友達は選ぶべきだった!その納得の《5つの理由》選ぶときのポイントとは

友達との関係に悩んでいることはありますか? 友達選びを間違えてしまうとあなたの人生に憂鬱な時間が増えてしまうかもしれません。 「友達は選ぶべきだった」少し嫌な印象に感じてしまうこの言葉ですが、納得する理由と友達を選ぶときのポイントをまとめました。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 友達は選ぶべきだった!その納得の《5つの理由》選ぶときのポイントとは
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達は選ぶべき?どんな風に選べば良い?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 あなたは小さいころ親に「あんな子と遊んじゃダメ!友達は選びなさい!」と言われた経験はありますか? もし言われたことがなくてもこれを聞くと「なんてことを言うんだ!私の勝手でしょ」って思ってしまうかもないですね。 でもこの言葉、実はすごく大切なことなんです。 「なんで友達は選ぶべき?」その納得の5つの理由と選ぶべきポイントをまとめましたのでぜひ参考にしてください。

友達は選ぶべきだった!その納得の《5つの理由》

友達は選ぶべきと言われると少し嫌な気持ちになるかもかもしれませんね。 誰とでも仲良くしなさいと教えられたり、友達は選びなさいと言われたり、いったいどちらにしたらいいのでしょう。 友だちがたくさんいることは楽しいことも多いかもしれませんが、あなたにとってマイナスな人と友達になるとそれだけマイナスなことも起こる可能性があります。 そう考えると自分にとってプラスになる人を友達にした方が多くのメリットが得られると思いませんか? でも、だって…と思わずにこれを読めば、あなたも友達を選ぶべきことに気が付き、納得がいくと思いますよ。

影響を受ける存在だから

私たちは良くも悪くも周りのに環境に影響を受けやすいものです。 友達となると一緒に過ごす時間が長くなるぶん、あなたの言動に少なからず友達から受けた影響が反映されます。 悪い影響を及ぼす友達はあなたの人生に悪影響を及ぼすと言っても過言ではありませんし、もちろんその逆も然りで、良い友達はプラスの影響を与えてくれ、あなたを成長させてくれる存在となります。 友達とは影響を受ける存在なのであれば、お互いにプラスの影響を与え合える関係の人を友達に選びたいですね

利用される可能性があるから

自分にとって悪影響を及ぼすと考えられる人を友達に選んでしまった場合、その友達はあなたのことを利用し、自分の都合の良いように扱う可能性があります。 その関係性は本来の友達である対等な関係とはかけ離れ、上下関係が生まれてしまいますし、最悪の場合あなたは友達に利用され、不要になったら捨てられてしまうこともあり得ます。 そんな上下関係があるような人とは友達になる必要はありません。 「私たち友達だよね」なんて言いながら、あなたのことを下に見ているような人と友達として付き合わないためにも、友達はしっかりと選ぶようにしましょう。

無駄なストレスを受ける必要は無いから

最初にも伝えたように、友達は一緒にいる時間が長い分お互いに影響を受けています。 この人といると悪い影響を受けているなと感じているのに無理にその人に合わせたり付き合うことで、あなたにストレスが溜まってしまいます。 そのストレスはあなたの幸せや成長のために必要な物とは言えません。 友達と一緒のときは笑顔の時間が長く、お互いの喜びや楽しい時間の共有を多く感じれる方がいいに決まっています。 わざわざ、無駄なストレスを受けてしまうような人を友達に選ぶ必要はありません。 しっかりと相手を選んで付き合うようにしましょう。

お金と時間の節約になるから

正しい友達とだけ付き合うことは、あなたの時間とお金の節約になります。 一度だけ一緒にカフェに行く程度であれば、時間は短時間でお金も少額なのであまり気にならないかもしれません。 しかし、友達として付き合っていくのであれば、必然的にその友達と一緒に使うお金も、一緒に過ごす時間も増えていくことになります。 どんなにお金持ちでもどんなにヒマな人でも、それらは有限であっていつまでも無限にあるものではありません。 自分の大切なお金と時間を無駄に使う必要はありませんから、一緒に楽しく時間もお金も使える人を友達に選ぶようにしましょう、お互いにとってそれがベストです。

心の支えになる存在だから

良い友達というのは、あなたの心の支えになってくれます。 辛いことがあっても、友達と楽しい時を過ごせば、気分が回復するし、友達が応援してくれていると思えば頑張れることも多いはずです。 あなたに何か乗り越えるべき壁が出来たとき、すぐに助けの手を差し伸べるだけでなく「あなたなら大丈夫」と優しく力強く見守ってくれることや背中を押してくれる人がいると思えるだけで、その人の存在はあなたの心の支えになりますよね。 大切な人だからこそ、いるだけでお互いが心の支えになる人を友達に選ぶべきです

友達を選ぶ《ポイント》とは?どんな友達を選んだら良い?

「友達は選ぶべき!」少し嫌な印象だったかもしれないこの言葉ですが、5つの理由を呼んでその意味に納得できたのではないでしょうか。 友達を選ぶべきなのは納得できたけど、「どんな人を友達に選んだらいい?」と疑問に思った人もいるのではないでしょうか。 どうしたら自分自身がそんな人と友達になれる?今度は友達を選ぶべきポイントをまとめました。 ぜひ友達選びの参考にしてください。

対等な関係でいられる友達

友達を選ぶときには、対等な関係でいれる人を選びましょう。 一方の力が強く、いつもそちらに合わせるような形は対等な関係ではありません。 あなたが何か意見することでこの友達関係が壊れてしまうのではないかと感じたり、意見することを恐れて相手にばかり合わせて我慢することが多いと感じているのであれば、それは対等な友達としてのバランスが崩れているかもしれません。 その我慢はいつしかあなたのストレスとなり、爆発してしまう可能性もあります。 お互い不快に感じたことやその気持ちをきちんと伝えたときに、お互いが寄り添ってその気持ちを大切に扱えるような依存しすぎない関係の人とは対等な関係でいられる友達です

本音が言い合える友達

友達を選ぶときには本音が言い合える関係の人にしましょう。 そればかり言うのはあまりオススメできませんが、たまにはグチを言いたいときは誰にでもあります。 あまり人には見せたくない自分の失敗談を誰かに聞いてほしいことだってあると思います。 でもそれを誰にでも言えるわけではないのは、みんな周りの目が気になって本音が言えないことが多いから。 そんなときにおだてたり、ほめたりして、耳触りの良いことばかり言い合う人は最初は居心地よく感じるかもしれませんが、友達としてはNGかもしれません。 ダメなあなた一面も受け入れてくれたり、本音できちんとアドバイスを言ってくれる人を友達に選ぶといいでしょう
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

損得ばかり考えない友達

友達を選ぶときにはお互い損得勘定で考えずにすむ人を選ぶようにしましょう。 自分の損になりそうなことは絶対にしないという態度や発言の多い人は友達としてNGですし、あなたが損してばかりで、友達の得になることばかりしてもダメです。 それでは対等な関係とは言えません。 いつも待ち合わせは相手の最寄り駅近くであったり、食事をするお店選びが毎回相手の好みのところばかりで自分の好みを言えない、聞いてもらえない場合などは、時間もお金も相手の得ばかりであなたは損をしていますよね。 ただ自分が損することばかりを嫌がって、友達のために何もできないような人間は選ばないほうが良いでしょう。

人の痛みが分かる友達

友達を選ぶときには人の痛みがわかる人を選ぶようにしましょう。 相手の立場に立って人を理解することが出来たり、こんなことをしたら相手は嫌がるだろうなと人が不快になるようなことはしないのは人の痛みがわかるからです。 人の痛みがわかる人は、優しい口調の人が多く、すべてを受け入れてくれるような安心感があります。 それは自分も辛かったり苦しかったというような色々な経験があるので、厳しい内容であっても優しくあなたが受け取りやすい言葉でアドバイスをしてくれます。 自分の意見を押し付けたり、あなたの痛いところばかりつついてくるような人は友達に選ばないようにしましょう。

自分も「そうしてあげられる」友達

友達を選ぶときには、あなたがその人のために「そうしてあげられる」かどうかを考えましょう。 あなたに何かあったとき、自分自身の損得を考えず、痛みを自分のもののように感じ、何かあれば飛んできて助けてくれるような、そんな人が友達であれば最高に幸せですよね。 相手に対してもあなたが同じように思える人を友達に選ばなければいけません。 お互いの痛みは分け合い、喜びを倍にできるような関係が築ける人を友達に選ぶようにしましょう。 あなたが自然に損得なく、相手に求める気持ちばかりでなく、自分も同じようにしてあげたいと思える人は友達に選ぶべきです。

まとめ

友達とは何度もいうように同じ時間や感情を共有することが多くなってくるものですから、いい友達関係が築けると、人はいい人生が送れるといってもいいのではないでしょうか。 「友達は選ぶべき!」それはあなただけではなく相手にとっても必要なことなのです。 あなたの人生も相手の人生もより良いものにするために友達は選ぶべき!素敵な友達を選んで、素敵な友達に選ばれて、人生を豊かなものにしていきましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い