気まずい沈黙…友達との会話に困った時の会話を続けるポイント7選

友達と話すことがないと沈黙が怖いですよね。どうすれば友達と上手に会話できるのでしょうか?この記事では「友達と話すことない…会話に困ってしまう人の特徴」や「話すことない状況を変える、友達との会話のコツ」などについてご紹介します!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人間関係・家族・友人
  3. > 気まずい沈黙…友達との会話に困った時の会話を続けるポイント7選
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

友達と話すことがない...会話のコツとは

こんにちは、MIROR PRESS編集部です。 「友達といるのは楽しいけど、話すことない時が困る」そう思ったことはありませんか? 友達といても沈黙になってしまうと気まずいですよね。 友達と上手く会話するコツはないのでしょうか? この記事では「会話に困ってしまう人の特徴」「友達との会話のコツ」などについてご紹介していきます。

友達と話すことない…会話に困ってしまう人の特徴

ここまでは、友達と話していて沈黙してしまうと気まずいということをお伝えしました。 「何か話さなくちゃ」と焦って余計に会話が思い浮かばなくなるということもありますよね。 会話に困ってしまうのは何が原因なのでしょうか? ただ話すことないだけ、と思っていても実は友達との会話が上手くいかない人には特徴があったのです。 以下の項目では「会話に困ってしまう人の特徴」について解説していきます。

あまり笑わなくて愛想が悪い人

1つ目は「あまり笑わなくて愛想が悪い人」です。 あまり笑わなくて愛想が悪い人は、友達の方が積極的に話しづらい時があります。 あまり笑わないので本心ではどう思っているか伝わりづらく、友達からすると「私と話していても楽しくなさそう」と思われてしまうのです。 愛想が悪く、友達の話に対しての返事も「そうなんだ」「へー」など、何を考えているのか分からないような返事になってしまいがちです。 何を考えているのか分からないため、話すことないというよりも「私の話はつまらないかな?」と友達に思われている場合が多いのです。

口を開けば人の悪口しか言わない人

2つ目は「口を開けば人の悪口しか言わない人」です。 口を開けば人の悪口しか言わない人と話していても友達は楽しくないですよね。 また、友達がその悪口に相槌を打つことで友達自身も「悪口に参加していた」と思われてしまう場合があるので、それを気にしてわざと話さないのかも知れません。 話すことないというよりも、悪口話に参加したくないから、わざと黙っているということです。 口を開けば人の悪口しか言わない人の会話は面白くないので「早くこの話が終わってくれないかな」と思って口を閉ざしている場合もあります。

人見知りな性格の人

3つ目は「人見知りな性格の人」です。 人見知りな性格の人は「大人しい」「リアクションが薄い」など、友達からすると「楽しくないのかな?」と思ってしまうことが多いようです。 人見知りな性格の人は人と会話することに慣れていないので、「何を話そう」「何か話さなくちゃ」と考えて、友達の話があまり頭に入ってこず、結果的に薄いリアクションになってしまいがちです。 その様子を見た友達は「楽しくなさそうだな」と勘違いしてしまうようですね。 そのため話しかけることを控えている場合があります。 また、人見知りな性格の人は自分から積極的に話すことができないので自然とその分沈黙も多くなってしまうのです。

話すことない状況を変える!友達との会話のコツ

ここまでは「会話に困ってしまう人の特徴」について解説しました。 会話に困ってしまう人は、友達に勘違いされている場合が多いということですね。 また、友達から嫌がられてしまっている場合もあるということです。 それでは話すことないという状況になってしまった時に、どうすれば上手く会話することができるのでしょうか? 以下の項目では「友達との会話のコツ」について解説していきます。

相手との共通点がないかリサーチ

1つ目は「相手との共通点がないかリサーチ」することです。 友達との共通点があると、会話は自然と盛り上がりますし、話の幅も広がります。 例えば、友達と出身地が一緒だった場合は「どこの学校に行ってた?」「あの店知ってる?」など、会話を更に広げることができますよね。 また、好きなアーティストなどが同じだった場合なども、「私も好き!この間の新曲良かったよね」など会話が盛り上がります。 このように、相手との共通点があることで会話が盛り上がり話の幅が広がるので、事前に相手との共通点がないかリサーチしておくと話題に困らないでしょう。

YESかNOでしか答えられない質問はしない

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
2つ目は「YESかNOでしか答えられない質問はしない」ことです。 YESかNOでしか答えられないような質問は、その質問に答え終わった後に会話が途切れてしまうのでしないようにしましょう。 例えば、「このテレビ番組知ってる?」などです。 この質問の場合「うん」か「知らない」でしか答えられませんよね。 その質問をした後に、「私その番組に出てる〇〇が好きなんだけど、実はこの前見かけて~」など続けて話をする準備が出来ているなら大丈夫ですが、そうではない場合、友達が話しを続けて来ない限りそこでその話題は終わってしまうことになります。 出来る限り、YESかNO以外の答え方がある質問を投げてみましょう。

リアクションを大きめに取る

3つ目は「リアクションを大きめに取る」ことです。 友達が話した内容に対してのリアクションは大きめにとっておきましょう。 リアクションが薄いと、「楽しくないかな?」と思われてしまいます。 友達はあなたの反応を見て話をしているので、あなたのリアクションが大きいと「この話は楽しいみたいだから続けよう」などの判断が出来るのです。 大きめのリアクションと言ってもそこまでオーバーなものをするわけではありません。 「いつもより口角が上がっていることを意識して笑ってみる」「友達が悲しい話をしている時は悲しい顔をする」など、自分の表情に少し気を付けておくだけです。

威圧感を与えないようゆっくり話す

4つ目は「威圧感を与えないようゆっくり話す」ことです。 友達に威圧感を与えないようにゆっくりと話すことを心掛けましょう。 むすっとした顔をして早口でまくし立てたりすると、友達に威圧感を与えてしまい友達は話しづらくなってしまいます。 「何か怒っているのかな?」と思ってしまうので、威圧感を与えないようにゆっくりと話しましょう。 穏やかな表情を意識して、いつもより少しテンポが遅くなるようにゆっくりと話しましょう。 そうすれば友達に威圧感を与えることもないでしょう。 急いでいる時などはどうしても大きな声で早口になってしまいがちですが、急いでいる時こそ気を付けてください。

相手を誉めて心にグッと入り込むこと

5つ目は「相手を誉めて心にグッと入り込むこと」です。 誰でも誉められると嬉しいですよね。 友達のことを適度に誉めることで、心にグッと入り込むことができます。 誉められることで友達の気分も良くなり、友達の話も弾むでしょう。 しかし、過剰に誉めてしまう「本当かな?」「お世辞?」などと思われてしまうので、「〇〇ちゃんってこういうところが優しいよね」などと、たまに適度に誉めるくらいが丁度良いでしょう。 わざとらしすぎない程度に誉めることで、友達はあなたと話すことが気持ち良くなるはずです。

相手が好きな話題を出して共感してあげる

6つ目は「相手が好きな話題を出して共感してあげる」ことです。 友達の好きな話題を出して、その話題に共感してあげることであなたが無理に喋らなくても、友達の方が盛り上がって喋ってくれるでしょう。 例えば「あの映画が好きって言ってたけど、あれすごく面白いよね」とあなが友達の好きな話題を出してその話題に共感することで友達は「この子も同じ気持ちなんだ!嬉しい」と思い、興奮して喋り出すでしょう。 友達が盛り上がってくれれば、あなたは友達の話に相槌を打って時折共感しておくだけで、沈黙になるのを防げますし、話すことないと思って困ることもありませんね。

自分の話ばかりでなく聞き上手になる

7つ目は「自分の話ばかりでなく聞き上手になる」ことです。 あなたは自分の話ばかりしてはいませんか? 自分から積極的に話題作りをするのは良い事ですが、自分の話ばかりしていては、友達は聞き手に回ってばかりで「つまらないな」と思われてしまいます。 自分の話ばかりではなく、友達の話も上手に聞きましょう。 聞き上手になることで、友達は「私の話を聞いてくれている」と思い、ちょっとしたことでも話してくれるようになるでしょう。 そうなると「話すことない」という事態が防げます。 友達の話に少し大きめのリアクションを取りながら、感情のこもった相槌を打つだけでも聞き上手に一歩近づけるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 友達と一緒にいるのは楽しいけど、話すことないという事態になってしまうことも時にはあります。 そんな時は沈黙を怖がらずに、話題を考えましょう。 焦ると余計に話題が見つからないので冷静でいることが大切ですね。 会話に困ってしまう人の特徴では「あまり笑わなくて愛想が悪い人」というものがありました。 会話をしている最中は相手の顔を見ていることが多いので、あまり笑わず愛想が悪いと「楽しくないのかな?」と思われてしまいがちなようですね。 友達との会話のコツでは「相手との共通点がないかリサーチ」するというものがありました。 事前にリサーチしておくことで、話題作りに悩まなくても会話が盛り上がりますね。 友達との会話は話す内容だけでなく、友達の話を聞く態度にも注意が必要でした。 自然体で会話ができるように頑張り過ぎず、会話の流れを上手く掴みましょう!
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧