職場イジメ主な内容はこの5パターン。イジメ回避方法と一時的な対処法&根本解決法を考える

大人の世界で繰り広げられる職場イジメ。一体どんな内容なのでしょうか?今回は、職場イジメの内容をはじめ、イジメを受けている場合の対処法、企業側がするべき対処法について解説していきます。心身共に疲弊して体調被害を出してしまわぬように、被害者の方はもちろん、企業側の方も参考にしてみて下さい。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 職場関係
  3. > 職場イジメ主な内容はこの5パターン。イジメ回避方法と一時的な対処法&根本解決法を考える
仕事の悩みは人によって様々。 ・本当に自分に向いている事ってなんだろう... ・今の環境にずっといて良いの? ・転職したいけど、うまくいくのかな... ・仕事がうまくいかない... ・どちらの道を選択をするべき? 辛い事も多いのが片思い。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった片思いの悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中仕事占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)今の職場にいるべきかどうか 2)転職先はどこを選ぶべきか 3)あなたの本当の才能や適職は? 4)新しい職場でうまくいく? 5)事業はうまくいく?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

職場イジメにはどんな内容がある?それぞれの回避方法とは

「もしかしてこれってイジメ?」と感じることが、あなたの職場で起きていませんか? 大人のイジメは巧妙で陰湿なものが多く、心身共に大ダメージを受ける原因になるため早急に対処が必要になります。 今回はそんな職場イジメに焦点を当て、職場イジメの内容や回避法について解説していきましょう。

職場イジメの主な内容5パターン

「相手はただの悪ふざけのつもりでしているだけかも…」なんて考えを持っていると、自分がされていることは本当にイジメなのかと疑問に感じてしまう人もいるでしょう。 まずは、職場イジメの内容にはどんなものがあるのか一緒に見ていきます。 自分がされていることと照らし合わせてみてくださいね。

肉体的な暴力

イジメだと判断しやすい内容としてあげられるのが、殴る、蹴る、叩くといった肉体的な暴力です。 身体に直接的な暴力を受けている場合、被害者が手順を踏んで訴えれば刑事責任を追及することができるものなので、れっきとしたイジメに該当します。 ただ、職場内ではあまり行われないのがこのイジメ内容。 職場内という他の人の目があること、そして暴行をしたことで逮捕などのリスクを伴うことが容易に考えられるので、職場内でイジメを行う大人があえてこの内容を選ぶことはそこまで多くありません。

精神的な暴力

肉体的な暴力がなくてもれっきとした暴力行為にあたるのが、理不尽な嫌がらせ行為です。 たとえば、他人のミスなのに濡れ衣を着せられる、給料が自分だけ少ない、自分だけ残業代が払われない、自分だけ有給休暇がとれない、退職を促されるといった内容はれっきとしたイジメに該当します。 精神的な暴力の判断基準としては、自分だけがターゲットにされているかという点です。 周りの人はそんなことないのに、いつも自分だけ理不尽な要求をされるのであればイジメの可能性大ですので、自分と周囲の人を見比べてみましょう。

無視など人間関係でのイジメ

心に大ダメージを受ける職場イジメの内容が、暴言、侮辱、人格否定といった言葉の暴力や、無視などの人間関係からの切り離し行為です。 「だからお前はダメなんだ」「君には何をやらせても無駄だ」「生きる価値がない」といった心無い言葉や、「やる気がなく冴えない顔をしている」「太っている」といったように見た目を侮辱する言葉などはれっきとしたイジメ行為にあたります。 また、無視をする、悪口を言う、嘘をつく、仲間外れにする、プライベートを言いふらすといった行為もれっきとしたイジメに該当するのです。

過度な仕事を与える

仕事を与える量が異常だったり、無理な仕事を押し付けるといった内容もイジメに該当します。 一見、仕事を頼むことは職場では当たり前のように感じますよね。 けれど、それがその人に対して無理難題な仕事という場合、完遂することが難しくなってしまうもの。 それをわかっていて押し付けているのであれば、れっきとしたイジメにあたるでしょう。 内容としては、一人で抱えきれないほど膨大な量の仕事を押し付ける、何日にも渡り残業を強要する、新人に対して高い能力を必要とする仕事を押し付けるといったことがあげられます。

過小な仕事を与える

その人の能力に見合わない、過小な仕事を与えるという内容もイジメに該当します。 社員本人に仕事をする気があるのにもかかわらず、新人が受け持つような仕事ばかりさせる、雑用しかさせない、プロジェクトに一人だけ参加させないなどといった内容は、れっきとしたイジメ行為です。 ときには雑用をしなければいけない場合ももちろんありますが、継続的に過小な仕事を与えている場合はイジメと判断してもいいでしょう。 自分に見合った仕事をもらえているのか、今一度確認してみて下さい。

職場でイジメが発生してしまう原因と理由

職場イジメが行われてしまうのはどうして? その原因を知るべく、次は職場内のイジメがどうして起きてしまうのかについて見ていきます。

閉鎖的な空間のため

職場イジメが起きてしまうのは、第三者の目が行き届かない閉鎖的な空間に長時間身を置いていることが原因と考えられます。 閉鎖的な空間は独自のルールを作り出してしまうので、はたから見ればおかしいと感じることでも、その空間内では当たり前のように行われてしまうのです。 そのため、本来イジメがダメなことだとわかっている人でも、閉鎖的な空間に長時間身を置くことでイジメをすることが当たり前だと感じはじめてしまうのでしょう。

集団心理が働くため

職場イジメが起きてしまうのは、集団行動故の特殊な心理が働いてしまうからだと考えられるでしょう。 人間は集団の中にいることで冷静さを失ってしまいます。 たとえば、一人だと自信がないのに集団の中にいると自分が強くなったと感じ勢いづいてしまう。 悪いことだとわかっていても、みんながやっているから自分もやる。 周囲の多数の人間がやっているからそれが当たり前になり罪悪感を感じなくなるといったように、集団の中にいると間違った判断をしてしまうようになります。 ですから、イジメをしても罪悪感を感じず慢性化してしまうようになるのです。

無料!的中仕事占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)今の職場にいるべきかどうか 2)転職先はどこを選ぶべきか 3)あなたの本当の才能や適職は? 4)新しい職場でうまくいく? 5)事業はうまくいく?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

仕事というストレスが作用するため

職場イジメが起きてしまうのは、加害者たちが多大なるストレスを抱えていてそれが態度に表れてしまうことが原因だと考えられます。 人はやりたいことができないときや、無理をして嫌なことをしなければならないときにストレスを感じやすいです。 仕事が楽しいと感じる人はもちろんいますが、大多数の人が生活のために仕方なくと思っているため、大なり小なりのストレスをたくさんの人が感じているということになります。 ストレスが溜まりすぎるとそれを誰かに向けて発散しようとしてしまうので、結果的にイジメを引き起こす原因となってしまうのです。

嫉妬がおきやすいため

職場イジメが起きてしまうのは、職場という狭い空間の中で生活しているのでどうしても嫉妬心が生まれてしまうためです。 嫉妬するなんて醜いからしたくないと思っていても、人を羨んだり、相手に負けている部分があると腹を立ててしまったりと、自然と嫉妬心を抱いてしまうのが人間という生き物。 同僚の出世を目の当たりにしたり、部下に成績を抜かれてしまったりすると、まるで自分が劣っているかのように感じてしまうので妬むという感情が生まれてしまい、イジメに発展してしまうようになります。

上下関係ができているため

職場イジメが起きてしまうのは、同じ立場なのにもかかわらず上下関係ができてしまっていることが原因と考えられます。 上司と部下という立場であれば、上司が部下に指示(命令)するのはごく自然なこと。 しかしながら、同じ立場、もしくは下の立場の人間が偉ぶるケースもあります。 なぜそんなことが起きてしまうのかというと、相手のことを自分より下だと見下しているためです。 一度上下関係ができてしまうと解消するのが難しいため、慢性化してそれがイジメへと繋がってしまうようになります。

職場イジメをしてしまう人の心理

イジメ加害者は、なぜイジメをしてしまうようになったのでしょうか? 次は、イジメ加害者の心理について一緒に見ていきましょう。

自分もイジメられた経験から

職場イジメをしてしまうのは、過去に自分がイジメられていた経験があり、そんな辛い思いを二度としたくないと思う心理が働いているからです。 イジメの内容は人それぞれ違うかもしれません。 しかし、どんなイジメでも心に深い傷を残してしまいます。 それが大人になっても残ってしまうケースも珍しくないため、トラウマとなりイジメに恐怖心を感じてしまう人も少なくありません。 そういった人はイジメから逃れたいあまり、自分が安全な場所へ逃げようとするのでイジメる側へまわってしまうのです。

劣等感から

職場イジメをしてしまうのは、自分の中にある劣等感を補おうとする心理が働いているからです。 劣等感を感じている人は、なんらかの形で優越感を感じたいと思っています。 けれど、普通にしていては優越感を感じることが難しいと判断した場合、弱い者をイジメて優越感を感じようとしてしまうのです。 被害者はイジメを受け気持ちがどんどんふさぎこんでしまいますが、その様子を見れば見るほど加害者は楽しくなってしまいます。 そのため、負の連鎖が延々と続くようになってしまうのです。

嫉妬心から

職場イジメをしてしまうのは、なんらかの嫉妬心を相手に抱いているためです。 人間という生き物は、常に誰かと自分を比較しながら生きています。 比較した結果、相手より自分が劣っていると気付くとその相手が羨ましいと感じ、そこから嫉妬心は生まれてしまうのです。 職場という場所では個人の能力の差で昇給や昇格したりするものなので、相手の優れた部分を目の当たりにします。 ライバル意識が強くなる職場だからこそ、余計に羨ましい気持ちが強くなり妬ましく感じてしまうのです。

仕事のストレス発散から

職場イジメをしてしまうのは、自分に対して過剰にかかっている負荷を発散しようとしているためです。 現代はストレス社会、誰もが大なり小なりのストレスを抱えています。 そのストレスを発散する方法は人それぞれですが、発散ができずに溜め込んでしまうという人も中にはいるんです。 そんな人たちはストレスの捌け口がないので、自分より下に見ている人間に対して八つ当たりするようになります。 そこで味を占めてしまった人は、それが自分のストレス発散だと認識して何度も繰り返すようになってしまうのです。

ボスでいたいから

職場イジメが起きてしまうのは、ボスでいたいとする気持ちが強くなるためです。 イジメの中心には必ずボスがいて、そのボスは周囲の人間を自分の好きなように動かしターゲットをイジメます。 そうすることで自分の立場を確立し、ボスである自分に優越感を感じているのです。 ボス的な存在だと強気なイメージがありますが、実は小心者で自分に自信がない人が多いため、優越感を感じたくて弱者を攻撃します。 その優越感を感じるのが楽しみになり、いつまでもボスという立場に君臨していたいと考えているのです。

職場でイジメが起こったときの対処法

職場イジメのターゲットが自分だった場合、どう対処するのがいいのでしょうか? 次は、イジメを受けたときにしておきたいことについて見ていきます。

イジメの証拠を残すこと

いざというときのために、イジメを受けているという証拠を残すことが必要です。 イジメを受けて本当に困ったとき、周囲の人間などに助け舟を出してもらおうとすることがあるかもしれません。 そんなとき、口頭の説明だけでは確かな証拠にならないので、「本当にイジメなんてあるの?」と疑われてしまう可能性があります。 ですから、イジメを受けているという証拠を残す必要があるのです。 ボイスレコーダーを使ったり、されたことをメモにとっておく、あとは第三者による証言などもあると信憑性が高くなりますよ。

動じず、気にしないふりを決め込むこと

加害者に「イジメても面白くない」と思われるために、イジメを受けても動じないようにしましょう。 イジメの加害者は、相手がどんな反応をするのかを楽しみに見ていて、怖がったり、悲しんだりといった様子が伺えると満足して「またやってやろう」という気になってしまうのです。 ですから、相手の思う壺にはまらないためにも、イジメを受けても動じないようにすることが大事。 イジメに動じない冷静な態度に、最初は「生意気だ」と思われイジメを受けることがあるかもしれません。 しかし、継続的に行えば面白味がないと判断され、次第にイジメられることが減っていくでしょう。

イジメをバネに仕事で昇進すること

イジメの内容がどんなものであれ、相手を見返すために精進するようにしましょう。 イジメにはさまざまなケースがありますが、どんな内容であってもされたら悔しいという気持ちになりますよね。 そして、加害者を見返してやりたいと強く思う人もいるでしょう。 その強い気持ちこそ、今のあなたを変えるいいチャンスとなります。 悔しさをバネに精進することで、仕事面で評価されることが多くなるでしょう。 そうなれば、周囲の人間や上司などからの評判もうなぎ上りになるため、職場イジメが減少していくはずですよ。

休暇を多めに取ること

辛くて心が壊れてしまう前に、思い切って長期の休暇を取るなどして心を休めてあげましょう。 イジメの内容がどんなものであれ、イジメを受けたら心が傷付くのは当然のこと。 それが毎日のこととなれば、確実に心を蝕んでいく原因になり、ひどい場合は精神的な病にかかってしまうことも考えられます。 そうなってしまうと立ち直ることができにくくなってしまうので、そうならないためにも休暇を取り心を休めてあげるようにしましょう。 休みの間は、好きなだけ寝る、好きなことに打ち込む、心を許せる友達と会うなどして気分をリフレッシュさせるといいですよ。

味方を少しずつ増やすこと

加害者から守ってもらうために、自分を擁護してくれる人を少しずつでいいので増やしていきましょう。 加害者は実は小心者が多く、一人だと何もできないタイプの人が多いです。 そんな人が恐れているものが、自分が一人になってしまうこと、もしくは敵が大人数になることなので、イジメる側の人間よりもあなた側の人間の数が多くなればなるほど加害者はひるみます。 ですから、少しずつでいいので仲間を増やすようにしていきましょう。 困っている人がいれば助けてあげる、残業を手伝ってあげる、いつも明るくポジティブに接するなどすれば、周囲の人はあなたに徐々に好印象を持つようになるはずです。

理不尽なことはきっぱり断ること

あなたには断る権利があるので、理不尽なことはきっぱりと断ってしまいましょう。 イジメの加害者は、被害者に対して理不尽なことを押し付けて困らせたいと思っています。 仕事なら致し方ないと思うかもしれませんが、理不尽すぎる仕事をこなしてもなんのメリットもありません。 むしろストレスになったり、それが悪化して健康被害に悩まされる可能性があります。 ですから、理不尽すぎると感じるのであれば勇気を出して断ってしまいましょう。 毅然とした態度をとれば、いつもの弱々しい自分と違うというアピールになり、理不尽なことを押し付けられることも少なくなるはずです。

仕事以外に楽しみを見出すこと

気分をリフレッシュさせるために、仕事以外の楽しみを見つけてみましょう。 仕事ばかりになってしまうと、イジメを受けていることを思い出して憂鬱な気分になってしまいます。 憂鬱な顔をしているとイジメる側が調子にのり、さらにあなたを傷つけようとしてくるので要注意。 ですから、辛くて憂鬱な気分をリフレッシュするために、夢中になれる何かを探してみるようにしましょう。 趣味でもいいですし、ショッピングで買い物を楽しんだり、気になるお店に出向いたりするのもいいですね。 どんなことでもいいので、自分が楽しいと思えることを始めてみてください。

上司に相談すること

頼りになる上司に相談して、この状況を改善してもらうように頼んでみるという手もあります。 上司にとって、部下が気持ちよく仕事ができる環境を作ることも仕事のうち。 そのため、相談することで状況を改善しようと動いてくれる人もいます。 職場内でイジメが起きていてもそれに気付いていない上司も大勢いるので、まずはどんな状況になっているのか説明し、被害にあっていて辛いということを伝えてみるようにしましょう。 ただし、中には加害者側の肩を持つ上司もいるため、相談する人選には気を付けましょう。

相談窓口に申し出ること

職場イジメを相談したいけど相談する人がいない、そんな場合は専門の相談窓口に申し出るといいですよ。 たとえば、社内に従業員のための相談窓口やカウンセラーがいるのであれば利用する。 社外であれば、都道府県の労働局、労働組合、相談センター(電話)、弁護士事務所などを利用するといったように、相談できる窓口はたくさんあります。 相談内容によっては、会社に対してなんらかの処置をしてくれる場合もあるので、一人で悩まずにまずは相談してみるといいでしょう。

転職を考えること

何をしても状況が改善されないなら、転職を視野に入れることも必要です。 上司に相談したり、窓口に相談すると、状況証拠を集めるのに時間がかかってしまうため、問題解決までかなりの時間を要する場合があります。 また、残念ながら誰に相談してみても改善されなかったというケースもあるため、保険として転職を視野に入れておくのも大事ですよ。 仮にイジメの状況が改善されたとしても、当事者の間にはわだかまりができているので、コミュニケーションがうまくとれずぎこちない関係性になる可能性も捨てきれません。 ですから、改善したから終わりだと思うのではなく、その先を見据えて行動するようにするといいでしょう。

職場イジメをなくす為、会社がすべき根本解決方法

イジメをなくそうと被害者が頑張ったとしても、個人だけの力だけでは限界があります。 そんなときこそ会社の協力が必要になるのですが、会社側はどのような対応するのが望ましいのでしょうか? 次は、イジメの根本的な解決に向けて会社側がとる対処法について見ていきます。

定期的な面談、アンケート等を実施すること

誰が見てもイジメだとわかるならいいですが、大人のイジメはかなり陰湿なもの。 そのため、表面上だけを見ても実態を把握できないことが多いので、職場の人全員に対して面談、またはアンケートを実施して現状を知ることから始めましょう。 そのとき気を付けたいのが、イジメられている被害者の名前が公になることです。 面談やアンケートの実施は、あくまでも現状を把握するための手段であり、個人を特定するものではないためプライバシーの保護には十分注意してください。

人事異動で風通し良くすること

上下関係ができていたり、派閥があったり、ボスがいたりすると、せっかくイジメをなくそうと個人が頑張ったとしても残念ながらまたイジメにあってしまうことがあります。 ですから、定期的な人事異動を実施して風通しをよくすることが大切です。 たとえば、ボスがいる場合はボスを違う部署に異動させてみましょう。 それまでボスの下にいた人は急にボスを失うので、統率する者がいなくなりどうしていいのかわからなくなります。 そうなれば、一人では何もできない人たちがただ集まっているだけなので、おのずとイジメも収縮していくはずです。

イジメの相談窓口をつくること

イジメについて相談したいけれど、会社外の機関に相談するのはなんとなく気が引けてしまう…そんな人も中にはいます。 ですから、誰でも気軽に相談できるような窓口をつくることも必要です。 ただ、社内につくるとなると報復を恐れなかなか相談に出向くことができないという人も出てくるので、プライバシーの保護は十分に配慮したうえで、電話やメールなどでも相談できるように対策しておくといいでしょう。 あとは、イジメ問題を解決するための流れを詳しく丁寧に説明し、被害者を安心させてあげるようにしてください。

定期的に研修を行うこと

イジメの被害者が相談してきたとき、解決に向けての流れをしっかりと説明できなければ会社に対して不信感を抱いてしまいます。 そうなると、「誰も助けてくれない」と被害者はさらに苦しむこととなってしまうため、会社全体もしくは管理職の人はイジメに関しての研修を受けることが望ましいです。 専門の講師を招いて研修することで、どこまでが指導でどこまでがイジメにあたるのかなど、イジメに関する知識を吸収することができます。 研修を終えたら、これから会社的にどう対処するべきかをまとめ、被害者ならびに社内全体に広めていくようにしましょう。

無記名の調査も行うこと

イジメの実態を知りたくても、被害者が現状を語ってくれないことがあります。 それは加害者からの報復を恐れているためです。 被害者が実態を話してくれない限り話が一向に進まないので、無記名式アンケートを実施してみるといいでしょう。 無記名式アンケートをする目的は、イジメの実態を把握することです。 犯人は誰だ、被害者は誰だと特定するものではないので、アンケートが終わってから被害者を呼び出して話を聞いたりするのはNG。 呼び出したことで加害者は、「被害者がチクった」というように誤解を招いてしまうことになりかねません。 プライバシーに十分配慮して行うようにしてください。

まとめ

職場イジメの実態の内容、そしてそれらのイジメについてどう対処するのか見てきました。 生活していくために仕事は必要不可欠なもの。 けれど、イジメられていると仕事へ行くたびに辛く苦しい思いをしなければなりません。 イジメの内容がなんであれ、イジメを受けているのなら一人で悩まずにまずは相談してみるようにしましょう。 そして、そんな相談者に寄り添ってあげられるように、職場では研修を行いイジメに対して正しい知識を身につけ、辛い思いをする人がいない会社をつくりあげていきましょう。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い