幸せ恐怖症って知ってる?幸せ恐怖症を克服して心から笑顔になれるハッピーな人生を送ろう!

最近増えている「幸せ恐怖症」って聞いたことありますか?今回は、自ら幸せを遠ざけてしまう「幸せ恐怖症」についてご紹介します。幸せ恐怖症の人の心理状態や特徴、幸せ恐怖症の克服方法もまとめましたので、心当たりのある人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 幸せ恐怖症って知ってる?幸せ恐怖症を克服して心から笑顔になれるハッピーな人生を送ろう!
恋愛は人によって様々。 ・全然出会いがない...運命の人はいつ現れるの? ・将来はどうなるの..?家と職場の往復ばかり。 ・失恋辛い...次の彼氏はいつできる? ・彼氏ができなすぎて不安... ・彼は本当に運命の人? 恋愛では誰しもが悩むもの。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうするのがベストなのか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの恋愛傾向や性質、相性の良い男性の特徴なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

幸せを感じるのが怖い...幸せ恐怖症って知ってる?

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 幸せ恐怖症という言葉を知っていますか? 彼氏が出来て幸せなはずなのに…。 仕事も上手くいっていて幸せなのに、喜ぶことができない…。 こんな気持ちになってしまうあなたは、幸せ恐怖症になっている可能性が高いです。 今回は幸せを自ら遠ざけてしまう幸せ恐怖症について、まとめました。 幸せ恐怖症を克服する方法も紹介していくので、ぜひチェックしてハッピーな毎日を送れるようにしましょう。

そもそも幸せ恐怖症ってなに?

幸せ恐怖症とは、「自分は幸せになっても良いのだろうか」「今は幸せになれても、どうせ後で失うんだ」「私には幸せになる資格なんてない」と、自分で幸せになることを拒否してしまうことです。 素直に幸せを受け入れることができない状態になっていて、他の人から羨ましがられるような幸せな状況であっても、本人は幸せを感じられなく辛くなっています。 「幸せ恐怖症かどうか知りたい…」と思う人は、以下の項目に当てはまっていないかチェックしてみてください。 ・幸せは永遠に続くことはない ・ネガティブな思考 ・自分なんかが幸せになれるはずがない ・自分には価値なんかないと思っている ・過去に愛されなかったトラウマがある これらの項目に多く当てはまっている方は、幸せ恐怖症の可能性が…。 記事の後半では幸せ恐怖症の克服法も紹介しますので、当てはまっている方も不安にならなくて大丈夫です。 では、幸せ恐怖症の人の心理状態を見ていきましょう。

自分だけが幸せになることに罪悪感を覚えてしまう

「家族が幸せではないのに、自分だけ幸せになってはいけない」「周りが不幸なのに自分は幸せになるのは認められない」と、自分だけが幸せになることに罪悪感を持ってしまって、幸せを感じられないという心理状態です。 幸せになれるような要素はたくさんあるのに、幸せになることにとてつもない罪悪感を感じてしまい、自分も幸せになっていけないと、自分で幸せになることを遠ざけてしまうのです。 しかも自覚症状がない人が多く、自分で幸せになる道から外れて生きて行こうとしてる人が多い傾向にあります。

幸せになりそうな状況になると突然不安になる

仕事の成果が認められて昇格・昇進することになったり、誰もが羨むような相手と付き合うことになったりしても、素直に幸せになるということを受け取れません。 例えば、いいなと思っていた人に告白されて「やった!嬉しい!」と最初は感じても、「本当に私のこと好きなのかな?騙されてるかもしれない」と、いきなり不安になってしまい、「やっぱり付き合うのは無理だ」と断ってしまいます。 これは、幸せになるという罪悪感にプラスして、その幸せをいつか失うのではないかという恐怖感も原因のひとつになっています。

幸せを失うのが怖くて幸せを感じたくないと考える

幸せ恐怖症に陥っている人は、過去のトラウマや体験が原因で、幸せはいつか壊れてしまうものと思ってしまっている人が多いです。 いくらハッピーなことが起こっても、「時間が経てばなくなってしまう」とネガティブに考える癖がついていて、なかなか幸せを感じることができません。 また、幸せのあとの喪失感に恐れを抱いているので、事前に幸せを感じないように幸福になることを避けるような行動もします。

自己肯定感が低く、自分は幸せになる資格がないと思っている

幸せ恐怖症の人は自己肯定感が低い傾向にあります。 自己肯定感が低いと、大人になってから、褒められても素直に喜ぶことができなくなってしまいます。 また、いくら幸せになれるようなことが起きても「私なんかが幸せになれるはずがない」「私なんかふさわしくない」と、自己否定をし、幸せを拒むような行動をしてしまうのです。 自己肯定感は幼少期に母親や家族、周りの大人に褒められることで身に付きます。 なので、小さい頃にあまり褒められなかった人は幸せ恐怖症になってしまう傾向があるのです。

周りから優しくされるから不幸でいた方がいいと考える

幸せ恐怖症の人は、「あの人、仕事も家庭も大変だよね」「苦労しているのに、いつも笑顔で偉いよね」 などと、不幸な境遇だったり苦労している人の方が、周りから同情され優しく扱われるはずと思い込んでいる人が多いです。 普通に幸せになることよりも、不幸で周りから同情された方が良い思いをできるのではないかという強い気持ちから、自分が幸せになることをわざと避けます。 わざわざ自分から不幸せになる行動をとることもあるので、時には周りから「わざとじゃない?」と嫌われてしまうこともあるようです。

不幸な感情に慣れているので不幸でいる方が楽・快感

無料!的中運命占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)結婚に繋がる出会いはいつ? 2)運命の人の容姿 3)運命の人との出会い方と時期 4)次に彼氏が出来る時期 5)彼は運命の人?確かめる。 6)あなたの恋愛性質
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください
今までの人生の中で、幸せな状況が長く続かなかった、ずっと不幸だったという人も、幸せ恐怖症の人に多いです。 不幸な状態に慣れている人は、幸せな状態になることが苦手で居心地の悪さを感じてしまいます。 恵まれていない状況の方が楽だと感じている人が多く、幸せになる状況を自ら避け、不幸を選ぶのです。 また、もっと症状が進むと、不幸でいることが「なんて楽なんだ!」と快感を感じてしまう人もいます。

幸せになった後報復を受けた経験があり、それがトラウマ

幸せ恐怖症の人は、過去に幸せになった後に、イジメや人から何か嫌なことを受けたことがあるという人が多いです。 自分が幸せになれば、他人から妬まれたり嫉妬されたりするので、それがイジメに繋がってしまう…。 そんな状態は避けたいと、幸せになることは避けてしまいます。 トラウマを克服するのはとても難しいので、長い間幸せを避ける状態が続くと、自然と幸せ恐怖症になっているということが起こるのです。

自分の感情や意思ではなく他人の意見を優先してしまう

幸せ恐怖症の人は、自分の気持ちや意思よりも他人の意見や世論に合わせて行動してしまう傾向にあります。 自分のことよりも他人を優先しなければと思うのです。 他の人が「え、それは自分の意見言っても大丈夫だよ!」と思うことも、幸せ恐怖症に陥っている場合は「でも私の意見なんかよりも、他の人の意見を大事にしよう」と考え、自分の気持ちを押し殺します。 そのような状態が続く場合、自分のことは優先されることはまずないため、幸せになるのが遠くなるのです。

自分から不幸を無意識で「選んでいる」

幸せ恐怖症の人は、無意識に不幸でいることを選んでしまっている場合があります。 「不幸でいる方が褒められる」「自分は不幸がお似合い」と心の奥で思い込んでしまい、人生の転機や幸福になれそうなことが起こっても、不幸な道を選択します。 不幸でいれば、みんなからも優しく接してもらえると思ってしまっているので、幸せを望むようなことはしないのです。 ただ、悲劇のヒロインぶりが激しくて、周りの人に嫌われてしまうことも…。

自分から幸せな状態や環境を壊すようなことをする

念願叶ってやっと付き合えた彼氏に、「あんたなんかと別れてやる!」と、彼にいきなり言って別れてしまうというということが、幸せ恐怖症の人には見られます。 また、憧れの企業に就職できたのに、3日で辞めてしまうという例も…。 幸せ恐怖症の人は不幸な状態に心が慣れ過ぎてしまっていて、幸せな環境をせっかく得たのに、不幸な状態に戻りたくなってしまい、自分で自分の幸せを壊してしまうという行動に出てしまうのです。 あとになってから後悔はするものの、最終的には「やっぱり自分には不幸がお似合いなんだ」と、ネガティブ思考に陥ってしまうため、幸せ恐怖症の負の連鎖は続いていきます。

あなたは当てはまる?幸せ恐怖症の特徴

幸せ恐怖症の人はさまざまな心理状況を抱えていることがわかりましたね。 次はより具体的な幸せ恐怖症の人の特徴を紹介していきます。 「自分は幸せ恐怖症かも!?」と感じる方は、当てはまっている項目がいくつあるかチェックしてみてくださいね。

「どうせ私なんて...」「私は大したことな人間だ」と思っている

幸せ恐怖症の人は「どうせ私なんて1番になれない」「私なんかが幸せになれるはずがない」と思ってしまっている人が多いです。 これは幼少期に母親や家族に褒められることの少なかったことが原因で、自己肯定感がとても低く、大人になってからも「私なんて…」という思考に支配されています。 「私なんかが…」と考えるのが癖になっているので、幸せも上手く受け取れず、常にネガティブで不幸な状態が続くのです。

幸せがいつまで続くか常に不安になる

過去に恋愛や家庭のことでトラウマがある人は、いつか幸せが終わってしまうことを想像してしまい、現在の幸せを十分に感じ取ることができない状態にあります。 過去にこっぴどく振られた経験がある人は「彼は私のこと、今は好きでいてくれるけど、あと数か月したら私なんて振られるんだ」とマイナスなことを考えてしまい、今を楽しむことができません。 幸せなことが起こっても、ついその先を考えて落ち込んでしまう人は、幸せ恐怖症になっている可能性が高いですよ。

人を信じられない

人を信じられないというのも、幸せ恐怖症の人の特徴です。 過去に人に裏切られたり、トラブルがあった場合、「またあの時みたいに裏切られたらどうしよう」という恐怖感から、幸せになることを避ける傾向にあります。 信じても裏切られるのであれば、最初から信じなければそこまで傷つくことがないという心理から、人を信じることができなくなってしまうのです。

傷ついたり別れるのが怖くて本気で恋人と向き合えない

幸せ恐怖症の人は、恋人が出来ても自分が傷ついたり、関係が壊れて幸せを失ってしまうことをとても恐れています。 「恋人と関係が深まればもっと幸せになれる」と、普通は考えますが、幸せ恐怖症の人は「彼氏に嫌われてしまう」「いつ失うかわからないんだから、これ以上踏み込んではいけない」と思ってしまいます。 恋人からすれば、必要以上に距離感を感じてしまうため、「自分は信用されていない」「愛されていない」と思ってしまい、結局上手くいかなくなり、幸せ恐怖症の人はさらに落ち込んでしまうのです。

華やかな場所に行くと不安でそわそわしてしまう

幸せ恐怖症の人は、不幸でいることに慣れているので、パーティーや華やかな場所、大勢の人が集う場所に行くと、「ここは自分の来る場所ではない」とソワソワしてしまいます。 長い間その場にいるのがとても苦痛で、出来るだけ早めに帰ろうと行動するのです。 他の人から見れば「そんなこと思わなくていいのに」「なんであの人そんなに不安がっているの?」と疑問を持たれることも…。 そして、どんどん華やかな場所から遠ざかって行くので、幸せな場所に行く機会自体もだんだん減っていきます。

幸せなことを人に話すのは申し訳ないなと思う

幸せ恐怖症の人は自分が良い思いをしたり、良いことがあった時に人に話すことができません。 むしろ他人から「良いことあったんだって?」と聞かれても、「なんにもないよ」と誤魔化す場合もあるようです。 「自分なんかが幸せになってはいけない」という罪悪感がとても強く、人に自分に起こったちょっとハッピーなことも話すのは良くないことと感じているのです。 これは自分に自信がないことが原因で、話すことができなくなっています。 「こんな自分に幸せはふさわしくない」と無意識にいつも感じているため、幸せであることを人に隠そうとするのです。

「夢なんじゃないか」と今の幸せを実感できない

不幸であることが常態化してしまっている幸せ恐怖症の人は、幸せがやってきても「これは現実ではない」「いつか幻となって消えてしまうんだ」と思ってしまい、素直に幸せを感じることができません。 他人から見てどんなに羨むようなことが起こっても、幸せに慣れていないので、違和感を感じ、不幸な状態に戻ろうとすることも…。 幸福に慣れ過ぎるのも問題ですが、幸せなはずなのに、幸せを上手く実感できない状態は避けたいですよね。

あなたは幸せになっていい!幸せ恐怖症の克服の仕方

幸せ恐怖症には、「人を信じられない」「自己肯定感が低い」「喪失への恐怖感」などのさまざまな特徴がありましたね。 当てはまっているものが多くて不安に思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここからは、幸せ恐怖症になってしまった方へ、幸せ恐怖症の克服方法をご紹介していきます。 克服方法にもいろいろな方法があるので、いろいろ試してみると良いでしょう。 少しの心掛けで幸せ恐怖症を治すことができるので、ぜひチェックしてみてくださいんね。

どんな自分も素晴らしいと自分を認める

まず、自分で自分を褒めることから始めましょう。 小さい頃から褒められ慣れていない人は、褒めるということのイメージが難しいかもしれません。 毎日「今日は早く起きれたから、自分は偉い」「こんな細かい仕事も積極的にやる自分はすごい」と、小さなことでも自分を心の中で褒めるようにしてください。 そうすると、褒められることに慣れてきます。 褒められることに慣れてくると、他人から褒められることにも素直に反応できるようになるでしょう。 他人から褒められることをそのまま受け取れるようになれば、自己肯定感も増してきます。 「自分も幸せになって良いんだ!」と思えるようになれば、幸せ恐怖症から抜け出すことが出来るでしょう。

「私は幸せになってもいい!」と自分に許可を出す

今まで幸せを避けていた人も、積極的に自分へ許可を出してください。 「私は幸せになってもいいんだ!」 「幸せになるぞ!」と、少し口に出してみても良いです。 幸せ恐怖症の人は、今まで母親に否定されたり、周りの大人たちに認められず、不幸な状態になっているのが普通になってしまっていると考えられます。 周りの大人が自分の幸せを認めてくれなかった分、これから自分の幸せを認めてあげてください。 毎日声に出すことで、ふいに幸せを掴むチャンスが訪れても避けることなく、幸せを掴むことができるようになりますよ。

「幸せになる!」と強く覚悟する

今まで不幸な状況が普通で幸せに慣れていない人や、幸せになることがとても怖いと感じる人も、「絶対に私は幸せになる!」と、強い覚悟を持ってください。 1度強い覚悟を持ち、幸せになることに突き進んでいけば、いずれ不幸から脱出することができますよ。 「失ってしまうなら、最初から幸せではない方がマシ」と考えずに、「幸せになったんだから、ずっと幸せをキープする」と心掛けてみてください。 最初は幸せな状態が居心地が悪いと感じるかもしれません。 しかし、幸せな状態が数か月、半年、1年と続けば、幸せであることが普通の状態になります。 少しの気持ちの持ち様で、ガラっと人生が変わりますよ。

「幸せになってもいい」と言葉に出して自分に刷り込む

自分の意識を変えていくには、言葉に出すのが良いです。 お気に入りのノートや手帳に毎日「幸せになっても良い」「自分は大丈夫」と書き込んでみてください。 最初は恥ずかしいし、面倒だと思うかもしれません。 でも、続けていけば、自然と自分に自信を持つことができるようになってきます。 ノートに書く暇がない、なかなか続かない人は、毎朝顔を洗った後、鏡に映った自分に向かって「私は幸せになっても良い」「私は大丈夫」と呼びかけてみてください。 自分の顔を見て言うことで、しっかりと言葉を認識できるので、おすすめです。 ポジティブな言葉を口にするだけで、少しずつ自信が湧いてくるでしょう。

幸せになることに罪悪感を感じる必要はないと理解する

幸せ恐怖症の人は、過去のトラウマから家族への罪悪感を感じ、自分だけが幸せになることを避ける傾向にあります。 自分だけが幸せになって申し訳ないと感じてしまう時には「幸せになる力は人それぞれ!」「自分が心配しなくても、みんなはもう幸せなんだ」と、心の中で思いましょう。 自分は自分、家族は家族、「自分と人は別」と分けて考えると、自分が幸せになるための行動をとりやすくなりますよ。

幸せの後は不幸がやってくるという思考をやめる

幸せの後には絶対不幸がやってくる、そんな考え方もやめましょう。 全てはタイミングで、幸せと不幸は対にはなっていないという風に考えれば、幸せを素直に受け取ることができるようになりますよ。 不運なことが起これば、「それは偶然起こってしまったんだ」と考える癖をつければ、自然と幸せ恐怖症は治っていくでしょう。

今の状況環境に感謝をして、今ある幸せを感じる

幸せ、不幸、あまり過敏に反応しすぎずに、今自分がある状況に感謝をしましょう。 また、物事を深く考えずに素直に受け取るようにしましょう。 素直な心でありのままを受け止めるように心掛けてください。 そうすれば、幸せがやってきたときに上手く幸せを感じることができるようになりますよ。

まとめ

今回は幸せ恐怖症の症状や克服方法を紹介しました。 幸せ恐怖症になってしまうと、なかなか幸せを感じることが難しくなってしまいます。 また、恋愛や仕事でも上手くいかなくなってしまうので、幸せ恐怖症の人はぜひ克服できるようにいろいろな方法を試してみてくださいね。 ハッピーな人生を送れますように。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧