マウンティング女子の特徴15!うんざりするマウンティング女子への対処法とは?

マウンティング女子とは、自分より格下だと思った相手に対して「私の方がイイ女よ」といちいちアピールする女性のことです。この記事では、そんなマウンティング女子の特徴15個に加え、マウンティング女子への対処法をご紹介しています。身近にマウンティング女子がいて悩まされている人はぜひ参考にしてみてください。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > マウンティング女子の特徴15!うんざりするマウンティング女子への対処法とは?

マウントを取るマウンティング女子とは?

「マウントをとる」の意味とは

「マウントをとる」の語源

マウンティング女子の特徴15!

「マウンティング」とは、サルなどの動物が相手より自分の地位が高いことを誇示する行為です。 つまり人間社会に置き換えると、他人を見下し自分が優位であることをアピールすることになります。 女性同士の付き合いにおいて、マウンティング女子による攻撃を受けることは少なくありません。 ここからは、そんなマウンティング女子の特徴15個をご紹介していきます。 もしかしたら、あなたの周りにもマウンティング女子が潜んでいるかもしれませんし、あなた自身が無自覚マウンティング女子という恐れもあるので、ここでしっかり確認しておきましょう。

さりげなく自慢してくる

マウンティング女子は、さりげなく自慢してくることが多いです。 例えば、高価なアクセサリーを身に付けて人前でわざとチラ見せしたり、「遊びに行ったらナンパがしつこくて全然楽しめなかったの~」とモテるアピールをしたり。 会話も口を開けば間接自慢ばかりで、むしろ自慢しか話のネタを持っていないと言っても過言ではありません。 人間のマウンティングは少し分かりづらく、「もしかして今の自慢(マウンティング)だった?」と後になって周りが気付くケースがほとんどになります。 マウンティング女子も「自慢は疎まれる」と理解はしているので直接的な自慢は避けていますが、「どうしても自慢したい」という欲が人一倍強い為に間接的なアピールするわけです。

自虐が実は自慢

自虐のように見せて実は自慢、というのもマウンティング女子の十八番になります。 わざと下手に出ることで「自慢じゃない」「謙虚」アピールをしつつ、周りに「そんなことないよ~」「私はあなたが羨ましい」と言わせるのが狙いです。 例えば、他の女性達がダイエットの話をしているときに「私っていくら食べても太れないから、健康的な体型って羨ましい」と言ったり、「スッピンヤバ~い」「ブスで嫌になる…」といった自虐コメントを添えつつバリバリの決め顔自撮りをSNSにアップするなど。 そんな自虐自慢には、「私はあなた達よりもスタイルがいいのよ」とか「私ってすごく可愛いでしょ?」というマウンティング女子の本音が隠されているのです。

常に上から目線

常に上から目線なのも、マウンティング女子に見られる特徴になります。 例えば、「それじゃあ全然ダメ、私の言う通りにすれば間違いないから」などとダメ出しをしつつ主張してきたり、「そんなことも分からないの?常識でしょ」などと小馬鹿にしたような物言いをしてきたりなど。 自慢話の時とは異なり、無意識に上から目線になっているマウンティング女子も少なくありません。 マウンティング女子は、勝ち負けや格差に異常にこだわるところがあります。 それに、「他よりも格上でありたい」という願望も強いので、周りを見下して上から目線になるのも自然なことと言えるかもしれませんね。

男性の前では態度が変わる

マウンティング女子がマウントを取る対象は、基本的に同性になります。 そして、周りの女性達の中で自分が上位であることをアピールし、男性から選ばれることを最終目標としているマウンティング女子は多いと言えるでしょう。 ですからマウンティング女子は、男性の前で態度が変わることも珍しくありません。 端的に言えば、媚びへつらったり、ぶりっこになるのです。 その態度の変化は、恋愛対象となる男性や自身の出世に関わる男性上司に対して顕著に表れます。 ただし、自身の恋愛や出世に影響を与えない男性に対しては敬意を払いませんし、マウントを取ることもあるようです。

陰で友人の悪口を言う

マウンティング女子は人の陰口や噂話が大好きで、周りに友人の悪口を言い振らすことも少なくありません。 悪口を言うことで相手の評価を下げて自分の評価を上げることが目的とも考えられます。 他人の悪口を言えば、今度は自分が周りから「あの人、○○さんの悪口言ってた」「他人の悪口ばかりで性格悪い」などと言われ評価が下がる恐れがありますが、マウンティング女子はそのことに気付いていないのでしょう。 マウンティング女子には「自分は自分、他人は他人」といった考えがなく、「他人と比べて幸せか」を重視しているので、特に幸せそうな女性は陰口のターゲットになりやすいかもしれません。

弱い者には強気

マウンティング女子は弱い者には強気な態度を見せます。 先ほども「常に上から目線」と話しましたが、「自分より格下」と認識している相手には偉そうな態度を取るのです。 逆に「自分より格上」と認識している相手に対しては従順な態度を見せ、マウントを取られないようにしています。 マウンティング女子からマウントを取られた人達は、その後離れていくことも少なくありません。 それもあり、マウンティング女子は自分より弱い者(=マウントのターゲット)を常に探しているので、マウンティング女子の被害に遭ったことのない人は気を付けましょう。

聞いてもない彼氏自慢

誰も聞いてないのに、「彼氏が仕事デキる人で~」とか「彼氏がお金持ちで~」といった彼氏自慢を始めるのも、マウンティング女子の特徴です。 聞いている側は「つまらない」「どうでもいい」と感じるかもしれませんね。 すごいのは彼女ではなく彼氏のはずですが、それを自分のことのように嬉々として自慢するのは、マウンティング女子の中で「彼氏の評価=自分の評価」という認識があるからでしょう。 つまり、マウンティング女子的には「素敵な彼氏がいて羨ましいでしょ?」と言いたいわけですね。 そういう人は彼氏だけでなく、「友達がモデルで~」とか「父親が有名人と知り合いで~」といった身近な人の話をすることも少なくありません。

人のセンスをけなす

「あの人のファッション、私には全然理解できない」とか「○○ちゃんってダサいよね」などと、人のセンスを平気で貶すことができるのもマウンティング女子の特徴です。 相手のセンスが本当に悪いのならともかく、マウンティング女子の場合は自分の趣味に合わないだけで「あの人はセンスがない」などとけなすので、周りから反感を買うことも多々あります。 マウンティング女子は「自分の価値観(センス)は正しい」という謎の自信を持っているので、自分と違う価値観を受け入れることができません。 だからセンスに限らず、他人を否定することも多いのです。

SNSで幸せアピール

SNSで幸せアピールばかりしてウザがられる人がいますが、その中にはマウンティング女子も含まれます。 例えば、豪華なディナーや高級ブランド品の写真を頻繁にアップしたり、「優しい彼がいて幸せ」と毎日のように惚気たり。 そんな風に頻繁に幸せアピールをするのは、気持ちが舞い上がり周りが見えなくなっているか、周りに羨ましがられて優越感に浸りたいかのどちらかでしょう。 ただ、心から幸せを感じていたり幸せなのが当たり前になっている場合は、わざわざSNSで頻繁にアピールなんてしないはず。 つまりSNSでの過度な幸せアピールは、「実は現状に満足していないから、周りの反応で満たされたい」という証拠でもあるのです。

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

マウンティング女子はデリカシーがないので、普段から失礼な言動が目立ちます。 上で話した「上から目線」や「人のセンスをけなす」のも、そのひとつでしょう。 他にも、ぽっちゃり体型の人に対して「どうしてダイエットしないの?」と言ったり、相手が体調不良で約束をキャンセルしたときに心配するどころか「あなたのせいで予定が狂った」などと文句を言ったりするのです。 マウンティング女子は人の価値を判断する際も含め、物事を自分の物差しでしか見ていません。 それは、客観的な思考ができないことにも繋がっています。 マウンティング女子は自己中心的で他人の気持ちを考えられないので、無意識に相手を傷つけるような言動を取ってしまうのです。

デリカシーがない

過剰にアドバイスしてくる

頼んでもいないのに、過剰にアドバイスしてくるのもマウンティング女子の特徴になります。 例えば、気になる人の話をしているときに「私の周りにもそういう人がいるけど、付き合うのは絶対にやめた方がいいよ」などと、自分の感性や経験でアドバイスするのです。 たとえそのアドバイスが的確であっても、相手の気持ちを無視して意見を押し付けるのは良くありませんよね? しかし、マウンティング女子は「自分が正しい」と思い込んでいる節があるので、良かれと思ってアドバイスしてきます。 本人に悪気がないことが分かるぶん、周りも断りづらくて厄介かもしれません。

話題の中心でいたがる

常に自分が話題の中心にいないと気が済まないのも、マウンティング女子によく見られる特徴です。 しかも、自分が会話の中心にならないときは露骨に不機嫌な態度を取るので非常に面倒。 例えば、誰かが「○○ちゃんのアクセサリー可愛いね」と他の女性を褒めているところに「私もそのブランドのアクセサリー持ってる」と割って入ったり、他の人が「この間、○○ってお店に行ったんだけど…」と話している最中に「そのお店だったら私も行ったことがある、あの店ってさ~…」と自分の話にすり替えたりします。 マウンティング女子は、他人の話には興味がありません。 話を聞いているように見えて、単にマウントを取れる話題を探しているだけなのです。

やたら忙しいアピールをする

「仕事が忙しくて自分の時間が取れない」「休みがある人が羨ましい~」「休日は友達や彼氏との予定で全部埋まってて…」など、やたら忙しいアピールをするのもマウンティング女子に見られる特徴です。 マウンティング女子的には、「私は仕事ができるから忙しい」「とても充実した日々を送っている」ということを伝えたいのでしょう。 しかし、本当に忙しい人は「忙しい」アピールを頻繁にするほど暇ではないはずです。 周りにアピールする暇があったら、「さっさと用事を済ませて自分の時間を作りたい」と思うはずですからね。 やたら忙しいアピールをするマウンティング女子ですが、実は言うほど忙しくないのかもしれません。

自分の価値観を押し付けてくる

先ほど話した「過剰なアドバイス」もそうですが、自分の価値観を押し付けてくるのもマウンティング女子によく見られる特徴になります。 マウンティング女子は自己中心的な思考の持ち主なので、価値観は人それぞれということを忘れがちです。 そのせいで自分と違う意見が受け入れられず、他人を否定したり「私の方が正しい」「こうするべき」と相手に押し付けてしまいます。 そんな風に自分の価値観ばかり押し付けてくるマウンティング女子に嫌気がさして、距離を置く人も少なくないでしょう。

美意識が高い

マウンティング女子は、かなり美意識が高いと言えます。 これは他の女性達にマウントを取る為です。 「相手より格上」とアピールするには、比較する点が優れていなければいけません。 そして、年代問わず多くの女性が憧れるものといえば「美しさ」です。 女性が集まれば、メイク・ヘアスタイル・ファッション・スキンケア・スタイルといった「美容」に関する話題が出ることも多いですよね。 ですから、マウンティング女子は美意識を高く持ち自分を磨いておくことで、いつでもマウントを取れる状態にしているのです。

マウンティング女子がよくする発言

お金に関する発言

彼氏に関する発言

学歴・職歴に関する発言

マウンティング女子への対処法!

マウンティング女子の特徴をご紹介してきましたが、「友達や知り合いのあの人もマウンティング女子かも」とか「私もマウンティング女子に当てはまるかも」と初めて気付いた人もいるかもしれませんね。 マウンティング女子は、周囲から疎まれる存在です。 もし自分に当てはまってしまった人は、これから言動に気を付けるようにしましょう。 続いては、マウンティング女子への対処法をご紹介していきます。 悩まされている人は、ぜひ実践してみてくださいね。

適当にほめる

「余計なトラブルを避けたい」というときは、適当に褒めておくのがおすすめです。 特にマウンティング女子が目上の人だった場合は、ぞんざいな態度を取るわけにもいきませんからね。 マウンティング女子の目的は、相手に自分が上だと認めさせることです。 したがって、マウントを取られたときは「実は私も…」などと張り合うのではなく、「すご~い」と適当に褒めることで、相手も「自分が上だと認めさせることができた」と満足するので、必要以上にマウントを取ってくることもなくなるでしょう。 ただし、褒めすぎてしまうと相手も調子に乗って自慢話がエスカレートする恐れがあるので、あくまで適度に褒めるのがポイントです。

聞き流す

マウンティング女子の発言は腹が立つかもしれませんが、そこで「私の方が…」と逆らうと、相手のマウントもヒートアップしてしまう恐れがあります。 ですからマウントを取られたときは、話を軽く聞き流すのも効果的な対処法です。 聞き流した方が、あなたも無駄に不快な思いをしなくて済むでしょう。 受け止めつつサラッと流すことで、マウンティング女子も「この人にマウントは効かない」と感じて離れて行くはずです。 そもそも、相手の言う事をいちいち真に受ける必要も、自慢話を真剣に聞く必要もありません。 マウントが始まったら、「うんうん」「そっか~」と適当に頷いておきましょう。

話をそらす

マウンティング女子の攻撃を受けそうになったら、上手く話を逸らすのもおすすめの対処法です。 例えば、「この前、彼氏と海外旅行に行ってきたんだ~」とマウンティング女子が言ってきたら、「いいな~、海外旅行と言えば私○○に行って△△してみたくて、あなたは△△に興味ある?」などと畳みかければ、相手もマウントを取る気がそがれるでしょう。 多少強引になっても話を逸らし続ければ、相手にマウントを取らせる隙を与えずに済みます。 話を逸らすのが難しければ、「ごめん、これから用事があるから」とその場を離れるのもアリですよ。

自分のプライベートは話さない

マウンティング女子は、自分より劣っている部分=相手の弱みを確実に攻撃してきます。 ですから、マウンティング女子の前でプライベートをペラペラと話すのは危険です。 弱みを握られる恐れがあると同時に、マウンティングのターゲットになる確率を上げることにもなりかねません。 プライベートをできるだけ秘密にしておけば、相手も無闇にマウントを取ってくることもないはずです。 長い付き合いだと既に色々と知られてしまっているという恐れもあるかもしれませんが、新しい情報はできるだけ与えず、相手に何か聞かれたとしても上手く誤魔化すようにしましょう。

マウンティングを自覚させる

マウンティング女子の中には無自覚でマウントを取っている人もいます。 一方、意識的にマウントを取っているマウンティング女子も、「マウンティングは人として恥ずかしく愚かなこと」と理解しているから、わざわざ分かりづらい方法でマウントを取るのです。 したがって、本人にマウンティング行為であることを指摘して自覚させるのも、マウントをやめさせるのに効果的になります。 相手にもよりますが、「それってマンティング?」と冗談っぽく言ってみるのもアリです。 マウンティング女子も恥ずかしい思いはしたくないはずなので、ズバリ指摘してしまえばそれ以上は何も言ってこないでしょう。

同情する

「マウンティングは疎まれる」と分かっているはずなのに、マウントを取ってしまうのは何故なのか? それは、様々な事情で心に余裕がなくなっているからとも考えられます。 つまりマウントを取ってしまうのは、自分のことでいっぱいいっぱいで周りが見えなくなっている証拠とも言えるわけですね。 それを知っていると、「マウンティングしてしまうのも仕方がないか」と思いませんか? 「人と比べることでしか自分の幸せを見出せないんだ」「自分の気持ちをコントロールするのが苦手なのかな?」と割り切ると、マウントを取られたときに受け流せるはずです。

距離を置く

マウンティング女子への最もおすすめな対処法と言えば、極力関わらないことです。 接触を減らせば、マウントを取られる機会も自然と少なくなります。 今まで普通に接していた場合は、徐々に相手と距離を置くようにしましょう。 いきなり避けたり連絡を取らなくなったりすると、別のトラブルを招く恐れがあります。 まずは、自分から必要以上に話しかけたりしないようにしてみてください。 上手く距離を置くことができれば、相手も新たなターゲットを見つけてあなたにマウントを取ってくることもなくなるはずです。

縁を切る

可能であれば、マウンティング女子と縁を切るのも手です。 相手のマウント癖が直るとは思えませんし、「一緒にいてストレスが溜まる」と感じる相手と付き合いを続けてもあなたが疲れてしまうだけ。 そもそも、あなたのことを見下してくるような人間と無理に仲良くする必要はありません。 友達にマウンティング女子がいるなら、徐々に交流を減らし疎遠になるのが無難でしょう。 相手が同じ職場などで縁を切るのが難しい場合は、先ほど話した通りできるだけ距離を置くようにしてみてくださいね。

マウントを取る女のスカッとする末路エピソード

収入でマウントをとる女に対して……

彼氏でマウントをとる女に対して……

体型でマウントをとる女に対して

まとめ

マウンティング女子の特徴15個などをご紹介してきましたが、いかがでしたか? 女性は、自分や他人に対してシビアな評価を下す傾向にあります。 そのせいか自分に自信がなかったり、「他人から高く評価されたい」という強い願望を抱く女性も少なくありません。 自己評価の低さはマウンティングに繋がっています。 つまり、他人を見下し「自分の方が優位だ」と周りにアピールすることで、安心感を得たり「高く評価されたい」という願望を満たそうとしているわけです。 周りの女性にマウントを取られたときは、「この人は自分に自信がないのかな」と思うようにすれば、イライラやモヤモヤも少しは収まるかもしれませんね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧