友達だけど束縛されるのは嫌!束縛の激しい人の心理&対処法

親しき中にも礼儀あり。程よい距離感を保つのは大切です。けれども、束縛をしたがる友達っていますよね…。大体が、友達自体が少なく寂しい人に多い傾向です。そんな友達との、上手な付き合い方を学んでいきましょう。この記事では、友達ながらも束縛をする人との関わり方を紹介します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 友達だけど束縛されるのは嫌!束縛の激しい人の心理&対処法
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達なのに...なんで束縛してくるの?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 『友達に束縛をされている…どうして束縛をされるの?』 そんな疑問を抱えている方もいるのではないでしょうか。 特に、女性の友達同士の束縛は意外と多いです。 ただ、友達に束縛をされることを嫌う人も多く、対処法を知りたいと思っている方もいるでしょう。 この記事では、友達だけど束縛されるのは嫌と感じている方に知ってほしい《束縛の激しい人の心理》や《対処法》をご紹介。 どうして束縛をするのかを知ることで、今後の関わり方が見えてくるでしょう。 是非、参考にしてください。

束縛の激しい友達の心理とは

まず、皆さんに知ってほしいのが《束縛の激しい友達の心理》です。 きっと友達に束縛をされている人の中には『どうして束縛をされなきゃいけないの…』と悩んでいる人もいるでしょう。 ですが、友達に感じてしまう心理は深く、恋人よりも繊細な気持ちを抱いてしまう人は意外と多いです。 関わる年月が長かったり、たくさんの想い出を共に過ごす相手となればつい束縛をしたくなるのでしょう。 ここではそんな心理をいくつか紹介するので、是非参考にしてください。

嫉妬深く自分に自信のない人

自分に自信が持てない人は、仲の良い友達を誰かに取られてしまうのではないかと不安になりやすいです。 友達に対して、『取られてしまうのでは…』という感覚を抱かない人は多いでしょう。 ですが、ネガティブ思考な人ほど自分の大切な人を誰かに取られてしまう感覚を抱きやすくなるのです。 その中でも特に嫉妬深い人は、恋人や友達といった自分に深い関わりを持ってくれる人を独占したいと感じてしまいます。 例えば、高校生の時からの友達でずっと2人でいたのに、大学進学を機に友達に新しく友達ができたSNSなどを見ると、むしょうに腹が立ってしまい『私のことなんてどうでもよくなったんだ』と感じてしまう人ほど、自分に自信がなく、『こんな私だから飽きられるんだ』と考えてしまいやすいのです。

友達が少なく一人の人に執着する人

友達に束縛をしてしまう人の中には《友達が根本的に少ない》人もいます。 友達が少ないと、どうしても一人の人に執着をしてしまうでしょう。 関われる人がその人しかいない状況って、結構メンタル的にも厳しいはず。 また、友達がゼロで誰とも関わる人がいない人より、友達が少ない人の方が友達に対して強い感情を抱いてしまいます。 それこそ『失いたくない』という想いが強くなり、どうしても自分の元から離れて欲しくないと思い、束縛をしてしまうのでしょう。 友達に対して抱く執着心はかなり強いものになるので、束縛から逃れられることは難しそうです。

常に自分が一番でないと不満な人

友達がたくさんいて、さまざまな人と関わりを持つ人の中にも《友達への束縛がキツイ》人がいます。 このタイプの人は分かりやすく、常に自分が一番でないと不満を抱くでしょう。 友達に対して抱く束縛として一番多いのが、自分にとって特別な友達を『誰かに取られたくない』と執着をしてしまうことです。 ですが、常に自分ファーストの人は『誰しもの一番になりたい』と考えています。 ですから、どんな友達に対しても束縛をしてしまうのです。 少し珍しいパターンにも思えますが、自分ファーストで友達関係を築く人は意外と多く、『私を先に誘わないなんてありえない!』とか『休みの日はまず誘ってほしい』など思いを抱いています。 ただ、誘われたとしても自分が行けないケースもあり、その場合に少しの優越感を感じてしまうのも自分ファーストの人の特徴です。

恋人がいないから女友達に逃げている人

友達を束縛してしまう人の心理として意外とあるのが、《恋人がいないから女友達に執着をしてしまう》ことです。 友達に束縛をしてしまうケースの多くは、『特別な友達だから』など、その人自身に執着をするケースが多くなります。 ですが、このケースの場合は恋人がいない寂しさを埋めるために友達関係を濃くし、恋愛の現実と向き合わないで良いようにしていると言えるでしょう。 ですから『私たちは彼氏がいなくても幸せだもんね』とか『友達がいれば彼氏はいらない』などの言葉を言い、自分に言い聞かせている人も多いです。 恋人がいなくて本当に友達関係を大切にする人は、自分に余裕があるのであまり束縛や執着をしない傾向があります。 逆に、恋人がいない焦りなどを感じている人ほど変に友達に束縛をしてしまう傾向があることを覚えておきましょう。

認めてほしいという欲望が強い人

承認欲求が強い人ほど、友達のことを束縛する傾向があります。 友達というのは、自分の一番身近にいる存在であり、何でも話せる特別な存在になるでしょう。 ですから、『認めて欲しい』といった想いなどをぶつけることもできる相手です。 例えば、仕事や勉強などを頑張っている話などをすることもあるでしょう。 友達であれば、自分の話をたくさん聞いてくれるでしょうし『頑張っているね』と声をかけてくれることもあるはず。 そうなると、自分の承認欲求が友達といることで満たされ、『もっと認めて欲しい』などの気持ちが出ることもあるでしょう。 認めてほしいという願望が強い人は、共に時間を過ごす友達にもその想いをぶつけてしまう傾向があります。

束縛の激しい友達…どう付き合っていけばいい?

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
先ほど、束縛の激しい友達の心理を紹介してきました。 心理を知ることができた今『だから友達は束縛をしていたんだ』と納得できた人もいるでしょう。 ただ、束縛をされてしまうと関係は窮屈になり、正直言って自分の行動次第で相手が変わるかと言われれば難しいため、これからの付き合い方を考える必要があるでしょう。 最後に皆さんには、束縛の激しい友達との付き合い方を紹介します。 『どうやって付き合うことがお互いにとって良いんだろう』と悩んでいる人ほど、ここで紹介をする対処法を学んでください。

嫌なことはハッキリと伝える

友達関係であれば、相手に自分が感じていることをちゃんと伝えることも大事になります。 『これからどうしよう』と悩むような相手ということは、そう簡単に切れる縁ではない友達という認識が自分の中にもあるはずです。 そんな相手だからこそ、想っていることをちゃんと伝えることがこれからの関係を築く上で大事になるでしょう。 ですから、嫌だと思っていることがあればハッキリと『これは嫌』と伝えてください。 例えば、毎日電話やLINEをするのは負担になるとか、他の友達の話をしただけで怒るなど…。 自分の想いを伝えることは大事になりますよ。

忙しいフリをして会う約束を先延ばしにする

束縛をしてくる友達と会うことが少しでもしんどいと感じるのであれば、無理をして会う必要はありません。 ただ、あからさまに嫌がってしまうとトラブルの原因にもなるはず。 そこでオススメなのが、忙しいフリをして会う約束を先延ばしにすることです。 例えば『仕事が忙しくて今月中はちょっと難しいかも、来月で良いかな?』と聞いてみましょう。 そこで『無理』なんて言ってくる相手は友達ではないので、『それなら会えない』と伝えることも大事です。 友達であれば『分かった!じゃあ、来月ね』と言ってくれるはず。 実は会わない期間を作ると相手の執着が自分から外れることや、他に移ることもあるためオススメです。

話を聞く時と連絡しない時のメリハリをつける

優しい人ほど、友達に束縛をされてしまうのはいつでも相手のことを想って話を聞いてあげたり、連絡をしている状態を続けてあげているからでしょう。 相手にとってそれが当たり前になっているからこそ、話を聞いてもらえない、連絡をしてもらえない状況を受け入れることができないのです。 ですが、友達というのはお互いが好意を持って接することが必要ですし、わざわざ苦手な人と関わりを持つ必要はありません。 会う時は友達として相手の話を存分に聞いてあげることも大事ですが、仕事などが忙しくて連絡が取れないときは『今は忙しいから取れない』と伝えるなど、メリハリをつけましょう。 これができるのは《友達だからこそ》ではないでしょうか?

誰か大切にしてくれそうな異性の人を紹介してあげる

束縛をしてくる友達の中には、彼氏がいないから友達を束縛している人もいるでしょう。 熱しやすく冷めやすい人や、他の物へ執着が移りそうなタイプの人であれば、きっとあなたへの束縛も一時的なものです。 そこから少しでも早く逃げ出したいなら、誰か異性を紹介するのも一つの手かもしれません。 特に友達が彼氏ができると彼氏ばっかりになるタイプの人であれば、よりオススメです。 今は『恋愛より友達だわ』なんて言っている友達でも、きっと好きな人や彼氏ができればそちらに集中するはず。 友達のことを大切にしてくれそうな異性が身近にいれば、紹介をするなどしてあげましょう。

なるべく単独ではなくグループで会うようにする

束縛を少しでも避けたいのであれば、友達と会うのはなるべく二人きりではなくグループで会うようにしましょう。 二人で会うことになると、友達の話や相談などをたくさん聞くことになります。 話し始めたことに対して『話すのをやめて』と言えるわけもなく、最後まで相談に乗ることで相手にとってあなたは特別な存在になっていくでしょう。 束縛されやすい人というのは、優しい人が多く、どうしても断ることができません。 だからこそ、せめてできる対策を取ることは大事になります。

まとめ

この記事では、『友達だけど束縛されるのは嫌』と感じている人に知ってほしい《束縛をする友達の心理》や《対処法》を紹介してきました。 束縛をする友達の心理が分からないと『どうして束縛をされないといけないんだろう』と感じてしまうこともあるでしょう。 ですが、友達だからこそ感じてしまう『失いたくない』想いや、自分に自信がないから出てくるネガティブな感情は束縛に繋がりやすいです。 ただ、その感情を抱いている友達が気持ちと向き合えるのかどうかは本人次第なので、自分でできる対策をとることが大事になります。 記事の最後に紹介をした対処法を使い、『嫌だ』と思うことは避けるようにしましょう。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧