忘れられない人がいるまま結婚した場合の対処法を紹介!離婚のリスクも解説

幸せなはずの結婚生活。優しいパートナーがいて、みんなに祝福されたはずなのに、心の中に忘れられない人がいる…。誰にも相談できずに苦しんでいる人のために、結婚したのに忘れられない人がいる時の対処法をまとめました。リアルな体験談から離婚のリスクまで、ぜひ参考にしてみてください!

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 忘れられない人がいるまま結婚した場合の対処法を紹介!離婚のリスクも解説

忘れられない人がいるまま結婚していいの?

結婚はパートナーと永遠の愛を誓い合うもの。それなのに、忘れられない人がいるまま結婚していいのでしょうか?すでに結婚して悩んでいる人や、これから結婚を控えていて不安になっている人は、気になるところだと思います。 どちらにしても、心の中にある忘れられない人に対する気持ちに向き合っていく必要があります。そのまま結婚生活を継続するか、もしくは離婚という選択をとるか…。 忘れられない人がいるまま結婚した時のいろんなパターンを解説していきます!

・忘れられない人がいるまま結婚した人は意外に多い!

実は忘れられない人がいるまま結婚した人は、意外に多くいます!結婚しているため周りには言わずに心の中で密かに思い続ける人がいることは珍しくありません。 長く片思いをしていた相手、結婚すると思っていた元彼、今までで一番好きだった人など、人それぞれいろんな種類の忘れられない人がいます。実際に恋心を抱き続けている場合もあれば、淡い青春の思い出として大切にしていたり、気持ちの抱き方も人によって違うようです。 特に未練を感じやすい相手が、長く付き合っていた元恋人です。大好きなまま別れた場合は、今もお互いにとって特別ない相手のまま、会うことはないけれど思い合っていることがあります。

・結婚生活を送るうちに自然と忘れることがほとんど

忘れられない人がいるまま結婚したとして、そのままずっとその気持ちを抱き続ける人が少数派。マリッジブルーで過去の恋愛に未練を感じることもあるので、その場合は結婚生活が安定してくると自然に忘れることが多いようです。 初めての結婚生活は希望もあれば不安ももちろんあるでしょう。「もう一生ときめく恋愛をできないのか…」と思ってしまい、元恋人を忘れられなくなってしまうこともあります。でも、時間とともに夫婦間の絆が深まっていくとそんな気持ちはどこかにいってしまうようです。 結婚したのに過去の恋愛を忘れられなくて苦しんで気持ちは、時間が経てば解決する可能性が高いです!

・忘れられない人から連絡がきて不倫関係になる場合も

結婚した後に忘れられない相手から連絡がきたのをきっかけに、不倫をしてしまう人も少なからず存在します。結婚している手前、忘れられない気持ちがあっても自分から積極的に動く人はいません。そんな時相手から誘われたら、その誘惑に勝てなくなってしまうのです。 一度だけご飯に行こうと決めても、好きな人を前にしたら気持ちが止められなくなってしまいます。その結果、パートナーを裏切ることに…。不倫はいいとこ取りで最初はラクに思えますが、いつか絶対にその責任を負う日がやってきます。欲に溺れて、自分の首を絞めることになるでしょう。 もし本当に忘れられない人がいるなら、リスクは承知の上で離婚という選択肢も視野に入れてください。

忘れられない人がいるまま結婚した人の体験談

忘れられない人がいるのに結婚した人は、周りの目があるためその悩みを誰にも相談しません。そのため、友達や知り合いから体験談を直接聞くことは難しいです。でも、実際にあなたと同じ経験をしている人は存在します!ネットで匿名だからこそ、赤裸々に語られる体験談。自分に重なるところがあるかもしれません。 これを読んで、今後の自分の未来を予想してみてください。心の中にある未練とどう向き合えばいいか、ヒントになることがきっとあるはずです!

・初めて付き合った彼女を忘れられないAさん

Aさんにとって、初めて付き合った彼女は特別な人でした。学生時代からいろんな思い出を彼女と過ごし、長い期間一緒にいて結婚まで考えていたそう。でも、Aさんの転勤により遠距離恋愛からの破局。かなり落ち込んで引きずっている時に出会ったのが、Aさんの妻になる女性です。 元カノとは真逆の性格に戸惑いながらも付き合い、押しに負けて1年交際してプロポーズ。結婚当初はマリッジブルーに陥り、元カノのことばかり考えてため息をついていたAさん。でも次第に幸せな家庭に安心感を覚えて、未練が薄れていったようです。 今でも元カノのインスタはチェックするけど、戻りたいという気持ちはなくなったと言っていました。

・大好きだった元カレと密かに連絡をとるCさん

Cさんは結婚3年目。新婚気分も落ち着き、夫婦仲も良好。絵に描いたような幸せな結婚生活を送っています。でも、そんなCさんは夫に秘密にしていることがあります。それは元カレと連絡をとり合っていること。Cさんが結婚したことを知った元カレからLINEがきて、それ以来頻繁に連絡をとっているそうです。 最初はぎこちなく返していたCさんも、だんだんと元カレと付き合っていた頃の楽しさを思い出しLINEが息抜きに。夫の愚痴や、懐かしい思い出話など、親友のような感覚でメッセージを送り合う二人。今度久しぶりに会う約束を取り付けたけど、もちろん夫には内緒です。 罪悪感はあるけど、今後も関係は続けていくつもりだそうです。

・昔の恋人が忘れられず離婚したDさん

結婚して1年、やっぱり元カレが忘れられないと夫に伝えて離婚したDさん。もともと婚活パーティで知り合った二人は、お互いの結婚の条件が一致しただけで恋心はなかったそうです。結婚してくれない元カレと別れて、スピード婚したものの気持ちがついていかない日々。結婚生活への憧れも崩れ去り、結婚できなくても好きな人と一緒にいたいという気持ちが大きくなっていったそうです。 もちろん離婚話は大揉め。家族からも縁を切られてしまい、友人も疎遠になってしまいました。元カレとは再会できたものの婚約者がいて、Dさんは浮気相手としてつらい日々を送っているようです。離婚したことに後悔はないけど、未来が不安だと教えてくれました。

忘れられない元恋人がいるまま結婚した場合の対処法

「元恋人が忘れられないままの結婚生活がつらい…」 「忘れたいのに忘れられないし、夫への罪悪感もあって苦しい」 元恋人を忘れられないまま結婚した場合、どういうふうにその気持ちに対処したらいいのでしょうか?ふとした瞬間に思い出したり、夫と比べてしまったり…。忘れようと思っても、未練が強い人ほど忘れられなくて苦しみます。 どうすることもできないのがわかっているからこそ、早く未練を手放したいですよね。なんのしがらみもなく、幸せな結婚生活を送りたいと思ってしまうでしょう。 そんな人に向けて、忘れられない元恋人がいるまま結婚した時の対処法をまとめました!モヤモヤした気持ちを手放す参考にしてみてください!

・元恋人と別れた原因を思い出す

忘れられない元恋人がいる人は、その相手と別れた原因を思い出しましょう。過去の恋愛は時間が経てば経つほど美化されていきます。忘れられない気持ちがあったとしても、別れたということは二人の関係に問題があったはずです。どれだけ好きでも、自分が無理したり背伸びしたりする必要がある恋愛は幸せになれません。 今ならうまくやっていけそうな気がするのはほとんど気のせいです。なぜなら、人の性格はそう簡単に変わらないから。成長することはできても、その人の本質が180度変わることはありえません。別れたときの苦しい気持ちを思い出せば、未練すらも思い出の一つとして割り切ることができますよ。

・結婚生活にはときめきよりも安心感が必要だと考える

結婚したのに元恋人に未練を抱き続けている人は、過去の恋愛と結婚生活を比べてしまっている人が多いです。ときめきがある初々しい恋愛と、生活を共にしていく結婚生活は本来比べることができません。全く別物と思った方が良いでしょう。 穏やかで安心感のある夫との生活に物足りなさを感じるなら、あなたが理想とする人生は結婚では得ることができません。ときめきは不安と表裏一体。まだ信頼関係が出来上がっていないからこそ、相手にときめくのです。それが徐々に家族としての信頼に変化し、ときめきは落ち着きます。結婚はまさしくその形を表しています。 実は、穏やかな安心感の方が恋愛関係の成熟度でいうと上なんです!

・過去よりも今の幸せに目を向けて感謝する

元恋人との楽しかった思い出ばかりを思い出してため息をついていませんか?過去の恋愛は美化されて当然。大体の人が、過去の恋愛はほろ苦くて恥ずかしい大切な思い出として扱っているのです。たまに思い出して、浸ってしまうのは不思議なことではありません。 今の幸せに気がつけない人ほど、過去に執着します。「昔はあんなに楽しかったのに…」と今と比べては落ち込んでしまい、それを未練のように感じてしまうのです。大切なのは、今ある幸せに気がつけること。どんなに小さなことでも感謝をすること。 これを機に、自分の幸せの価値観をアップデートしてみてもいいかもしれませんね!

・パートナーとの仲をもっと深める

夫との関係性がうまくいっていない人は、元恋人を思い出してしまう傾向があります。そんな時は元恋人ではなく、今目の前にいるパートナーに目を向けましょう。あなたが取り組むべき問題は元恋人への未練の解消でなく、夫婦間でより良いパートナーシップを築いていくことです。 家族という関係性になると、どうしてもお互いに甘えが出てきてしまいます。喧嘩が増えている夫婦は、コミュニケーションの取り方から見直していきましょう。会話のキャッチボールができれば、パートナーにたいする愛も復活していきます。その時には、元恋人のことは自然と頭から抜けているでしょう。 自分が見直すべきところを見誤らないで!

・美化された大切な思い出として割り切る

元恋人のことが完全に忘れられないからといって、頑張って忘れようとすること自体間違っているのかも。あなたにとって、その恋人は忘れられないくらい影響を与えた人物だということです。人生のキーパーソンといっても過言ではありません。そして今後二度と会うことがなくても、大切な人として胸にしまっておくことは決して悪いことではないですよ! 人生を振り返った時、恋愛だけでなく自然と縁がなくなった人たちが大勢いるはずです。関わった人たち全員と繋がり続ける方が難しいのです。でも、離れた相手にも感謝し続けることはできるし、それは自分だけで完結します。元恋人も、大切な思い出として自分の胸に大事にしまっておきましょう。

忘れられない元恋人と離婚して追いかける時のリスク

「元恋人を忘れられないまま結婚生活を送るのはつらいから離婚したい…」 「もし離婚したとして、元恋人と幸せになれる可能性はある?」 過去の恋愛に未練があり離婚をする人は限りなく少ないです。そして、必ずしも離婚したからといって元恋人と幸せになっている人ばかりではありません。 もしあなたも元恋人とよりを戻したくて離婚を考えているなら、一度冷静に考える時間をとりましょう。きちんと現実を見てリスクを考えた上で、自分で全ての責任をとれる人だけが離婚に踏み切れます。それが離婚を後悔しないための方法と言えるでしょう。 最後に、忘れられない元恋人を離婚して追いかけるリスクをまとめました。悩んでいる人はぜひ読んでください。

・離婚したら後戻りできない

もし本当に離婚をしたら後戻りすることはできません。理由が理由なだけに、今の夫と復縁することは難しいと思ってください。結婚生活が楽しいと感じるなら、一度立ち止まって考えてみても遅くないですよ。 結婚生活は、長い時間をかけて夫婦の関係性が変化していくもの。今不満があったとしても、また少しずつ状況は変わっていきます。離婚は全てをゼロに戻すもの。望んで離婚した人にとっては新しい人生の始まりになりますが、勢いで離婚した人にとってはいろんなものを失うきっかけになってしまいます。 絶対に後戻りができないことをマイナスに感じるなら、離婚はリスクになるでしょう。

・大切な人たちを傷つけてしまう

もし離婚するとなれば、パートナーを傷つけます。二人の関係性に問題がない場合、かなり深い傷を負わせることを承知してください。それくらい結婚と離婚は責任が伴うものなのです。 また、パートナーだけでなくあなたの大切な家族も傷つけることになるでしょう。忘れられない元恋人を離婚してまで追いかけたいという気持ちは、世間一般的に応援されるものではありません。むしろ、非常識だと思われることがほとんど。それくらいのことをパートナーにしているという覚悟で離婚に望むべきです。 それができないようなら、潔く諦めること。不倫も同様です。

・元恋人とうまくいく可能性は限りなく低い

離婚できたとしても、元恋人とうまくいく保証はありません。仮にも、一度うまくいかなかった二人です。今は自分が既婚者であるという壁が、あなたの未練を燃え上がらせてるかもしれません。でも実際に久しぶりに会ったら気持ちが冷めてしまったり、付き合えたとしても前と同じことで喧嘩になったりする可能性が高いです。 今の生活を変えたくて、元恋人に夢を見て逃げ道にしているなら痛い目にあいます。夫とうまくいっていなくて気持ちがない場合は、離婚しても後悔することはありません。でも、少しでも結婚生活が幸せだと感じる瞬間があるなら、一時的な欲に惑わされずにいましょう。

・味方がいなくて孤独感を感じる

忘れられない人がいて追いかけたいからと離婚したところで、きっとあなたの味方をしてくれる人はほとんどいないでしょう。誰かに悩みを相談したり、打ち明けたりすることができません。味方がいないことは、思っているよりずっとつらいことなのです。 離婚して家族のことも傷つけたら、あなたは弱音を吐ける相手がいないということになります。孤独感は、失恋よりもあなたの気持ちを弱くしていきます。そのリスクも背負った上で、元恋人のことを追いかけたいと思いますか?今、あなたの周りにいる人たちを失いたくないという気持ちは、離婚に対するブレーキになるはずです。

忘れられないのは今だけかも?ゆっくり考えてみて

忘れられない人がいるまま結婚したら、毎日未練とパートナーへの罪悪感でつらいですよね。でもそれは一時的なものかもしれません。マリッジブルーかもしれないし、夫への不満が元恋人への気持ちを強くいるのかも。どちらにしても時間が経てば、また変わっていくことも十分に考えられます。むしろ今の生活をより楽しく幸せに生きることにフォーカスすれば、そのモヤモヤから抜け出せる可能性が高いです! もし離婚を考えているなら、慎重に。いろんな覚悟をした上で決断を出することをお勧めします。自分の決断、自分の人生に責任を持ちましょう!

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧