人間関係で距離感は大事!距離感を上手に保つポイントとは?

人間関係を良くするためにも、人との距離感について知ってみませんか。 今回は距離感の取り方の見極め方について徹底紹介。 また、不快に感じた距離間のエピソードも見ていきます。 人によって心地の良い距離感は違うのでこれを機に人間関係を上手に保つ距離感について知ってみませんか?

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 人生
  3. > 人間関係で距離感は大事!距離感を上手に保つポイントとは?
人間関係の悩みは人によって様々。 ・友達と喧嘩してしまった... ・会社の人間関係が辛すぎる... ・ママ友とうまくやっていけない... 人間関係のストレスは実はものすごく人に負担を及ぼすことが実証されています。 でも、「どうすれば問題が解決されるのか」どうしたら実際に状況が良くなるのかが分かれば人間関係の問題は一気に解決に向かいます。 そういった時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! あなたの基本的な人格、お相手の人の人格、将来どんなことが起きるか、なども無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

人間関係を深める上で距離感は大事!

人間関係を円満にするためにも距離感はとても重要。 そんな距離感の定義や意味についてまずは見ていきましょう。

距離感とは物理的な距離ではなく精神的な距離のこと

距離感とは、相手と物理的な距離をとるのではなく精神的に距離をとることを指します。 相手が何を必要としているのかを見分けて適切な距離をとるのです。 その時々によって相手が何を求めているのかを考えて行動することが人間関係を保つうえで大切になってきます。 人によって求める距離感は違い、沢山距離を縮めてほしい人・あまり沢山は知って欲しくない人など求める距離感は様々。 このように、精神的な距離感を人によって上手に測ることで人間関係を円満にすることができるのです。

距離感とは、お互いの人間関係の深さによって違ってくる

人間関係における距離感は、人間関係の深さによって変わってきます。 例えば、初対面の人にため口で話すのは失礼な態度と言えますね。 逆に、慣れ親しんだ人に敬語で話したら喧嘩を売っているように見えてしまいます。 このように距離感のとり方は親しさによって変わってくるのです。 なので初対面の人には初対面の人に適切な距離感・信頼がある人に適切な距離感が存在します。 どの様な人間関係においても相手が「理解された」と感じる事で心地よい距離感は完成するのです。

人が心地いいと思う距離感とは?

ここからは相手が心地よいと感じる距離感について触れていきたいと思います。 上手に距離感をとれるようになれば、人間関係も良くなること間違いなしです。

最初からプライベートな話を聞いてこない

人間関係で大切なのは、初対面で相手の深いところまで知ろうとしないこと。 例えば「結婚はされていますか?」「収入はいくらですか?」など、いきなりこんなことを聞かれたら腹が立ちますよね。 このように、初対面では絶対にプライベートな話はしないようにしましょう。 信頼関係が一切築かれていない人間関係でプライベートな質問は相手を不快な気持ちにさせます。 一度不愉快な気持ちにさせてしまうと、その印象が強く残ってしまうので注意が必要です。

まずは当たり障りのない会話から

初対面の人にはまず日常の会話から初めてみましょう。 誰にでも共通するのが天気や気候の話です。 べたではありますが相手と会話をするにはベストな話題と言えます。 「今日も肌寒いですね」と話しかければ、そこからさまざまな冬の話題など話を展開することができるのです。 逆に最初から「今朝は何してたんですか」などプライベートにかかわる会話をしてしまうと相手も話しずらくなってしまいます。 当たり障りのない会話は徐々に相手との距離をつかむための一歩と言えるでしょう。

お互いのことがわかってきたら、徐々にプライベートな話をする

プライデートな話をするのはお互いの事がそれ相応にわかってからです。 例えば、相手の趣味や家族構成、休日の過ごし方などある程度どのような人間なのかわかってからがベスト。 お互いの事がわかるという事は何度か会話を重ねている証拠にもなります。 このような状況になったら、私生活の悩みを少し話してみたり、相手の趣味について深く聞いてみても良いでしょう。 ポイントは相手に対して知っていることを最低10つ言えるかです。 もしも相手に対して知っていることが3つしかないなど少ないようであれば、まだプライベートな話をするには早いといえます。

気が合うなと思ったら距離感を詰めていく

話していて気が合うなと感じるようなら、徐々に距離感を詰めるのではなく、気持ち少し大きめに距離感を詰めても大丈夫です。 気が合う話題があるのならその話題を広げてみたり、相手のプライベートも少しずつ聞いてみましょう。 会話をする中で、違和感を感じずにお互い楽しい時間を過ごすことができるのならフィーリングが合っているといえます。 ぎこちなさを感じないのであれば、仲良くなれる証拠なのでどんどん会話を重ねていくようにしてみましょう。

相手の反応を見ながら徐々に距離感を変える

距離感を測るために大切なのが相手の反応です。 相手と仲良くなったかなと自分の中で感じていても実はそうじゃない事もあります。 距離の取り方を少しずつ変えながら相手の反応を見てみましょう。 もし、距離を縮めて逆に相手が居心地悪そうにしていたら、距離感を変える必要があります。 距離感が離れていたほうが過ごしやすい人もいるので要注意。 全員が距離が近い事に居心地の良さを感じるわけでは無いので、相手の気持ちの上げ下げを伺いながら距離感を調整していきましょう。

相手によって距離感を変える

親しくなったからと言ってプライベートには踏み込まれたくない人もいます。 逆に、初対面でもフレンドリーに接してほしい人もいるのです。 このように相手によってとって欲しい距離感は様々なので、相手の性格や話しかけた時の反応を見ながら距離感を変えるようにしましょう。 無理に距離感を詰めようとして逆に嫌われてしまうこともあるのです。 なので相手に合わせた距離間を上手にとれるようになることが、人間関係において非常に大切になってきます。

言葉遣いも距離感によって変える

初対面でため口は失礼な態度ととらえて相手を不快にさせてしまうのでNG 初めてあった人には丁寧語で話すようにしましょう。 親しくなった人にはため口で話しても大丈夫です。 むしろ、ため口は仲良くなった証拠ともいえるので距離感が縮まったらため口で話して更に距離を縮めてみましょう。 ですが、仲良くなってもため口は喋りたくない人もいるので相手によって言葉遣いを変える必要もあるといえます。

この距離感はないだろ!と思った体験談

無料!的中人間関係占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)あなたの性格と性質 2)職場の人間関係、どうすべき? 3)友達との関係回復の方法は? 4)近所の人/ママ友との関係について
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

ここからは距離感のとられ方で不愉快に感じたエピソードについて見ていきましょう。 相手を不愉快にさせないためにも、嫌がられる距離感についてしっかり覚えて下さい。

新しいバイト先に初出勤の時、バイト仲間からいきなり彼氏いるの?と聞かれた

《26歳・フリーター》の体験談 「私が新しいバイトを始めて、初出勤の日にバイト先の人から彼氏いるの?と質問されました。 正直、初対面でそんあプライベート聞いてくるのってすごく失礼だし、薄気味悪ささえ感じてしまって。 新しいバイトにワクワクしていたのに初日からがっかりしたのを覚えています」 初対面でいきなり恋人の有無を聞かれたら不愉快ですよね。 特に出会いの場でもない職場でいきなり恋愛の話はびっくりもするし、これから仕事をするにあたってモチベーションも下がってしまいます。

新入社員がいきなりタメ口で話してきた

《29歳・会社員》の体験談 「私は、新入社員が入ってくるのが楽しみでした。 そんな新入社員が入社してきた時に“よろしくお願いします”じゃなくて“これからよろしく”といきなりため口で話してきたんです。 その後もずっとため口でびっくりしたのと同時にその馴れ馴れしい態度が本当にイライラしました」 初対面でため口は失礼な態度と感じる人がほとんど。 特に会社など上下関係か厳しい場所では、ため口は失礼で印象も悪くなるので注意が必要です。

新しい職場で初日から毎晩女子会に誘われて疲れた

《25歳・OL》の体験談 「新しい職場の仲間はみんないい人たちで楽しく過ごしていました。 でもプライベートまではまだかかわりたい気持ちが無くて。 私を早く職場になじめるようになのか仕事終わりに女子会に誘われるようになったんです。 でも初日から毎晩女子会は開かれて早く帰りたい気持ちでいっぱいになりました」 新しい職場で気を遣う上に、毎晩女子会に誘われたらプライベートも減少してつかれの原因になってしまいます。 このように初めから距離感が近いと相手を疲れさせてしまうので注意が必要です。

引っ越したらマンションの隣の人が毎日家に遊びに来た

《28歳・主婦》の体験談 「旦那と引っ越しをしたマンションの隣人がとてもフレンドリーな人で引っ越し当時は安心しました。 ですがほどなくして隣の人が昼になると遊びに来るようになって。 悪い人じゃないんですが毎日来るので疲れを感じてきたんです。 これから長くマンションには住むので断ることもできずにいます」 仲良くしたいから良かれと思ったことでも、相手にとっては負担になる事もあるんです。 初対面なのに毎日会うことは相手の負担にもなるので控えるようにしましょう。

大学の入学式で隣に座った初対面の子に親友になって!と言われた

《18歳・大学生》の体験談 「大学の入学式でたまたま隣になった子に親友になってと言われました。 お互いのことをまだ何も知らないのにそんな漫画みたいなこと言われても正直困ってしまって。 断ったら過ごく寂しそうな顔をされて罪悪感がすごかったし、入学初日から嫌な思い出ができてがっかりです」 新しく友達を作りたいからと言って最初から親友になりたいといわれたら困りますよね。 いきなり距離を縮めるのは相手にとっても失礼なので、仲良くなりたいなら徐々に距離を詰めるようにしましょう。

距離感を上手に保つポイントとは?

ここからは人間関係を円満にするためにも上手な距離の測り方について見ていきます。 距離感をうまく取れるようになれば、人とのトラブルも防ぐことが可能になるのです。

初対面の時は礼儀正しく接する

初対面はお互いにイメージを決める大事な時。 そんな時には礼儀正しく相手に接するようにしましょう。 例えば、これから会社でお世話になる人には敬語を使ったり、友達になりたい人には徐々に距離を詰めていくなど、はじめから距離を縮めようとしないのがポイント。 目上の人には敬語で話しかけて、仲良くなりたい人にはまずは挨拶から始めるようにして下さい。 礼儀正しく接することで徐々に相手も距離感を縮めてくるので、初対面では一般常識をしっかりと行いましょう。

相手の性格をきちんと把握する

相手がどのような性格をしているのかを見極めて下さい。 フレンドリーなタイプの人は距離を縮めたほうが仲良くなれる傾向にあるので、気軽に話しかけてくれる相手ならどんどん会話を重ねるようにしましょう。 逆に口数も少なく、何となく距離感を置いてくる人には、とめどなく話しかけてしまうのはNG 相手の負担になってしまうので、仲良くしたいのなら時間をかけて距離を縮めるようにして下さい。 しっかりと相手のタイプを見極めて行動することでより人間関係を良好にすることができます。

相手の接し方に合わせる

一番距離感を上手に保つための目安になるのが、相手の自分への接し方です。 相手が沢山話しかけてくるようなら、その相手の話し方に合わせて話してみるようにしましょう。 逆に、相手があまり話しかけてこないのなら自分も沢山は話しかけないようにするのがベストです。 このように、相手の接し方に合わせて行動することで相手も「自分は理解されている」と安心感を覚えます。 相手に安心感を与えることで人間関係は良好なものへ変化していくので、相手がどのような人間なのかを理解するようにしましょう。

相手の表情を読む

表情は相手を知る大きなカギになります。 そのため、相手と話すときはしっかりと目を見て話すようにしましょう。 会話をしているときに、口角が上がって目元が楽しそうなら仲良くなれるチャンスです。 逆に表情も一定であまり目を合わせてくれないようなら、会話するのは苦手な可能性が高いといえます。 また、緊張しているかもしれないので、あまり会話は長引かせないようにしましょう。 話している内容だけではなく、相手の表情も距離感をつかむためには重要なポイントになってくるので、しっかりと表情を読むようにして下さい。

自分のペースではなく相手のペースを尊重する

自分のペースで会話や行動をしても相手は不愉快な気持ちになっている可能性があります。 人間関係の距離感で大切なのは相手に「自分はこの人に解って貰えている」と感じさせることです。 なので、自分のペースが相手に合わないから相手を責めるのではなく、相手のペースをまず第一に尊重するようにしましょう。 そうすることで、相手の気持ちも落ち着き安心感を得る事ができます。 安心することで人は徐々に心を開くようになるので、相手が自然と心を開けるように導くことが大切になってくるのです。

仲良くなりたい相手には慎重に

仲良くなりたい相手にはどうしても早く距離を縮めたくなりますよね。 ですがそんな行動がかえって空回りすることもあります。 初対面でも直感的に仲良くなれそうな時もありますが、相手がどう思っているのかわからないので慎重に距離を縮めないといけません。 あまりにも馴れ馴れしく接してしまって相手に引かれたら関係もそれきりになる事も十分あり得ます。 仲良くなりたい相手ほど慎重に近づくようにしましょう。

相手に何かを求めない

自分に見返りを求めないように相手とは接するようにして下さい。 例えば、「自分は親切にしたのに相手は冷たかった」と根に持ってしまうとその気持ちが相手にも伝わってしまいます。 親切は自分の中での感覚なので相手が気づかない事もあるのです。 相手から何かを求めてしまうと人間関係はうまくいかないので、相手の反応は気にしないようにしましょう。 自分がしたいからしたという気持ちだけを持つようにして下さい。

まとめ

いかがでしたか? 良好な人間関係を築くためには距離感はとても大切なことがわかりましたね。 相手と上手に距離感をとるために大切なのは、初対面では礼儀正しく接する・相手によって距離感を変える・相手の性格を見極める事です。 人によって距離感が近いほうが嬉しい人とそうでない人と別れます。 相手がどのような距離感を求めているのかを見極めてから、徐々に距離をとるようにしてみて下さい。 人間関係をより一層よくするためにも人との距離感について今一度チェックしてくださいね。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い