彼にプロポーズされたい!結婚を意識させる行動と手放したくない女性の特徴

彼氏からのプロポーズは、女性にとって憧れの一つ。 好きな人に結婚を申し込まれることは何にも代えられない喜びです。 一方で、交際が長いのになかなかプロポーズされない状況に悩まされる女性もいます。 彼の本音を探れたなら、少しは心構えが変わるかもしれません。 この記事ではプロポーズの言葉を引き出す行動をご紹介しつつ、プロポーズしてくれない彼の本心として考えられることを解説します。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 彼にプロポーズされたい!結婚を意識させる行動と手放したくない女性の特徴

彼氏が結婚を決意した瞬間は?

彼が、今の彼女にプロポーズしようと決意したのはどのような瞬間でしょうか。 これまでの関係に転機が訪れたとき、ライフステージの選択の一つとして結婚を決める人も多いようです。 よく挙げられる例をいくつか見てみましょう。

お互いの仕事が落ち着いた

激務にひと段落がついた、昇進して給与がアップしたなど、仕事の落ち着いたタイミングで結婚を決めることはよくあります。 彼は自分の仕事だけでなく、あなたの仕事を気遣ってくれていることも。 仕事の話も適度に情報交換して、お互いにベストなタイミングで結婚へと踏み切りましょう。

交際期間が長くなった

交際期間が長くなれば、自ずと結婚を考え出すものです。 目安として3年以上お付き合いが続くと、「この人とは長く一緒にいても大丈夫」「このまま結婚したい」と思い始めます。 また、お互いに子どもが欲しいと思っているなら、妊娠や出産の適齢期を意識することもあるでしょう。 30歳の節目の年を選んでプロポーズする彼もいるようです。

転勤で遠距離になりそう

仕事で転勤が決まり、彼女と遠距離になりそうだと感じたことも結婚を考えるタイミングの一つです。 離れていても夫婦ならお互いの絆を信じられ、場合によっては結婚を理由に転勤を断れることもあります。 あるいは、転勤が決まった後に「付いていく」と彼女が言ってくれたために、彼女の思いに応えたいと結婚を決意した人もいるそうです。

両親に孫の姿を見せたい

親に孫の顔を見せてあげたい、と思ったことが結婚の契機となったパターンです。 初孫ができるのはおめでたいこと。 子ども好きな両親なら特に喜び、可愛がってくれることでしょう。 両親や祖父母に自分たちの結婚式を見せてあげたい、と親孝行の心がある彼なら新しい家庭も大事にしてくれそうですね。

早い段階でもプロポーズされる女性の特徴

付き合って半年や3ヶ月など、早い段階でプロポーズされた話を聞くと「どうしてそんなに早く!?」と驚きますよね。 早い段階でもプロポーズされる女性にはどのような特徴があるのでしょうか。 ポイントとして、家庭をともにする存在としてのイメージや、一緒にいる上での居心地の良さが鍵になっているようです。

家庭をイメージできる

「家庭的な女性」と表現されるように、家事ができる・料理ができる・病気の看病をしてくれる、お金のことをきちんと考えられるといった安心感は重要です。 女性から見ても、家事が全くできない男性や、散財ばかりしている彼氏では結婚の不安要素になります。 「この人となら暮らしていけそう」と思えることがポイントです。

一緒にいて楽しい

一緒にいて楽しい相手なら、ずっとそばにいたいと思うでしょう。 会話が楽しい、笑いが絶えない、一緒に趣味に打ち込めるなど、楽しく過ごせる彼女なら彼は結婚を意識します。 自分らしく自然体でいられる相手だと感じられることも大切です。

落ち込んだときや悩んだときに支えてくれる

つらいときに彼女が支えになってくれた経験が、結婚の決め手となることも少なくありません。 そばにいて安心感のある優しい人、献身的な人、癒される人と生涯をともにしたいと思って結婚を決意するのです。

守ってあげたくなる

頑張り屋の彼女が自分だけに弱音を吐く姿を見ると、男性は「俺が守ってあげないと!」という気持ちが高まります。 天然でおっとりしている彼女や、繊細で傷つきやすい彼女なら、「僕がそばにいて支えたい」と男気を見せるかもしれません。 守ってあげたくなる彼女かどうかも、結婚を決める要素の一つです。

彼氏にプロポーズを意識させる行動

では、プロポーズされるにはどうすべきでしょうか。 彼をその気にさせる方法を駆使して、結婚を意識させればプロポーズのチャンスが巡ってくるかもしれません。 猛アピールをして重圧をかけるのではなく、今までの良い関係をさらにステップアップさせたいと前向きに考えることが大切です。 具体的な行動の例をいくつかご紹介します。

手料理を振る舞う

彼女からおいしい手料理をご馳走されたら、きっと彼は嬉しくなりますよね。 胃袋を掴むためにおうちデートで彼の好物を作ったり、スイーツを作ってプレゼントしたりするのも良い方法です。 料理が得意な人、細やかな家事ができる人のイメージが付けば将来の家庭も想像しやすくなります。 結婚したらいつでも食べられる、とプロポーズを考え始めるかもしれません。

一緒に貯金を始める

「一緒に貯金を始めたい」とあなたから提案してみましょう。 長く一緒に暮らしていくなら、生活の資金はそれなりに必要です。 ゴージャスな挙式や子育てを想定しているのであれば、なおさら貯金を用意しておくべきでしょう。 あなたが彼との結婚を視野に入れていると気づかせるきっかけにもなります。 普段の生活でも、節約をしたりお金の勉強をしたりしている様子を見せれば堅実な人と思われるでしょう。 彼が経済面に不安を感じているなら、その解消にも繋がります。

彼氏の両親や友人と仲良くする

彼のご両親や親しい友人と仲良くなり、外堀から埋めるのも一つの方法です。 特に、ご両親との仲は大切。 良い人だと思われれば、結婚を後押ししてくれるかもしれません。 会いに行ったり、年賀状やお歳暮を贈ったりして縁を育てましょう。 もし同棲をしていないなら、同棲スタートを機にご両親へ挨拶したいと言えば不自然ではありません。 自分の両親を紹介するタイミングとしても最適で、「それなら籍を入れては?」と助言されるケースもありそうです。

将来について話す

「こないだ〇〇ちゃんが結婚して」「会社の先輩たちが結婚ラッシュで」など周りの結婚状況について話してみましょう。 特に同世代が結婚しているとわかれば現実味もあり、彼が将来を真剣に考え出すかもしれません。 住みたい家や理想的な休日の過ごし方、子どもがほしいかどうか、いつまでに結婚したいかを話すのも彼に将来を意識させるきっかけになり、価値観が合っていれば「この人と結婚したい」とプロポーズに至る可能性が十分あります。

彼にとって理想の女性になる

さまざまな方法をご紹介しましたが、彼がどのような女性と結婚したいかを知ることも重要です。 パートナーが結婚相手に求める条件を聞いて、満たす女性になれば「彼女が理想の女性だ」と気づき、彼をプロポーズへと駆り立てます。 「どういう人だったら結婚したいと思う?」とさりげなく聞いたり、彼が普段どんなことに喜んでいるかを観察したりして、彼の理想に近づく努力をしてみましょう。

自分から気持ちを伝える

彼氏がなかなかプロポーズしてくれない!私はもう待てない!と思ったら逆プロポーズという切り札もあります。 彼に思いを伝える場をセッティングして、率直に気持ちを伝えましょう。 奥手の彼なら、あなたから気持ちを伝えてくれたことにきっと感謝してくれます。 後日、彼から改めてプロポーズされる嬉しい展開もあり得るでしょう。

プロポーズされたいのに…されない理由と男性の本音

「もう付き合ってから長いのに…」「周りの友達がどんどん結婚していく、私もアラサーなのに…」と、彼氏からプロポーズされないことに不満を抱えていませんか? なぜ彼はプロポーズしてくれないのでしょうか? そこには、思いもよらない彼の本音が隠されていることがあります。 プロポーズされないことに悩んでいる方は、思い当たる節がないかチェックしてみましょう。

シンプルにめんどくさい

入籍することに心理的なハードルの高さを感じているのかもしれません。 あなた自身に問題があるわけではなく、「結婚」や「将来」を考えるよりも今は楽しい時間を謳歌したい、めんどくさくて考えたくない、と思っている可能性があります。 この場合は彼の気持ちを尊重して合わせるか、先に紹介したプロポーズの言葉を引き出す行動で彼を振り向かせましょう。

「今じゃない」と思っている

誠実な彼ほど意外と多いのがこの理由。 結婚を前向きに考えてはいるけれど、「今じゃない」という気持ちが強いのです。 特にビジネスを一生懸命に頑張っている男性、起業を目標にしている男性ほどありがち。 仕事を最優先にしたいから結婚は落ち着いてからがいいと思っているか、家庭を優先して彼女を幸せにできるまで待ってほしいと思っているかが多数でしょう。 彼女の気持ちは知りつつ、今はそっとしておいてほしいのが彼の本音です。 もし今の彼と結婚したいなら、彼の生き方や考えにも共感しましょう。 自分を信じて待ってくれる彼女、やりたいことをやらせてくれる彼女なら絶対に幸せにしたいと思ってくれるはずです。

実は検討していない

残念ながら今の彼女とは結婚を考えていなかったり、そもそも結婚願望がなかったりするパターンです。 結婚を検討していないから、プロポーズの素振りはなくて当然。 将来に関する話も出てこないでしょう。 もしあなたが結婚を望んでいるなら、説得に出るか諦めるかの選択肢になりそうです。

彼女の発言で結婚したくなくなった

結婚は男性にとっては責任が伴い、人によっては荷が重いと感じてしまうのも事実です。 それでも準備をしていたのに、あなたの心ない発言で台無しにしてはいませんか。 プロポーズされたいときに逆効果になる、言ってはいけない内容は次の通りです。

結婚を急かす発言

「いつ結婚するの?」と率直に聞く、「周りは次々と結婚しているのに」と遠回しなプレッシャーを与える。 どちらも彼に結婚を急かす発言であり、自分勝手な人だと思われてしまいます。 特に結婚のタイミングを見計らっている彼は、あなたの失言で一気に気持ちが冷めることもあるので要注意です。

仕事や収入に関する指摘

「沢山稼いでほしい」「給料が安い」などお金に関する要求や不満は、家族を養うことへのプレッシャーを与えるばかりか彼自身のプライドも傷つけます。 彼を不愉快にさせてしまい、結婚が遠のく要因にもなりかねません。 また、意外に落とし穴となるのが「専業主婦になりたいと公言する」ことです。 彼女を金銭的に支えなければならない、とわかれば経済力に自信のない彼は結婚への意欲をなくします。

結婚願望がないかのような発言

「別に結婚なんてしなくても」「女一人でも生きていける」といった発言は男性に媚びないサバサバ系の女性にありがちですが、本当に結婚願望がないと捉えられる可能性もあり得ます。 素直に気持ちを表現することが大切。 見栄を張って気丈に振る舞うのもほどほどにしましょう。

プロポーズされるかも!彼が見せる前兆は?

プロポーズを予感させる前兆があれば、期待値は一気に高まります。 いつもと違う彼の行動を見て、確信に至ることもあるのではないでしょうか。 もしかしてプロポーズしてくれるかも?と思える彼の行動をいくつかご紹介します。

結婚の話題が増える

友人の結婚式の話をしたり、理想のウエディングの話をし始めたりと、何かと結婚の話が増えたら彼が結婚について考えているサインです。 近いうちにプロポーズしたいと思っているのかもしれません。 彼の話を興味深く聞きながら、彼自身の考えもうまく探ってみてください。

両親に挨拶したいと言い始める

彼にとって、彼女の両親に会うのはちょっぴり勇気のいること。 それでもお会いしたい、挨拶したいと言ってくれるのはご両親と良好な関係を築きたいと思ってくれている証拠です。 彼からの「娘さんを僕にください」が聞けるかもしれません。

高級ディナーやホテルに招待される

誕生日や記念日にお洒落なレストランや豪華なホテルを用意されたら、いよいよプロポーズが近いかも!?と期待が高まります。 ムードのある場所でプロポーズしたいと思っている彼なら、その瞬間に向けて入念に準備をしていることでしょう。

指輪を探し始める

ジュエリーショップを調べたり、彼女の指のサイズを知ろうとしたりと、指輪を買おうとする素振りがあったら念願のプロポーズが待っている可能性は高いでしょう。 婚約指輪や結婚指輪を選んでいると考えられます。 気づいたら彼がじっとあなたの手元を見ている、なんてことも。

プロポーズのベストなタイミングや場所は?

いよいよプロポーズ!近年ではプロポーズのやり方も多様化し、女性からもさまざまなニーズが上がるようになりました。 最後は理想を叶えるプロポーズのシチュエーションについて、人気の高いパターンをいくつかご紹介します。

誕生日や記念日など特別なタイミング

誕生日にプレゼント代わりのプロポーズを贈るのは夢がありますね。 付き合い始めた記念日や、クリスマス、バレンタインデーなどの行事の日なら特別感もあり、覚えやすいというメリットもあります。 彼がその日を選んでくれたことに嬉しくなるものです。

夜景の見えるレストランなどムードのある場所

ホテルのスイートルームや、旅行先はスペシャル感も満載。 食事の後にバラの花束や動画のサプライズを用意するような、手の込んだプロポーズに思わず涙する人もいるのではないでしょうか。 好きなテーマパークでのプロポーズも女性が憧れるシチュエーションの一つです。

日常のさりげない瞬間

近年でニーズが増えているのが、自宅や散歩中など日常的なシーンでのプロポーズです。 公共の場でのプロポーズやフラッシュモブのような派手な演出を敬遠する人もいるもの。 加えて、ロマンチックな愛の言葉よりも「そろそろ結婚しようか」「これからもずっと一緒にいよう」といった作り込みすぎない告白に心動かされる人もいます。 何でもないときに自然体で言われるほうがグッとくる、といった心理を見事に捉えたシチュエーションです。

プロポーズされたいなら、彼に寄り添いつつアピールを!

プロポーズされたい!と思ったら、彼に結婚を意識させる行動で少しずつアピールをしていきましょう。 もちろん、相手のことも考えて行動するのが大切です。 彼の理想像や価値観にも理解を示し、寄り添いながらも「あなたと結婚したい」という素直な思いを言葉や行動で表してみてください。 素敵なプロポーズをされて、末長いお付き合いになることを願っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い