友達の誘いの《断り方10選》嫌な思いをさせずに上手に断る方法を伝授

友達から遊びの誘いを受けても、気分が乗らない時ってありますよね? しかし断り方が分からないという人も多いと思います。 今回はそんな友達の誘いの上手な断り方を知りたいと思っている人は必見! 相手に嫌な思いをさせずに断る方法を伝授しますので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 友達の誘いの《断り方10選》嫌な思いをさせずに上手に断る方法を伝授
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達からの誘いの上手な《断り方》教えて欲しい

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 友達からせっかくお誘いを受けたのに、都合が悪く断ろうと思ったとき、相手に嫌な気持ちをさせないような断り方があれば、とても気持ちが楽になりますよね。 今回は友達の誘いを、嫌な思いをさせずに上手に断る方法を10選で挙げていきます! 友達のお誘いの上手な断り方を探している人は、ぜひ参考にしてみてください!

友達の誘いの《断り方10選》嫌な思いをさせない方法はこれだった

友達から遊びの誘いが来るとやっぱり嬉しいものですよね? しかし、人の気持ちは時と場合によって大きく変化をする為、場合によっては気分が乗らずに、断りたい…と思ってしまう事もあるのではないでしょうか? しかし、せっかくのお誘いなのに、変に断ってしまうと相手が傷付くかも…と考えてしまい、モヤモヤしてしまう事も少なくないと思います。 しかし、実は友達からの誘いを上手に断る方法というのは存在していました。 友達の誘いを上手に断り、お互いが嫌な気持ちにならないようにしていきましょう。

先約がある

一番使いやすく、かつ効果的な断り方と言えば「先約が入っているから」という理由がとても使いやすいと言えるでしょう。 ほとんどの場合は「先に約束があって行けない」と言えば納得してくれるでしょうが、もし何か理由付けをするとしても「病院に行く予定がある」「仕事で会社に行かなければならない」「塾・習い事に行かなければならない」などと言った理由を言えば、友達もそれ以上は食い下がってくる事はないでしょう。 しかし、本当に予定が入っている場合は良いですが、もし嘘の予定を使うのであれば、その日の行動には気を付けなければいけません。 今やSNSなどで簡単にその日の行動が分かってしまったり、後日友達との会話のやり取り次第では、嘘がバレてしまう可能性があるので、気を付けましょう。

体調不良

体調不良が原因で断るという方法も理由としては仕方ないとなる事がほとんどで、誘ってくれた友達も嫌な気持ちになる事がないと言えるでしょう。 体調不調なのに、無理やり遊びに来いと誘う人はほとんどいなく、余程の用事がなければ「体調が悪いからいけない」の一言で話は済むでしょう。 しかし、後日友達に会った時に、体調大丈夫?などと心配をされる事もあるかもしれません。 その時に友達と話が上手く繋がらないと、嘘をついたとバレてしまい、一気に険悪な雰囲気になってしまう可能性も…。 友達からすると「体調不良と嘘をついてまで遊びたくなかったのか」と、関係が悪くなってしまう事も考えられるので、注意が必要でしょう。

仕事や勉強

相手を嫌な気持ちにさせない断り方として、社会人なら仕事、学生なら勉強といったように、家に持ち帰ってまでやらなければいけない事があり、都合がつかないということを理解してもらうのが良いでしょう。 特に社会人であれば、持ち帰りの仕事もそうですが、残業になってしまう事も多々あるかと思いますので、友達も「仕事が忙しいんだな」と理解をしてくれる事でしょう。 相手が同じ「残業の多い職場で働いている」「いつも仕事で忙しそう」といった境遇ならば、より誘いも断りやすく、お互いに嫌な気持ちになる事は無いでしょう。

宅急便が来る

たまたまその日は絶対に受け取らなければいけない配送物がある、といった具合に説明をすると、上手に断れるはずです。 配送日を指定していたり、配送物がなま物だったり、家具や家電だったりが届くとなると、必ず家主は在宅をしていなければいけませんので、友達もそれだけで理解をしてくれる事でしょう。 また、配送物ではなくても、立ち合いの工事がある(ネット回線工事やその他の工事)、家電製品の修理をしてもらいに来てもらう、などといった理由も、上手に誘いを断る事が出来る方法だと言えるでしょう。 しかし、誘いを受けた時間が深夜だったり、祝日だったりすると、この方法が使えない場合もあるので、タイミングには気を付けなければいけないでしょう。

早めに断ること

お店の予約を検討している為に人数を把握したいと思っている場合に、特に気を付けなければいけないところではありますが、どんな理由があって断るにしても、出来るだけ早めに連絡をして断るのが良いでしょう。 もちろん、直近にならないと予定が分からないという事もあるとは思いますので、それが全てとは言えませんが、出来るだけ早めに連絡を入れておけば、その友達も他に予定を立てる事が出来るかもしれませんし、急に断られるドタキャンになるよりも、相手も嫌な気持ちになる事がなく断る事が出来るでしょう。 相手の気持ちになって、早めの連絡を心がけましょう。

感謝の言葉と気づかい

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
もし友達の誘いを断ったとして、「ごめんね?」だけで終わらせるのではなく、相手に気遣いの言葉をプラスして伝えると、嫌な気持ちになる事は無いと言えるでしょう。 例えば「折角誘ってくれたのに、ごめんね?誘ってくれてありがとう」などの感謝を伝える方法がとても有効だといえます。 誘ってくれた友達も、誘った事に感謝の言葉を伝えられたのなら、残念だったけど誘ってよかったと思えますし、次も誘おうと思ってくれることでしょう。 せっかく誘ってくれた友達に嫌な思いをさせない為にも、相手を思いやる気持ちは大切だといえるでしょう。

また誘ってねという言葉

せっかくの誘いを断ってしまうと、徐々に「誘っても来ないから呼ばないでおこう」という気持ちになってきてしまうのが人間というものです。 どうでもいい人であれば良いですが、関係を疎遠にしたくない人なら一言「また誘ってね?」という気持ちを伝えておきましょう。 「今回はいけなくてごめんね、また絶対に誘ってね?楽しみにしてるからね?」といったように、行けなくて残念だった気持ちを伝える事で、友達も「本当に行きたかったんだ、また今度誘おう」と前向きに考えるようになってくれます。 大切な友達なら社交辞令だとしても、一言次回も誘ってほしい旨を伝えておくと良いでしょう。

代替案を出す

もしどうしても断りにくかったり、ウソも付けなくてどうしようと思った時は、相手に代替案を提示するのはどうでしょうか? 例えば別の日に予定をずらしてもらったり、時間をずらしてもらう、といった代替案を伝える事で、相手もそれを含めて考えてくれることでしょう。 また、代替案を提示するという事は、行きたいけど行けなくて残念だといった気持ちをしっかりと伝える事が出来る為、友達も嫌な気持ちになる事はないでしょう。 本当に行きたかった予定でも、相手が代替案に乗ってくれれば、しっかりとその日に合わせて予定を立ててもらえる事でしょう。

お金がピンチで

実際友達と遊ぶとしても、何かにかけてお金がかかってしまうものです。 もし金銭的に余裕がなければ、素直に「お金に余裕がなくて…」と断るのも良いでしょう。 金銭的な問題は、どうにもならないという事はほとんどの人が理解出来るので、もしその断り方をされた時は、引き下がる事しか出来ないでしょう。 金銭的に余裕がないと言われた友達としては、よほどの事じゃない限りは諦める事でしょう。 しかし、場合によっては「今回はこっちが払ってあげるからおいで?」と言われてしまう可能性があり、急に断れなくなってしまう事になる事もあるので、本当に金銭的に余裕がない時以外は使わない方が無難な方法だと言えるでしょう。

理由を細かく言わない

相手に嫌な気持ちにさせたくない、嫌われたくないと思うと、どうしてもウソをついて断ろうとしてしまいます。 もちろんウソをつくことが悪いのではなく、ウソの上にウソを重ねていく事に問題があると言われています。 ついたウソを墓場まで持っていく覚悟でいるのであれば良いのですが、些細なウソというのはちょっとした事でバレてしまう可能性があります。 ウソをついて誘いを断ったとバレた時が面倒なので、素直に「その日は行けません」と一言伝え、それ以上理由を付けない様にするというのも、相手を傷付けない断り方だと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか? 相手の気持ちを考えると、「ちょっと気分が乗らないなぁ」と思っても、正直に伝える事が出来ませんよね。 相手が傷付かない様に上手く理由を付ける事で、お互いが嫌な気持ちにならずに済むでしょう。 誘いを断るには、上手な断り方というのを知っていると便利だと思います。 上手く誘いを断る事で、友達との関係も上手くいくというものなので、覚えておきましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧