好きだけど別れた方がいいカップルとは?お互いに後悔しないため別れ方と判断ポイント

恋人との関係に少し違和感を抱くことはありませんか? 決定的な理由がないと惰性で付き合いを続けてしまいがちですが、お互いのために別れた方がいい場合もあります。 本記事では別れた方がいいカップルの特徴や別れの判断項目について紹介します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 好きだけど別れた方がいいカップルとは?お互いに後悔しないため別れ方と判断ポイント

好きだけど別れた理由

好きな気持ちがないとうまくいかないけれど、好きな気持ちだけでは乗り越えられないこともあります。 恋人のことが大好きだけど、お互いのために別れたという経験がある人は、どういった理由で別れを決断するのでしょうか。

1.価値観の違い

価値観の違いというのは、小さな違和感から始まります。 カップルとはいえ、それぞれ違う家庭で育っているので、価値観が違うのは当然のことかもしれません。 食事の時間や休日の過ごし方など、小さなことであれば擦り合わせていくことができるでしょう。 しかし、金銭感覚や将来の家庭像など、今後の人生に大きな影響を与える価値観の違いは大きなトラブルになりかねません。 話し合いで歩み寄ることのできない価値観の違いは、別れを決断する理由となるのです。

2.将来が見えない

付き合っている恋人と、将来結婚したいと考える女性は多くいます。 しかし、恋人に結婚願望がなかったり、将来のために貯金をしようとしなかったり、結婚という未来が見えなくなったときに、別れを考えるようです。 特に子供がほしいと思っている女性は、出産の年齢なども考えています。相手が変わってくれるかも、年を取ったら落ち着いてくれるかもと、相手の変化を待ち続ける余裕はないのです。

3.一緒にいても成長できない

恋人のどんなところに魅力を感じますか。 仕事に取り組む姿勢や、人を思いやる気持ちなど、自分にないものを持っている人は魅力的に感じます。そして、自分もそれに近づくために努力しようと思えますよね。 しかし、だらしがない、後ろ向きな発言が多いなど短所ばかりが目についてしまうと、自分もそれに引きずられてダメになってしまうことも…。 一緒にて成長できるかどうかは、大切なポイントかもしれません。

好きだけど別れるべきカップルの特徴

恋人との関係に違和感を抱いている、周囲に2人の関係を反対されているなど、大好きな人と付き合っていても、このまま付き合い続けていいのか不安になることがあるかもしれません。 別れるべきだと頭ではわかっているけれど、「恋人のことが好きだから」「この恋を逃したら、次に新しい恋はできないかもしれない」といった理由で、違和感から目をそらすことはよくあることです。 浮気や暴力など、決定的理由がないと別れるという決断はしづらいですよね。 別れた後で「やっぱり別れなければよかった」なんて後悔するのは避けたいもの。 では、周りが思う「別れるべきカップル」とはどういうカップルなのでしょうか。 別れるべきカップルの特徴が、あなたたち2人に当てはまるかをチェックしてみてください。

1.一緒にいても楽しくない

付き合い始めは、恋人と一緒にいるだけでドキドキして、デートの後も自然と顔がほころんでいる、なんてことありますよね。 付き合いが長くなると、最初の頃の新鮮味はなくなってしまうかもしれませんが、それは2人の関係が進んだから。 お互いに安心できる存在になっているのです。 しかし、一緒にいても楽しくないと思うようになったら危険信号。 お互いの笑顔が減っているのなら、恋人への態度や2人の関係を見直すタイミングかもしれません。

2.別れと復縁を繰り返している

離れることで相手の大切さを実感することはよくありますが、別れと復縁を繰り返している場合は要注意です。 本当に恋人を愛しているのなら、失った悲しみを知っているからこそ、そう簡単には別れを選択しないものです。 別れと復縁を繰り返すというのは、極端な言い方をすると「簡単に別れを選択している」のと同じ。 将来を見据えた長い付き合いができる人と幸せな恋愛をするためにも、復縁に頼るのではなくしっかりと別れを選択しましょう。

3.生活習慣を合わせようとしない

仕事や人付き合いなど、カップルとはいえそれぞれ自分の生活があります。 朝起きる時間や夜帰ってくる時間などの生活習慣が合うかどうかは大切です。 付き合っている間は大きな問題にならないような違いも、同棲したり結婚したりすれば自分の生活にも影響する大きな問題になりかねません。 大切なのは、今の生活習慣が違うかどうかではなく、お互いに歩み寄って合わせようとできるかどうかです。 仕事など簡単に変えられないものもありますが、歩み寄って解決できない場合は、お互いのために別れた方が平穏に暮らせます。

4.ひとりになりたくないから付き合っている

恋人もしくはあなたのどちらかが、ひとりになりたくないからと寂しさを紛らわせるために付き合っているのなら、別れるべきカップルと言えます。 誰でもいいからそばにいてほしいという考えには愛がありません。 その場しのぎで付き合い続けることはできても、愛のない関係では心を満たすことはできないでしょう。 周りのカップルが羨ましく、何か物足りないと思うことがあるのなら、2人の関係を見直すことが必要かもしれません。 幸せな恋愛をするためには、時にはひとりになる強さも必要なのです。

5.同じ喧嘩を繰り返している

喧嘩するほど仲がいいという言葉はよく聞きますが、喧嘩にも種類があります。 お互いに自分の意見を主張し合える話し合いであればカップルの仲は深まりますが、感情的に罵り合う喧嘩では仲を深めることはできません。 また、喧嘩の内容も重要。 同じことで何度も喧嘩するのはお互いに歩み寄る努力をしていないから。 すぐに劇的に変わるというのは難しいですが、歩み寄るために少しずつでも努力しなければ安定した関係を築くことができません。 何年先も同じように喧嘩をし続けるくらいなら、仲良く過ごせる人と幸せに暮らしましょう。

6.どちらかが我慢をしている

平和に過ごしているように見えても、恋人もしくはあなたのどちらかが、相手に合わせるために我慢を強いられている関係では幸せな恋愛とは言えません。 言いたいことを言えなかったり、恋人の許可がないと何もできなかったりするような上下関係は、いずれ2人の関係を破滅させます。 ありのままのあなたを出すことができず、我慢しなければ一緒にいられないような相手なら勇気を持って別れましょう。 あなたらしさを愛してくれる人はきっと見つかります。

本当に別れるべき?後悔しないための判断ポイント

恋人がいるのに、楽しいと思うことより辛いと思うことの方が多い。 恋人に違和感を抱いているし、「友達からも別れた方がいい」と言われる。 それでも好きで付き合っている人だから、勢いで別れて後悔したくないという思いがありますよね。 違和感を抱いているのは今だけで、一緒にいれば変わってくれるかもしれないと期待する気持ちもあります。 早く別れた方が幸せになるのか、別れたら後悔してしまうのか。 大きな決断をする前に、後悔しないための判断ポイントをお伝えします。

1.恋人の事を信頼できるか

よほど辻褄が合わない内容でない限り、恋人が嘘をついているのかどうかを見破ることは難しいものです。 見破れないからこそ、あなた自身が恋人を信じられるかどうかが非常に重要です。 たとえば、恋人と長時間連絡が取れない場合。 真っ先に浮気を疑ってしまうのなら、それは愛情ではなく依存です。 2人の関係はいずれ、お互いを苦しめるものとなってしまうでしょう。 反対に、恋人と連絡が取れないときに何をしているか想像がつく、もしくは事故に遭っていないかなど身の危険を心配するような場合は、カップルとしての関係は続けていけるでしょう。

2.お互いに歩み寄ろうと努力できるか

付き合っているとはいえ別の人間である以上、考え方や生活習慣の違いは必ずあります。 恋人とのすれ違いを感じた時、しっかり向き合ってお互いに歩み寄ろうと努力ができる関係であれば、時間がかかっても2人の関係は良好なものになる可能性が高いです。 反対に、話し合いの場を作ることができない相手や、あなたばかりが歩み寄らなければならない関係なら別れを決断しましょう。 いくら恋人のことが好きでも、我慢ばかりでは、居心地のいい関係を築くことができません。

3.恋人と一緒にいる自分が好きか

別れるか迷った時に一番考えてほしいのは、恋人と一緒にいる自分のことが好きかどうかです。 いつも悩んで愚痴ばかり言っている自分、友達カップルを妬んでいる自分、喧嘩して泣いてばかりいる自分。 恋人と一緒にいるとき、恋人のことを考えているとき、あなたはどんな表情をしていますか。 その表情をみた友達や家族は、あなたたちの関係をどう思いますか。 あなたは恋人以外にも、たくさんの人から愛されています。 その人たちに心配をかけている原因が恋人との関係だとしたら、勇気を持って別れましょう。 一時的に寂しいかもしれませんが、慰めてくれる人が必ずいます。

恋人との後悔しない別れ方

いざ恋人と別れるとなったら、どのように相手に伝えればいいのでしょう。 好きで付き合った人だからこそ、後悔しない別れ方をしたいもの。 トラブルなく別れるための準備や伝え方を確認しましょう。

別れる前の下準備

急に別れ話を切り出しても、本気だと捉えてもらえないことがあります。 特に、別れと復縁を繰り返していたカップルは、今までと同じパターンだと思われ簡単に別れることができますが、完全に関係を終わらせることは難しくなります。 別れ話をする前に、あなたの心が恋人から離れていることを気付いてもらうための行動をとりましょう。 具体的には、LINEの返事を遅らせる、理由をつけてデートの誘いを断るなどです。 恋人に、なんとなく避けられていると思わせることで、別れの前兆を感じさせましょう。

トラブルなく別れるための注意

恋人に不穏な空気を感じさせたら、いよいよ別れ話です。 トラブルなく別れるために気を付けるポイントを抑えましょう。

1.直接会って話す

いくら別れるとはいえ、好きで付き合った相手です。 別れ話はLINEや電話で済ませるのではなく、直接会って伝えましょう。

2.2人きりにならない

別れ話は、落ち着いたカフェなど、必ず第三者の目がある場所でしましょう。 2人きりだと感情的になって喧嘩になったり、危害を加えられたりする危険もあります。

3.相手の気持ちを聞く

恋人の言い分を聞かず一方的に別れ話をすると後悔します。 恋人との最後の話し合いだと思って、相手の言い分や気持ちをしっかりと聞いてあげましょう。

恋人と別れるべきかもしれないと思ったら、後悔しない選択を

付き合っていることがつらくても、大好きな人と別れるというのは悲しいですよね。 決断するのはとても勇気がいることです。 しかし、ずっと悩み続けて辛い時間を過ごすより、しっかりと別れて新たな恋愛への一歩を踏み出す方が幸せなこともあります。 別れは悪いことではありません。お互いのために別れた方がいいこともあります。 別の人間同士、合わないことがあっても仕方ないのです。 勇気ある決断の先には、必ず幸せな未来が待っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い