ら話してくれたことは、あなたが踏み込んでも良いと判断して話している部分なので聞いてあげましょう。 親切心で無理に友達の心の中に踏み込もうとしても、友達からすればそれはとても迷惑です。 友達が話してくれたことだけを聞いあげて、無理に心の中にずかずかと入りこまないようにすることで程よい距離感が保てるでしょう。

4)相手が悩んでいてもこちらから聞きすぎない

4つ目は「相手が悩んでいてもこちらから聞きすぎない」ことです。 友達が悩んでいると心配ですよね。 「どうしたの?」「元気ないね」と軽く聞くのは良いですが、聞きすぎないようにしましょう。 友達が悩んでいる様子を心配してかける言葉は良いですが、友達がこれ以上話したくなさそうなのに追及するような言い方はやめておきましょう。 「どうして悩んでいるの?もしかしてあのこと?」など勝手に予想を立てて追及されても、話すつもりのない友達は困ってしまうでしょう。 友達だからと言って何でも話さなくてはいけないという義務はありません。 程よい距離を保つためにも、友達が悩んでいるときに聞きすぎないように注意してください。

5)離れている事があってもいつでも味方

5つ目は「離れている事があってもいつでも味方」ということです。 たとえ離れている事があったとしても、友達である以上その子の味方ですよね。 常に一緒にいなくても、友達がピンチに陥っている時に手を貸すことが出来れば充分なのです。 離れている事があってもいつでも味方ということを認識出来れば、あなたも友達も安心して適度な距離を保つことができます。 いつも一緒にいるから味方なのではなく、友達なのだからたとえ距離が少し離れていても困った時には手を伸ばすことができます。 「私はいつでもあなたの味方だよ」と言葉にして伝えることで、友達との距離感を気にしなくても、安心して程よい距離感を保てるでしょう。 「頻繁に会っていないと友達ではなくなってしまう!」という思い込みをせず、たとえ離れていることがあっても味方だということを言葉にして確かめ合えば、お互いに安心できますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 友達との距離感は遠すぎてもいけないし、近すぎても上手くいかないなんて難しいですよね。 程よい距離感を保つことで友達関係がより上手く円滑にいくはずです。 近すぎてもいけない理由では「しょっちゅう誘われると面倒になる」というものがありました。 いくら仲の良い友達でも毎日誘われると嫌になってしまいますよね。 距離が近すぎることによって逆に離れてしまう場合もあるのです。 距離感を上手に取るポイントでは「お互いを尊重できる関係」というものがありました。 お互いを尊重できる関係でいることで、無理に相手に踏み込もうとしなくなります。 その結果、程よい距離感を保つことができるようになるのですね。 友達との適切な距離感を覚えて、上手に関係を続けていきましょう!
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い