【中学生カップルの恋愛事情】どこまで進んでる?|LINEやデートのカップルあるあるも

中学生カップルがどこまで進んでいるのか。恋愛事情を解説! 中学生カップルの付き合うきっかけ、別れる率、どこまで進んでいるかな、気になる実情を徹底解説。中学生あるあるなLINEやデート内容も紹介しますので是非参考にしてくださいね!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 【中学生カップルの恋愛事情】どこまで進んでる?|LINEやデートのカップルあるあるも

中学生カップルはどこまでしてる?みんなの恋愛事情

中学生カップルの恋愛事情って、実際どこまで進んでいるのか気になりますよね! 結婚したい♡なんてラブラブカップルだったり、キスやハグは当たり前の時カップルもいるんでしょうか。 「LINEの頻度は?」 「お揃いのものは持っている?プレゼント何あげている?」 「デートの場所はどうしている?」 今の中学生カップルの恋愛事情や疑問を徹底解説していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

中学生の彼氏・彼女いる率は何%?

付き合っている割合は約1割

恋愛に目覚めてきているお年頃とは言っても、やはりまだ中学生… 中学生の付き合っている割合は約1割という結果に! 大人のような振る舞いを見せることもありますが、やはりまだ若いことからも興味はあっても恥ずかしくて相手に積極的にアピールすることができない人たちが多いようです。 中学生カップルの発生率はそんなに多くなく、中学生でカップルになる人たちはかなりの少数派であることが分かりました!

デートだけ経験があるのは約2割

付き合っている人は1割でしたが、デートの経験がある中学生の割合は少し増えて2割です。 恥ずかしいけど、頑張ってデートまでこぎつけた人というのは少し多いようですね! しかし恋愛経験がほとんどないのが中学生…デートまではこぎつけられても、付き合うというところまでなかなかいけないのが現実なようです。 デートの内容も、映画やショッピング・カラオケなど健全な学生らしいデート内容などが多く見られます。

好きな人がいるのは約5割

中学生カップル・デートに続いて好きな人が居る割合です。 上記の二つの割合よりもぐんと上がって中学生の約半数が好きな人が居るという結果になりました! やはり恋愛には関心があるお年頃! 気になる異性は出来てくる時期なようですね。 好きな人は居るものの、好きな気持ちを心の中にとどめたまま何もしないという人が多いようですね。 恋愛経験がないからこそ、どう好きな人にアピールしたら良いかが分からないというパターンも多いのが理由だと考えられます!

中学生カップルが付き合うきっかけ

前章では中学生でカップルになった人の割合を紹介しました。 数字だけ見ると、好きな人がいてもなかなかカップルになるという例は少ないみたいですね! では、どのような流れで中学生カップルというのは誕生するのでしょうか?続いて、カップルになったきっかけを紹介していきます。

学校行事で仲を深めたことがきっかけ

中学生の間、異性と仲良くなるきっかけはいくらでもあります。 なぜなら文化祭、体育祭、遠足、修学旅行、林間学校、スキー教室…など学校行事が山ほどあるからです。 学生にとって、学校行事は気になる人と仲良くなるチャンス! クラス全体でひとつの目標に向かって行動することが多いので、心の距離も近づきやすくなりますし、そのような学校行事内で告白すれば、成功率も上がるでしょう。

SNSを通して

好きな人と付き合うにはSNSを活用するのも一つの手。 ここ数年の間に中学生のスマートフォン所持率はグンと上昇しました。 2020年代に入った現在では、中学生で自分専用のスマートフォンを持っている割合はおよそ90パーセント。 気になる人ともSNSを介してメッセージのやり取りをしてみたり、SNSで普段の行動を観察したりして距離を縮めてみることで、学校では知らなかった好きな相手の一面が見れること間違いなし!

通学路が一緒

中学生であるならば通学路が同じというのも、付き合うきっかけになり得るでしょう。 登下校中というのは学校にいる時よりも、より話やすい状況が生まれます。 それはクラスメイトの目線を気にすることがなくなるからです。 たくさん話をすることで相手の関心を誘うことができるので、登下校中のコミュニケーションは告白した時の成功率を上げてくれることでしょう。

部活が同じ

中学生の間に好きな人と付き合うには、その人とどれくらい長く一緒にいられたかというのも重要。 そのため、同じ部活に入っているということも大きな影響を与える要素になるのです。 吹奏楽部など文化系の部活であれば男女気兼ねなく一緒にいられますよね。 運動系の部活は男女で分かれていることが多いですが、それでもマネージャーなどになれば一緒の時間を過ごすことができるでしょう。

中学生カップルあるある|LINE編

中学生のカップル、大学生のカップル、社会人のカップル、それらは同じカップルでも「当たり前」と思っていることが異なっていたりします。 では中学生のカップルの中で「あるある」と共感を生むこととはどのようなものなのでしょうか?

基本的にLINEでのやり取りが多い

ひと昔前の恋愛といえば、電話やメールなどでのやり取りが主流でした。 しかし最近の中学生といえば、中学生でもスマホを持っている人が多いという状態から異性とのやり取りはLINEですることが多いという結果に。 大人が好きな人とやり取りをするツールといえばLINEですが、中学生カップルも最近では連絡手段が大人となんら変わりないということなようです。 まだ親が口出しをするお年頃でもあるので、LINEばっかりして勉強をおろそかにしているとスマホを見られたりする可能性もあるので要注意ですね!

LINEがすごく楽しい

昭和時代はポケベル、平成時代はガラケーのメールとあったように、中学生カップルはいつの時代も恋人と連絡を取ってきました。 令和の時代、ポケベル、メールに取って代わったのがLINEです。 LINEを毎日している中学生カップルは非常に多く、当たり前のコミュニケーションとなっています。 その会話の内容は「私のこと好き?」「好きだよ」などと他愛もないもの。 しかし、その他愛のない会話が続くのがとても楽しいのです。

部活の話し

中学生の間はとにかく共通の話題であふれ返っています。 特にその共通の話題の中でも話やすいのが、部活動のこと。 お互いに入っている部活が異なったとしても、「今日部活で褒められたんだよ」とあなた自身の話もできますし、また相手の部活の状況を聞いていることもできます。 相手の意外な一面を知ることのできるチャンスでもあるので、部活動の話は欠かせないといえるでしょう!

テレビの話し

一昔前と比べれば現在の中高生は「テレビ離れしている」と言われています。 しかし、そうだと言っても今もテレビの話題はカップルの定番トークになっています。 現在は直接テレビを観て情報を得るということは少なくなりました。 しかし、アプリやサブスクを使用してドラマやバラエティー、アイドルが出ている番組などを観ている中学生ももちろんいます。 今でもドラマやバラエティーはカップルの間で盛り上がる話題の一つなんですね。

中学生カップルあるある|デート編

LINEでの中学生カップル「あるある」を見てきました。 では、どの年代のカップルもしているデートではどのようなことが定番になっているのでしょうか? 続いて中学生カップルのデート「あるある」を紹介していきます。

デートの頻度は少ない

中学生といえば、引退していない限りは平日も週末も部活動が入っていることも多々あります。 さらにテストの時期になってくると、勉強をする時間も増やさなければいけないので学生と言えどもやることがたくさんです。 さらに部活を引退する時期になってくると迫ってくるのが高校受験です。 そうなってくると中学校生活というのは忙しいもの。 せっかく中学生カップルが誕生したとしても、そこまで頻繁にデートをすることは出来ずデートの頻度は少ない傾向にあるみたいですね!

プリクラを撮りがち

プリクラといえば平成のはじめに出現し、当時の若者の間で大流行したもの。 しかしそれから20年以上経過した今でも、プリクラはカップルの間で圧倒的な人気を誇っています。 それはもちろん、中学生カップルの間でも言えること。 プリクラは安く思い出を形に残すことができ、まだアルバイトができない中学生カップルの「やってみたい」憧れのものとなっているのです。

テスト期間は2人で勉強する

デートといえば遊園地やデパート、またはオシャレなカフェに出かけるというのが定番になっているでしょう。 しかし、中学生だからこそできるデートというのがあります。 それが「勉強デート」。 外に遊びに行くデートはあからさま過ぎて誘いにくい..でも「試験勉強しにカフェに行かない?」なら誘いやすいですよね! また、勉強している彼の真剣な姿を見て胸キュンしたい…という人も多いようです。

カラオケやショッピングセンターなどの近場

中学生カップルはほかの年代のカップルと比べる使えるお金が圧倒的少ないのが特徴。 そのため、レストランで食事をしたり、旅行に出かけたりというお金のかかるデートはできません。 では中学生カップルがデートの際、どこに出かけるのかというとそれはカラオケやショッピングセンター。 自宅から近く、安くても長く遊べる場所がデートの定番スポットとなっているようです。

中学生カップルはどこまでしてる?キスの経験率

中学生で恋愛といえば、気になるのがどこまで進んでいるかですよね? キス?ハグ?中学生の恋愛の進み具合にも迫ってみましょう!

キスやハグをするカップルは少ない

中学生カップルといえば、どんなに恋愛に興味はあっても数年前までは小学生だったお年頃…。 異性を好きになって、付き合うという関係まで持っていけてもキスやハグまでしている中学生カップルはそこまで多くないようですよ。 それも恋愛経験がまだそこまで多くことも影響しているのでしょう。 カップル間でキスやハグを当たり前にするようになるのは年齢的にももう少し先のことになる人たちが多いかもしれませんね!

キスやハグのやり方がわからない

大人のカップルであれば、自然とキスやハグを恋人同士のスキンシップとしてする人が多いですよね。 しかし中学生カップルといえば10代前半という若さからも、キスやハグをどうしたらいいのかが分からないという意見が多く見られます。 キスやハグをどのタイミングですれば良いのか、恋愛の経験を積んでいないとそれを見極めるのも難しいものです。 そんな背景もあって、恋人同士でのスキンシップを上手くできないようで… 恋愛経験を積んでいくことで、そんな悩みも徐々に解消されていきますよ!

中学生カップルはどこまでしてる?エッチの経験率

中学生カップルでは、キスやハグを経験したという人はまだまだ少ないのがわかりました。 ではそのキスの先、性行為を経験している割合はどれくらいいるのでしょうか。 続いて、性行為の経験率を見ていきましょう。

緊張するのでできない

恋人とのスキンシップって、最初のうちは大人でも緊張しちゃったりドキドキしちゃったりするものですよね? 中学生カップルからすると、恋人とのスキンシップはより緊張度の高いものになります。 恋人とキスやハグを出来ないという中学生カップルに多くみられる意見が緊張するからというものです。 緊張の度合いが強すぎると、なかなか行動にまで移すことができませんよね? 最初はすごく緊張してしまうものですが、回数を重ねていくことで自然にできるようになってくるものです!

地方の中学生は経験するのが早い

中学生のカップルでは性行為を経験したカップルはさらに少ないということを紹介しました。 しかし、それは全国すべてまとめた平均の話で、都会から離れた地方になればなるほど、経験年数というのは低くなっていきます。 たとえば沖縄県や青森県だと、少し年の離れた人と初体験を済ませてしまうことが多いようです。 人の流れがあまりない地域では、その傾向が高いのでしょう。

中学生カップルが長続きするコツ

中学生でカップルになった人の中には、「初恋だった」という人も多いかもしれません。 そうであれば、長くその人と付き合いたい、できれば将来結婚したいと思いますよね。 そこで続いて、中学生カップルが長続きするコツを紹介します。

共通の目標をもつ

中学生カップルだけでなく、好きな人と良好な関係を続けるにはメリハリが必要になります。 ではそのメリハリが何なのかというと、それは2人で達成感を得るということ。 中学生であればたとえば、「テストが終わったらデートする」というものでもいいでしょう。 そのように目標とその先のご褒美を用意し、それを繰り返すことで彼とのキズナが強くなっていきます。 そして、良好な関係が長続きするのです。

愛情表現を見せる

カップルになったからといって、そこがゴールではありません。 むしろ、スタートラインに立ったのです。 好きな人とカップルになると、そこで気が抜けてしまう人がいますが、カップルになってからも変わらず相手には愛情を注ぎましょう。 何も特別なことをする必要はありません。 「好きだよ」と毎日言ってあげるだけで相手も安心するので、長く関係を続けられるようになります。

束縛は避ける

カップルになってから愛情を注がないのもダメですが、逆に愛情を注ぎ過ぎるのもNG。 あなたが相手のことを好きで、ずっとそばにいてしまうと「束縛されている」と、息苦しさを感じてしまいます。 そうすると相手はあなたから気持ちが離れていってしまい、最終的には別れるということに。 相手が好きで関係を長く続けたいのであれば、ある程度距離を保つなど相手のことも考えてあげるようにしましょう。

中学生カップルが別れる時のポイント

中学生カップルの恋愛というのは、時には大変なことや気を遣うことも多いようです。 そんな中学生カップルのあるあるをいくつかご紹介していきましょう。

恋愛経験が浅いのでトラブルが起こりやすい

中学生といえば、恋愛経験が浅いことからもトラブルが起こりやすいという特徴があります。 なかなか異性の気持ちが分からなかったり、相手に配慮していない言動をしてしまうと悪気があったわけではないのにトラブルに発展してしまうことが… 喧嘩などになってしまうと、それをきっかけに別れてしまったりしまうので中学生の恋愛が長続きしないと言われている背景にはこのような理由が潜んでいるんです! 恋愛経験に関して年齢と共に積んでいくしかありませんが、相手のことを考えた言動を意識しないといけませんね。

勉強や部活で忙しい

中学生は中間・期末テストがあることに加えて部活動もありますよね? 部活動も季節ごとに大会があったりもするので、そこで時間を多く取られてしまうことも… 夏休みや冬休みなど長期間の休みがあっても宿題が出されていたり休み期間中も部活動の予定が入っているためなかなか時間がとれないんですよね~…。 部活動と勉強に時間を多く取られていると、カップルで過ごす時間がなかなか取れないこともあるでしょう。 特に入っている部活動が違うと部の活動時間なども違ってくるので、すれ違いが生じてしまうことも…

感情的な恋愛をするので、熱し易く冷め易い

精神的に未発達な部分も多い中学生は、感情的な恋愛をしがちです。 燃え上がる時は一気に燃え上がりますが、ちょっとしたことで相手に対して冷めてしまうことも… そんな中学生ならではの特徴によって、恋愛がすぐに始まってすぐに終わってしまう場合も多いようですね。 恋愛を長続きさせたいならば、一時の感情で恋愛する相手を選んでしまわないこと・感情的に相手に対して接してしまわないことを意識しましょう。

学校でからかわれる

中学生といえば、噂話をすることも多いですよね。 特に恋愛に関する話といえば、みんなの注目度も高いことから色んな人に話が回ってしまうのも多いんです。 そのため学校内で誰と誰が付き合っているなんて話は、すぐに学年中に回ってしまうものなのだとか… 付き合っていることが多くの人にバレると、からかってくる人も多いのが困ったところですよね。 からかわれてしまうと、恥ずかしい気持ちになってしまうこともあるので嫌だという人も多いかもしれませんね。

親の声がうるさい

親からすると、中学生はまだ子供という風に感じているため親が口を出してくることも多いようですね。 最近の中学生の場合は、母親に恋愛相談をしているというケースもあるようですが恋人の存在が親にバレてしまったことで、親の監視が厳しくなるというパターンもあるのだとか… 親としては子供を心配しての行動ですが、親からすると一番優先して欲しいのが学業です。 恋愛を優先して、学業を怠ってしまうとより監視や口出しが厳しくなってしまうこともあるので気を付けなければいけませんね。

モテる中学生の特徴|女子編

中学生でカップルになることはまだまだ少数派。 だからこそ、モテる人になってカップルになれる確率を高めたいですよね。 そこでまず、女子でモテる特徴というものを紹介していきます。 これを試せばあなたも明日からモテモテ間違いなしです。

服装がおしゃれで綺麗

小学生までは私服で登校していて個性が出せていたのに、中学生になって制服で登校しなくてはいけないため地味になったと感じている人もいるかもしれません。 実際、モテる特徴には「オシャレな人」というのが上位にランクインしています。 ただ、それでもまだ打つ手はあります。 制服でも校則の範囲内で着崩してみる、アクセサリーに気を遣ってみるなどちょっとしたこだわりを見せることで男子の見る目も変わってくるでしょう。

明るい性格

モテる要素は服装などだけではありません。 常に笑顔を忘れず、明るく振る舞うことも大切です。 笑顔というのは人を安心させる効果があり、笑顔でいる人に対してはイヤな思いを抱くことはありません。 さらに明るく振る舞うことで馴染みやすい雰囲気を醸し出し、「この人なんかいい感じだな」と相手に思わせることができます。 笑顔は自分の自信にもなるのでオススメの方法です。

ポジティブ思考である女性

モテる女子というのは、服装がオシャレ、外見が付き合いやすいという見た目だけには限りません。 その人の性格や考え方も男子を惹きつける重要な要素になり得ます。 人を惹きつける性格というのは、とにかく前向きな性格です。 どんなことでも前向きに捉える性格、つまりポジティブな人というのはどんな人にも好かれやすいもの。 余裕を持って誰にでも接することができるため、色々な人から好意を向けられるのです。

モテる中学生の特徴|男子編

男子の場合、小学生であれば「足が速い」などがモテる要素でした。 しかし中学生では運動ができるというのも大切ですが、モテる要素はまた異なってきます。 そこでモテる男子の特徴というものも見ていきましょう。

清潔感がある

中学生に上がりモテる男子というのは、とにかく清潔感があります。 それは見た目が爽やかということに限った話ではありません。 たとえば、いつもアイロンのきいたワイシャツを着ている、ニキビなどがなく肌がキレイなどそのようなところが重視されるのです。 美容系男子というものが令和の時代注目されていますが、中学生の頃からそのような美意識を高めておくといいでしょう。

話していると楽しい

中学生になってくると話術、つまりどれだけ会話を盛り上げられるかというのもモテ要素に入ってきます。 ここでいう盛り上がるはただ単に、面白い冗談を言えばいいということではありません。 話を盛り上げられるというのは、相手の気に入りそうな話題を選んでそれを適切な場面で振り、さらに相手の話を上手に聞けるということ。 相手を気遣った会話ができるのがモテる秘訣なのです。

友達が多くて尊敬されている

他のクラスにも何人も友達がいるというのは、女子からモテる要素です。 友達が多いというのは裏を返せば「性格がいい」ということ。 人との接する態度が柔らかかったり、気遣いできたり、ノリが良かったり……それが友達の多さで証明されているのです。 そのため、同性の友達が多い男子の周りに同時に女子もたくさんいるのではないでしょうか。

まとめ

中学生カップルの恋愛は、甘酸っぱくてピュアできゅんきゅんしてしまいますね! 制限されることも多く、学業に部活動にと忙しい中学生はなかなか恋愛にまで時間を割けないということもあるようですね。 しかし、恋人が居るからこそ大変なことも頑張れるという時もありますよね! 中学生活は3年間とあっという間です。 そんな中学校生活をより良い物にするためにも、学業に部活に恋愛にとそれぞれをしっかりと楽しんで素敵な3年間を過ごせるようにしていきましょう♪

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧