既婚者同士のLINE事情。「おはよう」「おやすみ」のやりとりに隠された心理とは。

既婚者だからといって、他の異性とLINEをしてはいけないということはありません。職場の同僚や異性の友達とLINEで他愛もない話をすることもありますよね。しかし、既婚者男性からくる「おはよう」や「おやすみ」といったLINEはどうでしょう。挨拶をするのは変なことではありませんが、毎日かかさず送られてくるのは、特別な意味があるかもしれません。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 既婚者同士のLINE事情。「おはよう」「おやすみ」のやりとりに隠された心理とは。

毎日おはようやおやすみLINEをする既婚者同士の関係

既婚者同士で、毎日LINEを送り合う仲というのはあまり聞きませんよね。しかもそれが「おはよう」や「おやすみ」の挨拶を送り合っているとなると、ふたりの関係はより深いものなんじゃないかと思ってしまいませんか? LINEを送り合うことはもちろん悪いことではありません。しかし、そのLINEのやりとりの裏には、彼の人には言えない心理が隠されているかもしれませんよ。

毎日おはようおやすみLINEをする既婚者同士、相手の心理は?

「既婚者同士だから、ほかの異性に恋愛感情を抱くことはない」「LINEをすることにも特別な意味なんてない」なんて思っていませんか? 毎日している「おはよう」や「おやすみ」というやりとりの裏には、相手の男性の意外な心理が隠されているかもしれません。

恋愛を楽しんでいる

お互いに既婚者同士なので、「おはよう」や「おやすみ」を言う相手は家にいるはずですよね。あなたにも旦那さんがいるように、彼にも奥さんがいます。家族がいるにもかかわらず、あなたに「おはよう」や「おやすみ」というLINEが送られてくるのには特別な意味があります。 彼は隣で寝ている奥さんの「おはよう」より、会えないあなたの「おはよう」を聞きたいと思っているのかもしれません。また、彼から「おはよう」というLINEがくることで、あなた自身も喜んでいると彼は思っています。 「おはよう」や「おやすみ」のLINEで、結婚してからは味わうことのできない、独身時代のような恋愛を楽しんでいるのです。

相手の気持ちを確かめたい

あなたも彼も、お互いに惹かれていることを自覚している場合。既婚者同士の恋愛はフリー同士とは違い、お互いに相手がいるということが大きな障害になります。 障害があるからこそ恋は燃え上がるとも言いますが、お互いに相手がいるということは心理的な不安も大きいもの。「自分との関係は遊びかもしれない」「いつ離れてもおかしくない」という不安がつきまといます。 だからこそ、相手の気持ちがまだ自分に向いていることを確かめたい思いから、毎日「おはよう」や「おやすみ」といったカップルしかしないLINEのやりとりをしているのかもしれません。返事が来るということが、相手の気持ちが冷めていない証拠だと考えているのです。

「おはよう」は会話のきっかけ

あなたとLINEをしたいと思っているけれど、あなたがどう思っているか分からない、という場合は挨拶を通して様子を伺うことがあります。質問を投げかけたり普通の会話をしたりしてあなたから返事が来ないと傷ついてしまうので、挨拶を通してあなたの反応を見たいのです。 普通に返信がきたら、その後は会話を進めていきますが、返信がなかったりスタンプ1つでLINEが返ってきたりするようなときは「今は会話をするタイミングではないのかも」と慎重になります。 あなたが会話できるタイミングなのか、会話をしたいと思っているのかを知るきっかけとして送っているのです。

「おやすみ」は会話を終わらせる合図

フリー同士のカップルであれば、夜遅くまでLINEをしたり電話をしながら寝落ちしたりできるかもしれませんが、既婚者同士の場合はそうはいきません。既婚者同士の場合は、家に帰ればお互いの相手がいます。四六時中LINEをしたり夜に電話をしたりしていたら、家族に怪しまれてしまいますよね。 家族と生活しているからこそ、連絡を返せない時間があるのです。連絡をもらっても返すことができないと心苦しいため、今から返信はできなくなるということを伝えるために「おやすみ」と送る男性もいます。 もちろん、寝る直前にあなたを想ってLINEをしている場合もあります。

習慣になっている

共通の趣味や子育ての話など、日をまたいでLINEのやりとりをしている期間がある場合、律儀な男性は日が変わるたび「おはよう」と挨拶をするでしょう。それが何日も続くと、あなたとLINEをすることが彼の日常の一部になっていきます。特に話題がなくても、習慣的に「おはよう」と連絡をするようになるのです。 人は、当たり前だったものがなくなると違和感を覚える生き物です。今まで当たり前のようにあなたに連絡を取っていたから、急に連絡をしなくなると違和感を覚えるのです。 特に意識せずとも自然に連絡を取る仲になっているのは、自覚はなくてもふたりの距離がとても近づいている証拠ともいえます。

毎日おはようおやすみLINEをする既婚者は脈あり?

挨拶をするのは自然なこととはいえ、毎日「おはよう」や「おやすみ」とLINEをしている相手の事は特別に感じてしまいますよね。彼にとっても、あなたは特別な存在なのでしょうか。

向こうからLINEがくるなら脈あり

「おはよう」や「おやすみ」のLINEが毎日かかさず男性から送られてくるのなら、脈ありの可能性が高いです。彼の送る「おはよう」と「おやすみ」のLINEには、それぞれどんな意味が込められているのでしょうか。

おはようLINEは、彼の1日の気分を上げる

朝は1日のはじまりのとき。その日の朝に何をするかで、その1日が大きく変わります。 平日の朝、仕事に向かう前はほとんどの人にとっては憂鬱な気分ですよね。中には朝起きるのがつらいという人もいるでしょう。 そんな朝一番にあなたにLINEを送るのは、あなたとLINEのやりとりをして気分を上げたいと思っている証拠です。あなたに好意を寄せていることは、男性自身も自覚しています。

おやすみLINEは、「好き」の表現

寝る前のリラックスしているときは、嫌なことや嫌いな人のことは考えたくないですよね。また、気を遣う相手とやりとりをしたいとも思いません。 彼が毎日かかさずあなたに「おやすみ」とメッセージを送るのは、リラックスしている時間に無意識にあなたを想っている証拠。「おはよう」という挨拶は多くの人と交わす言葉ですが、「おやすみ」という挨拶は、限られた人としか交わさない特別な言葉なのです。

あなたから送っている場合は、気を遣っているのかも

律儀な男性は、どんな些細な内容でも返信をします。それが例えスタンプだけだったとしても、自分で会話を終わらせることに対して違和感を覚える男性がいるのは事実です。 あなたから「おはよう」や「おやすみ」と送って彼が返信するのは、自分でLINEを終わらせたくないからという可能性もあります。 あえてLINEを送らない日を作ってみて、彼からメッセージがあるかどうかによって脈ありなのかそうでないかが見えてくるかもしれません。

どちらとも送っているのなら心地よい関係

毎日彼から送られてくるわけでも、あなたから送っているというわけでもなく、お互いになんとなく送りあっているのは心地よい関係が築けている証拠です。 彼やあなたのどちらかが一方的に相手を追いかけているというわけではない、バランスの取れた関係と言えるでしょう。お互いに連絡をすることが当たり前になっているふたりの距離は、あなたが思っている以上に近いものかもしれません。

毎日おはよう・おやすみLINEをする既婚者が更に距離を縮める方法

毎朝「おはよう」と送りあっているし、寝る前には「おやすみ」と送りあっている。ふたりの距離は近いはずなのに、なかなか前に進むことができない。そんなときは、どうしたらいいのでしょうか。

「おはよう」「おやすみ」に一工夫

普通に「おはよう」「おやすみ」と言うのもいいですが、毎日同じことをしていたのではマンネリ化してしまいそうですよね。そんなときは、少し変化を取り入れてみませんか? お天気のいい朝はただ「おはよう」と送るのではなく、部屋の窓から見た景色の写真を添えてみたり、月がきれいな夜は「おやすみ」という言葉に月の写真を添えてみたり。ほんの少しのことでも、いつもと違うことに新鮮味を感じるものですよ。

彼の予定に触れる

「おはよう」「おやすみ」以外にも、彼との会話の中でいろんな話をしましょう。彼の仕事のことや趣味のこと、休みの日に何をしているのかなど、彼の予定を自然に把握できるようになることが理想です。 仕事で大切な会議がある日には「今日は大切な会議の日だよね?」と一言添えましょう。彼は「そんなこと覚えてくれてたんだ」と嬉しい気持ちになるはずですよ。 相手を思いやる気持ちは、独身既婚関係なく人の心を動かすものです。

あなたの好意を伝える

お互いに既婚者だからこそ、距離を縮めるのには慎重になるものです。不倫という関係には大きなリスクが伴うことを理解しているからこそ、男性も簡単には距離を縮める行動を取ることができません。 あなたから、「結婚しているけどあなたに興味があります」という態度を示さない限り、彼が距離を縮めることはないと思っておきましょう。 あなたの好意が伝われば、彼も勇気を出して一歩踏み出してくれるはずです。

あなたに「会いたい」と思わせる

LINEはあくまでも連絡手段です。LINEのやりとりをどれだけしても、彼との関係を進展させることはできません。LINEの目的は、相手に「会いたい」「もっと話したい」と思わせること。 仕事や趣味など、彼の得意分野を聞き出したら、それについて詳しく聞きましょう。誰だって自分の得意分野を話すのは気分がいいもの。自分を気分よくさせてくれる相手とは、多くの時間を共にしたいと思うものです。彼とLINEするときは、彼の「会いたい」を引き出すことをゴールにしましょう。

ふたりで出かける

彼との距離を縮めるためには、直接会って多くの時間を共にすることが一番の近道です。会う場所はどこでも構いませんが、お互いに既婚者である以上は自分たちの家族に気付かれない工夫が必要です。 近場では気付かれてしまうのなら、ふたりで遠くに出かけるようにしましょう。非日常的な気分を味わうことができるうえに、より長い時間を共にすることで距離を縮めることができます。行ってみたい場所ややってみたいことなどを、彼に提案してみてもいいかもしれません。

LINEのやりとりだけで満足できないなら、自分に素直になろう

結婚していても、誰かを好きになる気持ちは止められるものではありません。 旦那さん以外に好きな人ができることも、仕方のないことなのかもしれません。 人生は一度きりです。あなた自身の気持ちとしっかり向き合って、後悔のない道を選べることを祈っています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い