冷めて振られた場合は復縁できる?復縁のために必要なことや冷却期間を解説

冷めて振られた相手と復縁したいと考える人は意外にも多いです。 しかし、一度気持ちが冷めきった相手と復縁するのはそう簡単なことではありません。 冷めて振られた相手と復縁する場合には、振られた原因をはっきりとさせた上で改善し、冷却期間を置き、自分を磨く必要があります。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 冷めて振られた場合は復縁できる?復縁のために必要なことや冷却期間を解説
復縁の悩みは人によって様々。 ・彼と復縁できる気がしない... ・彼とはどうすれば復縁できる? ・新しい恋と復縁、どちらを選ぶべき? ・連絡すら取れない...どうすればいい? ・すでに彼には他に好きな人がいる? ・待ち続けても良いの? 辛い事も多いのが復縁。 でも、「私の事をどう思ってる?」今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった復縁の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)

冷めて振られた場合でも復縁したいという人は多い

冷めたと言われて振られると傷つき、落ち込んでしまいますよね。 一般的には男性が女性に対して言うことが多いですが、逆に女性が男性に対して言う場合もあります。 この記事では、男性と女性別の「冷めた」というときの心理や本音・冷却期間の目安や注意するべき態度などをご紹介します。 初めの部分で男女の心理や本音、その次に男性の心理、女性の心理という順番でご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

冷めて振られた場合は復縁できる?できない?

冷めて振られた場合に復縁することは可能ですが、すべての人が復縁できるわけではありません。 なぜなら、冷めさせた原因や相手の心境によって復縁できる可能性が変わってくるからです。 例えば、遠距離恋愛で自然消滅した場合と、浮気をして冷めさせた場合では復縁できる可能性が変わってきます。 遠距離恋愛で向こうが冷めていった場合は、もう一度会えば惚れ直し好きになってくれる可能性がありますが、浮気をして冷めさせた場合には元カノが許してくれるかどうかにかかっています。 浮気したことは許せてももう一度付き合うのは別、という人も多いでしょう。 復縁したい場合は、振られた原因をはっきりとさせた上で解決していくことが必須になります。

男性と女性では気持ちの盛り上がり方が異なる

男性は熱しやすく冷めやすい、女性は熱しにくく冷めにくいと言われています。 冷めて振られた相手と復縁したいと考える場合、自分とは気持ちの盛り上がり方が異なります。 そのため、自分の感覚で相手に接していると相手の気持ちを冷めさせてしまうことがあります。 例えば、付き合い始めて1か月~3か月の期間で相手が男性の場合、コミュニケーションを取る回数が少なかったりすると、徐々に相手の気持ちが冷めていきます。 逆に女性側の自分は少しずつ男性のことが好きになっているので、自分が熱しきった瞬間には相手に振られるなんてこともあります。 元恋人と復縁したい人は、男と女の気持ちの盛り上がり方が違うことを理解した上で行動していかなければいけません。

冷めて振られたけど復縁したい!復縁するために必要なことは?

結論から言うと、復縁するために必要なことは、冷めて振られた原因をはっきりさせた上でその部分を直し、冷却期間中に自分磨きをすることです。 自分勝手な行動が多すぎて振られてしまった場合を例にして考えてみると、「初めに冷却期間置き、自分磨きをして少し変化し始めた時期に謝り、自分勝手な行動をしないことを元恋人に誓う」といった流れです。 よくあるケースとして、自分が想定している振られた原因と、相手が本当に振った理由が異なることがあります。 自分が振られた原因をはっきりとさせるためには、親しい友人に聞いてもらうか、冷却期間を置いた上でSNSなどで直接聞いてみることをオススメします。 冷めた振られた相手と復縁するためには、振られた原因をはっきりさせ、その部分の改善をし、冷却期間を置いている間に自分磨きをすると良いでしょう。

冷めたといってくる男性・女性の本音・心理を考える

元恋人が冷めたと言ってきて振った理由を聞いてみても、本当の理由を言ってくることは少ないのが現実です。 しかし、相手が振った本当の理由をはっきりとさせなければ復縁できる可能性は低いでしょう。 次に、男女の心理や本音について詳しく解説しますので、参考にしてみてください。

冷却期間を設ける

悲しいですが、一度離れてしまった気持ちは簡単に戻るものではありません。 冷めて振られた側は相手のことが好きかもしれませんが、振った側は恋愛に疲れている場合が多いので、少し恋愛はいいかな・・・と考えている人も少なくありません。 そこで冷めて振られた側がグイグイ行ってしまうと、復縁をするどころか嫌われてしまう可能性すらあります。 そのため、自分と元恋人の気持ちを整理するために冷却期間は大切です。 もう一度戻れるか分からない相手を待つというのはつらいことですが、復縁を望む場合には相手との連絡などを我慢しなければいけません。

冷却期間を利用して自分磨きを行う

冷却期間には元恋人をただ待つことしかできないと考える人もいますが、冷却期間中に自分磨きをして相手を待つことができます。 冷却期間中にしっかりと自分磨きができれば、以前の自分よりも素敵になっているので、冷めて振られた相手と復縁できる可能性が高くなるのでおすすめです。 自分磨きのコツとしては、相手が好きな見た目や性格を目指すと良いでしょう。 具体的には、ストリート系のファッションが好きならそっちに寄せる、素直な性格が好きなら素直になる、などです。 冷却期間に相手のタイプに合わせて自分磨きをすることにより、復縁できる可能性を高めることができるでしょう。

冷めて振られたけど復縁したい場合に必要な冷却期間の目安とは?

冷却期間でおすすめなのは3か月~半年です。 なぜなら、3か月以上の期間を開けると別れたことを実感し始め、お互いの気持ちに整理がつくからです。 冷めて振られた相手と復縁したいと考えている人ほど、復縁のしたさから連絡を焦ってしまう人が多いです。 しかし、焦って行動してしまうと相手のことが見えなくなってしまいます。 その結果、相手の気持ちをより冷めさせてしまう可能性が高くなるので、焦った行動は危険なのです。 例外として、別れてからすぐに連絡をした方がいいケースもあります。 具体的には、些細なケンカからすれ違いをしてしまい、お互いが意地になった結果冷めさせてしまい振られるといったケースです。 完全に冷められた場合に即連絡をするというのはおすすめしませんが、冷めたと言ってきても相手に好きという気持ちが残っていることもあるでしょう。 状況によって冷却期間は変わってきますが、どのぐらい冷却期間を置けば良いか分からない人は、3か月程度の冷却期間を置くことをおすすめします。

【振られた女性必見】気持ちが冷めたと言ってくる男性の本音とは?

ここでは、冷めたと言ってくる男性の本音についてご紹介していきます。 男性が冷めたと言ってくる場合のほとんどは、「彼女に対しての不満が募った、一緒にいるとつまらなく感じる」などのように、振った理由としての本音は別にあるので、考えられる理由ををそれぞれ解説していきます。 元彼との復縁を考えている女性は参考にしてみてください。

ダメな一面に我慢ができなくなった場合

女性のダメな一面に我慢できなくなり、冷めたと言ってくる男性は多いです。 男性が冷めやすいダメな一面とは、「お金の管理ができない、時間を守らない、下品、男癖が悪い」などです。 これらのことは1回なら許せたりもしますが、何度も繰り返されるとどんなに相手のことを思っていても次第に気持ちは離れていってしまいます。 また、女性と同様に男性であっても結婚などの将来を考える人も多いです。 将来を考えた場合に「この人と一生を共にするのは厳しい」と考えてしまい、厳しいと考えられた場合には付き合っていくのは難しくなるでしょう。

束縛された・制限が多いとき

彼氏のことを束縛する人も多いですが、不自由さを感じてしまった男性は恋人関係に疲れやすく、冷めてしまいやすいです。 「女性と2人で遊びに行くの禁止」などのカップルとして必要最低限のルールなら仕方ないと感じる男性も多いですが、「大勢で遊びに行くときに1人でも女性がいればダメ」などのように、制限が多すぎると男性は疲れてしまいます。 必要以上に束縛されると、自分のことを信頼してくれていないと感じたり、ずっと監視されているような気持ちになってしまい、次第に限界を迎えるでしょう。

頭の悪さを感じた時

無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

たとえどんなに見た目が良かったとしても、女性に対して頭の悪さを感じた時には男性の気持ちが冷めてしまうことがあります。 勉強ができないから頭が悪いというわけではなく、何度も注意したのに同じことを繰り返されたり、彼氏側の気持ちを理解してくれない時などに彼女に対して頭が悪いと感じてしまいます。 何度も同じことで怒られてしまったり、自己中心的な行動をとるあまりに呆れられてしまっているような人は頭が悪いと思われ、男性に冷められてしまう原因になります。

冷めて振られたけど復縁したい!復縁のために気を付けたい女性の行動・態度

ここでは、女性がついついやってしまいがちな相手を冷めさせる行動や態度をご紹介します。 次にご紹介することを女性にされると、これまで大好きだった相手だとしても男性の気持ちが一気に冷めてしまうことがあるので、元彼と接触する時には気をつけるようにしてください。

プライドを傷つけない

彼女にプライドを傷つけられると冷めてしまう男性も多いです。 いきなり冷めるわけではなく、初めはプライドを傷つけられたことに対しての悲しみがこみ上げてきて、次第に自分に自信がなくなり、プライドを傷つけた彼女に対して怒りや嫌悪感を抱き、最終的に冷めてしまいます。 彼氏のプライドが傷つくケースとして、彼氏が不得意なことを他の男性が得意で、他の男性を褒めてしまうなどが代表的です。 男性は女性と比べてプライドが高い人が多いので、女性側は些細なことだと思っていても男性側は傷つきやすく、すぐに心が折れてしまいます。 男性は、自分のプライドを傷つけてしまう人と将来を考えたいと思わないので、相手を上手に褒めて伸ばすことが重要になってくるでしょう。

安心させすぎない・尽くしすぎない

先述しましたが、男性は女性に対して飽きやすいという特徴があります。 悲しいですが、彼女に対してつまらないと感じて浮気に走る男性や、別れを切り出してくる男性も多いです。 マンネリ化させないためには、安心させすぎたり、尽くしすぎてはいけません。 彼氏に対して尽くしすぎてしまう人や、他の男性に興味がないような人は、自分の時間の中では彼氏のことを常に考えているぐらい彼氏のことが好きな人が多いでしょう。 尽くしすぎてしまう人は、自分の時間で趣味や友達との遊びなどを大切にしてみると、恋愛と自分の時間をバランス良く大切にできるようになります。

束縛しすぎない

女性の中では、男性のことを思うあまり束縛してしまう人がいます。 先述しましたが、男性は女性に比べて縛られることを嫌うので、女性側は問題ない程度の束縛だと思っていても男性側としては負担になっていることも少なくありません。 束縛しすぎると最終的に浮気などの遊びに走ったり、冷められた結果振られてしまったりするので、ある程度は信頼した上でカップル間のルールを決めると良いでしょう。

非常識的な行動を避ける

女性側に常識のない行動が目立つ場合、彼氏として将来のことを考えられなくなり、次第に気持ちが冷めてしまいます。 非常識な行動とは具体的に、「店員さんへの態度が悪い、平気でポイ捨てをする、複数の友人と遊んでいる場合でも自分の機嫌が悪くなると平気で楽しい空気を壊す」などです。 自己中心的で周りを見れていない人は、知らず知らずのうちに非常識な行動をとってしまっている可能性があるので、周りをよく見て彼氏がどんな反応をしているかを確認してみましょう。

【振られた男性必見】気持ちが冷めたと言ってくる女性の本音とは?

ここでは、男性に対して冷めたという女性の気持ちについてご紹介します。 男性よりも女性の方が日ごろの言動に繊細で気を付けている人が多いので、女性が冷めたと言ってくる時にはそれなりの理由があります。 考えられる理由をそれぞれ細かくご紹介しますので、元カノとの復縁を考えている男性は参考にしてみてください。

人として嫌いになった

女性に冷めて振られた場合、日々の態度や行動が目につき、人として嫌われた可能性があります。 女性に嫌われやすい行動として、「約束のドタキャン、自分の話ばかりをする、プライドが高くてケンカしても謝らない」などが挙げられます。 恋人に対して適当に接したり、常識のない行動をとってしまう人は男女問わず相手に嫌われる行動でしょう。 冷めたという言葉は相手に刺さりやすい言葉なので、本当に別れたいと考えた場合の最終手段として相手に伝える女性が多いです。

一定期間距離を置きたいと考えた

相手のことが好きかどうかが分からなくなり、一旦距離を置きたいと考えて冷めたと言った場合もあります。 女性に冷めたと言われても完全に嫌われたわけではなく、相手のことが本当に好きかどうかを確かめるための期間を作りたいだけの可能性もあります。 特に、マンネリ化してしまったカップルに多いので、彼女と長年付き合っている男性によく見られるでしょう。

将来性を感じなくなった

女性が冷めたと言ってきて振られた場合には、男性に対し将来性を感じなくなった可能性もあります。 付き合い始めの頃は相手の悪い部分が見えず順調なカップルが多いですが、付き合い始めてから半年~1年程度経つと相手の悪い部分が見えてきます。 半年~1年程度付き合っていると同棲や結婚などの将来のことを考え始める時期ですが、同時に悪い部分が見えてきているので、将来のことを考えるとしんどくなり冷めてしまう女性が多いです。 他には、「付き合っているのは楽しいけど、ずっと一緒にいるのはしんどいな」などと感じ、冷めてしまう女性も多いようです。

一緒に居て楽しくなくなった・しんどくなった

彼氏と一緒にいて楽しくなくなったり、しんどくなってしまったりして気持ちが冷めるケースもあります。 一緒にいて楽しくないと感じられやすい男性の特徴としては、「自分の趣味や仕事などに夢中になる、彼女との時間を大切にしない」などです。 自分の世界に没頭してしまいがちな人は、彼女側はつまらなく感じてしまい冷められる可能性があります。

冷めて振られたけど復縁したい!復縁のために気を付けたい男性の行動・態度

女性だけでなく男性にも、相手の気持ちを冷めさせるようなNG行動は存在します。 男性側が問題ないと考えている行動の中にも女性側からするとNGな行動もあるので、元カノと復縁したいと考えている男性は、次にご紹介する行動に気を付けるようにしましょう。

自分勝手な行動を取らない

女性と復縁したい場合には、自分勝手な行動は控えるようにしましょう。 なぜなら、女性は、自分への優先順位が下がったと感じると冷めやすい傾向にあるからです。 自分勝手な行動とは具体的に、「一人で楽しむゲーム・ギャンブル・飲み会」などです。 もちろん、自分の趣味程度で楽しむのは問題ないですが、一緒に過ごしている時間などにこれらのことを控えましょう。 例外として、女性側もゲームやギャンブルなどが趣味なのであれば、一緒に楽しむという選択肢もあります。 ゲームやギャンブル、飲み会がNGなわけではなく、女性をほったらかしにしてしまう行動がNGということです。

男らしくない行動

一般的に女性は、守ってくれそうな強い男性が好きな傾向にあるので、男らしくない行動をとってしまう男性は好かれにくいです。 男らしくない行動と言えば、「過去のことに縛られる、決断できない、小さなことにもイライラしてしまう」などが挙げられます。 これらの行動をとってしまいがちな男性は、女性から将来性を感じられなくなり冷められてしまう可能性があります。 元カノと復縁したい男性は、何事にも動じない余裕を持ち、レディファーストで行動してみると復縁できる可能性が上がるでしょう。

仕事に没頭する

男性には意外に思われる人も多いかもしれませんが、仕事に没頭するのも女性からするとNG行動の1つです。 確かに経済面では頼りになりますが、遊びや娯楽などの面では放置されるイメージを与えてしまいます。 結婚をしても仕事に没頭するあまり、話す機会が減り最悪の場合は離婚・・・と考え、冷めてしまう女性も多いです。 冷めて振られた相手と復縁したい男性は、仕事と彼女との時間のバランスを意識すると、女性側は大切にされていると感じます。 そのため、「週一日は必ず彼女との時間を作る」などのようにルールを決めると良いでしょう。

まとめ

冒頭でも述べましたが、冷めて振られた相手とは全ての人が復縁できるわけではありません。 なぜなら、気持ちが1度冷めきった人がもう一度熱することはあまりないからです。 復縁した上でもう一度同じ相手と付き合いたい場合には、以前付き合っていた時の自分よりも良くなっていなければなりません。 そのため、冷めて振られた相手と復縁したい人は、振られる原因をはっきりとさせた上で改善し、冷却期間を置き、自分磨きをする必要があります。 復縁するのは簡単なことではありませんが、過去に1度付き合えたのも事実なので、この記事で学んだことを試してみた後に自信を持ってアプローチしてみてください。 ここまでご覧いただきありがとうございます。 この記事があなたにとって参考になれば幸いです。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い