冷却期間後に復縁できる人とできなかった人の違いとは?理由や期間の目安

冷却期間後に復縁できる人とできなかった人の違いって何だろうと考えているそこのあなた。 この記事では冷却期間後に復縁できなかった理由や、適切な冷却期間の目安、復縁を成功させるために必要なことを具体的に説明しています。 復縁希望で冷却期間中の皆様、この記事は必読です。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 冷却期間後に復縁できる人とできなかった人の違いとは?理由や期間の目安
復縁の悩みは人によって様々。 ・彼と復縁できる気がしない... ・彼とはどうすれば復縁できる? ・新しい恋と復縁、どちらを選ぶべき? ・連絡すら取れない...どうすればいい? ・すでに彼には他に好きな人がいる? ・待ち続けても良いの? 辛い事も多いのが復縁。 でも、私の事をどう思ってる?今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった復縁の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

冷却期間後に復縁ができなかった人には特徴がある!?

冷却期間は復縁をするためには必須です。 ところが同じように冷却期間をとったにもかかわらず、冷却期間後の行動によって成功する人と復縁が難しい結果に終わってしまう人に分かれてしまいます。 でもどうせなら成功させたいですよね。 そこで、復縁できなかった人の特徴や成功している人の特徴の違いなどをこの先の記事で解説していきます。

冷却期間後に復縁できなかったら諦めた方が良いの?

結論からお伝えします。 冷却期間後に復縁できなかったとしてもすぐに諦める必要はありません。 1度告白で振られても1週間後に復縁できたという話もTwitterで挙がっているほどです。 でもどうやって一度失敗したにもかかわらず、一週間後には成功したのでしょうか。 一番大事なのは復縁するためには諦めない心です。 それともう一つ大切なことがあります。 仮に復縁できなかった場合に、「なぜ復縁できなかったのか」を真剣に考えることです。 これをするのとしないのとでは結果が雲泥の差になることも。 ではこの先の記事で、細かく解説していきます。

冷却期間があっても復縁できなかった場合に考えられる理由とは?

冷却期間は復縁をするために絶対に必要です。 しかしながら、冷却期間を設けても復縁できなかったという人もいます。 復縁というのは、実は割とハードルが高い行動です。 MIROR調べでは、復縁成功率は約30パーセントです。 でもせっかく冷却期間を設けたのなら、30パーセントに入るように行動したいものです。 そこでここでは、冷却期間を設けても復縁できなかった人の例に学びながら、自分はどうすべきかを考えていきましょう。

別れた原因が理解できていない

最初から厳しいことを申し上げてしまいますが、これは復縁失敗に直結してしまう行動です。 復縁をするためには別れた時の原因を分析し、しっかりとその原因を改善しておくことが大前提です。 なぜかというと、別れた原因を放置しておくと、結局また同じところで躓いてしまうからです。 具体的な例をご紹介します。 その方はとても気が利く、しかも美しくて聡明な女性なのですが、一つだけ大きな欠点がありました。 とにかくお金にだらしがなかったのです。 小銭を借りて返さないのは当たり前。 ほしいものがあれば後先考えずに買ってしまうようなところもありました。 収入のある女性だったので、借金を抱えるようなことはありませんでしたが、交際していた彼は彼女の金遣いの荒さに呆れて、別れを告げたそうです。 彼は実はずっと耐えていたのですが、彼女にしてみれば青天の霹靂だったようで、彼女は慌てふためき、自分のどこがダメなのかと食い下がり、絶対に直すから、と彼に泣いて謝って数日で復縁しました。 最初の一月ほどは彼女も頑張っていたのですが、もともとお金を使うのが大好きな女性なので、数か月もすればすっかり元通りになってしまいました。 その様子をずっと見ていた彼は、やはりもう一度彼女と別れてしまいました。 この彼女には別れをつげられた理由が、根本的なところで実はわかっていなかったのです。 別れた理由がしっかり自覚できていないと、結局復縁をしたところでまた同じところで躓いてしまうという例をご紹介しました。 繰り返しになりますが復縁をするためには別れた時の原因を分析したうえで改善するが大前提なのです。

自分磨きが不十分だったがゆえに、魅力的な人物に感じられなかった

冷却期間は実は、自分磨きを行うためのチャンスタイムになのです。 復縁をするためには、相手の心を再度振り向かせる必要があります。 そのためには自分磨きをしっかりと行う必要があります。 これも具体例をご紹介します。 その女性はもともとぽっちゃりさんというか、ふわふわした雰囲気がキュートな方だったですが、彼と交際を始めてから幸せ太りだったのでしょうか、体重が急上昇してしまったそうです。 最初はぽっちゃりもかわいいよ、と言っていた彼でしたが、ぽっちゃりを通過してわがままボディになり始めたあたりで、彼に別れを告げられてしまったそうです。 彼女は体重を元に戻そうと努力しましたが、少し自分に甘いところがある彼女のダイエットはうまくいきませんでした。 その時に元カレから連絡が来るようになり、再度会うことになったのですが、彼女の体系はすでにわがままを通り越していました。 彼は「結局何にもかわってないじゃん」と言い残して帰ってしまったそうです。 「呼んでおいて帰るとかありえないし、そんな冷たいところのある男性だったんだ!と復縁する前にわかってよかったじゃん…」と慰めるしかありませんでしたが、自分磨きを怠ってしまうとうまくいくものもいかなくなります。 復縁したいなら以前より魅力的になれるように自分磨きを頑張ってくださいね。

感情的になってしまい復縁を迫ってしまった

これは本当に「ダメ!絶対」行動です。 元カノさんや元カレさんとの連絡や再会ができた場合に、ここで一気に復縁したい!と気持ちが焦る人が実は少なくありません。 復縁したいという気持ちが強すぎて焦ってしまい、機がまだ熟していないのに復縁を迫ってしまって、結果的に失敗してしまうという方は実は多いのです。 焦っていいことは何もありません。 昔から急いては事を仕損じるといいます。 果物も木で熟れたものは、エチレンガスで強制的に熟させたものより数倍おいしいのです。 これが自然の摂理です。 ですから自然の一部である私たちも、落ち着いて、機が熟すのを待ちましょう。

冷却期間を見誤った

これも先ほどの話と通ずるところがあります。 冷却期間を見誤ると、復縁がうまくいきません。 早すぎてもだめですし、遅すぎてもだめなのです。 また果物に例えてしまいますが、蒼い果実はおいしくありません。 だからと言って置きすぎてしまうと、腐ってしまいます。 私たちも同じです。 焦って早く復縁しようとしても時期尚早ではうまくいきません。 だからと言って遅すぎて期を逸してしまい、復縁を申し入れた時にはほかの交際相手がすでにいた、などという悲しい結果になってしまうことも。 時期を適切に判断するのは大事なことです。 でも、冷却期間の判断は難しいものです。 この先の記事でも目安はご紹介していますが、判断に迷うようであれば早めにMIRORにご相談くださいね。

復縁デートで準備不足だった

これも実は多いパターンとなります。 せっかく頑張って連絡を取り合えるようになった。 復縁をするためにデートにこぎつけたまではよかった。 でも準備不足で相手につまらない思いをさせてしまい、結果的に振られたという人は少なくありません。 これは先述の「振られた理由を自己分析できていない」ことにつながります。 当然ですが相手は、わざわざ誘ってくるのだからきっと新しい姿、成長した姿を見せてくれるのかな、と期待しています。 ところがデートがボロボロだったら「なんだ、結局何にも変わってないじゃん」とがっかりしてしまうわけです。 せっかくのチャンスを不意にしたくないなら、事前準備は万端にしておいてください。 復縁デートに行き当たりばったりで臨むようなことがないようにしましょう。

連絡をしつこく取り過ぎてしまった

復縁したい、という思いが強すぎるとこのような行動に出てしまいます。 この行動に出てしまう人に共通して言えるのは「ひとりよがり」だということ。 相手の気持ちを考えてみてください。 別れた相手から連絡があまりにも頻繁に来るようだと、いったい何のために別れたのかわかりません。 度重なる連絡にうんざりしたり、うっとうしく感じてしまうということも十分考えられます。 ずっと繋がっていたい気持ちはわかりますが、連絡は常識の範囲内で、特に最初のうちは必要最低限に抑えるようにしましょう。

復縁できなかった原因にもつながる!冷却期間の目安とは

別れた理由や状況によって、冷却期間は変わってきます。 そこでこの先の記事では、別れ方別冷却期間の目安をご紹介します。 ただしこれはあくまでも目安であり絶対的な指標ではないので、あくまでも参考程度になさってください。 自分の場合はどのくらいの冷却期間を考えればいいんだろう…とお悩みが深くなってしまった場合は、どうか遠慮なくMIRORにご相談くださいね。

喧嘩別れをした場合

これは喧嘩の内容にもよるのですが、いわゆる痴話げんかや、感情的になりすぎて売り言葉に買い言葉の延長上で別れてしまった場合には、目安として1ヶ月~3ヶ月程度を考えていただきたいです。 それぐらいの期間があれは、お互いに冷静になることができる場合が多いからです。 ただ例外もあり、特に我慢強い性格の方に多いのですが、普段は怒らないような相手が我慢に我慢を重ねた結果として怒りが沸点に達して喧嘩に発展した場合は、もう少し冷却期間を延ばしたほうがいいかもしれません。 普段怒らない方は、普段は怒りませんが一度怒ると止められません。 たとえるなら、休火山だと思っていた火山が突如噴火したようなものです。 この場合はためにため込んだ怒りが噴出している状態ですので、怒りのエネルギーが完全に冷え切るまでにはかなりの時間がかかるからです。

振られて別れた場合

これは相手が男性なのか女性なのかによって目安が変わります。 相手が女性であれば別れた理由にもよりますが1か月から3か月の冷却期間を見てください。 相手が男性の場合は別れた理由にもよりますが3か月から半年の冷却期間を見てください。 理由をご説明します。 女性のほうが短めなのは、女性は「別れた相手」に対してドライだからです。 あまり冷却期間が長いと、別れた相手に見切りをつけてほかの男性と交際を始めてしまいます。 かといって冷却期間が短すぎると女性の気持ちの整理ができていなかったり、怒りが再燃したりして、よくない関係性が始まってしまいます。 ですからちょうど怒りが収まり、新しい恋愛に向かおうかな、と思ったタイミングで復縁を申し入れられればいい結果につながるのかもしれません。 一方で男性は、論理的に物事を考える傾向にある場合が多いため、別れに至った理由を自分の中に落とし込むまでに時間が必要です。 別れに至った理由を自分の中に落とし込めない段階で復縁を申し入れても、まだ心の整理ができていないので曖昧な返事しか返ってきません。 結果的に時間の無駄になってしまいます。 ですから、少しやきもきするかもしれませんが、相手が男性の場合は長めに冷却期間をとってくださいね。

無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

振って別れた場合

これも振った理由と状況によって変わるのですが、相手が自分に対してまだ未練があることが目に見えてわかる状況であれば1か月ぐらい、そうではない場合には3か月ぐらいと考えてください。 ただ相手にも感情がありますので、「自分から振ってきたくせに復縁とか何だよ!」などと感情的になってしまっている場合には、相手の感情が収まるまでもう少し時間をかけてもいいのかもしれません。

話し合いをして別れた場合

この場合の復縁はケースバイケースです。 ただ、けんか別れより状態としては安定しています。 感情的にならずに話し合って別れることを決めているからです。 この場合、別れを決めた理由によって冷却期間が変わってきます。 別れた理由が早期に改善可能なものの場合は、1か月ほどの冷却期間でいいでしょうし、別れた理由を取り除いたり改善したりするのに時間がかかる場合には、半年ほどの冷却期間が必要なことが多いです。

遠距離・多忙が原因で別れてしまった場合

この場合は、嫌いで別れたわけではないというのが一番の安心材料なのですが、物理的に(時間や距離など)の問題が横たわっているという点で一番難しいのかもしれません。 この場合は、遠距離が解消されたり、多忙ではなくなれば問題なく解決する場合が多いのですが、そうではないがどちらかが復縁したいと考えた場合には、1ヶ月~3ヶ月程度を目安として冷却期間を取り、自分たちが物理的要因にもう負けないのかどうかを再確認する必要があります。 この場合はあまり長く冷却期間をとってしまうと、相手を忘れるための新しい恋愛に踏み切ってしまうことも考えられるので、冷却期間は短めでもいい場合もあります。

冷却期間後に復縁できた人の特徴とは?

ここまでお読みいただいてありがとうございます。 この先からは、冷却期間後の復縁が成功しやすい人の特徴についてお伝えします。 長い記事になりますが、できる限り復縁成功のお手伝いをさせていただきたいので、もう少しお付き合いいただければと思います。

復縁に向けて自分磨きがしっかりとできている人

冷却期間は実は自分磨きを行うチャンスの時間でもあるのです。 相手の気持ちを再度振り向かせるためには、「この人ともう一度付き合いたい」と思ってもらう必要があります。 そのためにはしっかりと外見も内面共にあげる「自分磨き」が必要なのです。 前会った時より「劣化」していたら、どうしてもほかの相手に目が向いてしまいます。 「劣化」ではなく「改善」されていたら、相手の心は復縁に揺らぎます。 だから自分磨きは絶対に必要なのです。 冷却期間後に復縁できなかった人は自分磨きに失敗した人、と断言してもいいくらい大事なことです。

ネガティブではなくポジティブな気持ちで行動をしている人

頑張っているのになかなか復縁できない…という気持ちからネガティブになってしまう人も多いです。 でもネガティブには百害あって一利なし、です。 MIROR調べでも、復縁に成功している人は前向きな気持ちで復縁に向けた行動をしている人が多いです。 何事もプラスに捉えられるように、気持ちを切り替えて行動するのは復縁を考えるときには大事なこととなります。 でも、ネガティブになってしまうこともありますよね。 その時はMIRORを頼ってもらえませんか? ネガティブな気持ちは全部MIRORに吐き出して…MIRORにはネガティブをポジティブに置き換えるお手伝いがきっとできます。 とにかく大事なのはネガティブに支配されないこと。 これも冷却期間後に復縁に成功している人はみな意識していたポイントです。

適度な距離感を保つことができていた人

復縁したいという気持ちが前に出すぎてしまい、ぐいぐいと距離を詰めてくる人がいます。 はっきり言います…恐怖しかありません。 厳しいことを申し上げて恐縮なのですが、私事ながら私も復縁したがっていた元カレにものすごい勢いでぐいぐいと来られたことがありました。 この場なのでぶっちゃけますが、ストーカーまがいでした。 あまりぐいぐい来られると、気持ちが確実に引くのは私が証明します。 だからこそ、気持ちはわかりますが、適度な距離感は大事にしてください。 冷却期間後に復縁できなかった人というのは、適度な距離感が守れなかった人…これも断言できます!

復縁できなかった人が意識したい冷却期間後の行動

頑張ったけれど復縁できなかった。 でもどうしてもあきらめきれない。 そんな方が再度復縁告白をするために必要な行動についてご紹介します。

連絡を取っている間は冷静に対応する

復縁したい、これで決めてしまいたい、と焦る気持ちはわかります。 でもそれは、独りよがりな気持ちではありませんか? 復縁は二人でするものです。 今の気持ちは苦しいけれど胸の奥にそっと押し込めて、冷静に距離感を測りましょう。 自分が冷静な対応をするように心がけると、相手も冷静に対応してくれるようになります。 急いては事を仕損じる、と昔から言います。 冷静に、虎視眈々とチャンスを待ちましょう。

友達としての距離感をしっかりと維持できる

復縁の前に友達としてやっていけるかどうかが、復縁がうまくいくかを左右するといっても過言ではありません。 そもそも論ですが、友達としてうまくやっていけない二人が、恋人として一緒にいても絶対に長くは続かないからです。 ですからまずは友達を目指しましょう。 友達としての距離感をしっかりつかんでから、次のステップに進むようにしてみてください。

広い視野を身につけるようにする

守備範囲が広い人、引き出しの多い人との会話は間違いなく楽しいです。 引き出しの多さや守備範囲の広さは、確実に視野の広さと正比例します。 おしゃべりしていて楽しい人とは、だれでも一緒にいたい、もっと話したいと感じるはずです。 そこに聞き上手が加わったらもう最強です。 復縁したい相手の守備範囲を以前はカバーできていたでしょうか? もしカバーできていないようなら、今から勉強しましょう。 きっと以前より会話がはずみますよ。 そしてその知識は、必ず実生活のどこかで役に立つ時が来ますから、決して無駄にはなりません。

相手の身辺調査をしっかりと行う

これは時間の無駄を省くためにも必要です。 一生懸命復縁活動をしても、相手に新しい交際相手がいて、交際が順調だという場合には正攻法ではあまり報われないことが多いです。 冷却期間の間に新しい彼氏や彼女ができるという人も少なくありません。 冷却期間中に職場環境が変わることも十分にあり得ます。 ですからまずは相手の仕事環境や恋愛環境などを調べることによって、アタックするタイミングを考える必要があります。 相手の身辺のリサーチは「マストドゥ」なのです。

復縁に失敗しないために意識したいタイミング

タイミングは何をするのにもとても大事です。 もちろん復縁もそうです。 そこで復縁告白で失敗しないためにも、意識していきたいタイミングについてご紹介します。

元カレ・元カノが落ち込んでいるタイミング

今のあなたが相手が落ち込んでいるときに慰めたり、話を聞いてあげることができているなら、もう復縁は目の前だと思ってください。 なぜなら落ち込んでいるときに慰めたり励ましたりできるというのは、相手の「心の隙」に入れた状態だからです。 一度相手の心の隙に入れたなら、あとはもうその隙の面積を徐々に広げていくだけです。 一度「頼れる」というイメージを作ることに成功出来たら、もう怖いものはありません。 後は機が熟すのを焦らずに待つだけです。 大事なのは焦らないことですから、ゆっくり距離を詰めていってくださいね。

元カレ・元カノが落ち着いたタイミング

相手が仕事や試験、家庭の事情などが原因で心身が忙しかったために別れてしまったという場合もあると思います。 この場合には、相手が落ち着いたタイミングで連絡を取るようにすると、お互いに冷静なやり取りをすることができます。 冷静なやり取りができれば、第一ステップの友人を目指すことはそれほど難しくはないはずです。 落ち着いたタイミングを狙って連絡をしてみましょう。

元カレ・元カノが連絡を入れてきたタイミング

このタイミングだけは絶対に逃してはいけません。 この場合は嫌われていないどころか、むしろ好意がある場合が多いからです。 好意のない相手には仕事でもない限り、わざわざ連絡しませんからね。 この場合に連絡のやり取りが続けば復縁できる可能性が高いです。

まとめ

今回は冷却期間後に復縁できなかった人と、復縁できた人との違いを中心に、復縁を目指すためには何をするべきなのかをお伝えしました。 一口に復縁といっても、別れた経緯も二人の性格も様々ですから、今お伝えしたことはあくまでも目安としてご理解いただければ幸いです。 もし個別のケースでお悩みの場合は、どうか躊躇せずにMIRORにご相談ください。 ためらっているその時間がもったいないです。 最後に復縁に大事なことを再度お伝えします。 どのような場合でも、復縁したいなら、自分磨きと別れた原因の究明と相手の気持ちへの配慮はマストです。 このことをどうか忘れないでくださいね。 その復縁が素敵な結果になりますように、お祈りいたしております。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い