告白してるのと同じだと男性が思っているサイン|両思いのサインは?

男性は遠回しに告白してるのと同じような「匂わせ行動」をしがちです。この記事では、男性が付き合いたい女性に出すサインや直接告白しない理由を掘り下げていきます。男性からの告白を望んでいる女性は、気持ちのすれ違いが起こらないように要チェックです。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 告白してるのと同じだと男性が思っているサイン|両思いのサインは?

男性の告白しているのと同じ!付き合いたいサイン・言動10選

男性は、気になる女性に対して好意を匂わせるサインを出します。「もしかして告白なの?」「好かれているのかな?」と女性はちょっと戸惑ってしまうことも…。ここではまず、男性がやりがちな“遠回し告白”のサイン・言動を紹介します。実は両思いかもしれませんので、気になる男性をよく見てみましょう。

1.付き合っている人や好きな人がいるか聞いてくる

付き合いたいと思う女性ができると、いざ告白した時に本当に付き合えるのか気になってしまう男性は少なくありません。そのため、気になった女性に対して男性は彼氏の有無だけでなく、意中の異性がいないかどうかも確認するのです。 直接的に聞くのが苦手な男性は、さらに遠回しに「モテそうだね」と発言して、女性がどのくらい異性人気が高く狙うのが難しいかという点をチェックしてきます。「彼女が欲しい」「○○ちゃんが彼女ならいいのに」などと“彼女”というワードを強調して探りを入れてくることも多い傾向です。

2.名前の呼び方が変わる

特別な女性だと感じていることを伝えるために、男性は好きな女性の名前の呼び方を他の女性と変えるようになります。具体的には、周囲の女性のことは苗字や“さん付け”で呼んでいるのに、好きな女性のことは下の名前で呼ぶといったサインです。あだ名で呼んで距離の近さ、親しさを女性側にわからせようとする男性も多いでしょう。 いきなり下の名前で呼ばれても嬉しくない…と感じてしまう女性は少なからずいますが、男性なりの精一杯の遠回しなサインである可能性が高いですね。

3.特に用事がなくても毎日連絡が来る

伝達事項など、必要な情報を共有するための連絡は、恋愛感情がまったくない男女でもするものです。しかし、連絡の内容が他愛もない話である時は別。男性が特段大事な用でもないのに連絡をくれるのは、好きな女性だからこそ示す好意のサインです。 また、付き合いたいと思って連絡してくる男性は、内容がライトな話題なだけでなく、連絡頻度も高い傾向にあります。毎日習慣のように連絡が来る場合、男性は遠回しな告白をしているつもりでいることでしょう。

4.以前話したことをしっかり覚えている

会話が長くかつ楽しく続くと、女性は男性のことを恋愛対象として意識しやすくなりますし、男性が女性に向けている好意を敏感に感じ取りやすくなります。心の壁を作られないよう、男性は遠回しな告白の一環として“会話に乗っかる”という行動を徹底するのです。 そのため、一度話した会話の内容を記憶し、次に話す時に「この間教えてくれた〇〇だけど…」と会話を切り出します。何度も同じことを説明させられると女性の心は冷めてしまうので、こういった女性に対する強い興味を表す態度は、両想いになるために効果的です。

5.LINEやメールの返信がすぐに来る

男性の心の中では、「毎日連絡をする女性=すでに彼女のポジション」として考えることが多い傾向にあります。そのため、しっかりとした告白をしていない状態なのに付き合っているつもりになっている男性は、女性にLINEやメールをこまめに送るのです。 もしあなたからメッセージを送ってみて、すぐに返信が来るようであれば、男性はすっかり告白が成功したかのような気持ちになっている可能性があります。ただ、女性側は元々連絡をこまめに取る人が多いため、男性が返信スピードを上げたところで好意に気がつかない確率は非常に高いでしょう。

6.目が合う回数が増える

好きな女性ができると、男性は女性の姿を目で追うようになります。加えて、目を合わせることで真剣に恋をしていることを雰囲気で伝えようとしてくるでしょう。そのため、ふとしたときに視線を感じて顔を上げると目が合ったり、会話をしている時にじっと目を見つめてきたりと、何かと視線が絡み合う機会が増えます。 男性は目を合わせて親近感を表に出すことで、告白してるのと同じだと考えることが多く、積極的に熱い視線を送ってきます。ただ、目が合うことは他の異性でもあり得ることなので、告白してるのと同じだと感じる女性は逆に少なめです。

7.休日やイベントの日によく遊びに誘ってくる

休日に改めて外で会うとなると、もはや恋人同士のデートに近いですね。そのため、男性は「遊びに誘う=告白してるのと同じ」と考えながら女性と遊んでいるケースが多いようです。 しかし、普段異性とあまり遊ぶことのない女性にとっては「もしかして告白かもしれない」と思ってもらえても、異性慣れしている女性にとってはスルーされやすいアピールです。よく遊ぶからといって、女性にとっても告白とイコールになるとは限らないのが難点といえます。

8.プライベートな話や恋愛話に興味を持つ

男性は告白してるのと同じだと考えている行動を重ねるうち、女性が乗り気なようであればすでに付き合ったものと考え始めます。そのため、彼氏として女性のプライベートを把握しようとし始めるのです。これもまた、告白してるのと同じ行為だと男性は思っています。 休日の過ごし方や女性の過去の恋愛話など、普通の友達でもあまり聞かない話題をメインにすることで、より深く女性の心に入り込む隙間を探しているのでしょう。告白成功と考えている男性にとっては違和感のない行動ですが、告白されたと思っていない女性にとってはやや不躾に感じるかもしれません。

9.ちょっとした変化に気づいてくれる

男性は気になる女性が自分の強い好意に気づいてくれるように、そのぶん自分も女性のことをしっかりと見ています。髪型を変えたりアクセサリーを付けたりと、ほんの些細な変化でも恋する男性は目ざとくチェックしているため、変化に気づき次第すぐに褒めてくれるでしょう。 これは、「あなたのことをちゃんと見ているよ」という気持ちをアピールすれば、告白しているのと同じだという考えが男性の心の根底にあるからです。変化に気づいてもらって嬉しいと感じる女性は多いので、この行動はお互いにきちんとした恋愛に進展しやすい傾向があります。

10.どう見られているかを気にする

異性として魅力的だと思われることは、男性にとっても女性にとっても恋愛をしているときの目標です。そのため、男性は告白してるのと同じ感覚で、好きな女性に対して自分の印象を確認します。服装がおしゃれかどうか・似合っているかどうかを気にするだけでなく、頼りがいがあるかどうかなど、内面的な魅力についても言及しがちです。 問いかけに対して良い答えがもらえれば、告白成功と捉えてしまう男性も少なからずいます。もしあなたが男性から印象を何度も聞かれる状況にある場合、男性は告白しているつもりの可能性も考えられるので、答えを慎重に考える必要がありますね。

男性が告白を遠回しにしたり、できない理由

告白してるのと同じだと考え、脈あり行動や匂わせを頻繁に行う男性は少なくありません。しかし、男性はなぜそのような遠回しなやり方で告白を実行しようとするのでしょうか?実は告白をストレートにできない理由には、繊細な男性心理がいくつも含まれていました。ここでは男性が何らかの行動で告白してるのと同じ状況を作りたがる理由を解説します。

ストレートに告白してフラれるのが怖いから

男性は、女性が考えている以上に奥手です。好きな女性と仲が良くなったからといって、すぐにストレートな告白をしてフラれるのが怖く、なかなか直接的なアプローチに踏み切れません。そのため、「告白してるのと同じなのでは?」と女性の方から気づいてくれるように試し行動のようなことを繰り返すのです。 告白しているつもりで女性にさりげない告白OKのアプローチを何度もかけて、女性が自分と両想いだということを確認できたら告白しようと考えているパターンが非常に多い傾向にあります。

告白するのが照れくさいから

女性をスマートにリードできる男性に憧れつつも、それを照れくさく感じてしまう男性は意外と多いものです。特に、今まで友達関係だった女性に対して恋愛感情を抱き始めた場合、どのように友達から恋人へと進展させればいいかわからない男性は多いでしょう。 男性はシャイな一面を持っていますので、ストレートに告白して冗談だと思われたり、かっこつけていると思われたりするのが恥ずかしいのです。また、女性に照れている様子を悟られたくないという男性としてのプライドもありますので、なおさら真剣に告白することに抵抗を覚えるようですね。

告白のシチュエーションやタイミングを気にしすぎているから

真剣に女性のことを好きだと思えば思うほど、男性はどうやって告白をかっこよく決めることができるか考えすぎてしまいがちです。おおよそ7割の女性が男性から告白してもらいたいと考えているという事実もあるため、男性にとってはなおさら告白のハードルが高く感じるでしょう。 ムードをどう作るか、どんな会話の流れで告白に持っていくか、など、男性はいくつものパターンを考えなければならず、結果的に告白がお流れになってしまうことも…。考えることに疲れてしまうので、結果的に男性は告白してるのと同じ行動で女性に告白OKであることをアピールし始めるのです。

まだ本気で好きかどうか自分でもわかっていないから

「素敵な子だな」「いい子だな」とほんのりとした好意を抱いているうちは、男性は自ら進んでストレートな告白をしません。なぜなら、本気で付き合いたい女性かどうか、男性自身もよくわかっていないからです。 そこで使うのが、告白してるのと同じ行動。好意があることを示しておけば、女性の方からもアクションを起こしてくれて、それによって本気の恋かどうかを見極められると考えているのでしょう。遠回しな告白というより女性の気持ちを試す行動に近い場合は、男性自身に迷いがある証拠ですね。

好意のサインは告白してるのと同じだと本気で思っているから

男性の中には、そもそも面と向かって告白をしなければ交際できない、という考えがない人もいます。好意を示し、女性もまんざらではない様子なら、その時点で彼氏・彼女の関係になれると考えているのです。そういった男性は、本気で脈ありサインを出すことが告白してるのと同じだと思っているので、その後のストレートな告白は期待できません。 女性がしびれを切らして「いつ告白してくれるの?」「私たちの関係って何?」と男性に詰め寄っても、きょとんとするばかりで罪悪感を抱いている様子もなければ、改めて告白してくれることもないでしょう。

男性が告白するまでの決心をつけるきっかけ

告白してるのと同じような行動ばかり取る男性は、告白することに怖気づいてしまっていたり、告白そのものに異議を感じていなかったりすることがわかりました。ではいったい男性は、どのようなきっかけによってストレートな告白をしようと決心するのでしょうか?男性心理を踏まえた上で、心境の変化をチェックしてみましょう。

大好きだという自覚が生まれた

女性のことを絶対に逃したくないと思うほど大好きになると、男性は告白してるのと同じような行動を取って時間を稼ぐ余裕をなくします。早く告白しないと他の男性に取られてしまうのではないか、という焦りが生まれるのです。 また、たとえ焦っていないとしても、大好きだという気持ちが大きくなればなるほど、いくら奥手の男性でも告白せずにはいられなくなります。逆に言えば、そのくらい確信的な好意がないと動けないのが男性の繊細な部分といえますね。

他の異性に取られたくないと思った

男性の中には、女性を愛しいと思う気持ちより先に、嫉妬心がきっかけとなり恋心を確認する人もいます。仲良くしている女性が他の異性と仲良くしているシーンを見たときに、これまでとは違う感情が湧いてくるのです。 他の人に取られることを想像した男性は、その前に自分の彼女にしなくては、と決意してストレートな告白をしてきます。これは友達関係が長い男女に起こりがちなケースで、「なんとなく居心地がいいけれど、告白はせずにこのままでいい」と思っている男性の思考が一気に変わるきっかけです。

心が通じ合っていると感じた

男性は慎重派な思考を持っている人が意外と多く、将来的なことを考えることができない相手とはお付き合いしたくないと思う場合があります。それが理由で告白してるのと同じ態度だけで留まっている男性は、女性と関わっていくうちに運命を感じると、告白を決意するでしょう。 例えば、不意に口に出した感想が被っている、一緒にいて居心地がいいといった小さなきっかけの積み重ねです。慎重な男性は、こういったささやかで日常的なことの一致で相性の良さを自覚し、告白の決心がつきます。

自分に自信がついて心にゆとりができた

ややネガティブな男性が、好きな女性に告白する決心がつくきっかけは、自分磨きの成功や周囲の自分を見る目が変わったことなどです。いわゆる成功体験が、男性を一人の男として強くします。その結果、好きな女性にふさわしい男になれたのだと男性は考え、今まで脈ありサインを出すだけだった状況を打開するのです。 男性に自信がつくきっかけは仕事やお金、趣味に関することなどさまざまですので、女性からすればきっかけに気がつかない場合もあるでしょう。しかし男性の様子を見れば、以前よりも堂々としていて、頼れる雰囲気を醸し出しているはず。オーラの変化を感じたら、ストレートな告白の前触れといえます。

周囲の人からの後押しがあった

男性は繊細な心とともに、やや優柔不断な一面も持ち合わせています。そのため、本当に気になっている女性に告白をしていいのかわからず、告白してるのと同じ行動でなんとか気を引こうとしてしまうのです。しかし、そこに周囲の信頼できる友人・知人からの後押しがあると気持ちは変わります。 フォローをしてくれる人や女性の気持ちを教えてくれる人、男性を自信づけようと励ましてくれる人などの登場がきっかけで、告白をする決意ができるのです。この場合、告白が成功して交際に進展したとしても、引き続き周囲の人が応援してくれるので安心して男女交際ができると考える男性も多いでしょう。

両想いだと確信した

かなり慎重派な男性が告白を決心するきっかけは、確実に女性と自分が両想いだと確信することです。このケースは自分に自信がないか、もしくはそれゆえにプライドが高い男性に多い傾向があります。告白をしてフラれるのが嫌だと思う気持ちが人一倍強いと、告白失敗後の事ばかり考えてしまってなかなか告白に踏み切れないもの…。 告白してるのと同じ行動に対する女性の反応がとてもよく、かつ女性からも脈ありサインが頻繁に送られてくると、慎重派の男性も動き出します。

男性に告白してもらう方法

ここまで解説してきたように、告白してるのと同じような行動を取る男性は、なんらかのきっかけがないとストレートな告白をしてこない傾向が非常に強いことがわかりますね。それでは、はっきりと男性の口から告白の言葉を聞きたい場合、女性はどのような対応をすればいいのでしょうか?最後に、男性が告白したくなってしまうような仕草やコツをお教えします。

話題に積極的に乗っかってあげる

男性と直接会話する機会やLINEを送り合う機会が多くなったら、男性の告白風アプローチの可能性があります。そのため、いつも通りの友達のノリではなく、女性らしさをアピールできるような内容を積極的に返してあげるといいでしょう。男性のことを下の名前で呼び、こちらから男性に気があるそぶりを仕掛けてみるのです。 告白してるのと同じだろうと強気で絡んできている男性は、女性が思いのほか積極的に答えてくれると逆にドキドキしてしまいます。両思いなのだと感じた男性は、ストレートな告白をする勇気を持つことでしょう。女性から告白OKのサインを出すのも有効だということがわかりますね。

褒められたら褒め返す

男性は、告白までいかずとも女性に好意をアピールする方法として、見た目の変化に気づき褒めるという行動を取ります。そこで有効なのは、女性側からも男性の見た目の変化を褒める作戦です。見た目以外にも、何かを手伝ってくれた時や会話のいたるところで男性を持ち上げる発言を挟んでみましょう。 特に大きな変化を感じなくても、「最近かっこよくなったね」などと漠然とした内容で褒めるのも効果的ですよ。気になった女性に褒められるのが続くと、男性は自分に自信が持てて、はっきりとした言葉で女性に告白することを決意します。褒め合うことで両思いだという事実をアピールしましょう。

異性との交遊関係を気にするそぶりを見せる

男性が告白を決意するきっかけに、他の異性に取られるのが嫌だから、というものがあります。嫉妬は愛情がないと湧かない感情ですので、当然と言えば当然かもしれませんね。そこで、男性に両想いであることをアピールして告白に誘導するために、女性側から男性の交友関係に嫉妬するそぶりを見せてみましょう。 嫉妬の気持ちを向けられた男性は、女性の本気の恋心に応えようと告白を決心するのです。もしそれほど異性との交遊関係が気にならない性格だとしても、好きな女性からヤキモチを焼かれて嫌な気持ちになる男性は少ないので、多少演技を加えつつも嫉妬しているアピールをしてみてくださいね。

LINEや会う頻度を上げる

男性から頻繁に連絡が来るようになったら、それは告白しているのと同じサインである可能性が高いといえます。しかし、男性からの連絡に応えるだけではなかなか先には進めません。早く直接的な告白を引き出したいのであれば、女性側からも積極的なLINEやメールを送るのが効果的です。 それに併せて、会う頻度も上げましょう。男性の予定をある程度把握して偶然を装って会うのもいいですし、直接デートに誘うのもいいですね。いずれにしても、女性からのアプローチを察知した男性は、踏み出せなかった告白という大きな一歩を踏み出すことになるでしょう。

見つめ返したりボディータッチしたりする

男性は告白せずとも好意を伝えるために、女性とことあるごとに目を合わせようとしてきます。告白のきっかけを男性に与えたいなら、目が合ったときにそらすのはやめて、じっと微笑みながら見つめ返してみてください。思わぬ大人な反応に、男性の好意はより一層強くなるでしょう。 また、話しかける時や会話中などにさりげなくボディータッチを繰り返すのもおすすめです。なおポイントは「特定の男性にしかしていない」ということ。告白してるのと同じ行動を繰り返す男性にだけ、ドキッとしてしまうような積極的なアピールをしてみてくださいね。

男性は女性が思うよりも奥手で繊細…告白して欲しい時は両思いサインでアピールを

男性は、告白になかなか踏み切れないときに、告白してるのと同じだと自分自身で思っている行動を取ります。連絡頻度を上げたり目を合わせたりと、男性によって好きな女性へのアピールの仕方はさまざまです。 告白するなら男性の方から、と考えている女性は多い傾向にありますが、男性は「好き=告白する」といった単純な思考は持ち合わせていません。慎重派な男性が多く、中には女性からの明確な好意を感じ取れない限り告白しない人も…。女性からの告白OKのサインを待っている可能性があります。 男性からの好意を感じるサインがいくつもあり、かつ自分も男性のことを気に入っているのであれば、告白の決心ができるきっかけを与える努力をしてみてください。ポイントは、積極性です。匂わせ行動を取る奥手な男性には、ドキッとするような反撃をしましょう。両思いだと男性に自覚させられれば、告白につながります。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

関連コラム

新着恋愛コラム

新着占いコラム

コラムカテゴリ

占術一覧

占い相談ジャンル一覧

    恋愛占い

    結婚占い

    人生占い

    仕事占い