友達といても「楽しくない」そう感じる原因とどうすべきかの《5つの対処法》

最近友達に誘われても嬉しくない、遊んでいても楽しくないから会うのが苦痛と感じていませんか?友達のこと別に嫌いというわけではないのに、どこからか湧いてくるこのネガティブな感情に戸惑っているあなた必見。5つの対処法を試して、友達といても楽しくないという悩みを今すぐ解決してみませんか?

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 友達といても「楽しくない」そう感じる原因とどうすべきかの《5つの対処法》
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達といても楽しくない!この気持ちの変化はなぜ?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 友達を嫌っているわけではないのに、最近友達といても楽しくないと感じてしまうときってあると思います。 その友達との付き合いが長くなってマンネリ化するという要因も考えられますが、その他にもそう感じてしまう原因があります。 友達といてもなんだか楽しくないと感じてしまうときには一体どうするのが正解なのでしょうか? それでは、そう感じてしまう原因からみていきましょう。

友達といても楽しくないと感じてしまう原因

以前は一緒にいると楽しくて会話も弾んだのにいつからか同じ会話が多くなってきて話題に困る友達。 お誘いをうけてもどうしてか気乗りしなくて断る理由を探している友達。 一緒にいても楽しくないと感じてしまう友達との時間はいつしか苦痛になり始めて、この感情がどこから来ているかのはっきりとした理由も分からないまま疎遠になってしまう人も。 友達といても楽しくないと感じる原因を理解すればその対処法が見えてきますので、まずはあなたがそう感じてしまう原因を探っていきましょう。

本性が見えたのが原因

友達としばらく付き合っていると、些細なことがきっかけでその人の素性を垣間見ることがあります。 たとえば真剣に話している時に時計をみて退屈そうにしていると、本当は冷たい人間なのかなと心配になります。 友達同士だと愚痴を言うこともあると思いますが、度を越した言い草や友達をこけにする態度などを見ると自分もされているのかと正直不安になる人も。 第一印象や普段とのギャップがあるとなおのこと本性を見たと感じてしまい、普段は偽っていたのかなど疑念が不信感につながります。 過去に見えないところで悪口を言われたり、人から裏切られた経験のある人なら警戒心が高いので、そこでその友達との付き合い方を考えてしまいます。 本性が見えてそこに幻滅したり恐怖を感じるなら、少し距離をとることも悪くないと思いますし、そういういい方はよくないよと注意するのも可能です。 しかし相手が逆ギレしたりこれはもう直りそうにない問題だと感じたら、関与するだけあなたのエネルギー奪う結果を招くので、静かに距離を置いてみましょう。

マンネリ化が原因

その友達と会う場所やすることが同じであったり、共通の話題ばかり話していると進展がない話題にいづれ飽きが来ます。 これがマンネリ化です。 友達との間に起こるマンネリ化の大きな原因として、新しいことは面倒だと思って嫌う、後ろ向きな発言が多い、相手の変化や自分の変化に疎いということが挙げられます。 たとえば高校時代の友人とあったとして、当時の思い出を話すこと自体は決して悪くはありません。 しかし、そのときの記憶で話題が止まっていては、当然進展もなく関係にマンネリ化が起こり始めてしまいます。 そんなときは会う場所や食べる物、友達との会話内容などを思い返してみることでマンネリ化していないかをチェックできます。

全てを見せ合ったのが原因

友達といってもみんながみんな同じように付き合っているわけでもなく、そのなかには会えば挨拶する程度の友達や実名を知らないけど心を許す友達、旧知の中でお互いの考えることが手に取るようにわかるんだという関係まで様々です。 どんな友達であれ、お互いの価値観や弱さなんかも全部わかるという状態こそが理想だと思う人もいますが、それが実は落とし穴で、自分のことをさらけ出すだけが親密になる秘訣とは限りません。 人と人が自分のプライベートな部分までを相手にさらけ出すことは、自他の境界が曖昧になってしまい、まるで自分の一部のように相手を扱ってしまって失礼な態度をとってしまう原因になるのです。

環境・立場の変化が原因

学生時代にはとても仲が良かった友達や職場の同僚などでも、年月が経つにつれて話が合わなくなってくることもありませんか? 環境や立場の変化によって友達付き合いはコロッと変わってしまうこともあるため、以前までの付き合いがしっくりこなくなることはよくあること。 進学・就職・結婚・出産・離婚・死別・再婚・病気などのライフイベントがもたらす影響も人それぞれですし、その都度考え方や人生において大切にするものもめまぐるしく変化しますよね。 共感できることや一緒に楽しめることがズレてきたと感じたら、友達と自分の環境の変化を感じ取るだけにとどめ、相手や自分を責めないようにするといいと思います。

考え方・価値観の変化が原因

人間の考え方・価値観は良くも悪くも変化し続けているため、昔の友達とだんだんウマが合わなくなってきても悲観しないで、むしろ自分も成長しているんだと自信を持ってください。 生きていれば楽しいことや幸せなことばかりでなく辛いことや悲しいこともありますが、それらの経験はすべての人に共通しているわけではありません。 また、いくら仲が良かった友達といえども経験のないことを想像することは通常難しいことです。 考え方や価値観が変わっていくなかで共感してもらえないと孤独感を感じるでしょうが、それはその人のあなたに対する友愛がないという意味とも限らないため、友達をやめるべきかどうかは一概には言えないのではないでしょうか。

友達といても楽しくないときの《5つの対処法》

このように、友達といても楽しくないと感じるときのキーワードに「変化」が挙げられます。 環境や人間関係の変化によって二人が以前とは違った考え方を持つようになることもありますし、逆に二人が変化していないということもまた二人の関係にマンネリ化を呼び、一緒にいても楽しくないと思ってしまうのです。 それでは一体どうすれば二人の関係をうまく保つことができるのか、友達と一緒にいて楽しくないと感じたときの対処法を順番にみていきましょう。

時間を置く

まずは時間を置くという対処法があります。 これはいままで頻繁に会っている友達や一度会うとなかなか長話になる、時間を決めずにだらだらと過ごしてしまうという友達に効果テキメンです。 会う時間をいつもより短めに設定する、回数を減らしてみるなどして二人が毎回新鮮な気持ちで過ごせるように変化を与えてみるのです。 そうすることでマンネリ化の防止になるだけでなく、お互いのプライベートも尊重できて、程よい距離感を保ちながら気持ちのいい関係を保てるようになります。

二人きりで会わない

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
いつも二人っきりで会っているならたまには共通の友人を呼んだり、あるいは二人で新しい場所に出かけて全くの新しい友人を作るという方法があります。 子どもの頃は公園や学校で「ねえ!お友達になろう」と言ったその瞬間から新しい友達がたくさんできましたよね。 しかし大人になるとあんなにも簡単に作れたお友達作りが不思議なほど難しく感じたり、そういう機会自体が減っていると感じる人も少なくないはず。 二人っきりで会うと確かにゆっくり会話できていい面もありますが、人数を増やすだけでも会話のバリエーションが広がって友達の新たな一面に気付くことだってあります。

忙しく過ごす

時間に余裕がありすぎると友達と過ごせる時間にあまりありがたみを感じなくなります。 二人で過ごす時間が面倒に感じたり、ちょっとした会話を何度も反すうして意味を曲解したりすることもあります。 少し時間に余裕が出てきたなと感じたら、友達とばかり過ごすのではなく、趣味や自分が以前からチャレンジしてみたかったことについて考えるようにもっていきましょう。 忙しく過ごすことであれこれ友達の言葉を考えることを避け、まず自分の生活を充実させてストレスを減らしてみると友達ともいい距離感を保って過ごせます。

共通の趣味を始める

以前は仲良かった友達と話が合わないのは環境の変化によるものだとこれまでに触れましたが、そのせいで友達とのあいだに心理的な距離を感じ始めたら、共通の趣味を始めてみてはいかがでしょうか。 過去の話や近況を共有するだけでは、いつもこれまでにあったお話に終着してしまいますよね。 二人で新しいことに挑戦すれば共通の話題ができるのでこれまでとは打って変わってこれからどうしようか、こんなことをしてみたいなど前向きな話に変わっていくのを感じられるでしょう。

縁を切る

どうしても話が合わなくて友達と会うことがストレスに感じる、友達の性格に幻滅してもう友達と思えなくなったという場合もあると思います。 そういうときは友達からお誘いがきても忙しいと言ってうまくお断りし、徐々にフェードアウトすることも一つの手段です。 人生は一度きりでその主人公はあなたなのですから、一緒にいたくない友達と付き合ったまま時間を無駄にする必要は全くないと思いますよ。 大人になったのですから「あなたと縁を切ります」なんて宣言必要もありませんし、フェードアウトしてから執拗に責められるということもないでしょう。

まとめ

1.友達と生きる環境が変わったせい 学生の頃と違い大人になれば環境や経験は大幅に違って当然。 その影響で友達との付き合いも変化していきます。 2.楽しくないなら楽しめる工夫をしてみる まずは一緒に共通の趣味や話題をみつけることを試しましょう。 会う場所や時間の長さにも変化をつけて工夫してみて下さい。 自分をあえて忙しくして会う回数を減らすのも効果的です。 3.一人に固執せず心地よい友達は見つけてもいい 自分も相手も価値観や環境が常に変化しています。 友達と合わなくなったら最終的に付き合う友達を変えるでもOK。 人生短いので自分が辛い相手と無理して居る必要はありませんよ。 人生において確かに友達は大切な存在ですし、長く付き合えたらそれはそれで信頼関係も深まっていくので、とてもいいことだと思います。 しかし真の友達とは、相手がどんな状況にあってもその相手のことを思いやったり、たまには叱って激励するもの。 突然できた友人が発した言葉によってとても心救われることだってありますし、長年友人だったのに裏切られてしまったということだってあります。 相手が何歳だとか知り合ってどれほどの期間を過ごしたかはあまり関係がないのではないでしょうか。 年齢や期間にとらわれすぎず相手をしっかりみつめることでどんな相手ともいい時間を過ごせるようになります。 一緒にいて自分が心地いいと感じられる相手、自分も相手のために力になりたいなと思える相手はいつになっても「いい友達」です。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧