付き合いたての好きすぎる辛さを感じる瞬間|対処法と長続きするコツを紹介

付き合いたての好きすぎる辛さを感じる瞬間と対処法を解説していきます。 恋愛は付き合いたてが一番ラブラブで楽しい期間。でも好きすぎてつらさを感じてしまう人も…。どんな瞬間に好きすぎて苦しくなってしまうのでしょうか?その対処法は? 付き合いたてのカップルが長続きするポイントも一緒に紹介!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. チャット占い・電話占い
  2. > 恋愛
  3. > 付き合いたての好きすぎる辛さを感じる瞬間|対処法と長続きするコツを紹介

付き合いたての好きすぎる辛さを感じる瞬間|幸せすぎて不安な人は多い

「好きな人と付き合えたのはいいけど、好きすぎてつらい時がある」 「彼氏のことが好きすぎて不安になってしまう…このままで大丈夫?」 「幸せなはずなのに苦しくなる瞬間があって戸惑っている」 恋愛で一番気持ちが盛り上がるのが付き合いたての最初の期間。好きな人と恋人になると、男女関係なく浮き足立ってしまいます。 でもそんな幸せ絶頂の状態で、好きすぎるせいでつらさを感じてしまう瞬間があります。 二人の関係はまだ始まったばかり。特に大きな問題があるわけではないのに、つらくなってしまうのはどうしてなのでしょうか? 付き合いたての好きすぎて辛さを感じる瞬間をいくつかまとめました。客観的に自分を観察してみましょう。

・会えない日が少し続いただけで寂しくなる

付き合いたてだからこそ、好きな人に毎日でも会いたいと思うようになります。でもお互いの予定の関係でそれが叶わず、会えない日が続くと寂しい気持ちになってしまうでしょう。 付き合いが長く安定したカップルは少しの期間会えなくても問題ありませんが、付き合いたてで少しでも会えない日が続くとつらくなってしまいます。 純粋に恋人に会いたいという気持ちもあれば、恋愛の熱に浮かされて依存状態になっている場合もあります。 片思いのときは我慢していたけど、恋人になった瞬間に気持ちが抑えられず毎日でも会いたいと思ってしまうことも…。 時間が経てば落ち着くことがほとんどですが、慣れるまでは寂しい気持ちになってしまいます。

・常に相手のことを考えていて何も手につかない

付き合いたては誰もが脳内お花畑状態になります。一緒にいないときも常に相手のことを考えてしまい、仕事や勉強が手につかなくなります。 夢中だった趣味にも興味が向かず、ぼーっと過ごすことが多くなってしまうでしょう。 好きな人と恋人になれた喜びで、地に足がついていないふわふわとした状態。他のことをしていても上の空で集中力が落ちてしまいます。 そうなると仕事で凡ミスをしてしまったり、勉強でも頭が回らなかったり、思うように進まなくなります。 自分がいつもと違う状態とわかっていながら抜け出せないと、自己嫌悪が生まれてしまうことも…。恋人が好きすぎて、生活のバランスが崩れると恋愛もうまくいかなくなってしまうでしょう。

・毎日連絡をとらないと気になってしまう

付き合いたてなのに、恋人から連絡がない。もしくは、いつもより連絡が遅い。そんなことがあると、気になって携帯を手放せなくなってしまいます。 友達に同じことをされても気にならないのに、付き合ったばかりの恋人にされると異常に気にしてしまうでしょう。 LINEを見ては既読がついたか確認したり、連絡するか悩んだりして振り回されます。 付き合いたては気持ちが盛り上がって幸せの絶頂でもありますが、付き合ってる実感が少ないので不安があるのも当然。特に女性はその不安を紛らわすために毎日LINEや電話をしたがります。 でも連絡頻度は人それぞれ。相手が気にしないタイプだと、連絡の温度差が生まれて不安が倍増することに!

・相手がそっけないと冷めたのかもと不安になる

相手にそんなつもりがなくても、そっけなく見えてしまうことがあるかと思います。長く付き合っていれば、疲れているのかな?と察することができますが、付き合いたてだと気持ちの変化を疑う人も…。 「嫌われることしちゃったかな?」「もしかして気持ちが冷めた!?」と被害妄想をして、悲観的になってしまいます。 特にLINEは文字だけのチャットツール。たまたま絵文字をつけなかっただけなのに怒っているように見えてしまうなど、トラブルの原因になります。 付き合いたてだとお互いのことを深く知らないので、どんなテンションでメッセージを送っているのかわかりません。そのせいでネガティブな妄想をして、勝手に不安になってしまいます。

・ちょっとしたことでやきもちをやいてしまう

好きすぎてつらくなってしまう瞬間の一つに、ちょっとしたことでやきもちをやいてしまうことがあげられます。 少しのやきもちはカップルの愛情を盛り上げる要素になりますが、いきすぎてしまうとただただ苦しいものに…。束縛をしてしまったり、相手に怒ってしまったりして、関係が崩れる原因にもなります。 付き合いたてだと、相手が友達と遊ぶだけでも嫉妬してしまったり、仲の良い異性の友達がいると知っただけで嫌な気持ちになったりします。 恋人として信頼関係を築くことができれば気にならなくなることですが、最初は自分以外に目を向けられることで嫌な気持ちになってしまうでしょう。 付き合いたてだからこそ、やきもちでしんどい状態に…。

・SNSでネットストーカーしてしまう

好きすぎると、思わず相手のSNSをネットストーカーしてしまうことがあります。コメントやフォローし合っている女性を見て不安になったり、LINEの返信がないのに更新していることにやきもきしたり。 不安を煽られるだけなのに隅から隅まで見てしまって、つらい気持ちになってしまいます。 現代の恋愛ならではと言えるでしょう。 一度ネットストーカーを始めると止まりません。少しでもLINEの返信が遅かったらSNSを監視してしまいます。自分以外の女性と仲良くやりとりをしていたら、嫉妬で狂いそうになります。 付き合いたてで相手のプライベートな部分をまだ知らないからこその行動ですが、執着が芽生える原因になることも…。

・恋人を優先しすぎて友達と疎遠になる

恋人と常に一緒にいたい気持ちが強すぎるせいで、友達と疎遠になってしまうケースがあります。 自分が友達をないがしろにしていることがわかりつつも恋人を優先してしまうときに、葛藤する気持ちが芽生えて苦しくなってしまいます。 恋愛に依存することは良くないと頭でわかっているからこそ、恋人と一緒にいたい欲を優先する自分に嫌気が差してしまうのでしょう。 また、友達と会っている時も常に恋人とLINEをしてしまったり、恋人の話ばっかりしたりする自分に気がついた時もつらくなってしまいます。 友達に嫌な気持ちをさせてしまいながらも、恋人のことが好きすぎて止められない。そんな自分の矛盾が受け入れられません。

・言いたいことがあっても嫌われたくなくて我慢してしまう

付き合いたての恋人が好きすぎるあまり、言いたいことを言えなくなってしまうときにつらいと感じることがあります。 嫌われたくないという気持ちが強すぎて、遠慮してしまったり自分の気持ちを偽ってしまったり。 付き合ったばかりだからこそ、正直に話すことが大切ですが、好きすぎる故にそれができなくなってしまうのです。 好きだから我慢するという気持ちは続きません。いつかどこかで必ず爆発します。 また、相手も遠慮されていることに気がつくと、二人の心の距離は縮まるどころか遠ざかってしまいます。 過去の恋愛がトラウマになっている人ほど、付き合ったばかりの恋人に気を遣いすぎてしまう傾向があるでしょう。それがつらさの原因です。

付き合いたての好きすぎる気持ちへの対処法

「好きすぎてつらいとき、どうやったらこの気持ちを抑えられる?」 「恋人が頭から離れない!少し気持ちを落ち着かせるためにできることは?」 「このままだと仕事が手につかなくて困る…好きすぎる時の対処法が知りたい」 付き合いたてで恋人のことが好きすぎてしまうとき、日常生活にも支障が出てしまいます。本来、恋愛は生活のモチベーションになるもの。それなのに足を引っ張る状態になっては、せっかくの恋も長続きしません。 もし彼氏や彼女と良好な関係を築いていたいなら、まずは自分の浮かれている気持ちを落ち着かせることが先決です。 その方法をいくつか紹介するので、できるところから実践してみてください!

・恋愛以外の予定もいれて充実させる

恋愛で頭がいっぱいになりしんどいなら、他の予定をたくさん入れましょう。 友達と遊んだり、趣味のイベントに行ったり、習い事をしてみたり。恋愛以外の予定で充実させるようにします。 好きすぎてつらいのは恋人のことを考える時間が多いから。その時間を少なくするには、他のことにも目を向けると効果的です。 友達と遊んだとしても、恋愛の話題はそこそこにしてください。恋バナをしてしまうと、恋愛脳から抜け出せません。恋バナ以外で楽しく話すには、他のことにも興味を向けないといけません。 そうやって恋愛以外にも興味をもって楽しむ時間を作っていくこと。そうすれば、良い意味で恋愛が後回しになり充実した生活を送ることができます。

・信頼できる友達に好きすぎて不安なことを話してみる

信頼できる友達に好きすぎて不安なことを話してみるのも一つの方法です。 この時大切なのは、会う人会う人に相談しないこと。ただの惚気話になってしまい、好きすぎる気持ちが加速してしまうことになります。 本当に信頼できる人にだけ、不安な気持ちがあることを正直に話してみましょう。 頭の中でぐるぐると思考し続けているだけでは、気持ちの整理がつきません。人に説明するために言語化することで、自分の気持ちを客観的に観察できるようになるでしょう。 第三者に聞いてもらうだけで気持ちが楽になることもあります。自分が舞い上がりすぎていたことに気がついて、少し冷静になれるかもしれません。 本音をアウトプットしてみましょう。

・相手に期待しすぎて美化するのをやめる

好きすぎて苦しくなる原因の一つに、相手のことをまだ知らないが故に美化しているからというものがあります。 期待値があがりすぎて、理想の相手のように感じてしまっている状態。でも、完璧な人間はいません。 付き合っていくうちにお互いの短所をさらけ出し合います。その落差で気持ちが冷めないように、今のうちから期待しすぎるのをやめましょう。 欠点は、その人の人間らしさでもあります。そこも含めて好きになることができれば、関係は長続きして愛が深まります。 最初はみんな好きな人に良いところを見せようと頑張るので、相手が完璧に見えてしまうのも無理がありません。 でも、その人の人間らしさを見ようとすることも大切ですよ。

・恋人に素直に気持ちを打ち明ける

恋人に好きすぎて不安になっている気持ちを素直に打ち明けるのも良いでしょう。 恋人はイチャイチャしたり、スキンシップをとったりするだけの相手ではありません。付き合いたてはそれが楽しくしょうがないと思いますが、本音を話し合える関係性を築いていくのも忘れずに。 感情的にならずに、今の気持ちを伝えてみてください。 相手を責めたり怒ったりすることなく、ただ正直に思っていることを話してみましょう。 もしかしたら相手も同じような気持ちで不安を感じていることがあるかもしれません。本音を話し合うことができれば、二人の絆が深まります。 話し合いなんていう仰々しいものではなく、コミュニケーションの延長として話すべし。

付き合いたての好きすぎる気持ちは大事!長続きするポイント

最後に、付き合いたてのカップルのために関係が長続きするポイントを紹介します。 付き合いたての好きすぎる気持ちは決して悪いことばかりではありません。日常生活に支障が出てしまう場合は改善が必要ですが、長続きしたいなら最初のラブラブなときの気持ちを忘れないようにするべきです。 その気持ちを忘れなければ、付き合って時間が経てば経つほど深い関係性を築いていけますよ! 長続きするかどうかは付き合って最初の3ヶ月が勝負と言われています。 好きすぎる気持ちが強い3ヶ月間をどう乗り越えるかで、今後の二人の関係が決まっていきます。長続きするためのポイントを押さえて、ラブラブな時間を思いっきり楽しんでください!

・LINEや電話はほどほどに!生活を優先する

付き合いたてのカップルが夢中になるのが、LINEや電話です。会えない日も気軽にコミュニケーションがとれるツールなので、毎日でも恋人に会いたいと思っている人にはぴったり! でも、好きすぎるあまり恋人とのLINEや電話にかまけて生活がおろそかにならないように注意しましょう。 仕事中もこまめにLINEを送ってしまう。寝不足でも恋人との電話をやめられない。そんな状態なら、少し暴走気味だと思ってください。 恋人と会えない日のLINEや電話は、恋愛のメインディッシュではありません。日々の生活があるからこそ、会えた時に嬉しい気持ちでいっぱいになるのです。 付き合って数ヶ月の中で、程よい連絡頻度を見つけましょう。

・会った時に楽しい時間を過ごすことを心がける

長続きしたいなら、会った時にお互いが楽しい時間を過ごせるように心がけてください。 当たり前のように感じるかもしれませんが、すぐに別れてしまうカップルはこれができていません。 好きすぎてつらい気持ちや苦しい気持ちを、恋人に会ったときにここぞとばかりにぶつけてしまうのです。 好きの気持ちがいきすぎるとネガティブな感情が大きくなります。嫉妬心や独占欲なども生まれてくるでしょう。でも、その感情を相手にどうにかしてもらおうとするのはお門違いです。 好きすぎて被害妄想してしまうなら、自分を律して冷静にならなければいけません。恋人を自分のセラピストがわりにしないように! 楽しい時間を提供するギバーになりましょう。

・恋愛は日常のスパイス程度に楽しむ

長続きしているカップルは、恋愛を人生のメインにしていません。健全な社会人であれば仕事や友達、趣味など他にも大切なことがたくさんあるので、恋愛はスパイスであり息抜き。 恋愛をないがしろにしているわけではなく、恋愛を最大限楽しむために他のことを優先しているのです。 最初は見つめ合ってイチャイチャしているだけで楽しいですが、時間が経てば楽しみ方も変わってきます。 長続きするカップルに必要なのはコミュニケーション。お互いにいろんな話題があれば、新鮮さを保てるでしょう。恋愛だけに夢中な人の話はつまらないので、飽きられる原因に…。 いつまでもラブラブでいたいなら、恋愛以外のことも楽しめる自分になってください。

・相手に自分の理想を押し付けない

相手に自分の理想を押し付けないことも長続きするポイントです。 理想の恋愛のイメージがある人ほど、恋愛初期は大盛り上がり。お互いにかっこつけた付き合いたての状態が、恋愛だと思い込んでいます。 でも実際は関係が深まっていくごとに、かっこ悪いところがどんどん見えていくでしょう。それをお互いに受け入れることが恋愛の醍醐味なのです。 恋愛経験が少なかったり、こじらせていたりすると、頭で考えた理想の恋愛をしようとします。相手を無視して、自分の理想通りにしようとしてしまうことも…。 でも恋愛は相手ありき。一人でするものではありません。相手の全てを受け入れて、自分をさらけだし、それを楽しむことが長続きするコツです。

・価値観のすり合わせを普段からおこなう

長続きするには価値観のすり合わせが必須です。すれ違ったときに二人で着地点を見つける作業は、カップルには欠かせません。 大切なのはいちいち話し合いをすることでなく、日頃からコミュニケーションの中で価値観をすり合わせることです。 喧嘩したときの話し合いは大切ですが、少しの価値観の違いで話し合いをしていてはお互いの体力が持ちません。 日々の会話の中で、お互いの価値観を知っていくということが何よりも重要なポイントと言えるでしょう。 イチャイチャしてばかりのカップルには会話が足りません。燃え上がるカップルが別れやすいと言われるのはこのため。 スキンシップもほどほどに、お互いを知るための会話も大切にしてください。

付き合いたてで好きすぎて辛いときは、自分を律すること!

付き合いたてで好きすぎる気持ちが抑えられない経験は誰にでもあること。決しておかしなことではありません。今の状態はいつか終わりがくるので、心配しなくても大丈夫です。 でも気持ちのままに暴走してしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので気を付けてください。 大切なのは、未来の二人の関係にも目を向けること。末長く付き合っていきたいなら、今の状態に甘んじてはいけません。 今後長く付き合い続けていくなら、二人の気持ちや関係性が変化していくのは当然のことです。その変化を怖がらずに、受け入れていきましょう。 そして冷静な視線を持ちながらも、付き合いたての今の状態を楽しんでください!応援しています。

記事の内容は、法的正確性を保証するものではありません。サイトの情報を利用し判断または行動する場合は、弁護士にご相談の上、ご自身の責任で行ってください。

占術一覧

占い相談ジャンル一覧