冷却期間を終了させる目安はどこ?期間の目安や終了後の連絡の仕方

冷却期間を終了させる目安はどのあたりなのか、その期間の目安や終了後の連絡の仕方など、復縁を成功させるにあたって必要なこと、ぜひ実践していただきたいことを記事にまとめました。冷却期間終了後の行動が復縁を左右するといっても過言ではありません。復縁希望者必読です。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 復縁
  3. > 冷却期間を終了させる目安はどこ?期間の目安や終了後の連絡の仕方
復縁の悩みは人によって様々。 ・彼と復縁できる気がしない... ・彼とはどうすれば復縁できる? ・新しい恋と復縁、どちらを選ぶべき? ・連絡すら取れない...どうすればいい? ・すでに彼には他に好きな人がいる? ・待ち続けても良いの? 辛い事も多いのが復縁。 でも、私の事をどう思ってる?今後どうしたら良い?なんて直接は聞きづらいですよね。 そういった復縁の悩みを解決する時に手っ取り早いのが占ってしまう事? プロの占い師のアドバイスは芸能人や有名経営者なども活用する、あなただけの人生のコンパス 「占いなんて...」と思ってる方も多いと思いますが、実際に体験すると「どうすれば良いか」が明確になって驚くほど状況が良い方に変わっていきます。 そこで、この記事では特別にMIRORに所属するプロの占い師が心を込めてあなたをLINEで無料鑑定! 彼の気持ちだけではなく、あなたの恋愛傾向や性質、二人の相性も無料で分かるので是非試してみてくださいね。 (凄く当たる!と評判です?)
無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
当たってる!
感謝の声が沢山届いています
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

復縁を考えている場合は冷却期間終了のタイミングがカギをにぎる!

記事の最初ですが、断言します。 復縁を考えている場合には、冷却期間終了のタイミングがカギをにぎります。 冷却期間は長すぎても短すぎてもだめなんです。 でも、そんなこと言われても、冷却期間を終了させるタイミングがわかりません…というお悩みを多く耳にするのも事実です。 そこで今回は、MIRORがこれまでに蓄積した、ご相談者様からの相談実績をもとに、復縁したい人にチェックしていただきたい冷却期間を終了させるタイミングや注意点および冷却期間後の連絡の取り方についてまとめました。 この先の記事で解説をしていきますので、冷却期間で悩んでいる方は”精読”してくださいね。

冷却期間の終了の目安は?10項目のチェックポイント

そこでMIRORでは、冷却期間終了のタイミングがわからない!と悩むみなさんにむけて、MIROR基準で冷却期間終了を考える目安となるポイントを10項目挙げました。 具体例を挙げながらご紹介しますので、ご自身の今の状況とてらし合わせてみてくださいね。

①相手から連絡が来た

これは基本的には復縁を考えてもいい案件です。 絶対に会いたくない、二度とかかわりたくないという人には、人は連絡をしません。 ただし例外があります。 何か大事なものを借りていた、お金を借りていた、などの場合の連絡は別です。 本当はもう連絡なんかしたくないけど、大事なものを取り返したいから連絡している場合もあるからです。 そうではなくて連絡が来るのであれば、とりあえず絶対に嫌われてはいません。 この場合には、冷却期間終了の第一関門はまず突破できると考えていいでしょう。

②連絡を送ってもしっかりと返信してくれる

これも冷却期間終了を考える上での安心材料です。 復縁をするためには定期的に連絡を送ることが大切です。 でも残念なのですが、中には連絡を送ってくれない人もいます。 ややもするとブロックされちゃったりとか。 でもしっかり返信があるのであれば、もしくは先方から連絡を送ってくれる場合は、もうすでに相手の気持ちに整理がついている場合が多いです。 お互いにしっかりクールダウンできていれば、無用な争いごとには発展しません。 なぜならもう、感情的になっていないからです。 この場合も、冷却期間終了の第一関門はまず突破できると考えていいでしょう。

③長時間話しても嫌そうにされない

これは、冷却期間終了を考える上でのマストアイテムです。 お互いが友達関係のように話ができるのであれば、すでに関係は良好です。 この場合は関係の再構築ができるタイミングであると考えていいでしょう。

④相手からお出かけの誘いがあった

これも冷却期間終了を考える上での安心材料です。 相手からデートの誘いがある場合は、気持ちの整理がついていて、楽しい時間を一緒に過ごしたいから誘われているわけですから、関係の再構築は可能であると判断できます。 また、相手に未練がある場合にもデートに誘われたりしますが、これも復縁には好材料です。 未練があるくらいですから、確実に好意があります。 ただし、この場合も例外があります。 デートと称して、お店や何かの展示会に連れていかれたり、ほかの誰かに会わされたりする場合。 これは復縁希望ではなく、相手にとっては顧客、もしくはカモとして見られている場合もあります。 あまりない事例ですが、ないわけではありません。 そのあたりの見極めだけはしっかりしておきましょう。

⑤SNSで反応をしてくれる

これは間違いなく冷却期間終了を考える上での安心材料です。 SNSでリアクションをしてくれる場合は、すでに相手から好意を伝えてくれている場合が多いです。 ですからこれは間違いなく友達からの関係構築が可能なタイミングとなります。

⑥相談をしてくれる

これはもう、言わずもがなです。 普段相談をするとき、信用できない人には相談しません。 解決能力に欠ける人にも相談しません。 相談相手に選ばれている時点で、相手は確実に心を開いてくれています。 これも間違いなく、関係の再構築が可能なタイミングとなります。

⑦未練を感じるような連絡を送ってくる

まだすきだよ。 忘れられないよ。 また会いたいな。 未練を感じさせる連絡にはいろいろありますが、この場合に確実に言えることがあります。 相手が未練を言葉にして連絡してきたり、未練を感じさせるような連絡がある場合は、すぐに冷却期間を終了させてください。 もう、十分に機が熟しているからです。 この場合は適度に連絡を取り合いながら、復縁に向けて動き出しましょう。 ただしここで焦るとせっかくのチャンスが逃げてしまうことも。 もう復縁は手の中にありますから、焦らずゆっくりと確実にものにしてくださいね。

⑧目安となる冷却期間が過ぎている

別れ方によって冷却期間は変わります。 別れ方別の冷却期間の長さはMIRORの別記事に詳しくご紹介していますが、どうしてもよくわからないという場合には、まずは3か月を目安にしてみてください。 3か月あれは季節が変わります。 一般的な別れの理由であれば、クールダウンには十分な時間です。 いつ動き出せばいいかわからない、という場合には3か月を目安にして行動を開始してみてください。 それでまだだめだったら、もう三か月後に、再度行動すればいいのです。

⑨食事に誘っても来てくれる

これは好感度が高い証拠です。 食事は時間がかかりますし、顔全体を動かす必要がありますので、お互いに自分のいろいろな部分をさらけ出す活動でもあるのです。 嫌いな人との食事は、仕事でもない限りはしたくないですよね。 それは嫌いな人に自分をさらけ出したくない、貴重な時間を使いたくない、という気持ちの表れなのです。 それをわざわざプライベートで、しかも食事に来てくれるのだとしたら、そこには好意しかありません。 これも間違いなく、関係の再構築が可能なタイミングであると解釈できます。

⑩他の異性との恋愛面でうまくいっていない様子

恋愛ではなくても、誰かとうまくいっていない、という状況はストレスが溜まります。 それが恋愛ならなおさらです。 ほかの異性とうまくいかない状況下では、どんな人であっても確実に気分が落ち込んでしまいます。 そんな時にやさしく励まされたり、グチを聞いてもらえたり、話を聞いてもらえるだけでも気持ちは上向きになります。 そんな優しさを存分に与えられたら、どうしたって気持ちは動きますよね。 ここで気を付けなくてはならないのは、ほかの異性とうまくいっていないときに、チャンスだとばかりに自分を売り込んだりはしないでください。 相手はただでさえ悩んで、苦しんで、落ち込んでいるのに、そこに新たな悩み事を相手に背負わせてしまうことになります。 まずは相手の気持ちを楽にしてあげることに専念してくださいね。 急がば回れ、です。

【別れ方別】冷却期間を終了させる目安やタイミングは?

無料!的中復縁占いpowerd by MIROR
この鑑定では下記の内容を占います
1)彼との復縁確率と可能性 2)彼の今の気持ち 3)あなたの性格と恋愛性質 4)彼の性格と恋愛性質 5)二人の相性 6)二人が別れた本当の理由 7)彼にライバル・彼女はいる? 8)幸せなのは復縁か、新しい恋か 9) あの人と復縁して幸せになれる?
あなたの生年月日を教えてください
あなたの性別を教えてください

冷却期間終了のタイミングは、当然といえば当然ですが別れ方や別れた理由によって変わってきます。 例えばひどいケンカ別れをしたのであれば冷却期間は当然長くなります。 一方で、些細なケンカで、その場の勢いで別れたのであれば、冷却期間は短いのかもしれません。 そこでこの先の記事では、別れ方別に冷却期間終了の目安をご紹介していきます。

相手に振られた場合の目安

振られてしまった。 かなりショックだったことと思います。 一日千秋の思いで復縁のタイミングを待っているとは思うのですが、ここでしっかり冷却期間を取らないと、うまくいく事もうまくいかなくなってしまいます。 冷却期間をしっかりとることが大事だということは、ほかの記事でも何回も重ねてお知らせしています。 そのくらい大事なことです。 冷却期間が大事なのはわかった、でも、相手に振られた場合にはどのくらいの冷却期間をとればいいの?とお考えの方に、おおよその期間をお知らせします。 これはあくまでもおおよその期間ですが、ご自身が女性なら内容にもよりますが、1ヶ月~3ヶ月を、ご自身が男性なら3ヶ月から半年を目安としてください。 言い換えるなら、最低でもそのくらいの冷却期間は絶対に必要です。

自分が振った場合の目安

一方で自分が振った場合です。 振るというのも、ものすごくエネルギーの必要な行動ですから、誰かに別れを告げた後は、自分が思っているよりも心は疲れています。 この場合は、振った理由にもよりますが、最低でも1ヶ月~3ヶ月はしっかり冷却期間をとるようにしてください。 これは、自分のためでもありますが、相手のためでもあります。 振られた相手も、想像する以上に相当なショックを受けていますので、冷静になるためにはそれぐらいの時間がどうしても必要だからです。

喧嘩別れをした場合の目安

喧嘩別れをした場合、と一口に言ってもケンカの内容は様々です。 この場合、きっかけが何だったのかにもよりますが、些細なケンカの場合は1ヶ月ととらえてください。 重大な案件だった場合には最短でも3ヶ月は冷却期間をとるようにしたほうがいいでしょう。 ただし、自分が些細なことだと思っていても相手には重要案件だったという場合があります。 具体例を1つご紹介します。 彼は、彼女の大事にしていたティーカップを割ってしまいました。 もちろんワザとではありません。 でもそれは、彼女がイギリスでホームステイしていた時に、ホストファミリーからもらった大事なティーカップだったのです。 彼はもちろんそのことを知ってはいましたが、彼女のカップに対する「思い入れ」を理解できないでいました。 彼女はショックのあまり泣き出しました。 「そんな、たかがカップぐらいで」と彼はつい言ってしまいました。 その一言を聞いた彼女は烈火のごとく怒りだしました。 でも彼には彼女の怒りの理由がわかりません。 そのまま二人は喧嘩別れしてしまったそうです。 彼はどうしても彼女の怒りの理由が理解できず、彼女の友人に相談したそうです。 友人は彼女がどれだけイギリスで苦労したのか、どれだけ努力したのかを彼に説明し、その努力や苦労を象徴していたのがそのティーカップだったのだということを説明しました。 彼は彼女にすぐに謝ろうとしましたが、彼女にLINEをブロックされてしまい、誤ることができなかったそうです。 1ヶ月後、彼は彼女の友人を経由して、謝罪の手紙を彼女に渡しましたが、返事はなかったそうです。 3ヶ月後、彼は彼女のSNSのDMを通じて、彼女に謝罪をしたそうです。 そこから徐々にやり取りが再開し、それからさらに半年後、彼はやっと直接彼女に謝罪ができて、友人関係になることができたそうです。 そこで彼は彼女に「金継ぎ」を提案したそうです。 金継ぎは、割れた陶磁器を金で「つなぐ」ことで、割れた陶磁器を修理し、新たな価値を生み出す技法です。 二人で業者さんのもとに出向き、カップのヒビは金で縁どられ、カップは元に戻りました。 これを機に、二人は復縁に向かうことになりました。 彼にとっては些細な事、でも彼女にとっては重大なことだった、という例をお伝えしました。 ケンカ別れの冷却期間を考える際には、相手が怒っている理由もしっかり考慮したうえで期間を決めてくださいね。

多忙・長距離恋愛が原因で別れた場合の目安

遠距離や多忙によるすれ違いで別れてしまった場合は、いろいろな考え方があります。 理由が遠距離や多忙によるすれ違いのみであった場合には、多忙な状況が終了したり、遠距離で亡くなった場合にはすぐに復縁が可能なことが多いです。 でも、遠距離や多忙で会えない状況には変化がなく、それでも復縁したいという場合には、まずは1ヶ月は冷却期間を置き、それから話し合いをすることをお勧めします。 なぜ話し合いなのかというと、その状況自体を変えることができないからです。 ほかの手段で穴埋めするしかないからです。 その穴埋めの方法を一緒に考えるためにも、まずは頭を冷やす意味でのひと月です。 もし、相手がもう遠距離や多忙によるすれ違いに疲れ果ててしまっている場合には、もう少し長い冷却期間が必要でしょう。 その場合は3ヶ月は冷却期間を終了させないでください。 本当に相手のことが必要なのか、これはただの執着ではないのか、など自分の気持ちと冷静に向き合うにはどうしてもそれくらいの時間が必要だからです。

元カレ・元カノに付き合っている異性がいる場合の目安

残念ですが、冷却期間中は「もう誰のものでもない」状態ですので、魅力的な相手にはすぐに新しい恋人ができてしまいます。 この場合には、長めの冷却期間が必要です。 最低でも3ヶ月、できれば半年は冷却期間をとっていただき、新しい相手との恋の成り行きを見守ってください。 新しい恋人のどのようなところを元カレや元カノが好きになったのかを冷静に分析してもいいかもしれません。 今の自分には足りなくて、新しい恋人にはあるものが見つかったら、もうけものです。 だって、あとはそれを自分も手に入れるだけなのですから。 それから、復縁を考えても遅くはないですよ。 今よりも魅力的になったほうが、復縁の成功率は確実に上がりますので。

冷却期間を終了させるときの注意点

冷却期間のタイミングを誤ると、復縁できなくなる可能性が高いです。 それだけは絶対に避けたいですよね。 そこでこの先の記事では、どのような点に気を付けるべきなのかを具体的に解説していきます。

相手の状況を把握した上で冷却期間終了を考える

相手の状況の把握はとても大切です。 相手の状況を無視して独りよがりに行動してもうまくいきません。 例えば、相手が新しい恋愛に夢中な時期に復縁を申し入れても、無下に断られてしまうでしょう。 相手が新しい環境に順応して満たされている場合に復縁を申し入れても、「今は恋愛する気がしない」と断られてしまいそうです。 焦る気持ちはわかります。 でも復縁は一人でするものではなく、相手があって初めて成り立つものです。 ぜひ、相手の状況を正確に把握してくださいね。

連絡ができるかどうか

連絡しないで復縁するのはなかなか難しいものです。 思念伝達ができるというのなら話は別ですが、そうではないなら何らかの連絡手段を確保しなくてはいけません。 冷却期間中に全く連絡を取り合っていない場合には、LINEなどがブロックされてしまっている場合もあります。 その場合はSNSのDM機能を使ってみてください。 それもだめなら、古典的に手紙を書いて郵送するとか。 もっともっとクラシックに電報を打つとか。 共通の知人がいれば協力してもらってもいいかもしれません。 とにかく第一歩を踏み出すための連絡手段を確保してください。 まずはそこからです。

自分自身の気持ちの整理ができているか

これは本当に大事なポイントになります。 自分の気持ちの整理ができていない状態で相手に思いを伝えても、相手を混乱させるだけです。 それがなぜなのかを説明します。 学生時代のことを思い出してくださいね。 数学などの論理的な思考力を求められる科目の場合、「その問題を自分で整理できている人」に聞くと、論理的にわかりやすく教えてもらえますが、「なんとなく解いている人」の説明は本当に訳が分からないことが多いです。 なぜ「整理できている人」の説明が分かりやすいかというと、その人の頭の中で課題の整理ができていますので、問題点を順序だてて説明してもらえるからです。 「なんとなく解いている人」の場合はなんとなく解いていますので、話があっちに行ったりこっちに行ったりしてしまい、聞いているほうは結局何が何だか分からなくなってしまいます。 気持ちの整理も同じです。 気持ちの整理ができている人の意見はブレませんし、冷静に自分の気持ちを順序だてて相手に伝えることができます。 一方、気持ちの整理ができていない人の話は、あっちにいったりこっちにいったりとブレまくりますので、結局何が言いたいのかわからないことが多いです。 そんな調子で気持ちを伝えたのでは、せっかくの冷却期間が無駄になってしまいます。 ですから復縁を考える前に、自分の気持ちの整理をして、ブレがないようにしておいてくださいね。

冷却期間終了前にやっておきたい行動

冷却期間中には絶対に取り組んでいただきたい行動があります。 せっかく自由になる時間が増えるのです。 この期間にやらないともったいない…そんな復縁のために大事な行動をご紹介します。 ぜひ取り組んでくださいね。

別れた原因をしっかりと分析して改善を行う

これは絶対に取り組んでいただきたい活動になります。 別れた原因を改善できていない場合、「この人は結局、また同じことを繰り返すのではないだろうか」という印象を相手に与えてしまいます。 その場合、残念ながら復縁はうまくいきません。 一時的にうまくいったとしても、結局また同じところでつまづいてしまうからです。 ですから、復縁をしたい場合はしっかりと、なぜ分かれるに至ったのか、その理由の分析と改善を行うようにしなくてはいけません。 「別れた理由がなくなって初めて復縁が成立する」のだということを、どうかしっかりと覚えておいてくださいね。

内面や外面磨きを徹底する

これもとても大事な活動になります。 「別れた相手と同じレベルの相手」と、「別れた相手より素敵な相手」がいたら、どちらを選びますか? ほとんどの人が「別れた相手より素敵な相手」を選ぶのではないでしょうか? 素敵なのは大事なことです。 相手の気持ちを振り向かせるためにも、元カノや元カレの好みに合わせて、内面も外面も含めた「自分磨き」を行うようにしてください。 相手の好みは、交際していた時に重々理解しているはずです。 どうか冷却期間を利用して、相手を改めて「ドキッ」とさせてしまうような素敵な自分になってくださいね。

相手の状況に関する情報収集を行う

これもものすごく大事な活動になります。 「冷却期間を終了させる際の注意点」の項目でも挙げましたが、復縁終了のタイミングを間違えてしまうと、思うように復縁が進みません。 ですから復縁を試みる前に、まずは相手の状況をしっかり確認し、情報収集を行うようにしてくださいね。

友達関係を維持できるように定期的に連絡を送る

これもとっても大事な項目になります。 友達関係を続けておくことは復縁を試みるうえでとても大切な行動です。 友達でいられるということは、少なくとも嫌悪感はもうなくて、好意がある証拠だからです。 だって、誰だって嫌いな人とは仲良くしませんからね。 ですから、友達以上の関係を作れるようにするためにも、定期的な連絡はしっかりと取るようにしましょう。

冷却期間終了後の連絡の取り方・内容

冷却期間後に送る連絡の内容は、一つ一つがとても重要になってきます。 ここでは、どのような連絡を送るのが復縁には理想的なのかを、具体例を入れながらご紹介します。

電話もらった?というような何気ない連絡を送る

これは、実際には電話がかかってきていなくてもいいんです。 今、電話もらった?連絡もらった?などという何気ない、けれども「連絡をする必要がある」連絡を送ることによって連絡のきっかけを作ることができます。 何を連絡したらいいかわからない、と悩む場合にはこの手段も使ってみてくださいね。

物の貸し借りをしている件に関しての連絡を送る

同棲していた場合や、お互いの家を行き来することがあった場合に、物の貸し借りを一切しなかった、という二人はあまりいないのではないかと思います。 その場合、ものを貸してほしい、もしくは貸してあるものを返してほしいということをきっかけに連絡をするのもアリです。 特に返してほしい場合には、相手も借りているという負い目がありますので連絡がつきやすい傾向にあります。 この方法も返事が来やすい方法ですので、試してみてくださいね。

以前一緒に行きたかったところ、またはよく出かけていたところに誘う

これはある程度友人関係が深まっているときに試してほしい行動になります。 以前交際していたときに、どこか一緒に行こうと約束をしていた場合は、その場所に行ってみないかと相手を誘ってみてください。 約束をしていなかった場合には、以前の二人がよく出かけていた場所に誘ってみてもいいかもしれません。 お互いの思い出をよみがえらせながら話を重ねることで、最終的にデートにこぎつけることができる場合が多いです。 友人関係が深まってきて、次の一歩を踏み出したいな、というタイミングでぜひ試してみてくださいね。

SNSを利用して連絡が取りやすいアクションを行う

こちらはまだまだ友人になれていない場合に試していただきたい行動になります。 現時点では、LINEやメールなどの連絡が取れない。 もしかしたらブロックされたままになっているかも。 けれども、復縁するためにはどうしても連絡を取り合うことが必要になってきます。 そこで強い味方になってくれるのがSNSです。 SNSを利用すると連絡が取れるようになる場合があります。 例えばDMを利用するとか。 相手好みの画像を意識してアップし続けて、いつでも「いいね」をもらえる状態にするとか。 共通の友人がいる場合には共通の友人のSNSに参加するようにして、相手からのリアクションを引き出すという手もあります。 LINEやメールがダメだったからと言って、あきらめるのは早いです。 使えるものは何でも使いましょう。

まとめ

ここまで、別れ方による冷却期間終了のタイミングや、冷却期間中に行うべき行動についてお伝えしてきました。 復縁自体は決して楽な道のりではありません。 MIROR調べでは、復縁の可能性は30パーセントという厳しい結果も出ています。 でもこの結果、読み替えれば「3割の人は復縁に成功している」とも読むことができます。 だったらその3割に入ればいいわけです。 そのためには相手の気持ちを理解した上で改善すべき点は改善する姿勢や自分磨きが絶対に必要であることをお伝えしました。 この記事をご覧いただいた上で、実践していただいた皆様の復縁が成功しますように。 もし、復縁の過程で不安になることがあったり、お悩みやご相談があればMIRORにいつでもお申し付けください。 MIRORはいつでも復縁のご成功をお祈り申し上げております。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い