スピリチュアルな観点から不妊について探る…その《原因&対処法》とは

子供がなかなか授からずに辛い...赤ちゃんは授かりものだけど諦めれられないと、思いつめていませんか。実はスピリチュアルな観点から見ると、不妊症には驚くべき理由が隠されているのです。不妊症についてスピリチュアルな視点から考察してみたい方、適切な対処法が知りたいという方は、ぜひご覧くださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > スピリチュアル
  3. > スピリチュアルな観点から不妊について探る…その《原因&対処法》とは
妊娠の悩みは人によって様々。 ・不妊が辛い... ・パートナーが積極的になってくれない... ・将来が心配... ・周りの家族からのストレスが辛い... 妊娠のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば妊娠の問題は一気に解放される方向に進みます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたLINEで無料鑑定! あなたの恋愛傾向や基本的な人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中妊娠占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)一人目の妊娠はいつ? 2)二人目以降の妊娠はいつ? 3)パートナーとの相性 4)将来恵まれる子供の数
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

スピリチュアルな観点から不妊の原因や対処法を探る

こんにちは!MIROR PRESS編集部です。 結婚後、すぐに授かるものだと信じていたけどまさかの不妊症...。 温かい家庭を築くのが夢だった方は、過ぎ去る時間にイライラしてしまいますね。 夫もなぐさめてくれるけど、どうして赤ちゃんが授からないのか納得できない方はいませんか。 今回は、不妊症について、スピリチュアルな観点からみてみましょう。

スピリチュアルな観点から見た不妊の《原因》とは

「子供は授かりものだから、縁が必要だよ」「子供のいない幸せな夫婦もたくさんいるよ」「子育ては大変なことが多いし、それだけが人生じゃないよ」と様々な励ましの言葉をかけられても、どうして授からないの?と疑問や不安が増大する夫婦は多いでしょう。 中には年齢も踏まえて、もう時間がないと心を取り乱してしまう人もいます。 規則正しい生活習慣や医師の指導に従ってみたけど、一向に赤ちゃんが向かってこないという方は一度、スピリチュアルな観点から不妊をみてみましょう。 思いがけない事実が隠されているかもしれません。

宇宙が決めた「宿命」

実は人間は、この世に生を受ける前に8割運命が決まっていて、残りの2割は自分の努力で変わるといわれています。 しかしその中でも、絶対的に逆らえない流れが宿命のようです。 何度も転職を繰り返してしまう、結婚相手にめぐり合えない、病気がちな人はその経験や苦しみからこの世で他の人が気付かない観点を学んだり、心を成長させていきます。 もしや子供が授かりにくい、治療を続けても成果があらわれないという場合は、不妊症であることが現生の宿命かもしれません。 苦しみや悲しみなどたくさんの葛藤を乗り切ることが、魂の成長に欠かせない試練の1つといえます。

まだ早すぎる

子育てが始まると生活の中心は子供になり、幼い間は夜泣きに悩まされたり、初めてのことで戸惑うことがたくさんあるはずです。 また躾や褒美などもしっかりこなし、1人前の大人になるまで責任を持って育てる義務が発生します。 子育ても1つの試練と捉えると、夫婦2人で力を合わせて乗り切っていく必要があるでしょう。 そうなると、もう少し精神的に成熟し、子育てに必要な根気や環境が備わった時がベストだと神様は思っているのかもしれません。 またあなたもしくは夫にしかできない、使命があり先に終えることが順番だと決められている場合も1、2年先になる場合もあります。 自分、夫はもう立派な親になる気満々で準備は整っていると思っていても、タイミングをもう少し待ってみましょう。

縁で結ばれていない

実はスピリチュアルな世界では、現生で親交の深い友人や面倒見の良い上司、また配偶者は前世でも深いつながりがあったといわれています。 そう考えると、夫婦の元に生まれてくる子供も勿論、1つの縁で結ばれていないとこの世に生を受けることが難しいということに。 前世で、現生に自分達の子供として生まれてくるつながりが存在しない可能性もあります。

前世で十分子育てをした

スピリチュアルな世界では前世でたくさんの子供を産み、十分に子育ての苦悩や楽しみは経験してきた人は、現生ではその必要がないと宇宙で判断されることがあるようです。 代わりに仕事や趣味の世界を謳歌したり、子育てとは別の世界で葛藤や喜びを味わい、魂の成長を促されます。 世間には、子供嫌いでなくとも生まれ持って子供を望まない女性も存在するようです。 そんな女性は前世でたくさんの子供の成長を見届けてきたから現生では自分の人生を大切にしようと潜在意識で思っており、子供を持つことへの関心がありません。 子育てをしないと得られない苦悩や葛藤、また喜びや嬉しさは既にあなたの潜在意識に刻み込まれており、現生でもう学ぶことはないと判断されている可能性もあります。

不妊に悩む女性へ…スピリチュアルな観点での《対処法》

スピリチュアルな観点から不妊症についてみてみましたが、いかがでしたか。 実は子供が授からない自分が悪いと、自己嫌悪に陥る人もいますが前世が関係していたり、決められた人生のストーリーを歩んでいる場合もあります。 しかし宿命といわれても簡単には納得いかないし、今の夫との子供をどうしても授かりたい、前世で子だくさんのママをしていても現生でも最低2人は欲しい!と思う夫婦もいるでしょう。 毎日、どのような気持ちで過ごすのが快適な生活を送る上で大切なことなのでしょうか。 ここからは、スピリチュアルな観点から、不妊に対する対処法をご紹介します。

思い詰めない

「あと2年以内に絶対に妊娠、出産しなければならない」「子供のいない人生なんて、絶対にムリ」と自分を追い詰めたり何もかも悲観視しないようにしましょう。 社会では子供を産んで一人前だと主張する人もいますが、不妊症について真剣に夫婦で話し合ったり医師に相談するなどやるべきことをしたら、それ以上思いつめないことも大切です。 自分の趣味や仕事など心から没頭できることに集中し、気を逸らしましょう。 新しい資格の勉強をしたり、ピアノやバイオリンなど心が落ち着くコンサートに足を運ぶのもお勧めです。 自由気ままに過ごし表情に余裕を持つようにしましょう。

充実した日々を送る

元々、自分の軸や世界観をしっかり持つ人は、「子供がいるのもいないのも私の人生である」など割り切って物事を考えることができ、たとえば不妊症であることも必要以上に追い詰めません。 ○○をしている時が最高であると自分なりの娯楽や楽しみを見つけ、それを周囲の人と共有することに生き甲斐を感じるため充実した日々を過ごすことができます。 新しい目標を見つけ熱中していた頃に懐妊するということもあるので、夫婦の生活を満喫することに意識を向けましょう

健康的な生活を送る

妊娠を望むなら、心身ともに健康な状態にしておくことが必要です。 早寝早起きし、栄養バランスの摂れた食事に加え運動もたまにするようにしましょう。 原因不明の体調不良が続いている、偏食気味である、慢性的な運動不足である場合は一度、自分のライフスタイルなど、妊娠するのに準備万端な状態かどうか見直すことも大切です。 激しい運動より、たまにジムに通ったりウォーキングするぐらいが体に丁度いいでしょう。 また「早く妊娠しないと時間がない」と思いつめるのは、最も精神的な負担になります。 精神が安定も必要不可欠なので、明るく健全な気持ちで過ごせるよう、気分転換もはかりましょう。 「この女性ならいつも朗らかで楽しそう」と思ってもらえると、天から舞い降りてくるかもしれません。
無料!的中妊娠占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)一人目の妊娠はいつ? 2)二人目以降の妊娠はいつ? 3)パートナーとの相性 4)将来恵まれる子供の数
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

期待しすぎない

子供を授かるだけで、夫婦生活も人生も全て安泰なものになるとは限りません。 「こんな赤ちゃんを授かり、こんな母親になりたい」と過度に期待をふくらませると赤ちゃん側から「ママの期待に応えられるかな?」と不安になります。 赤ちゃんに迷いが生じるとなかなか2人の元に降りていいのか悩んでしまうので、大らかな気持ちで構えていましょう。 あくまで子供は幸せになるためのきっかけの1つで、不妊症である今が不運であると決めつける必要はありません。 子供がいた方が楽しいかもしれないな...でも夫婦2人でしか楽しめないことをやり尽くすのもいいかもぐらいの軽い気持ちで過ごしていると授かりやすくなります。

まとめ

・スピリチュアルな観点から見た時の不妊症の原因は? 前世でたくさんの子供の育児を経験したため、現生では子育てしない人生を歩むことが宿命である、子供と縁で結ばれていないことがあるといわれています。 また、使命をやり遂げるまで育児に入るべきと判断されている、たくさんいるお母さんの中で子供が迷うこともあるようです。 ・不妊に悩む日々はどう過ごすべき? 子供を絶対的に授からなければならないと義務的に思わず、充実した日々を夫婦で過ごすようにしましょう。 仕事や趣味などあなたの能力が最大限発揮できる場所を見つけ、不妊のことだけに心をとらわれないことが肝心です。 ・生活する上で大切なことは? 体調不良の問題は医師に相談し、食事や運動、睡眠など規則正しい生活を続けることも大切です。 前世の記憶を覚えている人はこの世にほとんど存在しないため、なぜ授からないの?本当に分からないと疑問に思う人は多いでしょう。 周囲の人々の妊娠、出産報告を聞くたびに、どうして自分はスムーズに授からないのと首をかしげたくなりますね。 スピリチュアルな観点から見た時に、あなたは前世で子だくさんの母親、もしくは現生では他の使命が課せられているのかもしれません。 別の見方をすると「そうか、不妊症なのも前世と繋がりがあるのかも」と捉えることもできます。 しかし、充実した毎日を過ごすことや今この瞬間を精一杯生きることで、思いがけず妊娠することもあるので気楽に過ごしましょう。
記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧